→ 同性愛者説のある有名人手当たり次第 日本編


中大兄皇子
天智天皇
626-672
藤原鎌足 614-669 飛鳥時代の政治家で藤原氏の始祖。
大伴家持 718-785 奈良時代の貴族・歌人。大納言・大伴旅人の子。官位は従三位・中納言。三十六歌仙の一人。
『万葉集』の編纂に関わる歌人として取り上げられることが多いが、大伴氏は大和朝廷以来の武門の家であり、祖父・安麻呂、父・旅人と同じく律令制下の高級官吏として歴史に名を残す。天平の政争を生き延び、延暦年間には中納言まで昇った。
最澄(さいちょう) 767(?)-
生年に関しては天平神護2年(766年)説も存在
-822
平安時代の僧。日本の天台宗の開祖である。近江国(滋賀県)滋賀郡古市郷(現在の大津市)に生れ、俗名は三津首広野(みつのおびとひろの)。生年に関しては天平神護2年(766年)説も存在する。

先祖は後漢の孝献帝に連なる登萬貴王(とまきおう)で、応神天皇の時代に日本に渡来したといわれている。

空海 774-835 男色は仏教を日本に伝えた僧侶・空海が中国から持ち込んだものと伝えられ、主に僧侶の間で広まったとされる。
鎌倉時代から室町時代における書籍に、稚児愛の祖として記されている。空海自身が稚児愛を行っていたという証拠はなく、祖であるというのも俗説であるが、稚児愛の聖性の根拠として、当時広く知れ渡っていた
白河天皇 1053-1129
藤原家成 1107-1154
藤原頼長 1120-1156 妻 藤原幸子(徳大寺実能の娘)、源師俊の娘、源信雅の娘。
子 兼長、師長、隆長、範長、藤原多子。
その日記『台記』には、男色の記録が数多いことで知られるが、男色は当時の社会では普通のことであった。東野治之、五味文彦の研究でその詳細は明らかにされ、男色相手として、随身の秦公春、秦兼任のほか、貴族では藤原忠雅、藤原為通、藤原隆季、徳大寺公能、藤原家明、藤原成親、源成雅の名が明らかにされているが、五味はうち4人までが、院近臣として権勢を誇った藤原家成の親族であることを指摘している。
後白河天皇 1127-1192
藤原信頼 1133-1160 なお、この昇進に関しては『平治物語』等では後白河帝との男色関係による寵愛の為と評されている。また、「文にもあらず、武にもあらず、能もなく、また芸もなし、ただ朝恩のみにほこりて」と寵愛によって出世する無能な男と評されている。
源義経 1159-1189 義経は鞍馬寺の稚児。源義経と弁慶。

源義経と、弁慶や佐藤継信・佐藤忠信兄弟との主従関係に男色文化。
武蔵坊弁慶 ????-1189 弁慶も比叡山で修行した(つまり、男色を嗜む)荒法師でした。源義経と弁慶
後鳥羽天皇 1180-1239
兼好法師 1283-1350 日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者であり、また私家集『兼好法師家集』がある。
二条良基 1320-1388
足利義満 1358-1408 足利義満と世阿弥の男色関係

夢幻花伝(木原敏江)

1975年 - 1982年(昭和50年 - 57年)に放映されたTVアニメ『一休さん』(東映動画製作)では、将軍として義満(声優:キートン山田)が登場する。 



世阿弥 1363-1443 室町時代初期の大和猿楽結崎座の猿楽師。 父の観阿弥(觀阿彌陀佛)とともに猿楽(申楽とも。現在の能)を大成し、多くの書を残す。世阿弥は後に夢幻能を完成させ、『風姿花伝』を著すが、その書のなかで、「少年の美」についての魅力を述べている。観阿弥、世阿弥の能は観世流として現代に受け継がれている。
足利義満と世阿弥の男色関係

夢幻花伝(木原敏江)


1975年 - 1982年(昭和50年 - 57年)に放映されたTVアニメ『一休さん』(東映動画製作)では、将軍として義満(声優:キートン山田)が登場する。 

細川 政元
(ほそかわ まさもと)

1466-1507 室町時代後期から戦国時代前期の武将、守護大名、管領。足利氏の庶流・細川氏当主。将軍をしのいで事実上の最高権力者となり、「半将軍」とも呼ばれた。

室町幕府の三管領(斯波、畠山、細川)である細川氏本家・京兆家の生まれ。父は応仁の乱時に東軍を率いた細川勝元で、母は不明。勝元の正室・山名熙貴の娘(養父は山名宗全)を母とする説もあるが、根拠となる史料は無い。修験道に没頭して独身を貫いたため実子はおらず、養子に澄之、澄元、高国がいる。

管領として幕政を牛耳り、細川京兆家の全盛期を築いて最大勢力に広げたが、3人の養子を迎えたことで家督争いが起こり、自らもその争いに巻き込まれて家臣に暗殺された(永正の錯乱)。
斎藤道三(さいとう どうさん
斎藤利政(さいとう としまさ)

1494?-1556
戦国時代の武将。美濃の戦国大名。斎藤氏初代当主。

名としては、法蓮房・松波庄五郎(庄九郎)・西村正利(勘九郎)・長井規秀(新九郎)・長井秀龍(新九郎)・斎藤利政(新九郎)・道三などが伝わるが、良質な史料に現れているのは、藤原(長井)規秀・斎藤利政・道三などのみである。

父は長井新左衛門尉(豊後守)。子に義龍、孫四郎(龍元、龍重)、喜平次(龍之、龍定)、利堯(利堯、玄蕃助)、長龍(利興、利治)、日饒(妙覚寺19世住職)、日覚(常在寺6世住職)。また、長井道利は弟とも、道三が若い頃の子であるともされる。娘に姉小路頼綱正室、帰蝶(織田信長正室)など。

北条早雲らと並ぶ下克上大名の典型であり、僧侶から油商人を経てついに戦国大名にまで成り上がった人物だとされる。道三は美濃の戦国領主として天文23年(1554年)まで君臨した後、義龍へ家督を譲ったが、ほどなくして義龍と義絶し、弘治2年(1556年)4月に長良川河畔で義龍軍に敗れ、討ち死にした。

近年では『岐阜県史』編纂の過程で発見された古文書「六角承禎条書写」によって、美濃の国盗りは道三一代のものではなく、その父の長井新左衛門尉との父子2代にわたるものではないかという説が有力となっている。

武田信玄 1521-1573 家臣の高坂昌信との間で、関係を誓い合う覚書を記した。小姓「春日源助」、
柴田勝家(しばた かついえ)
1522?-1583 戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。
春日虎綱(かすが とらつな)
高坂昌信(こうさか まさのぶ)
1527-1578 戦国時代の武将。甲斐武田氏家臣で譜代家老衆。武田晴信(信玄)・勝頼期に仕え、武田四名臣の一人として数えられる。

「高坂 昌信」の名前で知られるが、確実な文書上からの実名は「春日虎綱」であることが指摘されている。「高坂」は信濃更級郡牧ノ島の香坂氏に由来し、虎綱が永禄年間に一時的に香坂氏の名蹟を継承していることに由来し、「昌信」に関しては出家名であると考えられている。

上杉謙信 1530-1578 直江兼続
織田信長 1534-1582 織田信長と前田利家・森成利(蘭丸)など
前田利家 1539-1599
徳川家康
松平元康
1543-1616
上杉景勝 1556-1623 上杉景勝と清野長範など
石田三成 1560-1600 安土桃山時代の武将・大名。豊臣政権の五奉行の一人。
伊達政宗 1567-1636 伊達政宗と只野作十郎
宮本武蔵 1584?-1645 新免武蔵藤原玄信のことであり、江戸時代初期の剣豪。兵法者であり、また書画でも優れた作品を残している。
巌流島の戦いなど、武蔵に関わる物語は江戸時代から脚色されて歌舞伎、浄瑠璃、講談などの題材にされ、吉川英治が1930年代に朝日新聞に連載した小説『宮本武蔵』によって最強の青年剣士武蔵のイメージが一般に広く定着した。


宮本武蔵を深く尊敬していた大山倍達は、作家吉行淳之介と対談した際、吉行から「五味康祐によると武蔵はホモだったそうですね」と言われたため、怒りのあまり吉行を殴りそうになったが、自制して手を出さず、怒りを顔に表すことすらしなかった。このため吉行は大山の怒りに気付くことなく平然と対談を終えたが、後日、知人を介して大山から危うく暴行を加えられる寸前だったと知り、恐怖におののいたと語っている。

柳生友矩
(やぎゅう とものり)
1613-1639
江戸時代の剣豪。字は左門あるいは刑部。柳生宗矩の子(次男)であり、異母兄に柳生三厳(十兵衛)、同歳の異母弟に柳生宗冬、列堂義仙。生母は側室であり、友矩は庶子であった。勘気をこうむった兄・三厳に代わって、小姓として仕えた徳川家光に大いに寵愛されたが、それがもとで多くの人々から妬まれたという。美男子として有名。
寛永4年(1627年)に家光の小姓、寛永11年(1634年)に徒頭となり、山城国相楽郡の2000石の領地を賜る。その後病にかかり、父・宗矩の元で静養するが、寛永16年(1639年)に27歳で死去した(『寛政重修諸家譜』では38歳)。

家光の寵愛や友矩の死を受けての激昂の理由としては、家光と友矩の間に衆道の関係があったと設定する作品が少なくない。さらには友矩の死後の時代が描かれる場合には、家光が友矩の死に対する怨恨を柳生家に向け、宗矩の死に際して遺領を三厳と宗冬で分割する様に命じ、柳生家を大名の地位から追い落としたという設定がされることもある。

山岡荘八の小説『柳生宗矩』では、家光の寵愛が重すぎると判断した宗矩にその美貌を破壊され、柳生に隠棲する。その後、宗矩の使わした者に斬られ、絶望ゆえの自殺のような状況で死を迎えた。
五味康祐の短編小説『堀主水と宗矩』では、堀主水一党を尾行中に真鍋小兵衛によって斬られた。
隆慶一郎の短編小説集『柳生非情剣』所収の『柳枝の剣』では、家光の寵愛が重たすぎることに激昂した宗矩によって、兄・十兵衛を刺客に放たれる。この兄弟対決で友矩は覚悟を決め、堂々と立ち会う。この作品は第101回直木賞候補になっている。のちに本作は『柳生非情剣 SAMON』として漫画化された。
荒山徹の小説『柳生大戦争』では、家光の寵愛が重すぎると判断した宗矩と立ち会いこれを撃破。朝鮮に渡り大陰謀を企てることとなる。
深作欣二監督の映画『柳生一族の陰謀』では烏丸少将に斬殺、深作版映画『魔界転生』では転生した宮本武蔵に撲殺された。
武本サブローの劇画『荒鬼』では、家光の命により密かに大太刀を修業し、柳生の大太刀を賭けた御前試合で柳生兵庫介に勝利するが、直前まで何も知らされず面目を潰される格好になった宗矩の苦渋の依頼で荒木又右衛門に討たれた。
映像作品における友矩(左門)役は、過去に平田昭彦・田村亮・目黒祐樹などが演じており、主に20代後半から30歳前後までの、アクションシーンないし殺陣ができて若手期待株と目される俳優が配される役どころである。

徳川家光 1623-1651
松尾芭蕉 1644-1694 門人の杜国

曽良
徳川綱吉 1646-1709 綱吉自身が多数の美童を小姓として持ち、12歳で寵愛した柳沢吉保を後に側用人・老中甲府太守として栄達させた
平賀源内 1728-1780

男色家であったため、生涯にわたって妻帯せず、歌舞伎役者らを贔屓にして愛したという。わけても、2代目瀬川菊之丞(瀬川路考)との仲は有名である。
瀬川菊之丞 (2代目) 1741-1773

勝海舟 1823-1899
岩倉具視 1825-1883 孝明天皇と岩倉具視とは同性愛関係だったという説あり

「サーティンキュー ? @saatennkixyu
イシヤの手先となって、明治維新という英国の植民地支配のために働いた売国奴達は秘密結社を創っていた。そのメンバーは、伊藤博文・坂本龍馬・五大友厚・大村益次郎・井上馨・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・岩倉具視・後藤象二郎など。司馬遼太郎の嘘歴史小説とかNHK大河ドラマは嘘の歴史だ!」
河井継之助 1827-1868
西郷隆盛 1828-1877 三度の結婚経験がある。
大久保利通 1830-1878 日本の武士(薩摩藩士)、政治家。明治維新の元勲。位階勲等は贈従一位勲一等。
西郷隆盛、木戸孝允(桂小五郎)と並んで「維新の三傑」と称される。
安政4年(1857年)に薩摩藩士早崎七郎右衛門の次女・満寿子と結婚。満寿子との間には、長男大久保利和・次男牧野伸顕・三男大久保利武・五男石原雄熊・長女芳子が生まれた。芳子は後の外務大臣伊集院彦吉に嫁いだ。
大久保には妻の外におゆう(杉浦勇、京都祇園一力亭の主人・杉浦治郎右衛門為充の娘。芸妓か?)という愛妾が居り、おゆうとの間に四男大久保利夫・六男大久保駿熊・七男大久保七熊・八男大久保利賢をもうけた。

孫の大久保利謙は日本近代史家、国立国会図書館憲政資料室の成立に寄与した。もう一人の孫大久保利春は丸紅専務で、ロッキード事件に際しては贈賄側の一人として逮捕・起訴され有罪判決を受けた。「じいさんにあわせる顔がない」が口癖だったという。

曾孫に吉田健一(作家)、大久保利晃(放射線影響研究所理事長、前産業医科大学長)、玄孫に寛仁親王妃信子、牧野力(通産事務次官)、麻生太郎(第92代内閣総理大臣)、武見敬三(元参議院議員)がいる。


「サーティンキュー ? @saatennkixyu
イシヤの手先となって、明治維新という英国の植民地支配のために働いた売国奴達は秘密結社を創っていた。そのメンバーは、伊藤博文・坂本龍馬・五大友厚・大村益次郎・井上馨・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・岩倉具視・後藤象二郎など。司馬遼太郎の嘘歴史小説とかNHK大河ドラマは嘘の歴史だ!」
吉田松陰 1830-1859
武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者、地域研究家である。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として知られる。

吉田松陰が登場する作品

小説
司馬遼太郎『世に棲む日日』文春文庫全4巻
山岡荘八『吉田松陰』全2巻
童門冬二『小説吉田松陰』
漫画
みなもと太郎『風雲児たち』
原作・武田鉄矢、作画・小山ゆう『お?い!竜馬』、

映画
『獄(ひとや)に咲く花』(2010年 監督:石原興、松陰役:前田倫良)

テレビドラマ
吉田松陰が主人公のテレビドラマ
『吉田松陰』(1969年、KTV、演・高橋幸治)
『炎の如く 吉田松陰』(1991年、日本テレビ系で2時間の時代劇スペシャルとして放送。日本テレビ年末時代劇スペシャルの幕末シリーズとストーリー的に繋がりがある。演・風間杜夫)
『蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦』(2000年、NHK、演・中村橋之助)
吉田松陰が登場するテレビドラマ
『勝海舟』(1974年、NHK大河ドラマ、演・石橋蓮司)
『花神』(1977年、NHK大河ドラマ、演・篠田三郎)
『大奥』(1983年 - 1984年、関西テレビ/東映、演・福本清三)、第47話「年上の佳人」で、台詞なしで、護送のシーンと処刑されるシーンで出演している。
『花の生涯 井伊大老と桜田門』(1988年、テレビ東京12時間超ワイドドラマ、演・本田博太郎)
『奇兵隊』(1989年、日本テレビ年末時代劇スペシャル、演・米倉斉加年、実在の銅像に声のみの回想出演)
『徳川慶喜』(1998年、NHK大河ドラマ、演・俊藤光利)
『龍馬伝』(2010年、NHK大河ドラマ、演・生瀬勝久)
『知られざる幕末の志士 山田顕義物語』(2012年、MBS・TBS系、演・合田雅吏)

楽曲
『吉田松陰物語』(1976年、作詞・作曲:歌:つボイノリオ)
『吉田松陰』(1989年、作詞:星野哲郎、作曲:浜口庫之助、歌:尾形大作)
孝明天皇
諱は統仁(おさひと)、幼称は煕宮(ひろのみや)
1831-1867 孝明天皇と岩倉具視とは同性愛関係だったという説あり。
http://snsi-j.jp/boards/sirogane/153.html
=====
鹿島説では、岩倉具視は幼い日に孝明天皇を女形にして男色遊びをしていたということになっているが、たしかに岩倉は関白・鷹司(たかつかさ)政通に認められて、孝明天皇の侍従となっているのだから、これはありうることである。
さらに、鹿島説では、孝明天皇が男色遊びに飽きて女性を求めたため、その心変わりを憎んで、岩倉具視も暗殺の謀議に加わったということだが、これもありうることである(この点については、後に別の角度からも検証する)。
=====
当時のしきたりとして、天皇には正妻以外にも側室が何人もいた。正妻との間に娘が二人、そして何人もの側室との間に娘が複数、息子が複数つくり、その息子が後の明治天皇になった。

「孝明天皇は排外主義者だから、外国の手先の売国奴に暗殺された」「孝明天皇の息子がすりかえられて、後に明治天皇になった」説あり。
井上馨 1836-1915 武士・長州藩士、政治家、実業家。本姓は源氏。清和源氏の一家系河内源氏の流れを汲む安芸国人毛利氏家臣・井上氏。桂太郎は娘婿。

幼名は勇吉、通称を聞多(長州藩主毛利敬親から拝受)。諱は惟精(これきよ)。太政官制時代に外務卿、参議など。黒田内閣で農商務大臣を務め、第2次伊藤内閣では内務大臣など、数々の要職を歴任した。栄典は従一位大勲位侯爵、元老。

「伊藤博文と井上馨はホモ」

「サーティンキュー ? @saatennkixyu
イシヤの手先となって、明治維新という英国の植民地支配のために働いた売国奴達は秘密結社を創っていた。そのメンバーは、伊藤博文・坂本龍馬・五大友厚・大村益次郎・井上馨・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・岩倉具視・後藤象二郎など。司馬遼太郎の嘘歴史小説とかNHK大河ドラマは嘘の歴史だ!」
坂本龍馬 1836-1867 妻はおりょう(楢崎龍)、また千葉さな子は婚約者だったと言われる。坂本龍馬と中岡慎太郎は同性愛の関係だとか、坂本龍馬と中岡慎太郎が近江屋で暗殺されたのは衆道の行為中だったという説もあり


「サーティンキュー ? @saatennkixyu
イシヤの手先となって、明治維新という英国の植民地支配のために働いた売国奴達は秘密結社を創っていた。そのメンバーは、伊藤博文・坂本龍馬・五大友厚・大村益次郎・井上馨・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・岩倉具視・後藤象二郎など。司馬遼太郎の嘘歴史小説とかNHK大河ドラマは嘘の歴史だ!」
後藤象二郎
後藤象次郎
1838-1897 幕末の武士(土佐藩士)、明治時代の政治家。栄典は正二位・勲一等旭日大綬章・伯爵。
幼名は保弥太、良輔。象二郎は通称。諱は正本(まさもと)、のち元曄(もとはる)。字は日曄、暢谷、雲濤、不倒翁など。雅号に暘谷、雲濤、光海、?公など。

「サーティンキュー ? @saatennkixyu
イシヤの手先となって、明治維新という英国の植民地支配のために働いた売国奴達は秘密結社を創っていた。そのメンバーは、伊藤博文・坂本龍馬・五大友厚・大村益次郎・井上馨・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・岩倉具視・後藤象二郎など。司馬遼太郎の嘘歴史小説とかNHK大河ドラマは嘘の歴史だ!」
中岡慎太郎 1838-1867 幕末の志士(活動家)である。陸援隊隊長。
墓所は、京都市東山区の京都霊山護国神社ほか。室戸岬に銅像が立つ。この銅像は桂浜にある龍馬の銅像が向かう先と同じ方向を見ているといわれている。
坂本龍馬と中岡慎太郎は同性愛の関係だとか、坂本龍馬と中岡慎太郎が近江屋で暗殺されたのは衆道の行為中だったという説もあり
伊藤博文 1841-1909 幕末の倒幕の志士たちの一人。維新後は伊藤博文と改名し、長州閥の有力者として、また英語に堪能な事を買われて参与、外国事務局判事、大蔵兼民部少輔、初代兵庫県知事(当時の県知事は民選ではなく官選であった)、初代工部卿など明治政府の様々な要職を歴任する。明治憲法の起草に関わり、初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長・韓国統監府統監・貴族院議長・兵庫県知事(官選)を務めた。韓国統監府初代統監就任、そして韓国人に暗殺された。
結婚し子供がたくさんいた。それに芸者好きとしても有名。

「伊藤博文と井上馨はホモ」

「サーティンキュー ? @saatennkixyu
イシヤの手先となって、明治維新という英国の植民地支配のために働いた売国奴達は秘密結社を創っていた。そのメンバーは、伊藤博文・坂本龍馬・五大友厚・大村益次郎・井上馨・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・岩倉具視・後藤象二郎など。司馬遼太郎の嘘歴史小説とかNHK大河ドラマは嘘の歴史だ!」
大山巌 1842-1916
西郷従道 1843-1902
父は西郷吉兵衛、母は政子、兄は西郷隆盛、従兄弟は大山巌等。
妻・清子(得能良介の長女)
山田顕義 1844-1892 日本の武士・長州藩士、政治家、初代司法大臣、陸軍軍人。日本大学、國學院大學の学祖。結婚し子供がいたとか。
東郷平八郎 1847-1934 日本の武士・薩摩藩士、大日本帝国海軍軍人。妻子。
乃木希典 1849-1912

結婚し、子供四人いた。明治天皇の後を追った乃木夫妻の殉死は、当時の日本国民に多大な衝撃を与えた。子供四人いたが、その子供達は子供を作らずに死んだので孫はいない。

伊東巳代治 1857-1934 兵庫県訳官。上京し、伊藤博文の知遇を得て明治政府の工部省に出仕。欧州憲法調査に随行、帰国後伊藤の秘書官として井上毅、金子堅太郎と共に大日本帝国憲法起草に参画。伊東博文首相の秘書官。貴族院議員に勅選され、伊藤内閣の内閣書記官長、枢密院書記官長、第3次伊藤内閣の農商務大臣等の要職を務めた。東京日日新聞(現在の毎日新聞)を買収、在官のまま第3代社長を勤めた。枢密顧問官。臨時外交調査委員。帝室制度審議会総裁。

森欧外(もり おうがい 1862-1922 明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、劇作家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。
石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京大学医学部[1]卒業。第一次世界大戦以降、夏目漱石と並ぶ文豪と称される。
大学卒業後、陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツで4年過ごした。帰国後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表する一方、同人たちと文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。その後、日清戦争出征や小倉転勤などにより、一時期創作活動から遠ざかったものの、『スバル』創刊後に「ヰタ・セクスアリス」「雁」などを発表。乃木希典の殉死に影響されて「興津弥五右衛門の遺書」を発表後、「阿部一族」「高瀬舟」など歴史小説や史伝「澁江抽斎」等も執筆した。

晩年、帝室博物館(現在の東京国立博物館・奈良国立博物館・京都国立博物館等)総長や帝国美術院(現日本芸術院)初代院長なども歴任した。

1884年(明治17年)6月、衛生学を修めるとともにドイツ陸軍の衛生制度を調べるため、ドイツ留学を命じられた。7月28日、明治天皇に拝謁し、賢所に参拝。8月24日、陸軍省派遣留学生として横浜港から出国し、10月7日にフランスのマルセイユ港に到着。同月11日に首都ベルリンに入った。
なお帰国直後、ドイツ人女性が来日して滞在一月(1888年9月12日 - 10月17日)ほどで離日する出来事があり、小説「舞姫」の素材の一つとなった。後年、文通をするなど、その女性を生涯忘れることは無かったとされる。

先妻 登志子(海軍中将赤松則良娘)
長男 於菟(おと、医学者、台北帝国大学医学部教授などを歴任)

後妻 - 志け 小説「波瀾」を著しており(『樋口一葉・明治女流文学・泉鏡花集』現代日本文学大系5、筑摩書房、1972年)、義妹の小金井喜美子とともに雑誌『青鞜』の賛助員になった。
長女 茉莉(まり、随筆家・小説家)
次女 杏奴(あんぬ、随筆家)
次男 不律(ふりつ、夭折)
三男 類(るい、随筆家)



徳川家達 1863-1900 徳川宗家16代当主、もと田安徳川家7代当主。駿府藩初代藩主。幼名は亀之助。号は静岳。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。第4代貴族院議長、ワシントン軍縮会議首席全権大使、第6代日本赤十字社社長などを歴任。

妻 - 近衛泰子(近衛忠房娘)。子 - 徳川家正、繁子(伯爵松平直国室)、綏子(公爵鷹司信輔室)、綾子(侯爵松平康昌室)。
同性愛の趣味があり、1917年頃、醜聞の口止め料として1万円を支払ったことがある。このため、家達の実弟の徳川頼倫は、牧野伸顕に「兄が恥を知らず、今なお公職を執り、引退の考えがないのは困ったものだ」と嘆いたことがあった。倉富勇三郎が牧野から聞いたところによると、家達の同性愛嗜好は華族間では知る者も多く、伯爵松浦厚はこれに基づき家達の学習院総裁就任の話を潰したことがある。
貴族院議長時代、柳田國男(当時貴族院書記官長)と仲が悪く、これが原因で柳田は貴族院を辞任した。両者の不仲の理由について、潔癖な柳田が家達の女性関係を咎めたためであろうと岡谷公二は推測している(岡谷公二『貴族院書記官長柳田國男』)。一方、永井和は、家達が自らの同性愛スキャンダルを柳田に暴露されるのではないかと恐れていた可能性を指摘している。
夏目漱石 1867-1916

妻子
平沼騏一郎 1867-1952 日本の官僚で、第35代内閣総理大臣。正二位勲一等、男爵、法学博士。
日本大学第二代総長。大東文化学院(のちの大東文化大学)初代総長。大東文化協会(大東文化大学の設立母体)三代会頭。国本社の創設者。修養団第二代団長。無窮会の創立者、相談役、第二代会長、理事。東洋文化学会第二代会長。東洋文化研究所創設者、初代所長。
法曹界で権力を持ち、右翼勢力の拡大に尽力する。太平洋戦争後、A級戦犯として終身刑が言い渡されるが、1952年、病気仮釈放。直後に死去した。1978年に靖国神社に合祀された。
終生、独身だった。なお、元経済産業大臣で衆議院議員の平沼赳夫は、平沼騏一郎の兄である経済史学者で早稲田大学学長を務めた平沼淑郎の曾孫である。赳夫の父は大協石油勤務の中川恭四郎で、彼は石川県金沢市出身の内務官僚・中川友次郎の四男であった。また、赳夫の母は淑郎の孫娘である節子(東京裁判においては、老齢である平沼の代理として証言台に立った)である。つまり赳夫は平沼家とは女系での繋がりとなる。当初は赳夫だけを養子にするつもりだったが、思うところあって恭四郎一家ごと養子とし、平沼姓を名乗らせた。
正岡子規(まさおか しき
1867-1902 俳人、歌人、国語学研究家である。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。
俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に渡り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人である。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。

愛媛一中、共立学校で同級だった秋山真之とは、松山在住時からの友人であり、また共通の友人として勝田主計がいた。東大予備門では夏目漱石・南方熊楠・山田美妙らと同窓。

夏目漱石との交際
徳冨蘆花 1868-1927

広瀬武夫
(ひろせ たけお、
旧字体:廣P武夫、

慶応4
(1868)-
明治37
(1904)
明治の大日本帝国海軍軍人。日露戦争でのエピソード(後述)で知られており、特に戦前は「軍神」として神格化された。兄の勝比古も海軍軍人である。

生涯独身であり、女性関係はあったものの極めて真面目で、遊郭に出入りすることも社交界で交際することも皆無だった。唯一の女性との関係はアリアズナとの文通であったという。また女性とデートしても、部下への体面があるとして手を出さなかったという手紙が残っており、その手紙を石原慎太郎が所有している。
宇佐美勝夫 1869-1942 内務官僚、政治家。幼名は慎平。富山県知事、東京府知事、貴族院議員などを歴任した。
山形県士族宇佐美駿太郎の弟。
池田成章の三女よし(芳子)との間に譲(夭折)、三菱銀行頭取・日本銀行総裁を歴任した洵、宮内庁長官を務めた毅と格(子に三菱ふそうトラック・バスの会長を務めた宇佐美隆)の四子を得たが死別した。成章の次女みつ(光子)はまだ独身で、妹の死後は子供達の世話をしており、家族の意向で再婚した(洵が「おばさんと暮らしたい」とせがんだという)。しかし、みつもスペイン風邪で病死し、更に後、四谷トクを後妻とした。トクとの間には一子の新(太平洋戦争で戦病死)がいた。
義兄に日銀総裁を務めた池田成彬が、義弟に三菱銀行頭取を務めた加藤武男がおり、妻の姪・敏(池田成彬の長女)は三菱財閥3代目総帥・岩崎久弥の次男で三菱製紙会長を務めた岩崎隆弥に嫁いでいる。


「故宇佐美総裁のホモ遊び」83.04
柳田國男 1875-1962

民俗学者 著書『遠野物語』などで知られる。全国各地を歩き、とくに山の生活に着目して「願わくは平地人を戦慄せしめよ」と述べた。雑誌『郷土研究』を創刊して、日本における民俗学の開拓者である。
日本民俗学の祖としての功績は非常に高く評価できる反面、彼自身の性格・手法によって切り捨てられた民俗があることも指摘されている(例えば性に関する民俗は言及を避けた)。國男が意図的に無視した漂泊民、非稲作民、被差別民、同性愛を含む性愛、超国家的民俗などの解明は同時期に宮本常一によって多くの先駆的研究が為された他、網野善彦によって歴史学の分野でも注目を集めた。
高弟、折口信夫は同性愛者であり、高弟加藤守雄に同衾を強要したことでも知られる。養子の折口春洋(旧姓藤井)も事実上の愛人だった。このような折口の性的指向に対して柳田國男は批判的で、折口の前で加藤に向かって「加藤君、牝鶏になっちゃいけませんよ」と忠告したこともある(牝鶏という言葉は、男性同士の性行為を意味する鶏姦という語と関係があり、いわゆる稚児、若衆を指すと解される)。
1904年、柳田直平四女孝と結婚。
柳原義光 1876-1946 伯爵、貴族院議員。正五位勲四等旭日小綬章。
柳原前光の長男。妻は池田慶政の五女・銀子、後妻は川村純義の次女・花子。慶應義塾に学び、1894年(明治27年)家督を相続。
1896年(明治29年)拝謁して天盃を賜り正五位。宮中の御用掛、日露戦争の功により勲等を受ける。
1921年(大正10年)、妹の柳原白蓮が愛人と失踪する事件が起きたため、貴族院議員を引責辞任した。
彼本人は男色家(同性愛者)として令名を馳せている。
橋の男娼にベラベラとホモスキャ ンダルをゲロされちゃって新聞で”祭”になり、 貴族院議員辞任に追い込まれた。
寺田寅彦(てらだ とらひこ
吉村冬彦
1878-1935、 戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人であり吉村冬彦の筆名もある。

1896年(明治29年) - 熊本の第五高等学校に入学。英語教師夏目漱石、物理学教師田丸卓郎と出会い、両者から大きな影響を受け、科学と文学を志す。
吉田茂 1878-1967 妻子がいたが、「オペラ歌手藤原義江を愛人にしていた」いう噂あり カトリック信者
滝廉太郎 1879-1903
北一輝 1883-1937
志賀直哉 1883-1971

妻子
片上伸(かたがみ のぶる) 1884-1928

早稲田大学の教授として、英文学、ロシア文学を講義しながら、雑誌『早稲田文学』に自然主義を擁護する評論を多く発表した。
人格面ではいろいろとあったようで、1920年代に早稲田に学んだ井伏鱒二や尾崎一雄たちの回想の中では、主人公たちの夢を邪魔するような存在として描かれていることが多い。「特に井伏は1921年、片上のホモセクハラ行為によって大学中退を余儀なくされる被害に遭った」説あり。
山本五十六 1884-1943 26、27代連合艦隊司令長官。
正妻: 山本礼子、妾: 河合千代子。息子二人、娘二人をもうけた。
谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう 1886-1965
藤田嗣治 1886-1968

女学校の美術教師であった鴇田登美子と出会って、2年後の1912年に結婚。新宿百人町にアトリエを構えるが、フランス行きを決意した藤田が妻を残し単身パリへ向かい、最初の結婚は1年余りで破綻する。2人目の妻、フェルナンドとは急激な環境の変化に伴う不倫関係の末に離婚し、藤田自身が「お雪」と名づけたフランス人女性リュシー・バドゥと結婚。リュシーは教養のある美しい女性だったが酒癖が悪く、再び不倫の末に離婚。1931年に新しい愛人マドレーヌを連れて個展開催のため南北アメリカへに向かった。最後を見取った君代夫人。
折口信夫 1887-1953

柳田國男の高弟として民俗学の基礎を築いた。民俗学、国文学、国学の研究者。釈迢空(しゃく ちょうくう)と号した詩人・歌人でもあった。折口の成し遂げた研究は「折口学」と総称されている。
藤井春洋を養子にした。愛人説あり。
同性愛者(男色家)であり、高弟加藤守雄に同衾を強要したことでも知られる。
養子の折口春洋(旧姓藤井)も事実上の愛人だった。
このような折口の性的指向に対して柳田國男は批判的で、折口の前で加藤に向かって「加藤君、牝鶏になっちゃいけませんよ」と忠告したこともある(牝鶏という言葉は、男性同士の性行為を意味する鶏姦という語と関係があり、いわゆる稚児、若衆を指すと解される)。
「同性愛を変態だと世間では言うけれど、そんなことはない。男女の間の愛情よりも純粋だと思う。変態と考えるのは常識論にすぎない」と述べた。
菊池寛 1888-1948  正妻以外に多数の愛人を持ち、その内の一人に小森和子がいたとか。
里見ク(とん) 1888-1983

小説家。同じく小説家の有島武郎、画家の有島生馬は共に実兄。
志賀直哉の愛人。
志賀直哉の手引きで吉原などで遊蕩し、遂に大阪の芸妓・山中まさと結婚した。


室生犀星 1889-1962 1913年(大正2年)北原白秋に認められ白秋主宰の詩集『朱欒(ざんぼあ)』に寄稿。同じく寄稿していた萩原朔太郎と親交をもつ。
1916年(大正5年) 萩原と共に同人誌『感情』を発行。1919年(大正8年)までに32号まで刊行した。この年には中央公論に『幼年時代』、『性に目覚める頃』等を掲載し、注文が来る作家になっていた。1929年(昭和4年)初の句集『魚眠洞発句集』を刊行。1930年代から小説の多作期に入り1934年(昭和9年)『詩よ君とお別れする』を発表し詩との訣別を宣言したが、実際にはその後も多くの詩作を行っている。
1935年(昭和10年)、『あにいもうと』で文芸懇話会賞を受賞。
芥川賞の選考委員となり、1942年(昭和17年)まで続けた。
1941年(昭和16年)に菊池寛賞。
娘朝子をモデルとした1958年(昭和33年)の半自叙伝的な長編『杏っ子』は読売文学賞、同年の評論『わが愛する詩人の伝記』は毎日出版文化賞を受賞。古典を基にした『かげろふの日記遺文』(1959年(昭和34年))では野間文芸賞を受賞した。この賞金から翌年、室生犀星詩人賞を設定。
抒情小曲集の「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの」の詩句が有名である。

交友 関係は、萩原朔太郎、相川俊孝、芥川龍之介、中野重治、堀辰雄、伊藤信吉、森茉莉、萩原葉子。

娘は室生朝子。
和辻哲郎 1889- 『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られる日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。その倫理学の体系は、和辻倫理学と呼ばれる。

1912年、高瀬弥一の妹、照と結婚。
河合栄治郎 1891-1944
近衛文麿 1891-1945 第5代貴族院議長。第34、38、39代内閣総理大臣。結婚し子供が何人もいた。さらに妾を何人も持ち婚外子もいたとか。
倉田啓明(くらた けいめい) 1892 小説家、戯曲家。
少年期を三重県伊賀で過ごす。立教中学卒業後江見水蔭の門下に入ったとも、慶應義塾大学文科出身ともいわれる。明治時代末期に小説家としてデビュー。『中央公論』『太陽』『三田文学』に小説を発表していたが、1917年12月、谷崎潤一郎の作品と称して『誘惑女神』なる約20枚の小説を東京日日新聞に売り込み、原稿料を詐取。また、芥川龍之介の作品と称して『魔神結縄』なる小説を出版社に売った他、北原白秋や山崎俊夫を騙り、坪内逍遥の紹介状を偽造して『黒潮』に『結搏葛城の神』なる小説を売りつけようとするなどの行為によって文書偽造行使詐欺の罪に問われ、懲役10月の実刑判決を受けて豊多摩刑務所で服役。
出所後は通俗作家北島春石の食客となり、その代作をおこなう。1921年、春石の妻の名で『本朝王昭君』を『萬朝報』紙の1万号記念懸賞脚本募集に応募し、旧劇の部で一等入選。1922年、倉田潔名義で獄中記『地獄へ堕ちし人々』(春江堂)を刊行。
関東大震災後は関西地方に移住し、大阪千日前などの大衆劇の作者として活動すると共に、『騒人』『世間』『道頓堀』『上方食道楽』『文芸倶楽部』『漫談』などの大衆誌で娯楽作品を発表。この間、劇作家豊田豊の戯曲から盗作をおこなう事件を起こす。また、演劇水平社聯盟の指導者としても活動していたが、1935年頃から消息不明となる。
矢内原忠雄 1893-1961 経済学者・植民政策学者。東京大学総長。日本学士院会員。正三位勲一等瑞宝章。

法大名誉教授で著名な詩人矢内原伊作、慶大経済学部名誉教授・作新学院大学長の矢内原勝は子息である。
江戸川乱歩 1894-1965

妻子
甲斐庄楠音
(かいのしょう ただおと)
1894-1978 大正時代の日本画家、昭和20年代-30年代の風俗考証家である。本姓は「甲斐荘」。兄に高砂香料工業創業者である甲斐庄楠香がいる。
1940年、溝口健二と知り合ったことで映画界に転身、以後は映画の時代風俗考証家として活躍するようになる。この溝口の縁で1943年に芸術関係者のサークル・「山賊会」に参加。俳優の初代・水谷八重子、川口松太郎、花柳昇太郎、千宗左、千宗室、永楽善五郎、吉井勇ら幅広く各界人と交友。1953年には自身が風俗考証を担当し、溝口が監督をした「雨月物語」がヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞する。
生涯独身であったが、青年時代に婚約者に裏切られたことが原因とも、ホモセクシャルであったとも言われる。このことが独特の画風にも少なくない影響を与えているという説もある。
松下幸之助 1894-1989 パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。
1979年、私財70億円を投じて財団法人松下政経塾を設立し、政界にも影響力を及ぼそうとした。「青山のマンションがホモの塾生達の溜まり場で、これが実は裏の男色人脈」と噂されるようになる。
既婚で娘がいて、娘婿に跡継ぎをさせた。女性の愛人や隠し子が何人もいたというか。尾上縫も愛人の一人だったという説あり。
宮沢賢治 1896-1933 『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『注文の多い料理店』『雨ニモマケズ』『セロ弾きのゴーシュ』『どんぐりと山猫』
生涯独身。岩手県で生まれ育ち岩手の風土と方言を交えた童話や詩を多数書いた。生存中は認められなかったけど、没後世評が急速に高まり国民的作家とされていった。
後に彼の作品が多数、映像化された。
又、彼をモデルにドラマ化された。
『雨ニモマケズ』 - 映画(1958年)監督:蛭川伊勢夫 脚本:猪俣勝人・柴英三郎 出演:重森孝、北山年夫、納谷悟郎 音楽:眞鍋理一郎
『宮澤賢治−その愛−』 - 映画(1996年)監督:神山征二郎 脚本:新藤兼人 宮澤賢治:三上博史
『わが心の銀河鉄道〜宮沢賢治物語』 - 映画(1996年) 監督:大森一樹 宮澤賢治:緒形直人
『イーハトーブ幻想〜KENjIの春』 - テレビアニメ(1996年) 監督:河森正治
村山槐多 1896-1919 洋画家。

井伏鱒二 1898-1993

作家で代表作が、『山椒魚』(1929年)、『屋根の上のサワン』(1929年)、『ジョン万次郎漂流記』(1938年)、『さざなみ軍記』(1938年)、『本日休診』(1950年)、『黒い雨』(1965年)
川島雄三が大の井伏ファンとして有名。井伏の「サヨナラダケガ人生ダ」という科白を愛用した。井伏の『貸間あり』を映画化したが、井伏には「下品すぎる」として不評だったらしい。川島の弟子である今村昌平は『黒い雨』を映画化し、カンヌ国際映画祭高等技術委員会賞を受賞。他に井伏原作で森繁久弥が主演した『駅前旅館』は駅前シリーズの誕生のきっかけとなった。
1921年、片上伸教授との確執(ホモセクシャル行為との説あり)
秋元節代と結婚。
今東光

1898-1977 小説家、参議院議員。

東郷青児のとりもちで、燕楽軒で女給をしていた宇野千代とも短期間交際した。
関東大震災の時に一緒に逃げ歩いた、元帝国劇場女優の人妻とのちに結婚する。妻フミ子が離婚を申し出た。
戦後1946年秋、母綾の秘書役を務めていた佐倉市志津の旧家の人、蜂谷清(きよ)と再婚。

原作映画
『異人娘と武士』阪東妻三郎プロダクション、井上金太郎監督、1925年、阪東妻三郎、関操
『春泥尼』日活、阿部豊監督、1958年、筑波久子、左幸子、岡田真澄
『みみずく説法』東京映画、久松静児監督、1958年、森繁久彌(東光役)、司葉子
『尼くずれ』大映、池広一夫監督、1968年、安田道代、三木本賀代
『悪名』大映京都、田中徳三・森一生・安田公義・マキノ雅弘・増村保造監督・依田義賢脚色、勝新太郎、田宮二郎主演
『お吟さま』東宝&大映京都、熊井啓監督 依田義賢脚色、1978年、中野良子・中村吉右衛門・志村喬主演
他多数

劇中で今東光を演じた俳優 [編集]渋谷天外 - 「みみずく説法」文芸劇場(NHK版)1962.05.11 ほか
森繁久弥 - 「みみずく説法」東宝
伊武雅刀 - 「女の一代記」シリーズ
溝口健二


1898-1956
女性を主人公に据えた情緒的な作品が多い。黒澤明、小津安二郎、成瀬巳喜男らと並び称される日本映画の巨匠の一人である。

日活の俳優であった富岡正の知遇を得、1920年(大正9年)に日活向島撮影所に入社。監督助手として小口忠や田中栄三らについたのを経て、1923年(大正12年)2月、先輩監督の若山治のオリジナル脚本による『愛に甦る日』で24歳にして映画監督デビューを果たした。

日本画家の甲斐庄楠音を時代風俗考証担当に抜擢した事でも知られる。


西鶴一代女(1952年ヴェネツィア国際映画祭「国際賞」、BBC選出「21世紀に残したい映画100本」)
雨月物語(1953年ヴェネツィア国際映画祭「銀獅子賞」、米アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート、ナショナル・ボード・オブ・レビュー「経歴賞」)
近松物語(第8回カンヌ国際映画祭出品)
山椒大夫(1954年ヴェネツィア国際映画祭「銀獅子賞」)
新・平家物語 (1955年ヴェネツィア国際映画祭出品)
楊貴妃(1955年ヴェネツィア国際映画祭出品)
赤線地帯(1956年ヴェネツィア国際映画祭出品)

ジャン=リュック・ゴダールをはじめ、フランソワ・トリュフォー、エリック・ロメール、ベルナルド・ベルトルッチ、ジャック・リヴェット、ピエル・パオロ・パゾリーニ、ビクトル・エリセなどヌーヴェルヴァーグ世代のヨーロッパの映画作家に多大な影響を与えた。とりわけ溝口の墓参までしたゴダールの溝口への傾倒ぶりは有名で、「好きな監督を3人挙げると?」との問いに「ミゾグチ、ミゾグチ、ミゾグチ」と答えるほどだった。



1925年(大正14年)『赤い夕日に照らされて』を撮影中に痴話喧嘩のもつれから、恋人であり同棲中の雇女(別れた後、貧しさのため娼婦となる)に背中を剃刀で斬られるという事件を起こし、しばらく謹慎処分となる。以後女性をテーマにした作品に独特の感覚を発揮するようになる。

情婦を怒らせ斬りつけられるほど、女性に対する暴言は有名だった。妻を発狂させるほど追い込んでもいる。

映画人との私的な交際はあまり見られなかったが、田中絹代とは公私にわたる親交を育んだ。
川端康成 1899-1972



菊池寛らに評価されて世に出る。
『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品を発表。
1968年に日本人では初となるノーベル文学賞を受賞した。1972年、ガス自殺を遂げ、満72歳で死去。

三島由紀夫が持参した文を評価し文壇デビューさせたその師的存在である。
エドワード・G・サイデンステッカーが、東京大学に籍を置いて吉田精一のもとで日本文学を勉強した。その時の友人が直木賞作家の高橋治。日本語に熟達して評論活動を行ったが、1962年からスタンフォード大学に奉職、のちコロンビア大学教授として日本文学を講じ、アンソニー・チェンバースのような後進を育てた。また谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫ら日本の文学作品を英訳し、アーサー・ウェイリーに続く二度目の『源氏物語』の英語完訳も行った。『雪国』の英訳では、川端康成のノーベル文学賞受賞に貢献した。 実際、川端康成自身、「ノーベル賞の半分は、サイデンステッカー教授のものだ」と言い、賞金も半分渡している。 また、日本文学の研究者であるドナルド・キーンとも親交が深く、東大在学中は彼を家に宿泊させており、コロンビア大学で、春学期はキーンが、秋学期はサイデンステッカーが教鞭を取っていたとされる。2006年、日本への永住を決意して東京の湯島を生活の拠点とする。だが、翌年に転倒して頭部を強打、入院療養中8月26日に死去した。

賀陽宮恒憲王 1900-1978 邦憲王の第1王子。
1921年(大正10年)、九条道実公爵の娘敏子と結婚。1931年(昭和6年)に夫妻でアメリカを訪問。国際親善に努める。
陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業。軍人としては皇道派に近かったと言われている。終戦時は陸軍中将。東久邇宮稔彦王と共に敗戦の責任を取って、皇籍離脱することを主張。
1947年(昭和22年)の皇籍離脱の際には、自ら区役所に赴いて手続きを済ませた。野球の愛好家で、野球の事業化に着手したが、失敗。1970年(昭和45年)に長野県に特別養護老人ホーム「敬老園」を設立した。1978年(昭和53年)、78歳で逝去した。

戸田城聖 1900-1958

創価学会第二代会長。
池田大作と関係があったとか。
一応妻がいたとか。
二村定一 1900-1948
山階芳麿(やましな よしまろ)
1900-1989 元皇族。旧名、芳麿王。山階宮菊麿王と同妃範子(先妻)の第二王子。
山階鳥類研究所の創設者。階級は陸軍中尉。位階勲等は正三位勲一等。爵位は侯爵。学位は理学博士(北海道帝国大学)。生前に受けた栄誉及び表彰歴としては第1級ゴールデンアーク勲章受勲及びジャン・デラクール賞受賞などがある。

1925年(大正14年):伯爵酒井(小浜)忠道次女・寿賀子(すがこ)と結婚。
寿賀子夫人との間に子どもは無く、侯爵浅野長武と妹:安子の次男(芳麿からすれば甥)の山階芳正を養子に迎えた。 鳥類学者の黒田長久は義理の従兄弟にあたる。
宇佐美洵(うさみ まこと) 1901-1983 財界人。慶大から三菱銀行に入社し、同行頭取、全国銀行協会会長を経て、第21代日本銀行総裁。
母よしの実兄は三井財閥の大番頭、日銀総裁や大蔵大臣を歴任した池田成彬で、母の妹の夫は元三菱銀行頭取の加藤武男である。弟の宇佐美毅は元宮内庁長官。
妻・寿恵は元日本製粉社長中村藤一の三女。
従妹の敏(池田成彬の長女)は三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫にあたる元三菱製紙会長・岩崎隆弥に嫁いでおり、三菱ふそうトラック・バスの前会長・宇佐美隆は毅及び洵の甥にあたる。
宇佐美家は三菱財閥の創業者一族・岩崎家や三菱と縁の深い加藤家と姻戚関係にある。

昭和天皇裕仁(ひろひと) 1901-1989
佐藤榮作
佐藤栄作
1901-1975 遠縁に当たる吉田茂首相とは早くから親交があり、第2次吉田内閣で非議員ながら入閣。池田勇人と共に「吉田学校」の代表格となる。


閑院宮春仁王
→閑院春仁
→閑院純仁
1902-1988 戦後1947年、皇籍を離脱し、姓を閑院とし閑院春仁と名乗った。のちに純仁と改名した。1925年、陸軍中将侯爵四条隆謌の孫で明治神宮宮司・海軍大佐・公爵一条実輝の娘、直子を妃とするが、1966年離婚。その後、直子がマスコミに純仁は同性愛者であったと語り、一時スキャンダルに見舞われた。
迫水久常
(さこみず ひさつね)
1902- 西郷輝彦



===
迫水は,戦後,郵政大臣や経済企画庁長官なども歴任したが,
戦前の東条内閣や鈴木貫太郎内閣時代の官僚としての経歴の方が,
権力機構の中枢にゐた大物って印象が強いよな.
岡田首相の首相秘書官としては「226事件 岡田首相救出秘話」とか.



迫水久常は、「日本の一番長い日」に出てくる。
加藤武がやってるね。

===
秩父宮雍仁親王 1902-1953

大正天皇と貞明皇后(同日の誕生日であった)の第二皇子。平成天皇の叔父にあたる。
妃は勢津子(旧会津藩主・松平容保の四男で外交官を務めた松平恒雄の長女)。御称号は淳宮(あつのみや)。身位は親王。お印は若松(わかまつ)。階級は陸軍少将。勲等功級は大勲位功三級。勢津子妃との間に子女はない。

岡田時彦 1903-
小津安二郎
1903-1963
小林多喜二 1903- プロレタリア文学の代表的な作家・小説家である。1929年に『蟹工船』を『戦旗』に発表し、一躍プロレタリア文学の旗手として注目を集め同年7月には土方与志らの新築地劇団(築地小劇場より分裂)によって『北緯五十度以北』という題で帝国劇場にて上演された。

北海道拓殖銀行(拓銀)小樽支店に勤務し、そのころ5歳年下の恋人田口タキに出会う。タキは父親が残した多額の借金により13才の頃より酌婦として飲み屋に売られていた。多喜二は友人からの借金でタキを身請けし、結婚ではなく家族という形で実家に引き取った。多喜二の家族も暖かく迎えたが、タキは身分の差に悩み7ヵ月後に家出をする。
2009年6月19日死去。101歳とも、102歳であったとも報じられている。
“小林多喜二の恋人、タキさん死去 101歳”. さきがけonTheWeb (秋田魁新報). (2009年12月11日). http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20091211g 2009年12月12日閲覧。
“多喜二の恋人・タキさん、6月に死去102歳”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年12月12日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20091212-OYT1T00101.htm 2009年12月12日閲覧。
古賀政男
1904-1978
堀辰雄 1904-1953
高松宮宣仁親王(たかまつのみや のぶひとしんのう) 1905-1987 皇族。大正天皇と貞明皇后の第三皇子。今上天皇の叔父にあたる。有栖川宮の祭祀を継承。妃は公爵徳川慶久の次女喜久子。御称号は光宮(てるのみや)。身位は親王。お印は若梅(わかうめ)。勲等・功級は大勲位功四級。

1930年(昭和5年)2月4日、徳川喜久子と婚儀。「公武合体」と話題を呼んだ。しかし、皇子女が7人の兄・昭和天皇、王子女が5人の弟・三笠宮崇仁親王と違い宣仁親王は子女は儲けず、血筋は遺されていない。
西郷吉之助 1906- 西郷輝彦
豊田四郎 1906-1977 1924年に松竹蒲田撮影所に入り島津保次郎に師事。その後、東宝に移って文芸映画を多く監督し、高い評価を得た。『小島の春』や『恍惚の人』など、難病と戦う人々を扱った文芸作品も進んで映画化したが、誤った知識や対処法を原作どおりに描いたために、後年たびたび批判の対象となる。
ホモセクシュアルであり(このことは池部良や森繁久弥の随筆に記されており、有名な話である)、また女優へのしごきは人一倍厳しかったという。
1977年、俳優・北大路欣也の結婚披露宴中に心臓発作で倒れ急逝。71歳没。
『夫婦善哉』1955、『雪国』1957、『暗夜行路』1959、『新・夫婦善哉』1963、『恍惚の人』1973
本田宗一郎(ほんだ そういちろう) 1906年-1991 実業家、技術者。本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。
折口春洋
旧姓・藤井春洋
1907-1945 国文学者。

折口信夫の養子。愛人説あり。

1934年、國學院大學講師となる。1936年には國學院大學教授に就任。
1943年、太平洋戦争で2度目の召集を受け、金沢歩兵聯隊に入営。1944年7月、硫黄島に着任し、陸軍中尉を拝命。
同じ1944年7月、折口信夫の養子として入籍。
1945年3月19日、硫黄島にて戦死。しかし折口信夫は米軍上陸の2月17日を命日と定め、「南島忌」と名づけた。
折口信夫が建てた父子の墓は、羽咋市にある。墓碑銘には、「もつとも苦しき たゝかひに最苦しみ 死にたる むかしの陸軍中尉 折口春洋 ならびにその 父信夫の墓」 と刻まれている。
南條範夫
南条範夫
(なんじょう のりお)

「條」は旧字のため南条範夫とも表記される。
1908-2004 小説家、経済学者。残酷ものと呼ばれる独特の作品や剣豪小説をはじめ、幅広い歴史小説、時代小説で知られる。

『無明逆流れ』(1957年)に始まる諸短篇や、映画『武士道残酷物語』の原作となった『被虐の系譜』(1963年)、『残酷物語』(1959年)、『古城物語』(1961年)などで残酷もののブームを巻き起こし、また組織における人間疎外という視点から「マゲをのせた現代小説」とも呼ばれた。一方で、奔放な武芸者月影兵庫のシリーズ(1958?)などの痛快な剣豪小説も人気があり、五味康祐、柴田錬三郎とともに、第一次剣豪ものブームをになった。
『わが恋せし淀君』(1958年)では、タイムトラベルで現代人が過去を訪ねるというSF的な設定も使っている。 『抛銀商人』(1962年)では歴史上の商人達を題材にし、岩崎弥太郎の生涯を描いた『曉の群像』(1964年)など経済問題を盛り込んだ作品も手がける。現代を舞台にした推理小説として『からみ合い』(1959年)、『第六の容疑者』(1960年)などがあり、『参謀本部の密使』(1966年)では軍事探偵明石元二郎を取り上げている。

原健三郎 1907-2004
守田勘彌 (14代目)
守田勘弥 (14代目)(もりたかんや)
1907-1975 1935年 新派の女優・初代水谷八重子と結婚、夫婦で一座を結成し長くこれを主催した。娘をもうけ、水谷良重(後に二代目水谷八重子)となる。1950年 初代水谷八重子との離婚が成立。

藤間勘祖の勧めで、その後舞踊家の藤間勘紫恵と再婚した。

長男:五代目坂東玉三郎(門閥の出でない楡原伸一を養子にとり、これを手塩にかけて当代一の立女形に育て上げた)
林長丸
林長二郎
長谷川一夫
1908-
一時期、赤坂で料亭賀寿老(かずお)を繁夫人と経営していた。
俳優の林成年は長男、女優の長谷川季子と長谷川稀世は長女・次女、また稀世の娘に女優の長谷川かずきがいる。

【タニマチは麻生のジイサンや出光石油の社長とか
国会議事堂付近に豪邸持ってたり ガソリンスタンド幾つも経営してたり(貰ったんやろね 多分)
記念館(小規模だけど)もファンクラブ会長(男)が自腹で作ってくれた】
花田清輝 1909-
淀川長治 1909-1998
大平正芳 1910-1980
黒澤明 1910-1998
松本白鸚(はくおう) (初代)
八代目 松本幸四郎(こうしろう)
1910- 。「白鸚」の名跡は襲名披露興行の舞台以外にほとんど実績のない事実上の隠居名で、存命中は八代目 松本幸四郎(はちだいめ まつもと こうしろう)として知られた。

八代目幸四郎は歌右衛門とホモ関係でした

妻 藤間正子(初代吉右衛門の娘)
子 九代目松本幸四郎
二代目中村吉右衛門
真藤恒 1910-2003 石川島播磨重工業の社長、電電公社総裁、NTT初代社長・会長を務めた。
結婚して、息子に三井物産情報産業本部メディア事業部長、スピードネット社長、ソフトバンクBB常務を歴任し、現ソフトバンクIDC社長の真藤豊がいる。
男色人脈で、中曽根康弘、三島由紀夫とつながっていた。かつての日本日本電信電話公社→「現NTTは男色人脈の企業」説あり。
長谷川寿彦元NTT取締役、式場英元NTT取締役。
村上元三 (むらかみ げんぞう) 1910-2006 小説家。朝鮮元山生まれ。
1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー。浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書いているうち、梅沢の紹介で長谷川伸を知り、師事する。
1941年には長谷川主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、『上総風土記』で直木賞受賞。
戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。大衆文学復興の旗手となる。北方もの、人物評伝もの、伝奇もの、海洋冒険もの、芸道もの、股旅もの、お家騒動ものと、多彩な作品を執筆した。代表作に『水戸黄門』『勝海舟』『次郎長三国志』など。
1954年下半期から1989年下半期まで、30年以上の長きにわたり直木賞の選考委員を務めた。2008年現在、最長在任記録となっている。
2006、心不全のため東京都世田谷区の病院で死去。享年96。

筒井康隆作原作の映画化、『文学賞殺人事件/大いなる助走』(1989年、鈴木則文)の登場人物の一人で、ホモの選考委員で推薦してやる代償として男性候補者を抱く役のモデル説がある。
この役は司馬遼太郎ではという説もある。

長谷川 伸(はせがわ しん)
1927年(昭和2年)、江戸川乱歩、土師清二、小酒井不木、国枝史郎らと耽綺社を設立、また昭和8年には二十六日会を結成、大衆文芸や演劇の向上を目的とした活動においてもその名が知られるようになる。また主宰していた文学学校(勉強会)新鷹会の門下生には長谷川幸延、村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎、武田八洲満らが名を連ねた。



蝦夷日記
北緯五十度
上総風土記
佐々木小次郎
新選組
慶安水滸伝
水戸黄門
源義経(NHK大河ドラマ「源義経」の原作)
真田十勇士
勝海舟
次郎長三国志
五彩の図絵
流域の賊
松平長七郎江戸日記(テレビ時代劇長七郎江戸日記原作)
田沼意次
岩崎弥太郎
戦国風流前田慶次郎
維新回天高杉晋作
加賀騒動(1953年東映、映画『加賀騒動』の原作)
平清盛

山村聡 1910-2000
石津謙介
(いしづ けんすけ
 1911-2005 20世紀に活動した日本のファッションデザイナー。「ヴァンヂャケット(VAN)」の創業者。高度経済成長期にあたる1960年代の日本に登場した男性ファッション「アイビールック」の生みの親で、“メンズファッションの神様”と呼ばれた。日本メンズファッション協会最高顧問。 


長男の石津祥介が片腕として活躍している。
   
岡本太郎 1911-1996
       
酒井忠博 1911-1978 父:伯爵 酒井忠克 1939-1947 伯爵
妻:尚清子1921-(父:尚昌二)
娘:純(夫:加藤純吉) 1944- 
息子:忠和 1946- 
瀬島龍三 1911-2007 実業家。号は「立峰」。戦後は伊藤忠商事会長。岳父の兄は、岡田啓介。さらに岳父は岡田政権で内閣総理大臣筆頭秘書官を務めた松尾伝蔵(陸軍大佐)である(松尾の長女清子が妻)。
「「凌」という名前のゲイサロンの秘密のオーナー」説あり。

劇団四季
中曽根=瀬島龍三=浅利慶太=ジャニーさん
ホモでなくても主役級の男優は浅利に食われる。。。。
慎太郎

鬼塚
『瀬島龍三と宅見勝「てんのうはん」の守り人』
瀬島の仲間の中曽根康弘、中川一郎、久保正雄らに「女っ気がない」と断じている。巷間伝わるところによると、中曽根は間違いなくホモ・セクシュアルだそうだ。
「しかし、大晦日の夜、中曽根康弘と瀬島龍三は二人だけで盃を重ねている。ホモの空気が漂うように見える」

対インドネシア賠償総額803億円決定(1957年、岸-スカルノ)
インドネシア賠償ビジネス:辻-瀬島-小林勇一-久保正雄ルート。
デヴィ夫人斡旋

高田浩吉
(たかだ こうきち 
 191-1998 『歌う映画スター』第1号といわれる日本の俳優、歌手。松竹を代表する時代劇スター。
女優の高田美和は次女。俳優の大浦龍宇一は孫。 
   
藤山一郎
(ふじやま いちろう
1911-1993
日本の歌手・声楽家・作曲家・指揮者である。本名は増永 丈夫(ますなが たけお)。本名ではクラシック音楽の声楽家・バリトン歌手として活躍した。東京府東京市日本橋区蛎殻町(後の東京都中央区日本橋蛎殻町)出身。東京音楽学校(後の東京藝術大学音楽学部)卒業(首席)。

東京音楽学校で培った正統な声楽技術・歌唱法・音楽理論とハイバリトンの音声を武器にテナーの国民的歌手・流行歌手として活躍。1930年代から1940年代にかけて『酒は涙か溜息か』・『丘を越えて』・『東京ラプソディ』・『青い山脈』・『長崎の鐘』などを歌い多くがヒットした。理論・楽典に忠実に歌ったことから正格歌手と呼ばれ[1]、その格調の高い歌声は「楷書の歌」と評された[2]。1992年(平成4年)、国民栄誉賞を受賞した。
木下恵介 1912-1998

非常に短い結婚生活があるが、生涯のほとんどを独身で過ごした。

木下先生と・・い照彦、竹脇・・。 川津祐介
中村直 1912-
細川護貞(ほそかわ もりさだ) 1912-2005 旧肥後熊本藩主細川家の第17代当主。第2次近衛内閣で内閣総理大臣秘書官を務めた。
1912年(明治45年)細川侯爵家の16代目当主細川護立の子として生まれる。京都帝国大学で狩野直喜博士の教えを受ける。同大学法学部卒業後、企画院嘱託。
1940年(昭和15年)、第2次近衛内閣で首相秘書官に就任する。1943年(昭和18年)、昭和天皇の弟宮高松宮宣仁親王の御用掛となり宮中グループを中心に各方面の有識者から情報や意見を収集し、海軍グループで同郷出身の高木惣吉海軍少将に協力して東條英機暗殺未遂事件や終戦工作の一翼を担い、戦時中の動静を「細川日記」として戦後発表している。
戦後は政治から一線を引き、細川家当主として、伝来の書画茶道具などの工芸美術品を管理するため設立された財団法人永青文庫の理事長に就任。神社本庁統理、日本工芸会会長、日本ゴルフ協会会長なども務めた。また、美術愛好家として著書を多く出している。
最後の熊本藩主細川護久の孫で、侯爵細川護立は父。母は池田詮政の長女。
二度の結婚歴がある。初婚の相手は近衛文麿元首相の二女・温子で、二人の間には護熙(元熊本県知事・元日本新党代表・第79代内閣総理大臣)、護W(近衛家養子となり、近衞忠Wと改名。日本赤十字社社長、2009年に国際赤十字会長)がいる。護煕、忠W兄弟の幼少時、母・温子は病(結核)により早世。
旧熊本藩筆頭家老であった松井家から、薫子(2006年没)を後妻に迎えた。薫子との間に一人娘の明子がおり、表千家千宗左に嫁いだ。

「学習院在学中に酒井忠博伯爵(小浜藩主家)と深いゲイ関係になっちゃっ
て、それを知った学習院の愚連隊「チーム百足」に恐喝され、数千円(いまのカネだと数百万円かしら?)を支払った過去もある」説
森繁久弥 1913-
後藤田正晴 1914- 中曽根康弘と関係
小針暦二 1914-1993

1968年に、当時経営陣の内紛や相次ぐ労働争議で混乱していた福島交通の経営に関与。当時運輸大臣だった中曽根や中曽根派の代議士だった天野光晴の助力もあって、旧経営陣を追って社長に就任した。その後、福島交通・福島民報・ラジオ福島を中核3社とするグループ10数社のオーナーとなり、那須高原などでゴルフ場やホテルの建設など観光開発を手掛け不動産事業を展開、グループを拡大した。金丸信とは遠縁にあたりその縁で政財界とのパイプを構築した。竹下登、安倍晋太郎をはじめ中央政界の大物政治家と幅広い交際があり、「昭和の政商」といわれた故小佐野賢治になぞらえ「東北の小佐野」と呼ばれたこともあった。死去とともにグループの解体。グループ中核3社の事業に影響しかねないと判断した各社取締役会は、1997年12月、取締役会の緊急動議にて、後継者の美雄とその義弟で3社副社長・山田克爾の解任を決議し、小針一族をグループから放逐した。
妻子あり。
深沢七郎 1914-1987

1956年に姥捨山をテーマにした『楢山節考』を中央公論新人賞に応募、第1回受賞作となった。三島由紀夫、伊藤整、武田泰淳ら選考委員らに絶賛され、同賞を受賞し、ベストセラーになった。また、戦国時代の甲州の農民を描いた『笛吹川』も評判になった。しかし一度も芥川賞候補になっていない。
1960年に『中央公論』に発表した『風流夢譚』では、天皇・皇族が殺害されるシーンを描いたため、翌年中央公論社長宅が右翼に襲撃される嶋中事件が起こった(風流夢譚事件)。そのため筆を折って各地を放浪した。放浪中も『放浪の手記』などを執筆。
映画化された作品は、
『東北の神武たち』(1957) 監督:市川崑、出演:芥川比呂志、左卜全など。
『楢山節考』(1958) 監督:木下惠介、出演:田中絹代、高橋貞二など。
『笛吹川』(1960) 監督脚本:木下惠介、出演:田村高廣、高峰秀子、市川染五郎など。
『楢山節考』(1983) 監督脚本:今村昌平、出演:緒形拳、坂本スミ子など。カンヌ国際映画祭にてパルムドールを受賞。
カンヌ国際映画祭は臭い。匂う匂う。ゲイ人脈が異常に濃いのでは? スポンサー企業、審査員など、ゲイ人脈なのでしょうね。だからゲイ人脈の方の作品が優遇されて過大評価で賞をいただけると。そう睨んでいます。
八切止夫 1914-1987 歴史小説家。
「上杉謙信は女性であった」「織田信長暗殺は明智光秀ではない」など、歴史学の常識に大胆な疑問符を投げかける、自ら「八切史観」・「八切意外史」と称した奇抜な歴史書を数多く出版したことで知られる。

「伝説のカレー店」として、人気を博した神楽坂の老舗喫茶「トレド」店長の矢留楯夫は実子。 なお店は地区再開発のため2009年7月に一時閉店している。

市川崑
市川昆
1915-2008 映画監督。代表作に『ビルマの竪琴』『おとうと』『野火』『東京オリンピック』『犬神家の一族』『細雪』など。

松尾文人 1916- 新派俳優の父・松尾二郎、母・カズの子として生まれる。1920年(大正9年)、4歳で初舞台を踏む。4歳から新派の舞台に上がり子役として歩み始め、京都のマキノ・プロダクションでスター子役となり、東京・巣鴨の河合映画製作社でも主役を張った。15歳を過ぎてからはバイプレイヤーに徹した。後年は東宝特撮、円谷特撮作品で知られる。
1927年に嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)の『鞍馬天狗異聞 角兵衛獅子』では杉作を演じ、絶賛される。
独身。
小佐野賢治 1917-1986

昭和期の実業家。国際興業バスで知られる国際興業の創業者。
1976年に「ロッキード事件」により衆議院予算委員会にて証人喚問されたとき、ここで小佐野が何度も口にした「記憶にございません」は、この年の流行語となった。

旧伯爵家の令嬢堀田英子(旧下総佐倉藩堀田家出身)と結婚した。子供はない。

「中尾ミエ(ずっと独身。レズ説)を愛人にしていた」「藤由紀子を愛人にしていた」「野村沙知代(レズ説)を愛人にしていた」説。
トニー谷 1917-1987 舞台芸人(ボードビリアン)。リズムに乗りそろばんを楽器のようにかき鳴らす珍芸が売りで、妙な英単語を混ぜたしゃべりは「トニングリッシュ」と称された。短めのオールバックにコールマン髭、吊りあがったフォックスめがねがトレードマーク。

1955年、トニー谷長男誘拐事件が発生。人気絶頂期にあった芸人の子息が営利目的で誘拐されたとして大々的に報道され、世間は大騒ぎになった。犯人は逮捕され、長男は無事救出されたが、犯人は犯行の動機で「トニー谷の、人を小バカにした芸風に腹が立った」と語った。つまり、世間のトニーへの反感(本人の悪役キャラクターに由来する)への、犯人の便乗が事件の原因だった。被害者であったにもかかわらず、マスメディアによって出自・前歴など秘密にしていた部分の多くを徹底して暴かれ、この事件を境に人気は急に凋落した。折しもラジオ中心の時代からテレビの時代への過渡期でもあり、仕事は激減し、東宝との専属契約も打ち切られた。

六代目中村歌右衛門 1917-200
松野頼三 1917-2006
池部良 1918- ===

池部良のキャラクターは「本当はホモであるのに本人にその自覚がなく、実生活でも 『良識ある社会人』としてヘテロの生活を送っているが、無意識のうちに、しぐさの はしばしにそれらしさが現われる」という感じだな。 例としては、木下恵介の「破戒」や東映やくざ映画の風間重吉がその典型。

===
1948年に女優の羽鳥敏子と結婚したが離婚。
田中角栄 1918-1993 元衆議院議員(16期)、内閣総理大臣(第64代、第65代)
正妻・はなとの間には1男1女を儲けたが、長男の正法は夭折し、成人したのは長女の眞紀子のみ。東京・神楽坂の芸者、辻和子との間に2男1女がいる(1女まさは夭折、2男は田中の子として認知されている)。秘書(金庫番)であった佐藤昭子との間の1女は認知されていない田中の子供とされている。
中曽根康弘 1918- 『週刊文春「』1989.07.13エッ中曽根さんがホモ?米国版ピンクの霧事件のチン脈とキン脈」
『FOCUS』1989.07.14「国際派代議士の“落とし穴”ワシントン“ホモ売春醜聞”と椎名素夫氏が「貸した」30万ドル」
『テーミス』1989.07.19「アメリカ・ホモ醜聞のスペンスと中曽根元総理の「親密写真」が語るもの凄い真相 ※クレイグ・J・スペンス」
『SPA!』1989.07.19「国際謀略説まで飛び出し日本に上陸。米ホモ・スキャンダルの奇怪部分 椎名素夫氏とスペンス氏の関係」 ※クレイグ・スペンス
『週刊ポスト』1989.07.21「レーガンの愛読新聞はなぜ「ホモ売春と日本の有力代議士」を執拗に追及するのか ※ロビイストへの資金提供者として名指しでスッパ抜いたワシントン・タイムズ」
『週刊現代』1989.07.22「米政界の“ホモ売春事件”に名が出た椎名代議士の“事情”」
『サンデー毎日』1989.07.23「証言ワシントン男娼醜聞 米人ロビィストが聞いた東京ホモ・パーティの招待客たち」 ※中曽根内閣、椎名素夫、国際政治政策調査会
『週刊大衆』1989.08.28「'89前半ニッポンお騒がせ有名・悪名50人 中曽根康弘、椎名素夫」 ※米人ロビィスト“ホモ売春疑惑”」
『微笑』1995.08.12「エ〜ッ!中曽根元首相が「同性愛暴露本」に登場 ※青木栄司『ガラスの橋を渡るとき』イースト・プレス」
『DIME』1989.09.07「ワシントン・ホモスキャンダルの裏側」
『噂の真相』1989.09「米国ホモスキャンダル余波 再び日本叩き材料の公算大 山口敏夫議員もターゲット」
『週刊時事』1989.10.28「米下院議員の宿舎でホモ売春が発覚」
『サンデー毎日』1989.12.03「米国ホモ・パーティ・ロビイスト怪死 ホッとしたのは誰?」※クレイグ・スペンス
『アサヒ芸能』1989.12.07「ワシントンを震え上がらせたホモ・ロビイストが「謎の変死」」 ※クレイグ・スペンス

アメリカのヘンリー・キッシンジャー → 中曽根康弘、渡邉恒雄、三宅久之、西部邁の男色人脈。

後藤田正晴、森進一、沢田研二、稲垣
世界平和研究所
島田正雄 1919-1996 ゲイバー「やなぎ」オーナー。

文芸春秋』1994.11「日本のおかま第1号 戦後初の本格的ゲイバー従業員たちの半世紀」 ※日本初のゲイバー『やなぎ』、島田正雄、青江忠一、吉野寿男

「仕事」を極めた9人の伝説、「サービスの達人たち」(野地秩嘉著/新潮OH文庫)
伝説のゲイバー、接客の真髄(1994年)・・・・・・・・「お島さん」こと島田正雄

『週刊新潮』1996.04.04「CLUB 知る人ぞ知る銀座『やなぎ』お島ママの死」 ※ゲイバー『やなぎ』の元ママ島田正雄さんが亡くなった


水上勉 1919-2004 森光子と噂。
宮澤喜一 1919-2007 結婚し子供二人
川上哲治 1920-

妻は元宝塚歌劇団娘役の代々木ゆかり(在団1936年 - 1944年)。子はノンフィクション作家の川上貴光。
川内康範 1920-2008
三船敏郎 1920-1997 俳優・映画監督・映画プロデューサー。
黒澤明とともに敗戦で打ちひしがれていた日本が世界から尊敬されるきっかけになったと言われることもある。 ヴェネツィア国際映画祭 男優賞を2度受賞し、日本では世界のミフネと呼ばれた。アメリカでのニックネームは「TheWolf」。墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』などの出演もあり、世界中の映画人に影響を与え、尊敬された(⇒#世界のミフネ・#映画人の評価参照)。稼ぎも歴代の日本のスターの中で別格であり、2000年に発表された『キネマ旬報』の「20世紀の映画スター・日本編」で男優部門の1位に選ばれた。経営する三船プロダクションは東京世田谷区に大手の映画会社に次ぐ規模のスタジオを所有し、大勢のスタッフを常時雇用していた。
元俳優で映画プロデューサーの三船史郎は本妻(女優の吉峰幸子)との、タレントの三船美佳は内縁の妻(女優の喜多川美佳)との間にもうけた子供。
栄典及び称号は、芸術選奨・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・川喜多賞・芸術文化勲章・ロサンゼルス市名誉市民・カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉学位。

創価学会
阿部日顕 1922-
 
日本の宗教家である。日蓮正宗総本山大石寺第67世法主。立正大学日蓮学科卒。阿部姓。越洋阿闍梨。1979年(昭和54年)登座。
2005年(平成17年)12月4日、大石寺で行われた広布唱題会の席で「今年中に法主を退座する」と表明。大石寺法主の隠居は1956年(昭和31年)の64世日昇以来である。


正信会破門
創価学会破門
シアトル事件・クロウ事件
創価学会による偽造写真事件
   
宇野宗佑 1922-1998 『週刊新潮』1989.06.22「CLUB 宇野首相も登場するおかまママ「青江」の自叙伝」
『週刊大衆』1989.07.10「恥かき、宇野総理、これだけ出ればもう「芸者解散」だ!ゲイバー通い、神楽坂・新橋・先斗町の芸者をつまみ食いして無能ぶりをさらけ出した」
大出俊 1922-2001 衆議院議員(11期)、郵政大臣(第59代)、日本労働組合総評議会副議長を歴任。次男・大出彰(衆議院議員)
コロムビア・トップ
本名、下村泰(しもむら ゆたか)
1922- 漫才師、政治家。参議院議員。 勲等は勲二等。三男は俳優の下村彰宏。



中井英夫 1922-1933
畑中良輔 1922-

バリトン歌手・音楽評論家・作曲家、日本芸術院会員。
池波正太郎(いけなみ しょうたろう 1923-1990 戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家・映画評論家としても著名であった。

1948年には習作を手にはじめて長谷川伸を訪問。翌年より本格的に劇作を師事し、門下の批評会「二十六日会」にも参加した。この前後の習作に『牡丹軒』『手』『蛾』など。『手』は新国劇での上演が検討された。

1950年、片岡豊子と結婚し、借家して所帯を持った。
間もなく申しこんでいた住宅抽選に当選し、新国劇で上演された『鈍牛』の上演料などで新居を建てた。以後、新国劇の座付作者といわれるほどにこの劇団と関係を深めた正太郎は、辰巳柳太郎・島田正吾らに『檻の中』(1952年)、『渡辺華山』(1953年)などを提供する一方で、長谷川のつよい勧めによって小説でも、新鷹会の雑誌「大衆文芸」に『厨房にて』(1954年)などの作品を発表した。

長谷川伸(はせがわ しん)
1927年(昭和2年)、江戸川乱歩、土師清二、小酒井不木、国枝史郎らと耽綺社を設立、また昭和8年には二十六日会を結成、大衆文芸や演劇の向上を目的とした活動においてもその名が知られるようになる。
また主宰していた文学学校(勉強会)新鷹会の門下生には長谷川幸延、村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎、武田八洲満らが名を連ねた。

井上梅次 1923-2010 統一協会
遠藤周作 1923-1996 カトリック教徒としての深刻な純文学作家であり、「狐狸庵山人(こりあんさんじん)」の雅号を名乗り、皮肉とユーモアに富むエッセイも多く手掛け大人気作家となった。
1955年、企業家岡田幸三郎の長女、岡田順子と結婚。一人息子、龍之介は2007年6月よりフジテレビジョン取締役。
大山倍達((おおやま ますたつ) 1923-1994 武道家・空手家であり、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。極真空手十段。別名:マス大山。韓国名は崔 永宜(? ??)。
1970年代に週刊少年マガジンに連載された劇画『空手バカ一代』でも、主人公として取り上げられた。

1946年(昭和21年)6月に俳優の藤巻潤の実の姉である智弥子と結婚。このときの媒酌人は田中清玄。3人の女の子をもうける。

題材にしたアニメ、映画
日本
『空手バカ一代』 田中信夫、飛鳥拳 役、NETテレビ系、全47話、1973年(昭和48年)10月3日?1974年(昭和49年)9月25日。
映画
主演 : 千葉真一 (大山倍達 役)、東映
『けんか空手 極真拳』 (1975年)
『けんか空手 極真無頼拳』 (1975年)
『空手バカ一代 (映画)』 (1977年)

韓国
映画:ヤン・ドングン主演
『風のファイター』 韓国、2004年/日本公開、エスピーオー、2006年(平成18年)



主な門下生  直弟子
待田京介
南本一郎
安田英治
石橋雅史
黒崎健時
岡田博文
大山茂
渡辺一久
ジョン・ブルミン
大山泰彦
千葉真一(ホモ説)
藤巻潤
郷田勇三
中村忠
加藤重夫
藤平昭雄
芦原英幸
盧山初雄
山崎照朝
添野義二
鈴木浩平
西田幸夫
松島良一
長谷川一幸
岸信行
佐藤勝昭
磯部清次
大石代悟
東孝
真樹日佐夫(ホモ説)
山田雅稔
浜井識安
廣重毅
三瓶啓二
中村誠
川畑幸一
竹山晴友
七戸康博
ニコラス・ペタス


「不思議ナックルズ Vol.8」(ミリオン出版)
「空手バカ一代」&「仮面ライダー」&統一教会
「朴大統領−統一教会−岸・福田−笹川良一−毛利松平−大山倍達」という人脈
幼少期は満州と朝鮮半島で育った。1964年(昭和39年)日本国籍を取得/帰化している。

「不思議ナックルズ Vol.8」(ミリオン出版)
「空手バカ一代」&「仮面ライダー」&統一教会
木村功
1923-1981
三遊亭圓右(三代目)
1923-2006
司馬遼太郎(しば りょうたろう)

公式の表記では「りょう」の「?」(しんにょう)の点が二つです。HPビルダーでは表記不可能。
1923-1996 、1923年(大正12年)8月7日 - 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。

産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った。

1950年、最初の結婚。
1952年、長男誕生。
1954年、離婚。長男は実家の福田家に預けられる。
1959年、松見みどりと結婚。



「サーティンキュー ? @saatennkixyu
イシヤの手先となって、明治維新という英国の植民地支配のために働いた売国奴達は秘密結社を創っていた。そのメンバーは、伊藤博文・坂本龍馬・五大友厚・大村益次郎・井上馨・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・岩倉具視・後藤象二郎など。司馬遼太郎の嘘歴史小説とかNHK大河ドラマは嘘の歴史だ!」
田中六助 1923-1985
三國連太郎 1923- 1986年には映画『親鸞・白い道』を製作・監督し、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。カンヌ国際映画祭は臭い。匂う匂う。ゲイ人脈が異常に濃いのでは? スポンサー企業、審査員など、ゲイ人脈なのでしょうね。だからゲイ人脈の方の作品が優遇されて過大評価で賞をいただけると。そう睨んでいます。
敗戦時、中国からの復員の際に、妻帯者は早く帰国できるということで、同じ佐藤姓の女性と偽装結婚している。結婚を4度経験。俳優の佐藤浩市は3番目の妻との間に出来た息子である。その他にも太地喜和子(故人)、石田えりらとのロマンスが取り沙汰されたことがあった。
渡辺美智雄 1923-1995 1973年には中川一郎・渡辺美智雄・石原慎太郎、浜田幸一、森喜朗らと共に民族主義右派の青嵐会を結成、1979年解消。
青江忠一 1924-

ゲイバー『青江』
『女性自身』1968.10.21「シリーズ人間 昔、陸軍少尉、今ゲイの司令官 青江忠一氏(43)の猛烈な「女ぶり」「男25年」「女の18年」人生」
『週刊平凡』1974.02.21「もと陸軍少尉青江忠一さん(49才)の奇妙な半生 銀座のゲイバー「青江」のママ」
『週刊新潮』1989.06.22「CLUB 宇野首相も登場するおかまママ「青江」の自叙伝」
文芸春秋』1994.11「日本のおかま第1号 戦後初の本格的ゲイバー従業員たちの半世紀」※日本初のゲイバー『やなぎ』、島田正雄、青江忠一、吉野寿男」
『週刊新潮』1994.11.10「CLUB カムバック「青江ママ」の終の栖は横浜の『貴婦人』」※ゲイバー『青江』が経営不振で閉店した経営者の青江忠一ママは横浜のゲイバー『貴婦人』の一従業員として働くことになった。
石井輝男 1924-2005 新東宝で作品を発表した後東映に移り、『網走番外地シリーズ』が連続NO.1ヒット。東映のヒットメーカーの一人でありながら、1968年(昭和43年)よりポルノ映画「異常性愛路線」と呼ばれる一連のエログロ作品を発表した。1970年代までに東映のエログロ作品とアクション映画を量産し、1974年(昭和49年)には『直撃! 地獄拳』シリーズをヒットさせた。1990年代はつげ義春・江戸川乱歩の世界へ傾倒した。

ドキュメンタリー「石井輝男映画魂」
吉田輝雄が「殺し屋人別帳」を最後に石井作品に出なくなったのは それまでスターとしての名誉をある程度犠牲にしながらも「異常性愛路線」に主演して尽くしながら、突然の路線変更、主役は新人俳優(渡瀬恒彦)、 そして自分が脇に回されたことに対する反感からだったという。

「女の裸の撮り方が汚い」説
伊藤雅俊 1924-

イトーヨーカ堂グループ名誉会長。『フォーブ』誌が2009年度に選んだ日本の富豪11位。
「93/2 不祥事で社長を辞任したイトーヨーカ堂の伊藤雅俊にホモ癖ありの噂が」『噂の真相』
香川登志緒

1924-1994
桜井センリ 1924-
竹下登

1924- 帰化人説あり。
鶴田浩二 1924-1987 恋人と噂された岸惠子と共演した戦後初の海外ロケ映画『ハワイの夜』(1953)(新生プロ制作)も大ヒット。戦後最大のロマンスといわれた二人だが、岸が所属する松竹はそれを許さなかった。鶴田は自殺未遂事件を起こす。

実娘の一人に女優の鶴田さやか。俳優の北斗学(北十学)は若い頃の恋人との間に生まれた実子だが弟と称していた。

中山太郎 1924-
力道山 1924-

妻子
大滝 秀治(おおたき ひでじ) 1925- 俳優・ナレーター。
2011年度文化功労者。名優の一人として舞台・テレビドラマ・映画・テレビコマーシャルと60年以上豊田章一郎にわたり幅広く活躍。
劇団民藝に所属し、奈良岡朋子と共に代表を担う。同期には奈良岡・内藤武敏がいる。

豊田章一郎 1925- トヨタ自動車株式会社名誉会長、株式会社デンソー取締役、社会福祉法人恩賜財団済生会会長、学校法人海陽学園理事長(初代)、学校法人トヨタ学園理事。

トヨタ自動車株式会社代表取締役社長(初代)、経済団体連合会会長(第8代)、学校法人トヨタ名古屋整備学園理事長(初代)、学校法人トヨタ神戸整備学園理事長(初代)などを歴任した。
2010年フォーブス誌の日本人富豪ランキング40位にランクイン、6.2億ドル(約564億円)の資産を保有していると報じられる。


林家三平 1925-

結婚して4人も子供をもうける
中村雄二郎 1925-
近藤貞雄
1925-2006


プロ野球選手(投手)・プロ野球指導者・プロ野球監督、野球解説者。
日本ハム監督時代にはサヨナラ安打を放ってベンチに戻ってきた大島康徳の唇にキスをして、勝利を喜んだことがある。
辻邦生 1925- 1963年 - 『廻廊にて』で第4回近代文学賞
1969年 - 『安土往還記』で芸術選奨新人賞
1972年 - 『背教者ユリアヌス』で第14回毎日芸術賞
1995年 - 『西行花伝』で第31回谷崎潤一郎賞

映画「北の岬」監督熊井啓、主演加藤剛、田中絹代 1976
NHKドラマ 「天草の雅歌」 主演岩下志麻、中山仁 1972
ラジオドラマ「西行花伝」?CD4枚組?(日本音声保存)竹本住大夫、日下武史、坂東八十助、北村和夫



中川一郎 1925-1983 1973年には中川一郎・渡辺美智雄・石原慎太郎、浜田幸一、森喜朗らと共に民族主義右派の青嵐会を結成、1979年解消。中川は石原ら一部のメンバーと青嵐会の意志を引き継いだ自由革新同友会(事実上の中川派)を結成した。「自殺」じゃなく、噂では他殺説もある。
元秘書に、鈴木宗男。
結婚して、子供を作った。息子も政治家、中川昭一。
野中広務(廣務) 1925- 日本の国鉄職員、政治家、福祉事業家。
青年団活動に身を投じ、同じく各地の青年団運動を行っていた竹下登(後の首相)、浜田幸一らと活動を通じて知り合う。
妻は竹下登(元首相)と同じ島根県掛合町(現雲南市)出身であり、竹下がかつて教えていた掛合中学の卒業生である。
部落出身。
一柳東一郎(ひとつやなぎ とういちろう) 1925- 『週刊現代』1998.04.04「爆弾発言!「朝日新聞元社長・一柳東一郎氏はゲイバー狂いだった」 ※『朝日と読売の火ダルマ時代』の版元・国際評論社社長が証言」
毒島邦雄
((ぶすじま くにお)
1925- 実業家である。パチンコメーカーである三共の創業者であり、同社の名誉会長である。
毒島邦雄は2011年、フォーブスの調査によると59億米ドル(当時の換算レートで約4897億円)を保有し世界ランキング169位、日本の富豪ランキングで4位にランクインしている。

1966年4月 - 愛知県名古屋市に株式会社中央製作所を設立(同年5月に三共製作所、11月に三共へ商号変更)。
堀政夫 1925-1990

指定暴力団・住吉会総裁、住吉一家五代目総長、住吉一家 中里一家四代目総長。お役者政の異名を持つ。
三島由紀夫 1925-1970

『新潮45』2005.09「三島由紀夫に長嶋茂雄… 名物ゲイバー吉野のママが語る 隠花植物的「人性」」
妻子
山口鶴男 1925-
山本丈晴 1925- 作曲家、ギタリスト。

作曲家の古賀政男に師事し、ギター演奏により古賀メロディの普及に貢献。作曲作品は、美空ひばりに代表される流行歌・歌謡曲・演歌から映画・テレビ・舞台音楽、社歌・校歌と数多く幅広い。

第48回日本レコード大賞功労賞受賞。

音楽活動を始めた当初は古屋雅章(1946年 - 1948年)の筆名を名乗っていたが、その後に古賀の正式な養子となった際、本名の「武治」を「丈晴」にして古賀 丈晴(1948年 - 1958年)に改名。キングレコード専属作曲家時代は古屋丈晴(1958年 - 1962年)名義となっている。

1962年、 第1回ミス日本に選ばれ当時「天下の美女」と謳われた女優の山本富士子と結婚したことも大きな話題となった。赤坂のホテルニュージャパンで挙式。夜半、羽田空港からハワイへと旅立った。一男あり。
山本富士子と結婚した際、山本の実家には男兄弟がなく、家の後継者が居なかったことから丈晴は婿養子となり山本姓を名乗って山本丈晴(1962年 - 2011年)になった。

古賀政男のお稚児さん
森進一、大川栄作、山本丈晴、アントニオ古賀、その他沢山いる。
お気に入りのお稚児さんに自分の名前の1部を入れるのはジャニーさんと同じ。

氏家齊一郎 1926-

日本テレビ放送網代表取締役会長(以前は代表取締役社長・取締役会議長)。日本民間放送連盟元会長(現顧問)、読売新聞グループ本社取締役相談役。読売新聞グループの総帥である渡邉恒雄の盟友として、同グループ内、特に日本テレビ内において強大な発言力を有している。東京都歴史文化財団理事長、東京都現代美術館館長も務める。
野村ホールディングス会長の氏家純一とは親類関係。

大川功 1926-2001

株式会社CSK(現 株式会社CSKホールディングス(9737))の創業者。
1968年1月 大阪市淀屋橋においてコンピュータサービス株式会社を設立、社長に就任。
1984年(昭和59年)4月 - 株式会社セガ・エンタープライゼス(現 株式会社セガ)に資本・経営参加。
1987年1月 コンピュータサービス株式会社の社名を株式会社CSKに変更し、商号も株式会社シーエスケイに変更する。
2001年1月 家庭用ゲーム機分野からの撤退を決めた株式会社セガに個人資産約850億円を寄付。
2001年3月、東京医科大学病院にて心不全のため逝去。
当時、株式会社CSK名誉会長、株式会社セガ(1984年(当時:株式会社セガ・エンタープライゼス)にCSKグループが資本参加・2003年12月売却)の代表取締役会長兼社長。
2001年4月14日 株式会社CSKと財団法人 大川情報通信基金は関西文化学術研究都市に「大川センター」開設。


かつてはゲーム会社である株式会社セガもグループ傘下であった(1983年にグループに加入)が、2003年12月にサミー株式会社へ売却した。これはセガの経営悪化や企業間取引への事業集中を図ろうとしたことなどが理由である。
窪田般彌(くぼた はんや) 1926- フランス文学者で詩人。早稲田大学フランス文学科卒。早大教授を務めた。カサノヴァの「回顧録」ほか、アポリネール、象徴主義詩などの訳書多数。またフランス文学、フランス史他、近代日本の象徴詩関連についても著作多数。同じくフランス文学者の窪田啓作は兄。

早乙女貢(さおとめ みつぐ) 1926-2008 歴史小説・時代小説作家。中華民国ハルビン生まれ。ペンネームは「若い娘に金品を貢ぐ」の意味。
1968年 - 『僑人の檻』で第60回直木賞
1988年 - 『會津士魂』で第23回吉川英治文学賞

1948年に上京し、1954年頃に山本周五郎に師事、『講談倶楽部』などの倶楽部雑誌や新聞に作品を発表。1955年頃、倶楽部雑誌新人賞受賞者の集まり「泉の会」に所属し、そのメンバー伊藤桂一、尾崎秀樹らと同人誌「小説会議」を1956年に創刊、掲載作の歴史小説「鬼の骨」「叛臣伝」で直木賞候補。1965年頃に有馬頼義主催の「石の会」に参加。
1968年、「小説会議」に掲載した「野鶏路」に手を加えた、マリア・ルス号事件を扱った『僑人の檻』で直木賞受賞。
『オール読物』『小説新潮』などの中間小説誌や、『週刊新潮』などの週刊誌、『歴史読本』などに作品を発表する。

呂宋から送り込まれた妖術者との戦い『死神は黒衣をまとう』、幕末の横浜居留地を舞台に柊城之介の活躍する『城之介非情剣』などの伝奇小説、『おれが天一坊』『悪霊』などのピカレスクロマン、テレビドラマ化もされた『忍法かげろう斬り』シリーズ、『忍法秘巻」シリーズなどの忍者小説、『秘剣鱗返し』『武蔵を斬る』などの剣豪小説、その他戦国時代、明治維新を舞台にした作品も多く、司馬遼太郎、池波正太郎と並ぶ時代物御三家とも称された。また当時の保守的モラルを基調とする時代小説の中では、エロティシズム描写に独自性があった。1976年『北条早雲』で吉川英治賞候補。また『霧の海』『QE2世号殺人事件』などの現代ミステリもある。「東京スポーツ」紙では『おれが百万石 前田慶次郎風流譚』などを長年連載をしていた。

ライフワークともされる『會津士魂』は、『歴史読本』誌で1970年から連載213回、原稿用紙7000枚に及ぶ全13巻の大作で、完結後の1988年に東京会館で完結祝いが開かれ、発起人遠藤周作、丸谷才一、森繁久彌はじめ600人近くの出席があった。明治維新後の会津藩士を描いた続編の『続會津士魂』全8巻も2001年に完結した。会津出身で渡米した桶屋の娘を描いた『おけい』(吉川英治賞候補)などの会津ものもある。

会津松平家の現当主松平保久とも親交があると同時に会津藩への思慕の強い作家として有名であり、『會津士魂』に代表される幕末作品・考察における視点は一貫して会津・新撰組など幕府側に立っている。明治新政府側の薩摩藩・土佐藩などの西国諸藩や、最後には会津藩を見捨てた徳川幕府に対して批判的であり、とりわけ会津藩と終始敵対した長州藩とその関係者に対しては、徹底的に辛辣かつ一切容赦のない全面的に否定的な記述に終始している。そうした記述姿勢に対する批判も少なく無い。ただし薩長、尊攘側についても、長州人の山田顕義について好意的な『志士の肖像』や、『奇兵隊の叛乱』、月形半平太を題材にした「ある志士の像」、中山忠光を題材にした「最後の天誅組」などを著している。


日本ペンクラブ常任理事を務め、1984年国際ペンクラブ東京大会では企画司会等を担当、1985年サンマリノ、86年ハンブルク、87年ルガーノ、88年ソウル、1990年マディラ、92年リオデジャネイロでの国際ペン大会に出席。1993年に専務理事就任、サンティアゴ・デ・コンポステーラでの国際ペン大会、1995年ブレッドでの国際作家会議、エルサレムでの日本文学フェスティバル、1996年グアダラハラ、1997年ブレッドでの国際ペン大会に代表として出席。

佐田啓二 1926-1964 俳優。

俳優の中井貴一、女優・エッセイストの中井貴惠は実子。

沢島忠
沢島正継
(さわしま ただし)
1926- 映画監督、舞台演出家である。時代劇、ひばり映画、および任侠映画の巨匠として知られ、現在は舞台演出家として活躍中。

1955年、28歳のとき、渡辺邦男監督のスクリプターで、戦前に「マキノ東京派」と呼ばれたタカマツ・アズマプロダクションの高松豊次郎の孫娘にあたる高松富久子と結婚する。のちに『暴れん坊兄弟』(1960年)などの脚本家としてクレジットされる「鷹沢和善」は富久子との共同ペンネームである。

1957年に監督昇進、『忍術御前試合』で監督デビューとなる。1967年、東映との契約を解消、東京映画専属、1971年には「コマ・プロダクション」を設立、フリーランスとなる。1977年 『巨人軍物語 進め!!栄光へ』を最後に監督を廃業する。その後は、舞台演出家として、現在もハイペースに活動中。

円山雅也 1926- タレント弁護士の草分け的存在となる。1977年には第11回参院選において新自由クラブ公認で全国区から出馬し当選、参議院議員となる。
山口瞳 1926-1995 作家、エッセイスト。
妹の日本舞踊家の花柳若奈(本名:栄)はジェリー伊藤の妻。作家で映画評論家の山口正介は息子。

渡邉恒雄 1926-

読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆。読売ジャイアンツ会長。
アメリカのヘンリー・キッシンジャー → 中曽根康弘、渡邉恒雄、三宅久之、西部邁の男色人脈。
結婚。
上原昭二 1927-

大正製薬名誉会長。
『フォーブス』誌が2009年度に選んだ日本の富豪30位。
「ファイト一発!」の栄養ドリンク、リポビタンDのCMがホモくさい件について

大正製薬のオーナーであった上原正吉(元参議院議員)は実子がなく、上原昭二は養子であり、その昭二も2人の娘はいるが息子がいない。堀田庄三の二男明は、1978年に大正製薬社長上原昭二の長女正子を娶り、妻正子と養子縁組して上原姓を名乗り、それまで勤めていた日本電気を辞めて、養父の会社大正製薬の取締役に就任した。また正子の妹の吉子が元首相の大平正芳の三男明に嫁いでいる。
小川宏 1927-
アナウンサー
加藤精三 (声優) 1927- 声優、俳優、ナレーター。俳協所属。
『巨人の星』の星一徹を筆頭に、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』、『トランスフォーマー2010』の「メガトロン/ガルバトロン」などの声としても知られている。
『スーパー戦隊シリーズ』ではローバリトンという低音声質を生かして、数々の悪の首領を演じた。劇場映画『東京ゴッドファーザーズ』ではオカマショーパブのママを演じた。



妻子。
土屋嘉男 1927- 黒澤明と一緒に風呂入って花咲き花散る宵は〜の銀座の唄を教わったなどと徹子の部屋で言ってたが。
石橋エータロー 1927-
辻信太郎 1927- 「サンリオの社長の辻信太郎、副社長の辻邦彦、常務の江森進は3人ともゲイで 菅直人や仙谷由人の愛人」説

サンリオの創業者・代表取締役社長。創業以来同社の社長を務めるほか、サンリオ作品の原作・脚本や、中国の古典『菜根譚』を元にした著書を執筆するなどの創作活動も手がけている。日本文芸家協会・日本ペンクラブ会員。
山梨県庁勤務をへて,1960年山梨シルクセンター(現サンリオ)を設立し,社長。ハローキティという愛称の子猫キャラクター商品で急成長。「愛のファミリー」「キタキツネ物語」などの映画を製作,「シリウスの伝説」などのメルヘン小説もかく。山梨県出身。桐生工専(現群馬大)卒。

4代目中村時蔵(ときぞう 1927-1962 歌舞伎役者。
3代目中村時蔵の次男。
1936年2代目中村梅枝の名で初舞台。
1953年6代目中村芝雀を襲名。
父の死後の1960年4代目中村時蔵を襲名。
清楚な芸で、美貌の若手女形として将来を嘱望されていたが睡眠薬事故で急死。自殺説も流れたが、あまりにも惜しまれる最期であった。

四世時蔵って、ひょっとして“男を食い殺す女優”山田五十鈴の
娘嵯峨美智子と付き合ってた?瀬戸内寂聴が書いた嵯峨美智子
をモデルにした小説には、彼女が寝た歌舞伎役者がたくさん出てくる。

嵯峨美智子と時蔵
【ただ時蔵と勘三郎はホモ関係で、さらに時蔵は勘三郎夫人とも
出来ていて、睡眠薬自殺の時には勘三郎夫人と場所は別だが
同時に薬を飲む遠距離心中をやらかして、時蔵だけおだぶつに
なったって話は聞いたことある。 】
山内溥 1927-


任天堂創業家出身で3代目社長を勤めた。初代社長である山内房治郎の曾孫。1949年、祖父山内積良の後を継ぎ、任天堂代表取締役社長に就任。2002年に50年来務めた社長職を退き、2005年6月まで同社取締役相談役、以後取締役からも退任し同社相談役。
京都にて花札、カードゲームの製造を行う、比較的地味な企業であった任天堂を、幾度とない倒産の危機を乗り越え、テレビゲーム等の展開により世界的大企業へ成長させた。現代における、いわゆる「中興の祖」の例として広く知られる。
2009年『フォーブス』が選ぶ日本の富豪第3位。
綿貫民輔 1927- 日本の実業家、政治家。自民党の重鎮であったが、郵政民営化関連法案を巡る党内抗争の結果、離党し国民新党を結成した。2009年、衆議院議員総選挙では、小選挙区から比例単独に鞍替えして立候補したが落選した。国民新党初代代表、最高顧問。

2004年から、衆議院議長応接室に綿貫の肖像画(和田義彦による)が飾られている。
2005年 - 松涛美術館個展開催記念パーティ。森村誠一、綿貫民輔や鳩山邦夫、山本寛斎、奥田碩、小栗康平など多くの著名人が出席。
2006年5月 - イタリアの画家アルベルト・スギの作品との、作品類似疑惑が発生。
「盗作した洋画家和田義彦(66歳)とイタリア人画家アルベルト・スギ(77歳)が永年のホモ関係にあったから、スギは和田の「盗作」に暗黙の了解をしていた」説あり。
2006年6月、衆議院内に掲げられている綿貫民輔元衆院議長(前国民新党代表)の肖像画2点が、和田の制作によるものだったことが明らかになった。数年前に、和田側からモデルの依頼を受けたことがきっかけで、二人が知り合ったとの報道がある。また、肖像画制作のきっかけは、衆議院議長経験者は、衆議院内に肖像画を掲げる慣例があるためで、綿貫側より制作を依頼。肖像画は2点制作され、現在は衆議院内にある議長応接室などに飾られている。肖像画自体は盗作疑惑騒動とは無関係であると綿貫側は表明した。
荒井注(あらい ちゅう) 1928- 俳優、コメディアン。ドリフ映画での呼び名は「ハゲ」「ハゲ注」。
ザ・ドリフターズ(途中で脱退)
池田大作 1928- 

創価学会第三代会長。戸田城聖、小泉純一郎、安倍晋三と関係がありとか。結婚し息子三人。
在日。
遠藤太津朗 1928-

大川橋蔵主演の人気時代劇『銭形平次』で演じた、平次のライバル岡っ引き「三輪の万七」役が著名。悪役からコミカルな三枚目まで演技の幅は広く、時代劇での「悪代官」や「悪徳商人」のイメージを確立した役者の1人ともいえる。極悪極まりない新選組局長・芹沢鴨役は、“芹沢鴨=時代劇の悪役”のイメージを定着させた。ヤクザ映画では、『仁義なき戦い』シリーズでの大幹部役などで知られる。近年では、テレビ朝日系列で放送されていた土曜ワイド劇場 / 京都殺人案内シリーズ(ABC制作)での、主役:音川音次郎京都府警本部捜査1課係長(藤田まこと)と一種の名物とも言えるやりとりを見せる上司・秋山捜査第一課長役が有名だった。(藤田の死去に伴い、第32作で終了)
大西勝也 1928- 東京高等裁判所長官、最高裁判所判事等の要職を歴任し、その重責を果たす。退官後は弁護士登録し、各種の役職を務める。東京都公安委員会委員、宮内庁参与 、住友銀行監査役、三井住友銀行監査役 、三井住友フィナンシャルグループ監査役
佐藤慶 1928-2010
澁澤龍彦 1928-1987
父の武は銀行員。母の節子は実業家で政治家の磯部保次長女。
妻・矢川澄子(詩人)(教育学者矢川徳光の娘)
妻・澁澤龍子 元編集者
中村芝翫 (しかん)(七代目) 1928-2011 四代目中村兒太郎
七代目中村福助
七代目中村芝翫


父 成駒屋五代目中村福助
子 九代目中村福助
三代目中村橋之助
中村光江(舞踊家)
中村好江(十八代目中村勘三郎夫人)


中村芝翫とフランク永井
浜田幸一 1928- 1973年には中川一郎・渡辺美智雄・石原慎太郎、浜田幸一、森喜朗らと共に民族主義右派の青嵐会を結成、1979年解消。政界引退後はタレント活動。
バーニング社長、周防郁雄はかつて浜田幸一の運転手をしていた。
結婚し息子、浜田靖一も政治家になった。

「浜田幸一元先生は短期間ではなく一世を風靡した元錦政会(稲川会)の不良」説
 深江章喜
(ふかえ しょうき
1928  俳優。本名・旧芸名は深江 和久。
舞台活動を経て、1954年、映画製作を再開して間もない日活に入社。当初は端役が多かったが、アクション映画の台頭と共に頭角を表し、小林旭の『渡り鳥』シリーズをはじめ数々の作品でギャングなどの悪役を演じた。

1971年に日活を退社し、東映を中心に各社の映画に出演する一方、テレビドラマにも本格的に進出。日活映画での凄味のある悪役とは対照的に、子供向けドラマなどではコミカルな役も演じて持ち味を発揮した。

息子は俳優の深江卓次。
   
宮路年雄 1928-
色川武大(いろかわ たけひろ)
阿佐田哲也(あさだ てつや)
井上志摩夫(いのうえ しまお)
雀風子
1929-1989 小説家、エッセイスト、雀士。
筆名として色川武大(いろかわ ぶだい)、阿佐田哲也(あさだ てつや)、井上志摩夫(いのうえ しまお)、雀風子を名乗った。阿佐田哲也名義では麻雀小説作家として知られる。「阿佐田哲也」のペンネームについては、麻雀で徹夜を繰り返し『朝だ!徹夜だ!』といったことに由来しており、「武大」の本名は父親が中国の小説『金瓶梅』の登場人物より名付けたものである。
色川武大名義では主に純文学を、阿佐田哲也名義では『麻雀放浪記』をはじめとするギャンブル小説(無頼漢たちを主役に据えたピカレスク小説)を多数発表しているほか、井上志摩夫名義では時代小説などを発表している。

1970年(昭和45年)から従妹(母親同士が姉妹)の黒須孝子と暮らしはじめる。なお、孝子は「この人は病気で数年で死ぬだろう。その間、看病してこの怪物のような人と暮らしてみたい」という気持ちだったという。1973年(昭和48年)には孝子と結婚。孝子は直木賞受賞作『離婚』のモデルとなる。なお、孝子は若い頃東宝から映画女優としてのスカウトがきたほどの美人であった。1978年(昭和53年)には『離婚』で第79回直木賞を受賞する。この作品は事実とフィクションが入り混じった内容で、孝子夫人は「小説のとおりの人物」と人から思われ、人間不信になり自殺まで考えたという。

色川孝子著 『宿六・色川武大』(文藝春秋,1990年)で、肉体関係がなかったとか。

「青柳賢治 (プロ雀士)が愛人」説

映画化作品
麻雀放浪記(1984年) 監督:和田誠
雀鬼くずれ(2002年) 監督:服部光則

漫画化作品
北野英明、井上孝重、星野泰視をはじめ、多数。
大川橋蔵 (2代目) 1929-1984


私生活では映画で共演した女優・朝丘雪路との噂も報じられたが、祇園で馴染みの芸妓であった沢村真理子と1966年に結婚した。
長男はフジテレビプロデューサーの丹羽朋廣。大川辰五郎の芸名でかつては子役として活躍していた。主に時代劇や商業演劇で活動している俳優の丹羽貞仁は次男。兄弟共に父と『銭形平次』で共演したことがある。

大川橋蔵 が若い山城を食った」説


大川橋蔵・・・京本政樹
君島一郎 1929-1996
デザイナー
小山観翁 1929-
春風亭柳朝
(しゅんぷうていりゅうちょう)
(5代目)
1929-
小朝は師匠の五代目柳朝の稚児だったよ。
高森 顕徹
(たかもり けんてつ、
1929 富山県氷見市生まれの宗教家、浄土真宗親鸞会会長。
龍谷大学専門部卒業。
   
中村富十郎 (5代目) 1929- 北大路欣也、高橋英樹 と関係。

1996年に33歳年下の元女優・久邇瑳代子(当時33歳)と結婚、1999年には長男・大が、2003年には長女・愛子が生れた。富十郎70歳と74歳のときの子であるところから、これは大きな話題にもなった。長男の大は2001年(平成13年)に中村大を名乗って初舞台を踏み、2005年(平成17年)11月に中村鷹之資と改名した。
若山富三郎 1929- 元妻は女優藤原礼子(大和七海路)。息子は若山騎一郎。勝新太郎は弟。
トーマス・S・フォーリー駐日米国大使 1929-
相澤秀禎 1930-

サンミュージックプロダクションの創業者で初代社長。
法政大学卒業後、バンド・ウエストキャラバンを結成。自身の演奏活動の傍ら歌手のマネジメントにも携わり、佐川満男の発掘を行う。
1961年、芸能プロダクション龍美プロを立ち上げて西郷輝彦(ホモ説)をデビューさせた。
1968年、サンミュージックプロダクションを設立。
森田健作(同姓愛人関係説あり)、都はるみ、桜田淳子(レズ説あり。後に統一協会で合同結婚式をして社会的生命終わり)、松田聖子(ホモ説ある芸能人と交際、結婚出産離婚)、香坂みゆき(ホモ説ある芸能人と結婚出産)、早見優、岡田有希子(自殺)、酒井法子(一般人と結婚、麻薬で逮捕。レズ説)(在日ヤクザの娘)、安達祐実(ホモ説あるのと噂、結婚離婚)といったスターをスカウト・育成し、デビューさせた。

2004年12月、創業以来36年間務めてきた社長の座を長男の相澤正久に譲り、自らは会長に就任。自身のブログでは生涯マネージャーを標榜し、全国の事務所オーデションには自ら出席する等している。
かつての商売敵であった貫泰夫・T&Cミュージック社長も自らのブログのなかで「相澤さんの所ほどアットホームな事務所はないだろう」と述べているように女性タレントの面倒見のよさで知られ、松田・岡田・酒井をデビュー当時に自宅に引き取り公私にわたり面倒を見た。また1970年代当時渡辺プロダクションが年功序列の給与制を敷き吉本興業等が完全歩合制を敷く中で、基本給にプラスして歩合給も支給していた。
稲増龍夫著「アイドル工学。」のインタビューの中で「ただテレビに出たいだけというような志の低い子は採用しない」と述べるなどタレント育成に厳しい一面も見せていた。
2009年9月、酒井法子が覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された件を受け、管理責任を取って会長を辞任、代表権のない相談役に退いた。
キダ・タロー 1930-
國弘正雄 1930- 日本の政治家。元日本社会党参議院議員、文化人類学者、同時通訳者。
黒木和雄 1930-2006 映画監督
椎名素夫 1930-2007 『週刊新潮』1989.07.13「米高官「ホモスキャンダル」で浮んだ椎名代議士の「30万ドル」」
『週刊文春』1989.07.13「エッ中曽根さんがホモ?米国版ピンクの霧事件のチン脈とキン脈」
『FOCUS』1989.07.14「国際派代議士の“落とし穴”ワシントン“ホモ売春醜聞”と椎名素夫氏が「貸した」30万ドル」
『テーミス』1989.07.19「アメリカ・ホモ醜聞のスペンスと中曽根元総理の「親密写真」が語るもの凄い真相 ※クレイグ・J・スペンス」
『SPA!』1989.07.19「国際謀略説まで飛び出し日本に上陸。米ホモ・スキャンダルの奇怪部分 椎名素夫氏とスペンス氏の関係」 ※クレイグ・スペンス
『週刊ポスト』1989.07.21「レーガンの愛読新聞はなぜ「ホモ売春と日本の有力代議士」を執拗に追及するのか ※ロビイストへの資金提供者として名指しでスッパ抜いたワシントン・タイムズ」
『週刊現代』1989.07.22「米政界の“ホモ売春事件”に名が出た椎名代議士の“事情”」
『サンデー毎日』1989.07.23「証言ワシントン男娼醜聞 米人ロビィストが聞いた東京ホモ・パーティの招待客たち」 ※中曽根内閣、椎名素夫、国際政治政策調査会
『週刊大衆』1989.08.28「'89前半ニッポンお騒がせ有名・悪名50人 中曽根康弘、椎名素夫 ※米人ロビィスト“ホモ売春疑惑”」
『DIME』1989.09.07「ワシントン・ホモスキャンダルの裏側」
『噂の真相』1989.09「米国ホモスキャンダル余波 再び日本叩き材料の公算大 山口敏夫議員もターゲット」
『週刊時事』1989.10.28「米下院議員の宿舎でホモ売春が発覚」
『サンデー毎日』1989.12.03「米国ホモ・パーティ・ロビイスト怪死 ホッとしたのは誰?」※クレイグ・スペンス
『アサヒ芸能』1989.12.07「ワシントンを震え上がらせたホモ・ロビイストが「謎の変死」」 ※クレイグ・スペンス
高島忠夫

1930- 日本のタレント・俳優・司会者である。所属事務所は東宝芸能。
妻は女優の寿美花代。俳優の高嶋政宏・高嶋政伸は実子。
音楽プロデューサーである高嶋弘之は弟、その娘であるヴァイオリニストの高嶋ちさ子は姪にあたる。
中谷一郎 1930-2004 妻は俳優座の女優・美苗。
名古屋章 1930-2003

西村京太郎 1930-



トラベル・ミステリーで売れっ子で、キヨスクで文庫版サイズで販売されている。
既婚者だけど。なぜか、既婚者で子持ちの作家、山村美紗との噂がスキャンダル誌でよく書かれていた。
二谷英明 1930-2012


平幹二郎と二谷英明とも一人は失念..のモ−ホ-三角関係


1954年ラジオ佐世保(のちにラジオ長崎と合併し長崎放送と社名変更)に開局と同時に入社。3年間、司会や英語放送のアナウンサーを務めた。佐世保時代に前妻と結婚したが、その後離婚。

1956年小林旭らと第3期ニューフェイスとして日活に入社、同年『沖縄の民』で夜襲の少尉役としてデビュー。

妻は1964年に結婚した女優の白川由美。
娘の二谷友里恵は芸能人、1987年に郷ひろみと結婚、二児をもうけたが1998年に離婚。後に2000年に平田修(家庭教師のトライ会長・創業者)と再婚してトライグループ代表取締役社長就任。
2009年頃より家庭教師のトライのCMに、かつて主演した刑事ドラマ『特捜最前線』の映像が使用されたCMが複数バージョン放映されており、往年の元気な姿がテレビで見られるようになっていた。


福島次郎 1930-2006 1951年、『禁色』のルドンのモデルとなったゲイバーについて問い合わせたことから三島の愛人(表向きは書生)となったが、1952年夏、伊豆にて福島の側から縁を切る形で三島との愛人関係に一旦終止符を打つ。この時のことを三島は深く恨み、『禁色』の第二部である『秘薬』(『群像』1952年- 1953年連載)のなかに「福次郎」という名の卑劣漢を登場させた。
1962年春、上京して三島と再会、再び愛人関係を結ぶ。1966年7月、神風連の取材で熊本を訪れた三島の訪問を受け、熊本を案内する。1967年11月18日、瑤子夫人に福島との同性愛関係が発覚することを恐れた三島からの来信がきっかけで、以後、三島と疎遠になる。
1998年、三島との愛憎関係を綴った『三島由紀夫−剣と寒紅』を出版。「三島の思想や文学を理解する上で貴重な資料だ」などと賞賛される一方、「単なる暴露本に過ぎない」との批判も浴びた。さらに、同書で三島の書簡を無断で掲載したことが著作権侵害に当たるとされ、三島の遺族から同書の出版差し止めを求める訴訟を起こされ、版元の文藝春秋と共に最高裁まで争ったが、2000年11月に敗訴が確定した。
藤岡琢也 1930-2006

結婚したけど子供なし
三宅久之 1930-

政治評論家。コメンテイター。三宅久之は読売新聞社会長の渡邉恒雄とは新聞記者時代からの友人。中曽根康弘元総理をはじめ、政界関係者と深いパイプを数多く持つことで知られている。と言う事は、児玉誉士夫、大野伴睦と通じていると考えても良い。瀬島龍三とも・・・。
大学の先輩で政治評論家としても先輩の細川隆一郎には常に敬意を表していた。池田勇人総理大臣秘書官出身の伊藤昌哉、田中角栄総理大臣秘書官出身の早坂茂三とも親しかった。
現在、テレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』や、ytvの『たかじんのそこまで言って委員会』等の討論系バラエティ番組にレギュラー出演中。

真週刊誌フォーカス(現在は休刊)の2000年5月31日号「極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家の名前」で、他の政治評論家と同様、100万円の内閣官房報償費(官房機密費)の提供を受けていた(らしい)ことが写紹介されている。竹村健一 、藤原弘達、田原総一郎、俵孝太郎、細川隆一郎、早坂茂三、三宅久之。
2010年、野中広務元官房長官は、那覇市内で開かれたフォーラムの基調講演の中で、自身が長官在任中(1998年7月〜99年10月)、先例に従い、複数の評論家に内閣官房報償費(機密費)から数百万円を届けていたことを明らかにした。野中は具体名は明かさなかった。三宅久之は真っ黒。その他、たとえば、岸井某、宮崎某、青山某、北野某、太田某、福田某・・・等も真っ黒。

アメリカのヘンリー・キッシンジャー → 中曽根康弘、渡邉恒雄、三宅久之、西部邁の男色人脈。
愛妻家とか。
渡部昇一
(わたなべ しょういち)
1930- 英語学者、評論家。専攻は英語文法史。学位はヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学博士。称号・名誉学位は上智大学名誉教授、ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学名誉博士。

統一教会との関係は古く、1985年6月のカウサ第三回日本会議に出席、さらに、1985年8月5日の東京勝共講師団結成集会では基調講演を行っている。また、統一教会系の新聞である世界日報を「この四分の一世紀の間、日本のクオリティ・ペーパーであった」と2001年1月の世界日報25周年記念メッセージにおいて6行で、他の4人とともに述べている。また一時「世界日報をおすすめします」と題する世界日報の広告にも登場し、同様の内容のコメントが他の3氏の物と共に掲載されていた。
また、幸福の科学総裁の大川隆法やワールドメイト主宰の深見東州とも、対談を持ったりシンポジウムのパネラーとして出席するなど、関係を持っている。
アパグループが主催した第1回『「真の近現代史観」懸賞論文の審査委員長を務めた。2008年10月31日に最優秀藤誠志賞に田母神俊雄航空自衛隊幕僚長の論文「日本は侵略国家であったのか」を選考した。論文内容は「侵略国家ではなかった」とし、日中戦争の原因を蒋介石に巻き込まれた濡れぎぬであると主張するなど、渡部の近現代史論に近いものであった。だが田母神は「政府見解と異なる主張をしたうえ、上層部の許可を得ずに外部に論文を提出した」などとして浜田靖一防衛大臣に即日更迭処分を受ける一因となった。

中川八洋とも統一協会つながり。

天知茂 1931-1985 女優と結婚


天知茂・・・・宅麻伸
いかりや長介 1931-2004
元「ドリフターズ」 妻子

猪熊重二 1931-2007 公明党 1986年、参議院議員通常選挙に、比例区から公明党公認候補として立候補し、初当選する。(以降2期)。参議院法務委員長、参議院科学技術特別委員長を歴任する。
宇津井健 1931- 妻がいたけど死亡。愛人は三浦友和だったけど後に山口百恵と結婚。 
大岡信 1931- 詩人、評論家。東京芸術大学名誉教授。日本ペンクラブ元会長。一ツ橋綜合財団理事。
妻は劇作家の深瀬サキ。長男は芥川賞作家の大岡玲、長女は画家、詩人の大岡亜紀。


親友
谷川俊太郎 - 共著を数冊出している。
日野啓三 - 読売新聞出身の作家。日野の葬儀では葬儀委員長を務めた。

「櫂」同人
川崎洋
茨木のり子
谷川俊太郎
水尾比呂志
岸田衿子
友竹辰(友竹正則)
中江俊夫
吉野弘

「鰐」同人
吉岡実
飯島耕一
岩田宏
清岡卓行

歌仙・付合制作
石川淳
丸谷才一
安東次男
岡野弘彦
杉本秀太郎
加藤楸邨
小島ゆかり
長谷川櫂

「へるめす」同人
磯崎新
大江健三郎
武満徹
中村雄二郎
山口昌男

「例の会」メンバー
井上ひさし
一柳慧
清水徹
東野芳明
高橋康也
吉田喜重
渡邊守章
鈴木忠志
原広司

海部俊樹 1931- 前衆議院議員(16期)。内閣総理大臣(76、77代)、大蔵大臣(87代)、文部大臣(98・108代)、新進党党首(初代)、自由改革連合代表(初代)、自由民主党総裁(第14代)を歴任。


銀座日本青年社
勝新太郎 1931-1997

中村玉緒と結婚し子供をもうける。

勝新太郎・・・松平健

勝新太郎と大日本興行鈴木龍馬は兄弟分

座頭市も兵隊やくざも悪名もすべてホモの匂いがぷんぷんする

ジャニー喜多川 1931-

ジャニーズ事務所社長

住吉会

「98/12 ジャニー喜多川の最愛の稚児はキンキキッズの堂本剛で半同棲状態の噂」『噂の真相』
杉浦直樹 1931-

関根恵子とも噂になった

どっかの相撲部屋の親方と裸で抱き合ってるところを部屋の弟子に見られちゃってネタ流出…
高倉健 1931-

江利チエミと結婚離婚

「高倉健と倍賞千恵子」『噂の真相』(81.9)

高倉健さんのお稚児さん・・・・CMで共演した宇野薫
中村八大 1931-1992
青島(当時は中華民国、現在の中華人民共和国)出身の作曲家・ジャズピアニスト。

『上を向いて歩こう』、『こんにちは赤ちゃん』、『遠くへ行きたい』、『明日があるさ』など、1950年代末から1960年代にかけての数々のヒット曲を作曲した。

兄の中村二大はクラリネット奏者。妹の夫は漫画家の寺田ヒロオ。

永六輔と、坂本九を取り合ったとか。
韓昌祐(ハン・チャンウ 1931 韓国系日本人の実業家。大手パチンコ店グループ・マルハンの創業者で代表取締役会長。財団法人韓哲文化財団理事長。
2002年に日本へ帰化。28歳のときに結婚した日本人の妻との間に5男2女をもうけ、4人の息子がマルハンに勤めている。長男の哲(チョル)を16歳のときにヨセミテ国立公園での研修中の事故で失っている[3]。

帰化人
水野晴郎
1931-2008 軍服先生と盆と竹田君(コント山口くんと竹田くん)。
森本正夫(もりもと まさお 1931 経済学者(専門は開発政策)・教育者で、かつ北海道を代表する学校法人北海学園の経営者。名誉法学博士(レスブリッジ大学)
山田洋次 1931- 妻は「平塚らいてうの記録映画を上映する会」副会長を務めた山田よし恵(1932年5月23日 - 2008年11月8日)。
次女はBS-TBSプロデューサーの山田亜樹(1963年9月14日 - 。元NHKアナウンサーの山田亜紀は別人)。


93・1美保純や倍賞千恵子と噂された山田洋次監督が最近は両刀遣いへ変身説
青島幸男 1932-

作家、作詞家、タレント、俳優、放送作家、映画監督、政治家。参議院議員(通算5期)、東京都知事(第13代)を歴任。
石原慎太郎 1932 1973年には中川一郎・渡辺美智雄・石原慎太郎、浜田幸一、森喜朗らと共に民族主義右派の青嵐会を結成、1979年解消。政界引退後はタレント活動。
結婚して息子が四人。政治家の石原伸晃、タレントの石原良純、政治家の石原宏高、画家の石原延啓。俳優の石原裕次郎は実弟。

日本青年社
稲盛和夫 1932-

京セラ・第二電電(現KDDI)創業者。現在は、株式会社日本航空および日本航空インターナショナルの会長。
民主党の小沢一郎、前原の後援者。
生長の家信者。財団法人松下政経塾相談役(ホモカルト説あり)。
妻の朝子は、禹長春(ウ・ジャンチュン日本名:須永 長春)(韓国農業の父)の四女である。

岩城宏之 1932-
大島渚 1932- 小山明子と結婚 在日
奥田碩 1932-

トヨタ自動車株式会社相談役(非取締役)、日本郵政株式会社社外取締役指名委員長兼報酬委員長、社団法人日本経済団体連合会名誉会長。
トヨタ自動車株式会社代表取締役社長(第8代)、同社代表取締役会長、同社取締役相談役、社団法人日本経営者団体連盟会長(第9代)、社団法人日本経済団体連合会会長(初代)、内閣特別顧問などを歴任した。
トヨタは男色人脈の企業。
三遊亭圓楽(さんゆうてい えんらく) (5代目) 1932-2009 円楽一門会総帥・最高顧問。落語家。

故円楽と楽太郎

砂塚秀夫 1932-
田中邦衛 1932-

結婚して子供がいる
田の中勇 1932-2010 声優。劇団東芸→テアトル・エコーを経て、青二プロダクションに所属していた。
生涯独身だった。



「鬼太郎の親父の中の人を、鬼太郎の野沢雅子が「タノ子!」って呼んでた」説。

===
野沢雅子からは、自分より女性っぽいという理由で「田の子さん」と呼ばれていた。逆に田の中は野沢のことを自分より男性っぽいと語っている。大塚周夫はねずみ男の芝居をもう少し軟化させようと考えた際、オネエ言葉にしようと考え、田の中から指導を受けたという。田の中がそういった役柄が上手いことから、田の中の死後に大塚は上述のことを語りつつ、田の中には「(オネエの)気があった」と冗談めかして語っている。


===
本名は東郷健(とうごう たけし)
東郷健(とうごう けん)
1932-2012
社会運動家・政治活動家。雑民の会・雑民党代表。
兵庫県生まれ。「伝説のおかま」と紹介されることがある。同性愛者ではあるものの、自らの結婚歴や子供の存在を否定していない。
祖父の名倉次は衆議院議員(立憲改進党)、父の東郷伍郎は兵庫県議会議員であったが、健は地元と絶縁状態だったため、いわゆる世襲候補扱いはされていない。

内藤ルネ 1932-2007 イラストレーター、デザイナー。19歳で抒情画家の中原淳一に師事し、1950年代半ばから『ジュニアそれいゆ』など少女雑誌にイラストや人形作品を発表。童顔でファッショナブルな少女画で人気を博し口絵や付録、人形や雑貨のデザインなどで幅広く活躍したほか1971年に発表した「ルネパンダ」は翌年の日本でのパンダブームのさきがけとなった。 1990年代、趣味で集めた人形の美術館の計画で詐欺に遭いほぼ全財産を失うが、僅かに残された静岡県修善寺町の土地に2001年に「内藤ルネ人形美術館」を開館させた。2002年、東京で初の回顧展が開かれたのを機に新たなファンを獲得。かつて出版した著書が復刻されるなど再び脚光を浴びた。
また長年に渡り男性同性愛雑誌の『薔薇族』で表紙を描いたが、2005年に出版した自伝の中で同性愛者であることを告白した。

内藤ルネが自伝で「先生(中原淳一)と私の間にはいろいろありまして… ご家族がいるので言えませんけど」とか。
仲代達矢 1932-

宮崎恭子と結婚
中村錦之助
萬屋錦之介
1932- 雷蔵と錦之助
フランク永井 1932-2008 フランク永井と中村芝翫(しかん)
山口一久  元東京都主税局長
 五輪招致担当の谷川氏と同時に、総務局などを所管する山口一久副知事も辞表を提出し、4人の副知事のうち、いずれも都生え抜きの2人が任期満了まで約2年を残して5日付で退任。佐藤氏の昇格に伴い、副知事は民間出身の猪瀬直樹氏を含め3人体制になる。
 知事は理事会後に「(退任は)都政の運営を考えた結果。五輪は一つのめどがついた」と述べ、今後は都の幹部職員よりも、専門性の高いJOCや外務省の出番が増えるとの見方を示した。
 しかし、JOCの福田富昭副会長は「何もこの時期に替えなくてもいいのでは」と驚いた様子。
2009/06/04 17:00 【共同通信】

森田実 1932- 政治評論家。株式会社森田総合研究所代表取締役。既婚。
藤波孝生 1932-2007
横山ノック 1932-2007 元参議院議員、元大阪府知事。結婚して子供がいた。なぜか女性からセクハラで訴訟された。
赤江瀑 1933-
浅利慶太 1933- 劇団四季の同士たちと二度結婚し、三度目が女優と再婚

「浅利慶太の愛人久野さん」84.01
83/12 劇団四季の浅利慶太が久野綾希子の次のお手つき女優を物色中のウワサ
84/7 浅利慶太の愛人とウワサされた「キャッツ」の久野綾希子降板に話題が
86/10 劇団四季の看板女優・久野綾希子の独立の背景に浅利慶太との離反説が
市川昭介 1933-2006

歌手の高倉敏、鶴田六郎氏らの付き人(かばん持ち)をする傍ら、作曲とピアノを独学で学ぶ。 1961年、島倉千代子が歌い第3回日本レコード大賞作曲奨励賞を受賞した『恋しているんだもん』でデビュー。

1962年、畠山みどりの『恋は神代の昔から』がミリオンセラーとなり、翌年の『出世街道』も連続のミリオンセラーを記録。
1964年、都はるみの『アンコ椿は恋の花』が3作目のミリオンセラーとなり大ヒット。以後『涙の連絡船』『好きになった人』『大阪しぐれ』など、都はるみの一連のヒット曲を作曲。都はるみを国民的演歌歌手に育て上げた。都はるみは恩師の市川を歌謡界の父親と慕っていた。

日本コロムビア、クラウンレコードの専属作曲家を務めた後、1974年(昭和49年)にフリーに。

市川の門下生には都はるみの他、ジュディ・オング、畠山みどり、五木ひろし、大川栄策、神野美伽、市川由紀乃、山口瑠美らがいる。

1990年(平成2年)から日本レコード大賞の実行委員長を務め、1998年(平成10年)からレコード大賞の制定委員を務めた。また、日本音楽著作権協会(JASRAC)の評議員、日本作曲家協会の副委員長も歴任した。

1992年(平成4年)、郡山市特別表彰。1996年(平成8年)、紫綬褒章受章。2004年(平成16年)、旭日小綬章受章。

主な作品
恋しているんだもん(唄・島倉千代子)
恋は神代の昔から(唄・畠山みどり)
出世街道(唄・畠山みどり)
皆の衆(唄・村田英雄)
アンコ椿は恋の花(唄・都はるみ)
涙を抱いた渡り鳥(唄・水前寺清子)(『いづみゆたか』名義)
悲しみの十字架(クロス) (唄・ジュディ・オング)
涙ぐむ星空 (唄・ジュディ・オング)
海辺のメルヘン (唄・ジュディ・オング)
さようなら17才 (詩:岩谷時子 唄・ジュディ・オング)
涙の連絡船(唄・都はるみ)
夫婦春秋(唄・村田英雄)
絶唱(唄・舟木一夫)
好きになった人(唄・都はるみ)
この道をゆく(唄・美空ひばり)
大阪しぐれ(唄・都はるみ)
浮草ぐらし(唄・都はるみ)
レモン月夜の散歩道(唄・都はるみ)
なみだの桟橋(唄・森昌子、松原のぶえ)
白いスカーフ(唄・朝田のぼる)
別れてひとり(唄・大月みやこ)
花咲港(唄・川中美幸)
かしこい女じゃないけれど(唄・北原由紀)
鳳仙花(唄・島倉千代子)
さざんかの宿(唄・大川栄策)
恋吹雪(唄・大川栄策)
細雪(唄・五木ひろし)
伊豆の雨(唄・角川博)
夫婦坂(唄・都はるみ)
男船(唄・神野美伽)
しのぶ(唄・美空ひばり)
龍馬残影(唄・美空ひばり)
浪花盃(唄・五木ひろし)
ふたりの灯(唄・大月みやこ)
浪花そだち(唄・神野美伽)
釜山海峡(唄・神野美伽)
駅(唄・大川栄策)
再会(唄・大川栄策)
海峡出船(唄・市川由紀乃)(市川昭介最後の録音立会い曲)
夢がたり(唄・里見浩太朗)(時代劇『八百八町夢日記』第2シリーズ主題歌)
イルカに乗った少年(唄・城みちる)(『林あきら』名義)
ハクション大魔王の歌(テレビアニメ『ハクション大魔王』主題歌)
大ちゃん数え唄(唄・吉田よしみ(後の天童よしみ))(テレビアニメ『いなかっぺ大将』主題歌)ほか多数
伊丹十三 1933-1997

映画監督、俳優、エッセイスト、商業デザイナー、イラストレーター、CM作家、ドキュメンタリー映像作家

映画監督の伊丹万作は父。女優の宮本信子は妻。長男は池内万作(俳優)。次男は池内万平。作家の大江健三郎は義弟。ギタリストの荘村清志は従弟。

作家であり友人の大江健三郎と同棲。
1960年に日本映画界の巨人である川喜多長政・川喜多かしこの娘の川喜多和子と最初の結婚,、1966年協議離婚)。
同じ年に作家であり友人の大江健三郎が妹ゆかりと結婚する。
1969年に山口瞳の媒酌で女優の宮本信子と再婚し、宮本との間に子供を二人もうける(長男は俳優の池内万作、次男は池内万平)。

制作総指揮作品 [編集]スウィートホーム
監督作品
『ゴムデッポウ』(1962年)− 伊丹一三名義の初監督作品、第24回東京国際映画祭特別上映
『お葬式』(1984年)
『タンポポ』(1985年)
『マルサの女』(1987年)
『マルサの女2』(1988年)
『あげまん』(1990年)
『ミンボーの女』(1992年)
『大病人』(1993年)
『静かな生活』(1995年)
『スーパーの女』(1996年)
『マルタイの女』(1997年)

稲嶺惠一(いなみね けいいち) 1933- 第5代 沖縄県知事
当選回数 2回
任期 1998年12月10日 - 2006年12月9日
実業家、元政治家(沖縄県知事)。
父は、琉球石油(現・りゅうせき)創業者で元参議院議員の稲嶺一郎。旭日重光章。報道などでは新字体を用い稲嶺恵一とも表記される。
植田紳爾(しんじ) 1933-

劇作家、演出家である。宝塚歌劇団専属。1996年〜2004年には同歌劇団理事長をつとめた。現在は同歌劇団特別顧問。
私生活では上方舞山村流四世宗家山村若の娘で次期後継者であった山村糸と結婚,糸に男きょうだいがなかったことから以降戸籍上は山村姓を名乗り、現・六世宗家山村若ら子宝にも恵まれたが糸は宗家襲名を果たせぬまま1990年病を得て早世(糸は後年五世宗家を追善された)、以降は六世若らの成長を見守りつつ独身を通す。

理事長植田紳爾も創価、
(音楽学校副校長葉山三千子こと今西正子も創価!)、
植田も畏れる創価の大幹部の実父もつ彩輝直が植田に可愛がられてた
永六輔 1933-
國松孝次(くにまつ たかじ)
1937 元警察官僚、警察庁長官。
警察庁長官在籍中の1995年に警察庁長官狙撃事件で一時危篤状態となった。



「会員制のゲイバーの会員」説あり。
栗原玲児 1933-


坂本スミ子と結婚離婚「玲児はんはホモやったんや」 
栗原はるみと再婚し子供をもうける
白木秀雄
(しらき ひでお 
1933-1972 日本のジャズ・ドラマー。
1959年には水谷良重と結婚し(1963年離婚)、時代の寵児としてマスコミを賑わせた。
   
菅原文太 1933-

長男は菅原加織。他に娘が二人いる。妻の文子はマネージャーを務めている。
俳優の菅田俊や宇梶剛士やプロレスラーのジョージ高野、新崎人生は元付き人だった。
高木ブー 1933- コメディアン、ミュージシャン、タレントであり、「ザ・ドリフターズ」、「こぶ茶バンド」のメンバーである。
ドリフ映画での呼び名は「デブ」。20代の頃から70代の現在まで芸名通りの肥満体型をしている。

高木は愛妻家としても有名であった。ドリフの全メンバーの中で、離婚も再婚もせず、また複数の女性と関係を持つこともなく、ただ1人の女性に最後まで変わらない愛情を注ぎ続けたのは高木だけである(妻とは1962年に結婚)。その最愛の妻を1994年に脳腫瘍で亡くした時の高木の悲嘆は激しく、高木はそれ以来、妻を助けてくれなかった神を一切信じることができなくなったとまで語っている(自伝:『第5の男 -どこにでもいる僕-』より)。

高木は妻を亡くして以来、残された一人娘を他家へ嫁がせることに耐えられず、娘の結婚相手は自分と一緒に住んでくれる男性であることが絶対条件だったという。実際、彼は現在も娘夫婦と一緒に暮らしている(『徹子の部屋』に出演した際の告白)。

辻村寿三郎 1933-
平幹二朗 1933-

佐久間良子と結婚し二児をもうけたが離婚
藤子不二雄A 1933-

藤子 不二雄(ふじこ ふじお)は、富山県出身の2人の漫画家による共同ペンネーム。小学生時代からの友人同士であった藤本 弘(ふじもと ひろし、1933-1996年)と安孫子 素雄(あびこ もとお、1934- )が1954年より使い始め、『オバケのQ太郎』(共作)、『パーマン』(藤本)、『忍者ハットリくん』(安孫子)、『怪物くん』(安孫子)、『ドラえもん』(藤本)などをこのペンネームで発表した。
コンビ結成初期はともに手塚治虫タッチで絵の描き方が一緒であったため、2人で話を考え2人で絵を描くという完全合作に挑戦していたが、互いの作風、タッチに変化が現れた後は別々に作品を執筆し、それぞれが藤子不二雄名義で発表するという形を取っていた。1988年にコンビを正式に解消、藤本は藤子・F・不二雄、安孫子は藤子不二雄?となり、コンビ解消前の作品も多くがそれぞれの名義に改められた。
コンビ解消後、藤子?は、「笑ゥせぇるすまん」などの大人向け作品の執筆へと活動の軸足が移った。そして『少年時代』の映画化をして大成功した。またテレビ番組『ギミア・ぶれいく』へも出演した。『ギミア・ぶれいく』では『笑ゥせぇるすまん』などのブラック作品がアニメ化され、こちらも人気が出た。結果として従来の児童漫画家としての藤子不二雄のイメージから脱却し成功を収め、テレビ出演の機会も増えた。
藤子・F・不二雄 1933-1996 藤子 不二雄(ふじこ ふじお)は、富山県出身の2人の漫画家による共同ペンネーム。小学生時代からの友人同士であった藤本 弘(ふじもと ひろし、1933-1996年)と安孫子 素雄(あびこ もとお、1934- )が1954年より使い始め、『オバケのQ太郎』(共作)、『パーマン』(藤本)、『忍者ハットリくん』(安孫子)、『怪物くん』(安孫子)、『ドラえもん』(藤本)などをこのペンネームで発表した。
コンビ結成初期はともに手塚治虫タッチで絵の描き方が一緒であったため、2人で話を考え2人で絵を描くという完全合作に挑戦していたが、互いの作風、タッチに変化が現れた後は別々に作品を執筆し、それぞれが藤子不二雄名義で発表するという形を取っていた。1988年にコンビを正式に解消、藤本は藤子・F・不二雄、安孫子は藤子不二雄?となり、コンビ解消前の作品も多くがそれぞれの名義に改められた。
コンビ解消後も、映画の原作となる漫画『大長編ドラえもん』を毎年コンスタントに描く一方で、健康の悪化が続き、死亡。
既婚で娘三人。
藤島泰輔 1933-1997 学習院時代、平成天皇のご学友だった。日本の小説家、評論家。「ポール・ボネ」名義の著作も多数刊行。
1964年、メリー喜多川と結婚。 1965年、長女藤島ジュリー景子誕生。
妻はジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川。メリーは1950年代から四谷三丁目の円通寺坂入口右手の角にあった「スポット」という名のカウンターバーを経営。バーの客であった藤島(当時東京新聞記者)と結婚。作家仲間の間ではおしどり夫婦として知られたという。
ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川は義弟。藤島は草創期のジャニーズ事務所を経済的にバックアップし、マスコミ・政財界関係者など自身の知己も紹介、ジャニー社長の業界関係者への人脈拡大を手助けしたといわれる。
長女はジャニーズ事務所副社長兼ジェイ・ストーム社長の藤島ジュリー景子。景子は2004年に芸能界とは無関係の一般男性と結婚。男性は婿養子として藤島家に入った。景子は2004年暮れ、泰輔・メリー夫妻の孫となる女児を出産している。
統一協会と勝共系文化人。韓国ベッタリ。
山谷初男
1933-
渡辺淳一 1933- 医学博士、作家。伝記(『花埋み』『女優』『遠き落日』など)、医療(『白い宴』『麻酔』など)、性的描写の濃い男女関係(『化身』『失楽園』『愛の流刑地』など)の三つに大別される。
『失楽園』が黒木瞳主演で大ヒットした。そのTV版の主役、川島なお美(ホモ説あるのばかりと交際)(レズ説)と噂になった。
愛川欽也 1934-

最初の結婚で子供を何人ももうけたが離婚 うつみ宮土理と再婚
青木幹雄 1934- 帰化人
石原裕次郎 1934-1987

北原三枝と結婚
井上ひさし
遅筆堂(ちひつどう)
1934- 小説家、劇作家、放送作家である。文化功労者、日本藝術院会員。
遅筆堂(ちひつどう)を名乗ることもあった。

日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長(第14代)などを歴任した。

先妻は西舘代志子。長女は元こまつ座主宰の井上都。三女は『激突家族 井上家に生まれて』著者で、2009年11月より株式会社こまつ座社長の石川麻矢。
後妻のユリは政治家・元日本共産党中央委員会常任幹部会員・衆議院議員の米原昶(いたる)の娘で、エッセイスト米原万里の妹で、鳥取県議会議長・鳥取商工会議所会頭などを務めた政治家・実業家・米原章三の孫。


カトリック信者
大江健三郎 1934- 小説家。知1994年ノーベル文学賞受賞。
伊丹ゆかり(伊丹十三の妹)と結婚。長男の光誕生。頭蓋骨異常のため知的障害を持つ子供として生まれる。的障害のある子供という自身の体験とを重ね合わせ独自の文学世界を作り上げた。
大橋巨泉 1934- タレント、放送作家、司会者、評論家、元参議院議員、オーケープロダクション(旧・大橋巨泉事務所)前取締役会長兼エグゼグティブタレント、芸能プロモーター、エッセイスト、競馬評論家、馬主。
前妻はジャズ歌手のマーサ三宅。1956年に結婚し2女をもうけたが、1964年離婚。1969年、14歳年下で当時アイドルであった浅野順子(デビュー当初の芸名は、浅野寿々子)と再婚した(浅野は初婚)。大橋35歳、浅野21歳での結婚は“少女誘拐”とマスメディアに騒がれた。ジャズ歌手の大橋美加(長女)とチカ・シンガー(次女)は、マーサ三宅との間の娘。浅野順子との間に子はいない。
坂上二郎 1934- 創価学会
高坂正堯 1934-1996

国際政治学者、法学博士、元京都大学法学部教授。現実主義の論客としてもよく知られた。見識が広く日本の歴史書なども著した。専門は、国際政治学、ヨーロッパ外交史。

「近代の超克」を唱えた哲学者・高坂正顕の次男。
コンパスプロバイダーズL.L.C日本代表、東京都元教育委員並びに経済同友会元幹事で、現在は憲法問題懇談会委員長の高坂節三は実弟。

1996年に肝臓癌のため62歳で死去。
ネット上では「本当は、エイズによる合併症で、亡くなっているのだそーです。周囲では、有名な話だそーです」「この高坂正堯の愛人が、池田大作の息子である前原誠司」説。




鬼塚『原発マフィア』
瀬島龍三
「中曽根内閣が『平和問題研究会』を発足させたが、そのリーダーも瀬島龍三であった。」
「この研究会の座長は、高坂正堯(京都大学教授)である。
中曽根康弘は、高坂を始めとする京都大学の桑原武夫、梅原猛らの学者とも交わり、政策の遂行に利用した。
平和研究会のメンバー全員が、原発推進派であった。」

堤義明 1934-

西武鉄道グループの元オーナー。父は西武グループの基礎を一代で築き上げた堤康次郎。一時は総資産額で世界一となったこともあるが、西武グループの度重なる不祥事の責任を取って一線を退き、その後にインサイダー取引疑惑で有罪判決を受けるなど、起伏に富んだ経歴を持つ。

由利と結婚。長男、次男、長女。

噂になったのは、太地喜和子(レズ説)、吉永小百合(レズ説)、三田佳子(レズ説)、岡田茉莉子、水沢アキ(レズ説)、沢口靖子(レズ説)、南野陽子(ホモ説あるのばかりと交際)(レズ説)、小谷実可子、八木沼純子、伊東美咲(レズ説)、佐藤江梨子(ホモ説あるのばかりと交際)(レズ説)。
松坂大輔をお気に入り。

2代目の堤義明はバイで、
男色用に、西武ライオンズはもちろん、アイスホッケー、スピードスケート(黒岩彰など)社会人野球を持ち、
女妾は、伊藤みどり(レズ説)、荒川静香(レズ説)そして、溺愛した愛人としてあまりに有名になった沢口靖子(レズ説)などを有り余る会社の資金で未成年の頃から囲っていた。

「日本で活躍する朝鮮半島出身者の末裔・西武王国の実像」説
寺山修司
1934-
女優九條映子と結婚離婚
長門裕之 1934- 南田洋子と結婚
西崎義展 1934-2010 アニメ作品『宇宙戦艦ヤマト』の原作者であり『海のトリトン』『ワンサくん』『宇宙空母ブルーノア』などを企画製作した。

「西崎義展とあの池玲子」『噂の真相』(81.1)

パンチョ伊東
1934-
藤村有弘 1934-1982

『ひょっこりひょうたん島』(NHK)のドン・ガバチョの声(初代)
宝田明 1934- 1953年、東宝ニューフェイス第6期生として俳優生活をスタート。同期には佐原健二、河内桃子、藤木悠、日活に移籍した岡田眞澄がいる。翌年、特撮映画の金字塔である『ゴジラ』で初主演を果たす。長身・美形の二枚目俳優として東宝映画の若手トップスターとなり、数多くの映画に主演した。

1959年に、日本人初のミス・ユニバースの栄冠に輝いた児島明子と結婚し、2人の女子をもうけたが後に離婚。長女は1991年に『ジプシー』がヒットした歌手・女優の児島未散。

石津祥介
(いしづ しょうすけ、
1935   ファッションデザイナー、ファッションディレクター。有限会社石津事務所、代表取締役。社団法人日本メンズファッション協会常任理事。公益財団法人日本ユニフォームセンター理事。
VAN創業者・石津謙介の長男。
   
仰木彬

1935- 選手暦、西鉄ライオンズ (1954 - 1967)
監督・コーチ歴、西鉄ライオンズ (1968 - 1969) 、近鉄バファローズ (1970 - 1992) 、オリックス・ブルーウェーブ、オリックス・バファローズ (1994 - 2001, 2005)
西鉄ライオンズ (1954 - 1967)
監督になってからも、『ニュースステーション』出演時に小宮悦子アナウンサーを本気で口説いていたというエピソードもあるなど、現役時代と全く変わらない遊び人ぶりであった。

イチローと一緒に新宿二丁目に通っていたとか
赤塚不二夫 1935-2008 漫画家。
1956年に貸本漫画『嵐をこえて』でデビュー。その後石森章太郎を慕い、トキワ荘に入居。以後作品発表の舞台を漫画雑誌に移し、1962年に『ひみつのアッコちゃん』、『おそ松くん』のヒットで一躍人気作家となる。1967年に『天才バカボン』がヒットし「ギャグまんがの王様」と謳われた。

なお混同されることがあるが、1960 - 1980年代のアニメ・テレビ・映画に音響効果技師として関わっていた同名人物(もしくは「赤塚不二男」)は、本項で扱う漫画家の「赤塚不二夫」とは別人であることに注意されたい。

1987年、多忙を極める中アルコール依存症に陥っていた赤塚のサポートを、別れた最初の妻・登茂子が勧めたことにより、眞知子夫人と結婚。結婚記者会見には登茂子とりえ子も同席した。


岡田眞澄 1935-2006

パントマイマーのヨネヤマ・ママコと結婚し、翌年離婚。女優・藤田みどりと再婚し、その後、俳優&DJの岡田眞善(長男)ら3人の息子を設けるが離婚。翌年、歳下の後妻と再々婚し長女が誕生。
小澤征爾 1935-

クラッシック音楽の指揮者。二度結婚し、子供も何人か。バーンスタイン、カラヤンに抱かれてコネが得られたとか。
片山虎之助
(かたやま とらのすけ)
1935年- 政治家、自治官僚。日本消防協会最高顧問(元会長)および日本防火協会会長。たちあがれ日本参議院幹事長。岡山県笠岡市金浦出身。
参議院議員(3期)、郵政大臣(第68代)、自治大臣(第56代)、総務庁長官(第26代)、総務大臣(初代・第2代)を歴任。
川津祐介 木下先生と・・い照彦、竹脇・・。 川津祐介
小坂一也 1935-1997
歌手、俳優。
私生活では1974年1月、長年の同棲相手だった女優の十朱幸代と挙式する(未入籍で事実婚)が、同年中に破局している。1977年に一般人と再婚。
坂本新兵(さかもと しんぺい)
別名:トシゴロ亭ニキビ。
1935-1996 俳優、声優。愛称はシンペイちゃん。

フジテレビ系の子供番組『ママとあそぼう!ピンポンパン』などで「シンペイちゃん」と呼ばれお茶の間の人気者となる。
私生児として生まれたこともあって、青年期に荒れた生活を送った時期があると言われるが、立ち直って俳優となった。自らの経験を無駄にしないため、俳優として活躍していた時期から、犯罪を犯した少年を導く保護司として活動を行っていたことは広く知られている。
1996年、心不全のため東京都内の病院で死去。61歳没。

新野新 1935-
土橋正幸 1935- 現役時代は東映で主力投手として活躍。引退後は東映・日拓・日本ハム、ヤクルトでコーチ・監督を務めた。
蜷川幸雄 1935-

妻子あり
野村秋介 1935-1993 右翼活動家・運動家。戦後新右翼の代表的な論客として知られた。

羽田孜 1935-
常陸宮正仁親王
ひたちのみや まさひとしんのう
1935- 1964年に徳川義寛侍従邸で、彼の姪・津軽華子と見合い。津軽家が縁談を受諾し、皇室会議で婚約が内定。納采の儀、告期の儀を経て、結婚の儀。沿道には5万人が集まり、祝福した。華子妃との間に子女は無い。
深谷隆司 1935- 元二丁目売り専、三島由紀夫とデキてた
福井俊彦 1935-

第29代日本銀行総裁。財団法人キヤノングローバル経済研究所理事長。

村上ファンドとの関連
尚、村上ファンドの母体とされるオリックスの宮内義彦との関係について、「個人的には非常に親しい関係にあるが、村上ファンドについて話をした経験は一度もない」と答弁している。
尚、福井の家族は夫人のみ。

ネプチューン・原田泰造
美輪明宏 1935-
御手洗冨士夫 1935-
第6代キヤノン社長(現・会長)。第2代日本経済団体連合会会長。内閣府経済財政諮問会議議員。若者の人間力を高めるための国民会議議長。鉄道貨物協会会長。特定非営利活動法人東京オリンピック招致委員会理事。

大賀規久
大賀規久
コンサルティング会社「大光」の代表
御手洗冨士夫
若杉弘 1935- クラッシック音楽の指揮者。
和地孝(わちたかし) 1935-
上野尚一(うえの しょういち) 1936 朝日新聞社社主。朝日新聞社初代社主、上野理一の曾孫にあたる。

1958年慶應義塾大学法学部卒業。1962年に朝日新聞社に入社。元・同社国際本部副部長。1995年12月から社主代理、1997年10月から社主を務める。
朝日新聞社株式を11.02%保有。元朝日新聞社社主上野淳一の息子であり、独立行政法人国立博物館運営委員会副委員長。朝日新聞社社主は村山美知子と共同で務める。

楳図かずお 1936-

漫画家 怪奇漫画、SF漫画『漂流教室』『わたしは真悟』、コメディ漫画『まことちゃん』まで幅がひろい。作品の多くがドラマ化されてきた。独身
江副浩正 1936-

日本の実業家。リクルート創業者。1988年、リクルート事件が発覚し、証人喚問をされる。翌年に贈賄罪で起訴。2003年に東京地裁にて執行猶予付有罪判決を受け、被告人・検察とも控訴せず同判決は確定。2006年現在は、江副育英会事務局長。株式会社ラ ヴォーチェ代表。
夫人と離婚の際に、自身がファンだった越路吹雪などのビデオを勝手に処分されてしまったことが週刊誌報道された。
「越路吹雪ファンにはホモが多い」説。
藤原肇『平成幕末のダイアグノシス―メタ凶慌からの出発』東明社 (1995/09)  裏の勢力、暴力団、ホモ結社、半島人脈、同和人脈などについてふれている。
江副が政界工作をしたのは赤坂の氷川クラブだったが、ここは鹿島建設の鹿島昭一社長から二十億円で買った
大槻義彦 1936-
緒形拳 1937-

新国劇所属の女優・高倉典江と結婚。長男は緒形幹太、次男は緒形直人で共に俳優。
金子國義
1936-
亀井静香 1936- 許永中と義兄弟。裏の世界と緊密。
川淵三郎(かわぶち さぶろう 1936- 元サッカー選手、元日本代表監督、Jリーグ初代チェアマンを経て、第10代日本サッカー協会(JFA)会長を務めた。JFA会長は、それまで無給だったが、川淵の代から有給となった(推定3000万円)[1]。会長退任後は日本サッカー協会名誉会長を経て、2012年6月より日本サッカー協会最高顧問である。
公式な愛称は「キャプテン」、渾名は「サブ」。
家族は妻と2女の4人家族。
2009年、秋の叙勲において旭日重光章を受章した。
サッカー殿堂入り。

北島三郎 1936- 「北島三郎と岸本加世子」『噂の真相』(81.10)

稲川会

六代目山口組継承式DVDの主題歌は北島三郎
住吉一家七代目継承式は鳥羽一郎でした。
北島ファミリーは稲川会新年会のビデオ出演説。志賀勝?とかも。
山口組平井一家の芸能プロで三州プロという会社があります。北島事務所などと付き合いがあります。三州は完全な企業舎弟です。平井一家の元最高顧問であった赤尾さんが舎弟の鈴木を社長しました。三州の社長は毎年の事始にも出ています。かなりの芸能人が関係しています。
北島三郎は流しをしていた頃は源清田の若い衆だった。

北島三郎と柳本晶一
輿石東(こしいし あずま) 1936- 政治家。参議院議員(3期)。民主党幹事長(第12代)兼参議院議員会長。衆議院議員(2期)、民主党代表代行、民主党幹事長職務代行を務めた。

兄は山梨県韮崎市教育長を務めた輿石薫。
里見浩太郎
里見浩太朗
1936- 稲川会小沼組

所属は自らの事務所である株式会社 里見プロモーションで社長。芸歴が半世紀を越える時代劇俳優。

1965年に京都地裁より拳銃密輸と所持により、懲役8ヶ月(執行猶予3年)の判決を受けている。

父は陸軍軍人で、幼少期に中国大陸で戦没しており、静岡県にある母の実家を頼った母子家庭。
庄山悦彦(しょうやま えつひこ) 1936- 第七代日立製作所社長。

立川 談志(たてかわ だんし)
7代目(ただし自称5代目)
1936-
長嶋茂雄 1936- 『新潮45』2005.09「三島由紀夫に長嶋茂雄… 名物ゲイバー吉野のママが語る 隠花植物的「人性」」
妻子がいて、子供4人もそれぞれ活躍
夏木陽介 1936-
福田康夫 1936- 父親が、統一教会の熱心な支持者で、韓国と強力なパイプがあった福田赳夫


山崎拓 1936- 前衆議院議員(12期)。近未来政治研究会会長。防衛庁長官(第49代)、建設大臣(第57代)。自由民主党政務調査会長(3期)、党幹事長(2期)、党副総裁を歴任。
女性スキャンダル。
2003年第43回衆議院議員総選挙(福岡2区・自民党公認)落選。自民党副総裁を辞職。総選挙前に女性スキャンダルがマスコミに取りざたされていたことが影響したものと見られる。
横尾忠則 1936-
愛知和男 1937-
大倉舜二
1937-
写真家
小渕恵三 1937-2000 千鶴子と結婚し、娘二人、息子一人。娘の優子が後に衆議院議員となった。
加山雄三
1937-
妻は元女優の松本めぐみ、子供4人
鎌田敏夫

1937-
脚本家、小説家。朝鮮京城(現・大韓民国ソウル特別市)生まれで、徳島県育ち。

大学卒業後、シナリオ研究所で学び、井手俊郎に弟子入りする。1967年、『でっかい青春』で脚本家デビュー。以降、『飛び出せ!青春』『俺たちの旅』など、一連の“青春ドラマシリーズ”をメインライターとして支えた。1980年、角川映画のオリジナル脚本を自らノベライズした『ニッポン警視庁の恥といわれた二人組 刑事珍道中』で小説に進出。映画がシリーズ化されなかったにもかかわらず続編も執筆した。以後、自作ノベライズを中心に小説もコンスタントに手がけている。

1983年、『金曜日の妻たちへ』が大きな反響を呼ぶ。不倫ブームが巻き起こり、“金妻”は不倫の代名詞と言われた。

1986年、『男女7人夏物語』を大ヒットさせる。翌1987年の続編『男女7人秋物語』は、36.8パーセントの最高視聴率を記録した。

1994年、『29歳のクリスマス』で芸術選奨文部大臣賞、第13回向田邦子賞受賞。

2003年、大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』の脚本を手がけるが(大河ドラマの脚本の執筆者としては最年長)、視聴率は低迷し、評価は芳しいものではなかった。終了後に、黒澤明監督の映画『七人の侍』(1954年)に酷似している部分があるとして黒澤プロから著作権侵害などを理由に訴えられたが、2005年に東京地方裁判所は請求を棄却している。
栗塚旭 1937-
酒井政利 1937-
高橋睦郎
1937-
1982年『王国の構造』で藤村記念歴程賞、1988年「稽古飲食」で読売文学賞、「兎の庭」で高見順賞。1993年『旅の絵』で現代詩花椿賞。2000年度紫綬褒章受章。2007年織部賞を受賞。2010年「永遠まで」で現代詩人賞受賞。
詩の朗読で知られ、一時はその絶叫調の朗読が話題になった。また古典文学に関心が深く、ギリシャ悲劇「王女メディア」「オイディプス王」の蜷川幸雄による上演の台本を作成した。
立木義浩 1937-

写真家
出井伸之 1937-

ソニーの社長を経て会長兼最高経営責任者に就任した。公職としては内閣に設置されたIT戦略会議にて議長を務め、日本銀行参与や日本経済団体連合会副会長としても活動した。また、ゼネラルモーターズ、ネスレ、百度の社外取締役も務めた。会長兼最高経営責任者退任後は、ソニーの最高顧問やアドバイザリーボードの議長を務めた。
現在は、コンサルティングなどを業務とする企業「クオンタムリープ」を設立し、その代表取締役に就任している。2009年には大和証券エスエムビーシーとともに投資ファンド「大和クオンタム・キャピタル」を起ち上げた。また、特定目的会社「クオンタム・エンターテイメント」を設立し社長に就任、吉本興業に対する株式公開買い付けを実施し成立させた。
小谷真生子(ホモ説あるのばかりと交際)アナウンサーと噂。
西原正(にしはら まさし 1937 国際政治学者。財団法人平和・安全保障研究所理事長。国際安全保障学会会長。専門は、国際政治学。防衛大学校名誉教授。

1962年 京都大学法学部卒業
1972年 Ph.D(ミシガン大学大学院政治学研究科)
1973年(昭和48年)京都産業大学助教授、
1975年 同教授。
1977年(昭和52年) 防衛大学校教授
1981年-1982年 ロックフェラー財団研究員(兼任)
1993年-1996年 防衛研究所第1研究部長(兼任)
1997年-2000年 防衛大学校社会科学教室主任(兼任)
2000年-2002年 「対外関係タスクフォース」メンバー(小泉純一郎総理の私的懇談会)(兼任)
2000年-2006年 第7代防衛大学校校長
2006年 同大学定年退任。財団法人平和・安全保障研究所理事長
2008年(平成20年)11月 瑞宝重光章受章。

(社)安全保障懇話会って防衛省や国土交通省のお役人の天下り先
橋本龍太郎 1937-2006 結婚して息子二人、娘三人。
林家木久蔵(初代) 1937- 落語家。妻子。息子に林家木久蔵を譲り、林家木久扇にした。ウリセンに暴露された。
日枝久(ひえだ ひさし 1937 実業家。株式会社フジ・メディア・ホールディングス代表取締役会長、株式会社フジテレビジョン代表取締役会長。

2010年、マルチメディア、マルチチャンネル時代に日本の放送産業発展をリードし、日韓間の文化コンテンツ産業発展などに寄与した功労が評価され、高麗大学より名誉経営学博士が授与された[2]。なお高麗大学は、韓国の現職大統領である李明博の出身校である。

フジサンケイグループ関連の役職
産業経済新聞社取締役相談役
サンケイビル取締役
フジパシフィック音楽出版取締役
フジサンケイコミュニケーションズ・インターナショナル・インク代表取締役会長
日本美術協会理事

フジネットワーク関連の役職
北海道文化放送取締役
東海テレビ放送取締役
関西テレビ放送取締役
テレビ西日本取締役

その他役職
国際連合世界食糧計画WFP協会顧問
日本ユニセフ協会評議員
放送番組国際交流センター評議員
国際文化交換協会理事
世界自然保護基金ジャパン理事
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク理事
吉田秀雄記念事業財団評議員
司馬遼太郎記念財団評議員
日仏会館評議員
2005年日本国際博覧会協会評議員
富士山を世界遺産にする国民会議顧問
ケア・インターナショナルジャパン顧問
日本ファッション協会評議員
新日本フィルハーモニー交響楽団副理事長
東京文化会館館長
在日 金光教の信者であり、支部役員を務めるほか、同教の著作物の一部も系列出版社から刊行されている。
検察官。弁護士(青陵法律事務所)。元東京高等検察庁検事長。
2008年(平成20年)に日本相撲協会外部理事に就任した。2012年1月31日、日本相撲協会外部理事を退任。
平尾昌晃 1937- 作曲家、歌手。社団法人日本作曲家協会・常務理事、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事
初期の芸名・昌章を経て、現在は現芸名平尾昌晃を本名にしている。


紅白歌合戦出場歴
1960年 第11回「ミヨチャン」
1961年 第12回「タック・ロック」 
1962年 第13回「ツイストNo.1」
1978年 第29回「カナダからの手紙」(畑中葉子とデュエット)

1970年代に入ると、ソフトな演歌から穏やかなポップス調まで様々な作風の曲を五木ひろしや小柳ルミ子、アグネス・チャン等に提供している。作詞家の山口洋子とのコンビは、この時代を代表するゴールデン・コンビとして知られている。

1974年、「平尾昌晃音楽学校(現平尾昌晃ミュージックスクール=HMS)」を創立。東京本校の他、札幌、所沢、茨城、名古屋、大阪、福岡、鹿児島にも地方校があり、デビューバックアップもする。同校出身者は石野真子、狩人、松田聖子、倖田來未、後藤真希ら。生徒の一人である畑中葉子とデュオを組み、「カナダからの手紙」、「ヨーロッパでさよなら」等のヒットを出した。また、彼が日本でのデビューのきっかけを作ったアグネス・チャンとも、「香港国際空港(CHEK LAP KOK空港)」でデュオを組んだ。


創価学会
見田宗介 1937- 東京大学名誉教授。社会学修士。真木悠介の筆名を持ち、社会の存立構造論やコミューン主義による著作活動によって広く知られる。
長男は漫画家の見田竜介、次男は漫画家・イラストレーターの見田航介。
村山弘義(むらやま ひろよし) 1937- 検察官。弁護士(青陵法律事務所)。元東京高等検察庁検事長。

2008年に日本相撲協会外部理事に就任した。2010年(平成22年)には一連の大相撲野球賭博問題を受けて設置された相撲協会外部による特別調査委員会委員をつとめる。
2010年7月4日に一連の大相撲野球賭博問題を受けて、謹慎処分を受けた武蔵川理事長の代行として理事長代行に就任した。大相撲力士出身以外の者が日本相撲協会のトップに就任するのは元陸軍主計中将の広瀬正徳初代理事長以来72年ぶりのことであった[1]。名古屋場所2日目の7月12日には協会幹部に事前に十分な説明をせず名古屋を離れ東京に向かい、名古屋場所担当部長の二所ノ関親方(金剛正裕)を困惑させた。
当初は千秋楽の7月25日までの22日間の代行となる予定であったが、武蔵川理事長の体調不良[6]や、当初は出羽海事業部長が理事長の指名を受け場所後に代行に就くと発表されたが、特別調査委員会のメンバーによる維持員席の暴力団へ渡った問題で報告を受けながら黙認したことが問題視されたためにその後も代行を継続することになり[7]、8月5日武蔵川理事長が理事長職に復帰するまで代行職を務めた[8][9]。その武蔵川も8月12日に理事長を退き、後任の放駒理事長のもとで新設された副理事長に就任することとなった。
2012年1月31日、日本相撲協会外部理事を退任。

室田日出男 1937-2002 「『影武者』撮影時、ショーケンと室田日出男が関係」説。
森喜朗 1937- 1973年には中川一郎・渡辺美智雄・石原慎太郎、浜田幸一、森喜朗らと共に民族主義右派の青嵐会を結成、1979年解消。政界引退後はタレント活動。
結婚し、息子の祐喜は石川県会議員
「高市早苗自民党代議士が森喜朗との仲を書いた怪文書に法的措置を検討」『噂の真相』(00.07)
モンキー・パンチ 1937-

漫画家で代表作が『ルパン三世』シリーズ、デジタルクリエーター。大手前大学教授。
梅宮辰夫 1938- 俳優。

1968年、3年間同棲し既に妊娠4ヶ月だった若井常代と一方的に婚約を解消。
その後同年12月に結婚した最初の妻は、銀座のクラブ「姫」のホステス・大門節子(大門節江)で、散々熱を上げた挙句の結婚だったが僅か半年で離婚した。
レコードを出したこともある大門は、広島市の出身。梅宮と離婚後、沢村忠と婚約したが結婚はしなかった。その後、広島に帰郷しお店を経営していたが、四国の一般人と再婚したという話。このあたりは山口洋子の著者『ザ・ラスト・ワルツ- 「姫」という酒場』に少し書かれている。

現在の妻は米国籍で、銀座のクラブで働いていたクラウディア。タレント・モデルの梅宮アンナは娘。

俳優の梅宮万紗子は姪。声楽家の高橋好子は母方いとこ。俳優の高橋克典は母方の従甥(伯母の孫)である。元プレアイドルの梅宮亜須香とは遠戚である。

一時期『美少年倶楽部』経営をしていたが消滅。
在日
春日井建 1938-2004 歌人。父・春日井O、母・春日井政子はともに歌人。作家・ゲームデザイナーの小太刀右京は大甥にあたる。

父の編集発行する歌誌「短歌」(中部短歌会)に作品を発表し始め、1958年、角川書店の「短歌」に「未青年」50首を発表。中井英夫に認められ、1960年、歌集『未青年』を刊行、三島由紀夫が「現代の定家」として推薦文を寄せた。塚本邦雄、岡井隆、寺山修司らと同人誌『極』を創刊、その後、ラジオ、テレビ、舞台などの仕事を手がける。1970年、歌集『行け帰ることなく』刊行。作歌を中断する。
1973年、演劇集団「グループ鳥人」を組織。1979年、父の死により中部短歌会主幹となり、「短歌」編集発行人を引き受け、作歌に復帰する。1980年、超結社の集まり「中の会」を岡井隆、斉藤すみ子らと発足させる。
1985年、愛知女子短期大学教授に就任。
1992年、中日歌人会委員長。
2000年、『友の書』、『白雨』により、日本歌人クラブ賞・迢空賞を受賞。2003年、歌集『井泉』刊行。
2004年、「短歌創作と歌誌発行による短歌界への貢献」に対し中日文化賞受賞。
死後、歌集『朝の水』、エッセイ集『未青年の背景』刊行。
門下に水原紫苑、大塚寅彦、喜多昭夫、古谷智子、菊池裕、黒瀬珂瀾、都築直子ら多くの歌人がいる。

加藤剛 1938-
木村太郎 (ジャーナリスト) 1938- 「木村太郎」という名の有名人三人
木村太郎 (フランス文学者)‐南山大学名誉教授。
木村太郎 (ジャーナリスト) - ジャーナリスト・ニュースキャスター、元NHK記者。
木村太郎 (政治家) - 自由民主党所属の衆議院議員。


日本のフリージャーナリスト・ニュースキャスター。逗子・葉山コミュニティ放送株式会社(通称名・湘南ビーチFM)代表。(有)木村太郎事務所代表。幼馴染のオノ・ヨーコ(ジョン・レノン夫人)より、太郎ちゃんと呼ばれる。

フジテレビ系「FNNスーパーニュース」のコメンテーターも務める。特殊法人日本放送協会(NHK)の元記者。学位は法学士(慶應義塾大学)。
神戸一郎

1938- 1958年、NHK紅白歌合戦に初出場。紅白歌合戦には4回連続出場している。1963年には、日活「青い山脈」(主演:吉永小百合、浜田光夫)の主題歌である同曲を青山和子と吹き込みリバイバルヒットさせている。
小林旭 1938-
美空ひばりと結婚離婚、
青山京子と再婚
在日
小村小芥子(こけし) 1938- 1938年滋賀県大津市生。銀座「おひろ」を振り出しに、新橋、銀座「やなぎ」で修業、青山「こけし」で独立、現在四谷「こけし」を営業中。こけし名義にて「横着女とたわけた野郎で日本満開」(草思社刊)がある。「うさぎのダンス」は初の小説集。

2002.06.25「室井佑月の結婚問答 結んで離れて 24回 作家にして伝説のゲイ・ボーイ小村小芥子さん「私だからこそいえるこれが女の生きる道!」」
『週刊新潮』2005.12.22「〈特別読物〉夜のゲイバー物語 「ヒゲの殿下」との2人だけの誕生パーティー 最古参ゲイボーイ「こけし」が初めて語る著名人の知られざるエピソード」※銀座の「やなぎ」の小村小芥子さんが語る店に通った著名人
権藤博 1938- 元プロ野球選手(投手、内野手)・指導者・監督。現在は野球評論家として活動。
鈴木孝政、小松辰雄、牛島和彦、吉井理人、阿波野秀幸、村田勝喜、吉田豊彦、下柳剛などを育てたコーチとして知られる。
ジャイアント馬場 1938-1999

結婚
「91/10 ホモ説の多いプロレス界で今度はジャイアント・馬場と大仁田厚の噂が」『噂の真相』
関谷勝嗣 1938-
中村嘉葎雄 1938-
細川護熙 1938- 肥後熊本藩主だった肥後細川家の第18代当主。後陽成天皇の14世孫にあたる。元内閣総理大臣(79代)、衆議院議員(2期)、参議院議員(3期)、熊本県知事(第4代、2期)、日本新党代表、フロムファイブ代表を歴任。
佳代子と結婚、一男二女あり。

なぜか浅野ゆう子(なぜかホモばかりと交際)と噂になった。『噂の真相』(1994.2)
三宅一生
1938-
山城新伍 1938-


花園ひろみと結婚して子供をもうけたが離婚
住吉会大日本興行
赤木圭一郎 1939-
荒木伸吾(あらき しんご) 1939-2011 アニメーター、キャラクターデザイナー。作画プロダクション「有限会社荒木プロダクション」代表取締役。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。車田正美原作漫画のアニメーション作品を多数手がけている。
代表作は『聖闘士星矢』『キューティーハニー』『魔女っ子メグちゃん』など。その端正な絵柄で、1970年代から1990年代初頭まで、アニメで美形キャラクターと言うと、荒木伸吾デザインの代名詞とされるほどだった。アクション作画の腕前を評価する声も多い。
市川猿之助 (三代目)

1939- 女優の浜木綿子と結婚。同年12月に長男・香川照之誕生。 女優の藤間紫と再婚。
内田裕也 1939- 「92/4 ビートたけしと内田裕也が全裸で抱き合ってる写真をマネージャー所有」『噂の真相』
かまやつ ひろし
ムッシュかまやつ
1939- ミュージシャン。通称「ムッシュ」。「ザ・スパイダース」の元メンバーでもある。1989年以降は、ミュージシャンとしては「ムッシュかまやつ」が正式な活動名である。

ジャズミュージシャンの父親、ティーブ・釜萢の影響で幼少時から音楽に親しむ。青山学院高等部時代にカントリー&ウェスタン歌手としてデビュー。ミッキー・カーチスらと共にロカビリーや歌謡曲などもこなし、「ワゴンマスター」「サンダーバード」「キャノンボール」などのグループの一員として日劇ウェスタンカーニバルに出演。テイチクレコードにてレコードも多数吹き込む。様々な盛場へ出向くことや、ロカビリー歌手時代に出演した日活青春映画の撮影所での交流などで、時代に名を残すスター達と出会う。これらの活動から、松村雄策はかまやつを日本初のロック・ミュージシャンと位置づけている。

父はジャズシンガーのティーブ・釜萢。
長男のTAROかまやつことかまやつ太郎は、フジテレビ勤務のサラリーマンで、2005年5月25日に『風のわだち』でメジャーデビューしたアーティストである。
叔母(母の妹)はジャスシンガーの浅田陽子。
浅田陽子の夫で義理の叔父が、ジャストランペッターの森山久。
従妹はフォーク歌手の森山良子。
従姪は元歌手の森山奈歩(おぎやはぎの小木博明の妻)、従甥はシンガーソングライターの森山直太朗という芸能一家である。

在日
笹川陽平 1939-

笹川良一(日本船舶振興会初代会長)の三男。財団法人日本船舶振興会(日本財団)会長、世界保健機関 (WHO) ハンセン病制圧大使、ハンセン病人権啓発大使。次兄に自由民主党元衆議院議員・笹川堯がいる
千葉真一 1939-

野際陽子(レズ説あり)と結婚し娘をもうけるが離婚。再婚して二児をもうける。

千葉真一・・・真田広之

山口組
ちばてつや
1939- 漫画家。
2005年からは文星芸術大学教授を務める。
2012年7月から日本漫画家協会理事長。

四人兄弟の長男で、漫画家のちばあきお(三男)と漫画原作者の七三太朗(四男)は実弟。
妻は漫画家のチバユキコ。
三男の千葉修平は文星芸術大学で専任講師を務め、父の助手として漫画教育に携わっている。

代表作に『あしたのジョー』(高森朝雄=梶原一騎原作)、『あした天気になあれ』、『のたり松太郎』、『みそっかす』などがある。

夏八木勲 1939-
二階俊博 1939- 衆議院議員で建設大臣を務めた遠藤三郎の秘書となる。遠藤の死後、和歌山に戻り1975年、和歌山県議会議員に立候補し当選し2期務めた。1983年、旧和歌山2区から自由民主党公認(田中派)で衆議院議員総選挙に立候補、2位当選(以後8期連続当選)した。
西部邁 1939-

横浜国立大学助教授、東京大学教授などを経て秀明大学学頭。

アメリカのヘンリー・キッシンジャー → 中曽根康弘、渡邉恒雄、三宅久之、西部邁の男色人脈。
丹羽宇一郎(にわ ういちろう) 1939- 実業家、外交官である。伊藤忠商事会長・社長、日本郵政株式会社取締役、認定特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会会長などを歴任の後、2010年(平成22年)6月から中華人民共和国駐箚特命全権大使を務める。

伊藤忠商事の男色人脈
平沼赳夫 1939- 中川恭四郎・節子夫妻の長男として生まれた。父親の恭四郎は群馬県知事、特許庁長官などを歴任した内務官僚中川友次郎の四男で、農林中央金庫に勤めていた。その後三井生命、学校経営、大協石油と職を変え、大協石油の特約店・朝日商販の社長となる。母親の節子は元早稲田大学の総長平沼淑郎の孫娘であった。赳夫が2歳のとき、独身で子供のいない平沼騏一郎(元首相)は恭四郎・節子夫妻を一家養子として迎えた。平沼騏一郎は生涯独身で子供がいなかったけど、「実は隠れゲイ」説あり。
1980年の第36回衆院選に旧岡山1区で立候補し初当選。岡山からの立候補の当時は、かつての騏一郎の支援者から、「騏一郎には実子がなかったはずだが…」といぶかしがられ、関係を問い質される苦労もあったという。以後10回連続当選。
この間、石原慎太郎、亀井静香、中川昭一ら中川一郎に近い保守系議員たちと共に行動する。村山改造内閣で運輸大臣として初入閣。その後も第2次森内閣で通商産業大臣に、第2次森改造内閣 (中央省庁再編後)で初代経済産業大臣に、第1次小泉内閣でも再び経済産業大臣に任命された。派閥は中川一郎率いる自由革新同友会、中川逝去後に石原が会長就任した自由革新同友会が合流した清和会、清和会離脱した亀井グループと中曽根康弘が率いて伊吹文明や佐藤静雄も属す政策科学研究所が合流し平沼が初代事務総長として命名した志帥会に属した。清和会創始者福田赳夫は自身と名前が一緒で自身の長男福田康夫の中学・高校の3年後輩である平沼を公私に渡り可愛がった。
佐藤栄作、中川一郎の秘書を経て、1976年の衆院選、1979年の衆院選に立候補するが、2回連続落選。
公爵徳川慶光の娘と結婚し2男1女あり。
増田貴光 1939-

元モデルで、『MEN'S CLUB』に登場したこともある。映画評論家。
1975年4月6日、当時24歳のミス八王子の女性と見合い結婚。ハワイやロサンゼルスやサンフランシスコに2週間の新婚旅行を行ったが、性的不能との理由により新妻から不平を申し立てられ、9箇月で破婚。別れ話を巡り新妻の兄と弟から増田が暴力を振るわれたとされる事件を経て、1976年3月31日に増田側から東京家裁に離婚調停と慰謝料請求の申し立てが行われ、1978年1月に離婚が成立。増田は妻に「ぼくは女性とセックスできない体だ」「結婚したのは母親を安心させるため」等と発言したと報道された。
松下忠洋(まつした ただひろ) 1939- 建設官僚、政治家。衆議院議員(5期)、内閣府特命担当大臣(金融担当)、国民新党副代表・鹿児島県支部代表。
建設省河川局砂防部部長、衆議院内閣委員長などを歴任した。
(自由民主党→)(無所属→)国民新党
若林豪 1939-

島田正吾の直弟子からスタート。
愛田武 1940- 愛田観光グループ社長 ホスト上がりで一応妻子がいてますが
クラブ愛
加藤連合と醍醐睦
池田元久(いけだ もとひさ) 1940- 民主党所属の衆議院議員(6期)、衆議院厚生労働委員長。

経済産業副大臣(菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)、財務副大臣(菅内閣)、衆議院懲罰委員長・外務委員長を務めた。

五代目市川男寅
五代目市川男女蔵
四代目市川左團次
1940-
王貞治

1940-
日本生まれ、中華民国籍
勝俣恒久(かつまた つねひさ) 1940-
のちに代々木ゼミナール創設者の一人となる勝俣久作の四男である。新日本製鉄元副社長・九州石油元会長の勝俣孝雄は実兄で、丸紅元社長の勝俣宣夫は実弟である。孝雄・恒久・宣夫で産業界の勝俣三兄弟として知られた(実際は5人兄弟)。他の2人の兄弟は勝俣邦道日本道路公団元理事、勝俣鎮夫東京大学名誉教授である。

1963年、東京電力入社。
東京電力前代表取締役会長。第10代社長。

CHAdeMO協議会会長などの役職にも就き、電気自動車の普及活動をしていた。

日本経済団体連合会評議員会副議長(2002年 - 2005年)
日本経済団体連合会副会長(2005年 - 2008年)
日本原燃会長(2005年 - 2008年)
電気事業連合会会長(2005年 - 2008年)
KDDI株式会社取締役(2010年6月 - 2011年6月)
日本原子力発電株式会社取締役(2011年6月 - 現任)[5][7]
行政刷新会議 政府の物品調達のあり方などを見直す公共サービス改革分科会会長代理(2010年10月)
CHAdeMO協議会会長(2010年3月 - 2011年8月)
安全保障と防衛力に関する懇談会(防衛大綱有識者会議)座長(麻生内閣時代)
「経済危機克服のための『有識者会合』」メンバー
勝呂誉
1940-
大空眞弓(レズ説あり)と結婚、一児をもうけたが離婚
上月景正
(こうづき かげまさ)
1940-

ゲームメーカー等を傘下に持つコナミの創業者および代表取締役社長(CEO)、上月スポーツ・教育財団理事長、日本経済団体連合会常任理事。
『FORBS』2008年度、日本の富豪40人で34位に選ばれた。

ゲーム会社大手コナミの上月景正社長が新興宗教にはまり社員が困惑中の説(1999年4月号)

創価学会とつながりが深い説
在日
鴻池祥肇 1940- 内閣官房副長官(麻生内閣)
2009年1月15日発売の週刊新潮に、鴻池官房副長官の「議員宿舎」に泊まる超一流企業の「美人妻」と題した写真付きの記事が報じられた。同日、河村建夫官房長官から首相官邸に呼び出され、「政府の中枢にある人が誤解されるのは不適切だ」と厳重注意を受けた。
その後、間質性肺炎のため入院、2009年5月13日に辞職した。後述の女性関係のスキャンダルが原因ではないかといわれるが、国会議員以前からの盟友とされる麻生太郎首相はあくまで健康問題が原因であるとの見解を示した。
篠山紀信 1940-
私生活では、モデルと離婚後、アイドル歌手の南沙織と再婚。俳優の篠山輝信は次男。

鳥越俊太郎 1940- 1965年、毎日新聞社入社。1988年、サンデー毎日編集長となる。
1989年、毎日新聞社を退職し、テレビ朝日系列でスタートした報道ドキュメンタリー番組『ザ・スクープ』の司会に就任。レギュラー放送終了後も、単発となった同番組の司会を務めている。
2003年、関西大学社会学部の教授に就任。
2005年、レギュラーアンカー(月 - 水)として務めるテレビ朝日系列の『スーパーモーニング』に本人が電話出演し、直腸癌であることを告白した。3日後に手術を受け、その後復帰。
2006年、インターネット新聞『オーマイニュース』日本語版の初代編集長に就任。
2007年2月、民主党が東京都知事候補としての擁立を打診するも、自身が依然として癌療養中であるため、「(任期の)4年間に責任を持てない」として打診を断る。
2007年9月17日、『スーパーモーニング』で、癌が肺に転移していたことを明かす。2007年1月に左肺を一部切除、同年8月には右肺も手術していた。2009年2月9日、同番組で癌が肝臓に転移していることを明かした。翌10日に切除手術を受け療養に入る。2009年2月26日に同番組で復帰した。
2009年3月27日、NPO法人『がん患者団体支援機構』の理事長に就任。
2010年5月、がん患者団体支援機構の理事長を辞任。
1968年、見合いで知り合い結婚、子供あり。
津川雅彦 1940- 俳優。芸能事務所グランパパプロダクションに所属し、同社の代表取締役を務める。

映画『寝ずの番』では、監督名・マキノ雅彦として監督を務めた。

父は沢村国太郎、母はマキノ智子、実兄に長門裕之を持つ。妻は朝丘雪路、娘は女優の真由子。芸能一家の生まれであり、数多くの映画、テレビに出演する日本を代表するベテラン俳優の一人である。

本格的な銀幕デビューは16歳のとき、1956年の日活映画『狂った果実』(中平康監督、石原慎太郎原作・脚本)によってである。やはりこの映画が本格的な主演デビューとなる石原裕次郎の弟役を探していた石原慎太郎が一目見て気に入り、沢村家に頼み込んで強引にキャスティングして名付け親ともなったが、本人はジャーナリストに憧れて早稲田高等学院に在学しており、「夏休みだし1本くらい出てもいいか」と軽い気持ちだったという。しかし映画のヒットとともにたちまちスターダムに上り詰め、涼しげな眼差しで清潔感のある美男俳優として日活の看板となった。
人気の勢いで松竹へ移籍するがここではヒットに恵まれず、フリーに転身してテレビなどに活動の場を広げた。
しかし1969年のデヴィ・スカルノとの不倫騒動をきっかけに仕事が激減。窮地に陥っていたところ、1972年から開始された必殺シリーズの悪役に起用された。演出を担当した松本明は「世の中のみんなはお前が嫌いなんだから殺される悪役をやれ!」と言って津川を起用したというが、美男スターのプライドを捨てて悪役をこなす中で多くを学んでいったという。
1982年には映画『マノン』でブルーリボン賞助演男優賞を受賞。以後、この作品におけるような好色な中年男性を多く演じ、評価を確立。また伊丹十三監督作品の常連として厳しい演技指導を受ける中で、演技に開眼していった。中年となってからの演技派としての活躍には、叔母である沢村貞子から「雅彦、お前はね、顔がいいんだから芝居は4倍うまくならないと認めてもらえないよ」と、津川が若い頃に口酸っぱく忠告されたことが影響しているといわれる。20代半ばに差し掛かる頃より徐々に肥え始め、それに伴い独特の癖のある風貌が強くなっていった。しかし逆にその個性を活かし、真っ当な役柄から変質者まで幅広く演じるほどの演技力を持つに至った。
ジェームス三木脚本の作品に多く出演している。三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)をすべて演じた(のちに松方弘樹、竹中直人、中村橋之助らも演じる)が、後述の出演作品一覧の通り、徳川家関係の人物を演じることが多く、大河ドラマだけでも、家康、綱吉、慶喜を演じている。


1969年のデヴィ・スカルノとの不倫騒動

若い女性からも注目されたことで有頂天になり、「合コンしないで何をやる!」が口癖となるほどの合コン好きとなった。合コン仲間には奥田瑛二(ホモ)、明石家さんま(ホモ)、高橋克典(ホモ)、宍戸開(ホモ)らがいる。

中村敦夫 1940- 俳優、作家、脚本家、政治家。勲等は旭日中綬章。株式会社中村企画社長。参議院議員(1期)、さきがけ代表、みどりの会議代表、同志社大学大学院総合政策科学研究科講師などを歴任した。
羽鳥兼市(はとり けんいち 1940 実業家、ガリバーインターナショナルの創業者、取締役会長。
父親が経営する羽鳥自動車工業に入社。1966年に義兄と共同で羽鳥総業を設立。1975年に同業者の会社の不渡り事件で、3億円以上の負債を抱えて1976年に倒産。同年東京マイカー販売を設立。1994年に車の買い取り部門として「ガリバー」1号店を開設、同年10月にガリバーインターナショナルを設立した。
福岡翼 1940-





藤木孝 1940-
細川俊之


1940- 1967年、当時文学座の女優だった小川眞由美と結婚するも、1973年に離婚した。翌年、宝塚歌劇団卒業生である藤本典江と再婚した。
森詳介(もり しょうすけ) 1940 関西電力会長、関西経済連合会会長。
山口敏夫 1940- 『噂の真相』1989.09「米国ホモスキャンダル余波 再び日本叩き材料の公算大 山口敏夫議員もターゲット」

「山口敏夫が何と木原光知子と交際中の噂」『噂の真相』95.06
麻生太郎 1940 高祖父(牧野の父)・大久保利通
高祖父(牧野の妻の父)・三島通庸
曽祖父(父方)・麻生太吉
曽祖父(母方)・牧野伸顕
祖父(母方)・吉田茂
父・麻生太賀吉
義父・鈴木善幸
元麻生セメント(現・株式会社麻生)代表取締役社長。
日本青年会議所会頭(1978年度、任期1年)
経済企画庁長官(第53代)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)(第2代)、総務大臣(第3・4・5代)、外務大臣(第137・138代)や、自由民主党政務調査会長(第44代)、自由民主党幹事長(第40・42代)、自由民主党総裁(第23代)などを歴任した。為公会(麻生派)会長。
信仰宗教はキリスト教(カトリック)
1983年、鈴木善幸元首相の三女千賀子と結婚、後に一男一女をもうける。
妹、信子が寛仁親王と結婚。
麻生の盟友である中川昭一が死去した時、弔辞を読んだ。
古賀誠 1940- 衆議院議員(10期)。自由民主党選挙対策委員長。宏池会(古賀派)会長。運輸大臣、自由民主党幹事長を歴任。道路族の有力議員として知られている。
2007年に新興宗教崇教真光の48周年秋季大祭に出席し、来賓として祝辞を述べた。

志茂田景樹 1940- 直木賞作家 妻子
ストロング金剛 1940-

ストロング小林→ストロング金剛

「92/3 40歳を過ぎて独身の元プロレスラータレント・ストロング金剛にホモ説が」『噂の真相』
たこ八郎 1940-1985 プロボクサーとして日本フライ級王者から芸能人へ転進
筒美京平 1940-
野村一成 1940- 宮内庁東宮職の東宮大夫。元外交官。
板東英二 1940-


元プロ野球選手、野球解説者(ニッポン放送、毎日放送と契約、かつては中部日本放送)、野球評論家、タレント、司会者、俳優。
」。妻は福岡藩家老の子孫の旧男爵家の出身で常陸宮妃華子とは学習院女子短期大学時代の学友。5歳年上の姉さん女房。
真樹日佐夫 1940-2012 漫画原作者・小説家・空手家。世界空手道連盟真樹道場宗師 キックボクシング真樹ジム会長。株式会社真樹プロダクション代表取締役、元極真会館本部道場師範代、元マス大山カラテスクール責任者。元ビッグマウス・ラウド特別顧問。NPO・アジア地域戦没者慰霊協会名誉顧問。映画・Vシネマの企画プロデュースや、格闘技のイベント興行・マッチメイクも不定期ながら手がけていた。
大山倍達から機関誌『近代カラテ』の発行を移管され、誌名を『現代カラテマガジン』に変えて刊行していた。

兄は漫画原作者の梶原一騎。

梶原一騎の紹介で極真会館に入門し、大山倍達と義兄弟の契りを結ぶ。

劇作家、漫画原作者として『ワル』などを手がける。作家としてのペンネームは高森真士(たかもり しんじ)。この筆名で書いた「凶器」にて、1968年(昭和43年)のオール讀物新人賞受賞。また2000年(平成12年)には、『兄貴』でJLNA文学賞特別賞受賞。

原作の実写映画化
『ワル』シリーズ
『梶原三兄弟激動昭和史 すてごろ』(原作は『兄貴-梶原一騎の夢の残骸』『すてごろ懺悔 - あばよ、青春』真樹日佐夫役は哀川翔、梶原一騎役は奥田瑛二、大山倍達役は真樹)
『新空手バカ一代 格闘者』(永井大主演)
『六本木ソルジャー』(佐山聡主演)
『SILVER シルバー』(桜庭あつこ主演)
『FAMILY』(岩城滉一、加勢大周、木村一八主演)
『真説 タイガーマスク』(哀川翔主演)
『無比人』(菊田早苗主演)
『愛しのOYAJI』(小沢仁志主演)
『新☆四角いジャングル』(棚橋弘至主演)
竜雷太(りゅう らいた) 1940- 俳優。三船プロ、田中プロモーション、アクターズプロモーションを経て、アートプロモーション所属。元妻は女優の吉成洋子、夏圭子(現・桂子)。息子は韓国でギタリストとして活躍する長谷川陽平。

端役でドラマに出演したところを日本テレビのプロデューサー・岡田晋吉の目に留まり、青春ドラマ『これが青春だ』の主人公に抜擢され一躍スターダムにのし上がった。 芸名は、新人を売り出すのに本名の「長谷川龍男」ではインパクトが足りないということで『これが青春だ』の主人公の役名・大岩雷太をそのまま芸名にしようとプロデューサー間で決めたが、本人が「親に貰った名前を変えるのは嫌だ」と強く抵抗。結局、本名から「龍」の字を取り、「竜雷太」で納得してもらった。しかし、本人はドラマ終了後は本名に戻すつもりだった。
1972年にスタートした『太陽にほえろ!』では、ゴリさんこと石塚刑事役を10年間務めた。撮影現場では、ゴリさんの役柄そのままに新人教育係を務めていた。 1979年、三船敏郎を裏切る形で田中寿一、阿知波信介らとともに三船プロを離脱。田中寿一が作った田中プロに所属する。その後、1983年、田中寿一を裏切る形で再び大量離脱。田中プロは破産。阿知波信介とともにアクターズプロモーションを立ち上げる。 1982年に『太陽にほえろ!』を降板。そしてその4ヵ月後にTBS系列『金曜日の妻たちへ』に村越隆正役で出演。このドラマは当時『太陽』が終了して1時間後(金曜22時)からの放映であった。

1990年代中頃、島田洋七への土地売却を巡るトラブルでメディアを賑わした。竜が島田に「いい土地だから」と紹介したが、水道・電気の有無を確認もせずに紹介してしまったのが真相であるが、島田からは「原野商法じゃないか」と非難され裁判沙汰となった。結局、竜は敗訴となり、洋七も借金だけが残った。
和田紀夫(わだ のりお) 1940- 第5代日本電信電話(NTT)代表取締役社長。現、同社相談役、日本棋院理事長。

和田義彦 1940-

2005年 - 松涛美術館個展開催記念パーティ。森村誠一、綿貫民輔や鳩山邦夫、山本寛斎、奥田碩、小栗康平など多くの著名人が出席。
2006年5月 - イタリアの画家アルベルト・スギの作品との、作品類似疑惑が発生。
「盗作した洋画家和田義彦(66歳)とイタリア人画家アルベルト・スギ(77歳)が永年のホモ関係にあったから、スギは和田の「盗作」に暗黙の了解をしていた」説あり。
2006年6月、衆議院内に掲げられている綿貫民輔元衆院議長(前国民新党代表)の肖像画2点が、和田の制作によるものだったことが明らかになった。数年前に、和田側からモデルの依頼を受けたことがきっかけで、二人が知り合ったとの報道がある。また、肖像画制作のきっかけは、衆議院議長経験者は、衆議院内に肖像画を掲げる慣例があるためで、綿貫側より制作を依頼。肖像画は2点制作され、現在は衆議院内にある議長応接室などに飾られている。肖像画自体は盗作疑惑騒動とは無関係であると綿貫側は表明した。

一応、結婚しているとか。
あすなひろし 1941-

漫画家、『青い空を白い雲がかけてった』
アントニオ古賀 1941- 49年より日本でセゴビア奏法をマスターした唯一のギタリストと
いわれる阿部保夫に弟子入りし、クラシックギターを学ぶ。

1956年には古賀政男に弟子入りし、歌唱法を学ぶ。


古賀政男のお稚児さん
森進一、大川栄作、山本丈晴、アントニオ古賀、その他沢山いる。
お気に入りのお稚児さんに自分の名前の1部を入れるのはジャニーさんと同じ。

江崎勝久(えざき かつひさ 1941 江崎グリコの社長である。グリコ創業者・江崎利一の孫。弟の江崎正道は江崎グリコグループのグリコ栄養食品会長。
1984年のグリコ・森永事件では3月18日に自宅で誘拐され、身代金として現金10億円と金塊100kgを要求される。現金10億円は日本国内限定の身代金としては過去最高金額と言われている。事件3日後の3月21日に監禁場所から自力で抜け出し、大阪貨物ターミナル駅構内で保護された。その後も6月26日まで犯人からのグリコへの脅迫に悩まされることになる。
自身の誘拐事件については犯人が検挙されず、1994年に時効が成立した。


桂菊丸


1941- 妻はタレントの泉アキ、二人の娘はDJのANNAとタレントの大塚安里。
川添象郎 1941-
榊原英資 1941- 大蔵官僚、経済学者
坂田利夫 1941-

吉本興業  独身
坂本九 1941-
周防郁雄 1941-

(当時)千葉県議会議員の浜田幸一の運転手を経て新栄プロダクションに入社。新栄プロ時代は住み込みで北島三郎の運転手などもしていた。
バーニング社長。
結婚し、長男の周防彰悟は音楽プロデューサーで、バーニングパブリッシャーズ代表取締役。
高井英幸(たかい ひでゆき) 1941-
東宝相談役。東京都出身。公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事、ユニジャパン理事長も兼任。

高橋元太郎 1941- 「スリーファンキーズ」のメンバーとして、1960年に東芝レコードより『でさのよツイスト』でレコードデビュー。
1962年にソロ歌手として独立。
1970年、テレビ時代劇『水戸黄門』の第2部から「うっかり八兵衛」の役でレギュラー出演を開始。 その食いしん坊でひょうきんなキャラクターが人気を集め、以後、2000年の第28部まで30年間、ほとんど休まずに出演し続けた。出演回数は歴代レギュラー出演者では第1位の871話。
ソロ活動では、テレビアニメ『マッハGoGoGo』の主題歌のカバー(コロムビア・カヴァー・ヴァージョン)や特撮ドラマ『兄弟拳バイクロッサー』の主題歌、大阪近鉄バファローズの球団公式ソング「近鉄バファローズの歌」「炎えろ!近鉄バファローズ」などを歌っている。
武部勤 1941- 自由民主党所属の衆議院議員(8期)。現在は自民党・党改革実行本部長を務めるが、もっぱら最近は自由民主党所属と語らずに、「オホーツク武部党」と自らを称している。社団法人日米平和・文化交流協会の理事も務める。
農林水産大臣(第33代)、自由民主党幹事長などを歴任。
渡辺美智雄との知遇を得て、1986年の第38回衆議院議員総選挙では再び北海道第5区より立候補。自民党公認は得られなかったが渡辺の後ろ盾もあり初当選を果たした(以後連続8期当選)。当選後は無派閥を通し、1990年に渡辺が渡辺派を率いるに当たって派閥入りした。
1995年の渡辺の死後は、武部と同じく渡辺に可愛がられた山崎拓と行動を共にし、1998年、山崎派結成に奔走した。
堀江貴文が広島から亀井静への刺客として立候補した際、熱烈な応援メッセージを送った。
タモリ 1941-

結婚
住吉会
徳光和夫 1941- 元日本テレビ(日テレ)アナウンサーからフリーアナウンサーへ。
結婚して二男。
富野由悠季(よしゆき)
井荻麟(いおぎ りん)
斧谷稔(よきたに みのる)
1941- アニメーション監督、演出家、脚本家、作詞家、小説家。本人は演出家・原案提供者としている(『∀の癒し』より)。神奈川県小田原市出身。相洋高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒。
日本で最初の連続テレビアニメ番組『鉄腕アトム』の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその草創期から知る人物で、日本を代表するアニメーション監督の一人である。代表作は『機動戦士ガンダム』などのガンダムシリーズ、『伝説巨神イデオン』、または『聖戦士ダンバイン』他のバイストン・ウェル関連作品など。

家族構成は、妻と2人の娘。長女は演劇集団 円文芸/演出の富野アカリ、次女は振付家の富野幸緒。

長沢純 1941- 実業家、元「スリーファンキーズ」のリーダー、テレビ番組の司会者、俳優、タレント。
中西啓介 1941-2002 衆議院議員(7期)。防衛庁長官(53代)。中曽根派から田中派へと移り、田中派分裂後は竹下派に所属。小沢一郎の側近として台頭し、自民党副幹事長、大蔵政務次官を歴任した。
「共に小沢自由党を裏切った中西啓介と小池百合子議員は男女関係との噂」『噂の真相』(2000.06)
仲本工事
1941-
萩本欽一 1941- 妻子
橋爪功 1941- 最初の妻と離婚後に、舞台で共演した小川眞由美と婚約。籍を入れないまま同棲していたが(事実婚)、数年後に婚約を破棄し別れている。
2度目の妻との間にできた息子の橋爪遼も俳優。
藤竜也


1941- 芦川いづみと結婚
ポール牧 1941-2005

関武志とともにコント・ラッキー7を結成し人気を博した。リズム良く指を鳴らす「指パッチン」で知られた。
前田忠明 1941-
町田東 1941-

永谷園社長

森本敏(もりもと さとし 1941 国際政治学者、元航空自衛官・外交官。防衛大臣(第11代)、拓殖大学大学院教授・海外事情研究所所長、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)運営委員。

2012年6月、野田第2次改造内閣で、参議院で問責決議が可決されていた田中直紀の後任の防衛大臣に任命され[1]、初入閣を果たした。民間人の国防担当閣僚の就任は、前身の防衛庁時代を含めても初(それ以前の警察予備隊・保安庁時代まで含めれば、初代保安庁長官の木村篤太郎は就任後約半年間は民間人閣僚だった)。森本の防衛相起用について自民党の石破茂らは一定の評価をしたが、民主党の鳩山由紀夫元首相をはじめ与野党の国会議員や沖縄県は懸念を表明している。一方、共同通信社が2012年6月4日、5日に行った内閣改造に関する世論調査によれば、森本の防衛相就任を「評価する」は60.5%、「評価しない」は21.1%であった。

「大嶽親方の愛人」説
渡哲也 1941-




俳優、歌手。石原裕次郎の愛人だった。芸能事務所石原プロモーション代表取締役社長で芸能プロモーター。弟は渡瀬恒彦。


新井泰道 1942- 株式会社叙々苑(じょじょえん)は、東京都港区に本社を置く焼肉チェーン店「叙々苑」を運営する企業である。
神奈川県横須賀市出身の在日コリアンである朴泰道(通名・新井泰道、1942年10月18日 - )が1976年4月に六本木で創業した。社名は肉を焼く音からきている。

1960年代より六本木で朝鮮焼肉と言えば「東京園」が著名であった。「叙々苑」はその六本木7丁目の同じく外苑東通り沿いで狭小店舗からスタートし少しずつ客席を拡大し、バブル景気を境に急成長を始め今や都内を中心に直営店43店舗を運営し業界一位の売上げを誇る。価格は店舗によって異なり、郊外は主にファミリー向け、都心は高級志向が強い。特に高級志向の店舗は「游玄亭」という名前がつけられている。
サービスにも重点を置き、「食後の無料デザート」「帰る際に渡すにおい消しのガム」は叙々苑が発祥とされる。また、食事代の他にサービス料を10%上乗せしている。
首都圏に住む人にとって認知度も高く、特に六本木・麻布・赤坂・新宿・銀座などの都心の店舗は高級焼肉店の代名詞であり、全国ネットのテレビ・ラジオ番組などに出演の芸能人や著名人が叙々苑の事を話題にしている事も多く、叙々苑の店舗展開がされていない首都圏以外の日本全国各地においても知名度は高い。
また、毎年5月頃に「叙々苑カップ芸能人ゴルフチャンピオン決定戦」を主催したり、東京ドームで行われる読売ジャイアンツ主催試合のうち、BS日テレでの中継があるときに看板をバックネットに貼っていることでも知られている。
看板等に使われる「叙々苑」の字は、建築家であり書道を趣味にしている爆笑問題・太田光の父が携わっていると太田が語っている。


在日コリアン
一川保夫(いちかわ やすお)
1942 農林官僚、政治家。民主党所属の参議院議員(1期)。民主党幹事長代理。参議院幹事長。参議院政治倫理審査会会長。
石川県議会議員(2期)、衆議院議員(3期)、参議院災害対策特別委員長、民主党参議院政策審議会長)、防衛大臣(第9代)等を歴任した。

糸山英太郎 1942-

実業家、政治家、大学総長。
笹川良一の姪で笹川了平の娘である桃子夫人と結婚して資金的にも恵まれるようになり、政界、投資にも進出していった。
後の総理大臣・中曽根康弘の秘書を経て、1974年、石原慎太郎の後押しにより自由民主党から第10回参議院議員通常選挙に全国区出馬、32歳で参議院議員に初当選。


「あの糸山英太郎サン愛人説の美雪花代を東映作品に売り込むも失敗す!」『噂の真相』(82.10)

ビートたけしの愛人。
岩沙弘道 1942- 実業家、法学修士。三井不動産代表取締役社長・代表取締役会長、不動産証券化協会理事長。第33期慶應義塾評議員。三井グループの社長会「二木会」会員。

小沢一郎 1942- 「国会すっぽかしの山東昭子の新しい愛人は小沢一郎とのもっぱらの評判」『噂の真相』(87.11)
「新生党小沢一郎の資金源は創価学会説が有力と財界と共産党が共通認識」(93.10)
「一・一コンビ連携を強める小沢一郎の夫人が創価学会に入信との噂が!」(94.6)
「小沢一郎のお気に入りは日テレアナの木村優子で食事も同伴済との噂が」(94.8)
「小沢一郎が池袋SMクラブ女王様と全日空ホテルで王様プレイの過去説」(95.8)
「小沢一郎が自由党のCM担当者電通アイの女性社員とただならぬ仲の説」(01.10)
小野武彦 1942-

妻子

カルーセル麻紀

1942-
軽部 征夫(かるべ いさお) 1942- 東京工科大学学長。東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻博士課程修了。工学博士。 バイオニクス研究の第一人者である。
川島裕(かわしま ゆたか)
1942 官僚、元外交官。宮内庁侍従長(2007年〜)。外務事務次官を歴任。
1964年、外務省入省。同期には加藤紘一、法眼健作、原口幸市、橋本宏ら。
人事課長、官房審議官、駐韓国公使を経て、1992年10月、駐韓国特命全権公使。1994年(平成6年)、アジア局長、さらに柳井俊二の後を受けて1995年(平成7年)に総合外交政策局長(1995年8月4日-1997年8月1日)に就任、1997年(平成9年)、駐イスラエル大使、1999年(平成11年)8月、外務事務次官就任。総合外交政策局長→次官コースを切り拓いた。就任後、外務省事務官による機密費流用事件や私的不正流用事件、田中真紀子外務大臣との省内騒動を受けて辞任、2001年(平成13年)8月、野上義二にバトンタッチした。2003年から宮内庁式部官長。2007年6月から渡辺允の後を受けて、宮内庁侍従長就任。
アジア局長在任中、北朝鮮に対するコメの有償・無償支援に絡み、日本政府に先を越されることを恐れた当時の韓国政府・KCIAに足をすくわれていたのではないかという憶測記事が、時の橋本龍太郎首相の対韓関係の身上と併せて週刊誌上にて取り上げられていたこともあった。

元国連難民高等弁務官の緒方貞子とはいとこ同士で、曽祖父は犬養毅、祖父は芳沢謙吉。妻は、民法・法社会学者で東大名誉教授であった川島武宜の娘。

北の富士勝昭 1942-
小泉純一郎 1942 政治家小泉純也(帰化人)と芳江の長男として出生。母方の祖父小泉又次郎は第2次若槻内閣で逓信大臣を務め、若い頃に全身に「昇り龍」の入れ墨を彫っていたことから、“いれずみ大臣”“いれずみの又さん”などの異名で知られる大衆政治家だった。佳代子(在日系企業、エスエス製薬の元会長泰道照山の孫娘。創価) と結婚して、小泉孝太郎(芸能人)、小泉進次郎(衆議院議員)、三男をもうける。
池田大作、安倍晋三とも関係がありとか。
帰化人
近藤正臣 1942-

妻子
三枝成彰 1942- 「92/5 新宿の名物オカマM・Sのエイズ疑惑死で友人の三枝成彰にも疑惑の噂」『噂の真相』
坂井宏行 1942- 
佐々木功

1942- 妻は声優の上田みゆき。1981年にお互いに子連れで再婚し、そのときの苦労が1986年に出版された『子連れ再婚の片道切符』(みゆき夫人との共著)に書かれている。
里見治 1942- 大学在学中の1964年に友人とゲーム機の販売会社を起こす。しかし経営がうまく行かなかったため販売会社を1年で清算、自らゲーム機の開発を行う方向に転じる。翌1965年に父親が経営していた食品メーカー「東京栄養食品」の商号を「株式会社さとみ」に変更してその専務に就任。同社内にアミューズメント部門を設立してクレーンゲームやアレンジボール機の開発・販売等を手がけた。

1977年には取引先の手形の不渡りのあおりを食って株式会社さとみが倒産するが、残った社員と共に同社の関連会社であるサミー工業(1975年設立、現在のサミー)を再建する形で事業を継続。1980年にはサミー工業の社長となり、以後同社にて主にパチンコ・パチスロ機の開発・販売を行い、サミーを業界大手の一角に成長させた。

在日説
志賀勝 1942- 父は同じく俳優の加賀邦男。
俳優・歌手。ピラニア軍団のメンバー。
東映俳優センター、竹内力が主宰するRIKIプロジェクト、岡崎二朗が主宰するケイズファクトリーを経て、大阪の株式会社ウォークオンに業務提携の形で籍を置いている。

北島三郎や志賀勝は、稲川会でしょう。
千本倖生(せんもと さちお) 1942- かつてのイー・モバイル会長千本倖生(せんもと・さちお、1942年 - 、現・イー・アクセスCEO)は、かつて電電公社(現・NTT)に新卒入社の後、第二電電(DDI。現・KDDI)を興して専務に就任、また関西セルラー電話(エーユーを経て、後にKDDIに吸収合併された)、ディーディーアイ東京ポケット電話(事業としては現在のウィルコム。法人としては飯田橋フェニックス企画に商号変更の上清算されて消滅)、イー・アクセス、イー・モバイルと、5つの通信会社を起業。ディーディーアイ東京ポケット電話の社長も務めた。
NTT入社2年後のアメリカ留学時代にルームメイトの白人青年から「独占事業にいることは悪だ。リスクを取って起業して競争するものこそ尊敬される」と批判されたことがベンチャー企業人生の原点となったと、インタビューに答えている。
イー・モバイル元副会長で、初代社長の種野晴夫も、旧第二電電出身であり(KDDIの小野寺正会長とは同年齢であり、旧電電公社入局・旧DDI入社共に同期である)、ツーカーセルラー東京の会長職を務めていた時期がある。古巣の親会社にあたる京セラで、顧問を務めている。
かつての社長のエリック・ガン(現・イー・アクセス社長)は、ゴールドマン・サックス出身であり、副社長兼最高財務責任者を経て2007年6月、社長に就任している。
柘植久慶(つげ ひさよし) 1942- 作家、軍事評論家。

主としてノンフィクション、ハードボイルド小説や歴史小説などを執筆。これまでの著書は250冊を超える。著書のジャンルは多岐にわたり、また多数の著名人との邂逅、インタビューが著書中に記録されている。また、危機管理の専門家としてサバイバル技術についても独自の視点を持ち、現代人が災害、事故、犯罪やテロに対していかに生き延びるかといったノウハウ本も数多く執筆し、その関係でテレビに時折コメンテーターとして出演することもある。また、ドラッグの危険性を警告する著作もある[10]。ビデオも出版されており、主な内容はサバイバル関連や防犯などである。近年、中国についての著作を発表している。
書簡・切手やコインの蒐集家・研究家としての顔も持っており、1960年代後半から1970年代にかけてコイン蒐集に関する著作を多数執筆している。柘植によると「1960年代中期から後期に書いておいたのがようやくその時本になった」ものである。その方面の造詣も深く、当時の著書は現在でもネットオークション等で高値で売買されているほどであり、コインコレクターのバイブル的存在となっている。また、書簡のコレクション、軍事郵便についての著作は1990年代に発表されている。
著作の『最後の遭遇』は「最後の弾丸」として1995年8月13日にNHK総合で玉置浩二主演でドラマ化された。このドラマは日・豪共同制作で、3ヶ月にわたる全オーストラリア・ロケで撮影された。
2008年4月伊勢新聞に「常勝将軍 立見尚文」を連載し、完結した。

寺田農(てらだ みのり) 1942- 俳優、声優。
元妻は元女優の高橋紀子。
実妹で元女優の寺田史は、俳優の中山仁と結婚している。

洋画家の寺田政明の長男として生まれる。

1961年に文学座附属演劇研究所に第一期生として入所。同期には岸田森、草野大悟、橋爪功、樹木希林、小川眞由美、北村総一朗らがいた。その後文学座を離れ、劇団雲を経て現在はラヴァンスに所属。

2011年、35歳年の離れた34歳の一般女性と再婚。しかし、寺田にはそれまで事実婚の状態にあった女性がおり、その女性は婚約不履行で民事提訴する方針と報道された。
2012年3月12日、事実婚状態で同居していた女性から婚約不履行を理由に慰謝料5000万円と弁護士費用500万円を求めて東京地方裁判所に提訴された。寺田の所属事務所は「コメントはない。今後の推移を見守りたい」としている。

中尾彬


1942- 茅島成美と結婚し息子を儲けるも離婚、池波志乃と結婚離婚
中山圭史(なかやま けいし) 1942- http://www.denyukyo.jp/200805/sammy.html
==
サミーが新経営体制発表、新社長に中山圭史氏就任
   遊技機メーカーのサミー梶*{社/東京都豊島区、代表COO/片本通氏=は4月25日、新たな経営体制を決めた。片本 通現社長は代表取締役副社長となり、新しい代表取締役社長COOに中山圭史(なかやま けいし)氏が就任する。
  同社はパチスロ遊技機市場が厳しく推移する中、パチンコ遊技機事業を中長期的な成長分野として位置付け、開発力強化に取り組んでいるが、セガサミーグループが持続的に成長を遂げるためには、サミーを軸とした遊技機事業における収益改善が必須であるとの判断のもと、新人事を決定した。今後は、中山圭史がサミーの経営改革の先頭に立ち、抜本的な事業構造改革を断行するとしている。5月1日付で就任する。
  【中山圭史新社長の略歴】出身地/山梨県、生年月日/1942年(昭和17年)7月23日生、最終学歴/1967年(昭和42年)3月 青山学院大学経済学部卒、略歴/平成元年9月 サミー工業梶i現 サミー梶j入社 総務部長、同5年6月 同社取締役社長室長、同12年1月 同社常務取締役社長室長、同16年3月 同社専務取締役社長室長管掌、同16年10月 セガサミーホールディングスH叶齧ア取締役、同17年4月 サミー取締役、同17年6月 セガサミーホールディングスH且謦役副社長、同19年6月 同社代表取締役副社長(現任)。
【そのほかの人事】小口久雄(取締役・新任)、石田 正(取締役を退任)
===
中山仁


1942- 1968年、三島由紀夫主宰の劇団「浪曼劇場」創立に参加し、1972年の解散まで所属。「浪曼劇場」在籍時に出演したテレビドラマ『サインはV』(TBS系)で人気俳優の仲間入りをした。俳優・寺田農の実妹である元女優・寺田史と結婚し、娘の中山玲もタレント活動をしている。
羽毛田信吾(はけた しんご) 1942- 厚生省の事務次官、宮内庁次長を経て、2005年から2012年まで宮内庁長官を務めた。
1965年(昭和40年)には厚生省(当時)に入省した。同省へはキャリア官僚として務め、1999年(平成11年)に事務次官に就任した後、2001年に退官した。
同2001年に宮内庁に入庁、2005年に宮内庁長官に就任。厚生労働省勤務時代は、風岡宮内庁次長とともに、ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」の顧客の一人として、名前を挙げられる。宮内庁長官就任後は、任命権者であった内閣総理大臣(当時)・小泉純一郎と同じく、女性天皇・女系天皇を容認する皇室典範に関する有識者会議の結論を支持している。寛仁親王が男系維持を希望する発言をした際には、発言の自粛を要請した。また、悠仁親王が誕生した直後にも、皇位継承の安定は図れないとして、女性天皇・女系天皇の容認に含みを残した。[要出典]2009年(平成21年)9月10日、民主党などによる連立内閣発足に際しては、「皇位継承の問題があることを(新内閣に)伝え、対処していただく必要があると申し上げたい」と述べ、皇位継承の対象を男系の男子皇族に限定している皇室典範改正への取り組みを要請する考えを示した。
2011年(平成23年)2月10日の記者会見では、同年4月におこなわれる英国ウィリアム王子の結婚式への参列皇族を皇太子夫妻とすることについて、天皇・皇后夫妻が別の行事により参列できないことを挙げ、順序として問題がない旨を述べている。

特例会見問題
2009年(平成21年)12月12日、今上天皇と中国の習近平国家副主席との会見が特例扱いとして突然決まり、当初体調不良を理由に断ったものの政府の要請で会見が決まった、天皇特例会見について記者会見し「陛下に心苦しい思いでお願いした。二度とこういうことがあってはならない」と苦言を述べ、陛下の政治的利用につながるという懸念を持っているか?という記者からの質問に対し、「大きく言えばそういうことだ」と述べた。一方、民主党の小沢一郎幹事長はこの発言について同14日に記者会見を開き「政府の一役人が日本国憲法の精神、理念を理解していない、羽毛田長官は辞表を出して言うべきだ。また天皇のお体が優れないのであれば他の行事を休ませるべきだ」と批判[5]、鳩山由紀夫総理も羽毛田の発言に不快感を示した。宮内庁によれば、羽毛田の発言について同庁に1千件の電話やメールが届き、多数が羽毛田の発言を支持するものであったという。一方、民主党に対しては批判が殺到した。
天皇は同15日に国家副主席習近平と会見を行った。


国家公務員なので日本国籍はあるはず。 創価学会員、公明党員
蓮見清一
1942- 宝島社代表取締役。
林与一 1942- 曾祖父は大阪の歌舞伎役者初代中村鴈治郎、祖父も歌舞伎役者の二代目林又一郎で、戦死した父は、四代目坂田藤十郎や中村玉緒とは従兄弟の関係にある。
1977年(昭和52年)には、女優・歌手の小川知子と結婚するも後に離婚した。
福留功男 1942- 元日本テレビアナウンサー。1977年から『アメリカ横断ウルトラクイズ』シリーズが大成功し一躍有名人になった。1988年より『ズームイン!!朝!』総合司会者にも就任。1991年、日テレを退社。クレージーフォーを設立(同事務所は2004年6月30日に解散)。
松方弘樹 1942- 最初の妻との間に子供、仁科明子と結婚し二児、愛人の千葉マリアとの間に一児をもうける。
「89/7 元シブガキ隊本木雅弘のマンションに松方弘樹頻繁に出入りでホモ説が」『噂の真相』

綾小路きみまろと松方弘樹は後藤組
三井辨雄(みつい わきお 1942 薬剤師、政治家。衆議院議員(4期)、青山会代表世話人。報道などでは新字体で三井弁雄(みつい わきお)とも表記される。
三井薬品株式会社代表取締役、医療法人交雄会理事長、国土交通副大臣などを歴任した。
阿部孝夫(あべ たかお) 1943 政治家、元自治官僚。神奈川県川崎市長(3期)。

池乃めだか


1943- 吉本興業 結婚して子供がいる
小野寺昭 1943-
吉村作治
1943-
妻子
加藤茶 1943- 元「ドリフターズ」 結婚離婚 創価学会
桂三枝


1943- 吉本興業 結婚して二児をもうける。
明石家さんまを愛人にしていたとか。
在日
神崎武法 1943- 公明党代表(1998-2006)
北大路欣也 1943-

北大路欣也
と噂
関根恵子、「朝やけの詩」の撮影中に肉体関係があったことを本人が暴露。
栗原小巻、
宇佐美恵子1977年にある週刊誌が「目撃!北大路欣也が宇佐美恵子と過ごした熱い夜」と題して暴露記事を掲載。宇佐美恵子って元スーパーモデルで身長が172 もある知的な美女で現在も多方面でご活躍。

欣也さんと共演した女優って未婚か×いち再婚なしの人が多いね。
栗原小巻、
梶芽衣子、 
大地喜和子、
酒井和歌子、
十朱幸代
小手川祐子、
名取裕子、
夏純子、
佐久間良子、などなど。


「98/9 原宿の「M」で北大路欣也と松平健が何と手を握りあっていたとのウワサ」『噂の真相』
今野雄二

1943- 90・2大島智子とも噂された高田純次が「きれいな病気」の今野雄二とも関係説
愛川欽也
小林稔侍

1943- 結婚して子供がいる
清水章吾


1943-
洋画家の清水ハルマンと結婚しこどもをもうける 娘は清水響美
鈴木邦男 1943-

新右翼団体「一水会」顧問だったが退任 
新右翼ながら在日説あり。
未婚。

関口宏 1943-

父は俳優の佐野周二で、妻は歌手の西田佐知子、息子は俳優、タレントの関口知宏。
高橋信也 1943- アニメーター・絵本作家・イラストレーター。日本アニメーター・演出協会 (JAniCA) 会員。1980年代には、「高沢孫一」名義でも活動した。
田村正和


1943- 創価学会(地区本部長)
中村満義 1943- 建設実業家。鹿島建設株式会社代表取締役社長。社団法人日本土木工業協会会長[1]。社団法人日本建設業連合会(日建連)副会長。

林隆三

1943- 元妻は女優の青木一子。長女は女優・声優の林真里花、 長男は俳優の林征生。
古谷一行 1943-

結婚して子供をもうけ、長男はDragon Ashの降谷建志でMEGUMIと結婚。
さらには1982年から25年の長きに渡り、テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」にてシリーズ化された「混浴露天風呂連続殺人」シリーズの主役をやり続けていたが、途中、ゲストのAV女優浅井理恵から不倫暴露されるスキャンダルもあった。
松川勉 1943-
松崎公昭(まつざき きみあき) 1943 政治家。民主党所属の衆議院議員(4期)。

千葉県議会議員(3期)。柏市議会議員(3期)。千葉県第8区総支部代表。2011年、野田内閣にて総務副大臣に就任。
麿赤児

1943- 舞踏家土方巽に師事。唐十郎と劇団状況劇場設立。1972年には独自に大駱駝艦を設立、主宰する。個性派俳優として出演作多数。
長男が映画監督の大森立嗣。次男の俳優の大森南朋。
山岡賢次(やまおか けんじ) 1943 政治家・衆議院議員(5期)。国民の生活が第一代表代行。
参議院議員(2期)、自由党国会対策委員長(第4代)、民主党副代表、衆議院農林水産委員長、民主党国会対策委員長(第13代)、国家公安委員会委員長(第85代)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、拉致問題担当大臣などを歴任した。
山本耀司 1943- 長女・山本里美(りみ)も、自身のブランド「LIMI feu」(リミフゥ)のデザイナー。

湯川英一 1943-


実業家。株式会社クオカード、ビジネスエクステンション株式会社(現CSKサービスウェア)代表取締役会長。株式会社セガ(旧・株式会社セガ・エンタープライゼス)元専務執行役員。株式会社CSK(現CSKホールディングス)元取締役。一般的には、湯川専務、湯川元専務で知られている。
大学在学中に、アルバイト先で大川功に出会い、その人柄に惚れて、1968年に大川がコンピューター・サービス(のちのCSK)を設立すると入社。CSKにとっては第一号社員であった。セガがCSK傘下となり、大川がセガ会長に就任すると同時にセガに出向した。その後、いったんCSKに引き上げる。後に再びセガに出向し、1998年に専務取締役・コンシューマ事業統括本部副統括本部長に就任。「セガなんてだっせ?よな」「プレステのほうが面白いよな」というフレーズを使ったセガの自虐的なCMに現役専務として出演し 、一時期世間で一番知られている専務として注目された。自虐CMの仕掛け人は秋元康である。湯川はこれが初めてのCM出演ではなく、以前にロボピッチャやテレビおえかきのCMに出演していた。
ちなみにメガネはCM出演の際のキャラクター作りのダテメガネであり、実生活ではかけていない。また大阪出身のために普段は関西弁で、CM出演で標準語を話すのに苦労をしていた。このCMでは滝沢秀明とも共演を果たした。なお、セガの自虐CMはソニーの商標であるプレステという言葉を用いる際に、ソニーから許諾を得ている(「セガなんてだっせ?よな、プレステのほうが面白いよな」「セガなんていらねぇよ、帰ってプレステやろう」の部分)。
出演したCMが第38回ACC全日本CMフェスティバルの最優秀テレビCM賞を受賞する。湯川専務のパッケージをつける等をしてドリームキャストを売り出す際も表になって宣伝広告を行った。CM出演に絡めて湯川専務ストラップやドリームキャストCFソングの音楽CDも発売している(その中にドリームキャストを「今世紀(20世紀)最高のマシーンです!」という台詞があるが、20世紀最高のゲームマシーンの座もプレイステーション2に奪われてしまった)。湯川専務の宣伝効果もあってか発売日にはドリームキャストが売り切れるほどだった。
しかし、ドリームキャストの製造トラブルのために出荷台数が予定数を大きく下回り、常務への人事異動となった。だが、製造トラブルは生産・出荷担当者の責任であり、流通・ソフト業界担当であった湯川にはあまり関係がなかった。湯川が煽りを受けた形になったのは、セガの顔であった湯川専務の人事異動による話題作りであったと思われる(もともと湯川は、会長の大川の代わりにセガを監督するため、親会社のCSKより派遣されている人材であり、セガ本体の事業の増減には殆ど責任がない)。
人事異動後もCM出演時の湯川専務の印象が強く、「湯川元専務」と呼ばれるようになる。人事異動後、CM出演はなくなったがセガの役員として職務に尽力する。1999年にゲームソフト『湯川元専務のお宝さがし』がセガから発売された。
また、PRイベントで知り合ったコンパニオンとの不倫密会デートが報じられ、有名税を払わせられたため、これに懲りてか、表舞台に出ることを嫌がるようになり、マスコミからの取材依頼があっても断り続けているらしく、本人も「セガ時代のことを含め、お話しすることは控えさせていただきます」と述べている。
その後、CSK取締役を経て日本カードセンター(現クオカード)などCSKグループの他会社に移籍し、クオカードとビジネスエクステンションでは社長に就く。2004年クオカードの会長に就任。また、ビジネスエクステンションの会長も兼任している。一時はベリサーブの取締役も兼任していた。
アーケードゲーム『セガ四人打ち麻雀MJ』『セガネットワーク対戦麻雀MJ2』『セガネットワーク対戦麻雀MJ3』にCPUプレイヤー「湯川元専務」として登場(写真のみ)、ドリームキャストCMを思い出させるチャットメッセージを対局中に送信することがある。これは『セガ四人打ち麻雀MJ』がNAOMI基板で動作していたため、お遊びで登場させられたものと思われる。
2009年11月30日、長期間に亘る沈黙を破り、表舞台に復活。今度は株式会社ニュウジアのPR大使として中国語を普及させるため、格安中国語会話レッスンiChina.jpにて活動を開始。
横光克彦(よこみつ かつひこ) 1943 政治家、元俳優。衆議院議員(6期)。
社会民主党副党首、同党国会対策委員長を歴任。後に社民党を離党し、民主党に入党した。
俳優になり数々の作品に出演。テレビ朝日の刑事ドラマ『特捜最前線』の紅林刑事役で人気を得る。

石田太郎


1944- 父は俳優の石田茂樹。初代コロンボの声優を務めた小池朝雄の没後、後を受け継いだ。NHK大河ドラマの常連俳優。
江守徹

1944- 結婚
大塚吉兵衛
(おおつか きちべえ
1944 医学者(歯科医師)、歯学博士第13代日本大学総長、元日本大学歯学部生科学講座教授。硬組織再生生物学会理事長。

川本三郎 1944- 評論家、立教大学特任教授。大佛次郎賞、読売文学賞、サントリー学芸賞(社会・風俗部門)選考委員。

ファッション評論、ファッション史研究の川本恵子(1951年 - 2008年)は妻。俳優の富田浩太郎は義兄。

草野仁 1944-


元NHKアナで現在フリーキャスター。
ホモフォビックな人物として語られることがある。2007年、『草野☆キッド』にてホモセクシャルタレントと競演し同性愛について議論、腑に落ちない態度を示しつつも一定の理解を示した。
妻からは「結婚してくれないと死ぬ」と言われたので「人を殺してはいけない」と思って結婚した。長男・裕(ひろし)の妻は、バレーボールの元アメリカ代表選手でタレント・スポーツコメンテーターのヨーコ・ゼッターランド(『踊る!さんま御殿!!』で共演した)。
久米宏
1944-
小林興起 1944- (自由民主党→)(新党日本→)(国民新党→)(無所属→)民主党

自民党の衆議院議員だった時に、当時学生だった秋元司を秘書にした。秋元司は後に自民党から参議院に当選。2005年の郵政民営化法案で自民党が割れた時、郵政民営化反対の小林は自民党を出て新党日本を結党したが、秋元は参加せず自民党に留まった事で小林とは袂を分けた。

2001年11月と12月に、タレントの杉本彩と関係者を交えて銀座などで会食。小林氏が杉本に、ぴったり寄り添い、腰に手をまわして接吻を迫っている写真が掲載された。ZAKZAK2002/01/09
元東京都渋谷区議会議員の妻と1男がいる。
「古くからの原理ボーイ(統一教会信者)」説
椎名誠 1944- 作家、SF作家、エッセイスト、写真家、映画監督。本名、渡辺 誠(わたなべ まこと)。旧姓、椎名。結婚したときに妻の渡辺一枝の姓に合わせ、渡辺姓となった。

妻(元保育士)の渡辺一枝とは、親友で弁護士の木村晋介の紹介で結婚。一枝もエッセイストで、チベットについての本など、多数の著書がある。息子で、椎名の小説『岳物語』のモデルとなった渡辺岳は元ボクサーで、現在は写真家。娘の渡辺葉は翻訳家でエッセイスト。

格闘技、プロレスなども好み、柔道も2段であり、また、マーシャル・アーツなども愛好する。

清水正孝(しみず まさたか)
1944-
東京電力前社長(2008年6月 - 2011年6月)、同社顧問(2011年6月 - )。
日本経済団体連合会副会長(2011年5月26日付で退任)[47]
日本原燃会長(2011年6月1日付で会長を退任、6月30日付で取締役を退任)[48]
電気事業連合会会長(2011年4月14日付で辞任)
日本広報学会会長

高橋英樹


1944- 元女優の小林亜紀子と結婚、娘をもうける
竹脇無我


1944- 木下先生と・・い照彦、竹脇・・。
田勢康弘 1944-

政治ジャーナリスト、日本経済新聞客員コラムニスト。
2010年、セクハラ問題を理由に、早稲田大学大学院政治経済学客員教授を解職された。
中川秀直 1944- 自由民主党所属の衆議院議員。旧姓は佐藤(さとう)。中川俊思の娘と結婚して改姓し地盤を継ぎ、旧広島県第2区から新自由クラブ公認で第34回衆議院議員総選挙に立候補し初当選。2000年7月:第2次森内閣で内閣官房長官兼沖縄開発庁長官として総理の女房役を務める。2000年10月:愛人通い(当該女性は覚せい剤取締法違反容疑で家宅捜索を受けた経験があった)や右翼との会食などスキャンダルが報道され、就任3ヶ月で辞任に追い込まれる。
息子二人。
2006年4月、次男・俊直が東広島市長選に立候補する。国政選挙並みの選挙戦を繰り広げるも落選。
ネット上でのあだ名は「中川(女)」「中川(シャブ)」
帰化人
梨元勝

1944- 芸能リポーター
畠山麦 1944-1978

特に『秘密戦隊ゴレンジャー』のキレンジャー / 大岩大太 役として有名。1978年、『特捜最前線』の撮影期間中に、出番を残したまま自宅で34歳の若さで首吊り自殺。自殺した理由は「役者としての伸び悩み」と「キレンジャーのイメージ払拭の失敗」、「収入の少なさ」が原因だと言われている。この時、吉野刑事役で共演しており、『ゴレンジャー』時代の共演者(アカレンジャー役)でもあった誠直也は「力になってあげられなくて残念だった」と後年雑誌のインタビューで語っている。
舟木一夫 (ふなき かずお) 1944- 歌手、タレント。橋幸夫、西郷輝彦とともに“御三家”と呼ばれている。学生服と八重歯がトレードマークで、デビュー当時は、学園ソングとよばれる、高校生活をテーマにした歌が多かった。

在日
松橋登 1944- 俳優、声優。1970年には松竹の『青春大全集』で吉永小百合の相手役に抜擢されて映画界にも進出。以降も繊細な個性を持つ美形俳優として、テレビドラマにも活躍の場を広げるが、単なる二枚目役に収まらず、その甘いマスクの内面に潜む狂気を体現したようなエキセントリックな演技でも多くの実績を残している。冷酷非情な色悪から病的なサイコ犯、憎々しいドラ息子や時代劇のバカ殿まで、癖の強い役柄をさまざまに怪演し、個性派俳優としての揺るぎない地位を確立した。
その容姿と同様、ソフトで美しい声質の持ち主でもあり、声優としても海外ドラマの吹き替えなどで幅広く活躍している。

声優として『サイコ』『ジョニーは戦場へ行った』『セックスと嘘とビデオテープ』『1900年』『太陽がいっぱい』 『デューン/砂の惑星』『ヒドゥン』『ラストエンペラー』
三浦惺 1944- 第6代日本電信電話(NTT)代表取締役社長。かつての日本電信電話公社→現NTTは男色人脈の企業。

菅直人の愛人。
山本寛斎 1944-
四谷シモン 1944-
みのもんた 1944- 妻・御法川靖子は自身のスタイリスト。子供は2男1女がいる。長男はTBS勤務。次男は日本テレビ勤務。長男の結婚披露宴には民放各局トップや大手芸能プロのトップのほか、自民党の石原伸晃、二階俊博、下川俊樹自民党和歌山県連幹事長、タレントの徳光和夫、古舘伊知郎、高田純次、加藤晴彦ら約360人が列席した。司会はTBS『みのもんたの朝ズバッ!』の裏番組である、日本テレビ『ズームインSUPER』の羽鳥慎一アナウンサーが務め、局の枠を超えた式となった。
渡瀬恒彦

1944- 兄は俳優で石原プロモーション社長の渡哲也。1978年に女優・大原麗子(レズ説あり)と離婚したが、2004年の『ハルウララ』で26年ぶりの共演を果たす。
女優・大原麗子は、渡瀬恒彦と結婚、離婚後、森進一と再婚するが離婚。森進一は大原麗子と結婚、離婚後、森昌子(レズ説あり)と結婚して子供が何人かできたけど離婚。 
飯島勲(いいじま いさお) 内閣総理大臣秘書官、厚生大臣秘書官、郵政大臣秘書官、衆議院議員公設秘書などを歴任した。
駒沢女子大学人文学部客員教授(2007年〜2011)、松本歯科大学歯学部特任教授。
衆議院議員小泉純一郎の初当選時から議員秘書を務め、小泉の内閣総理大臣在任中は、内閣総理大臣秘書官として内閣を支えた。元自民党秘書会副会長。表彰歴には永年秘書衆議院議長表彰、永年公務員内閣総理大臣表彰など。

2007年9月13日付で辞表を提出し小泉事務所へは出勤していない。

叩き上げ・議員秘書という共通点から、小泉政権下で失脚・逮捕・起訴されることになる鈴木宗男とは親しい間柄で、鈴木は飯島を通じて小泉とも実は近しい関係にあった。

安倍内閣発足時、松岡利勝の農水相起用を実現させたのは飯島であるとされる。

井沢満(いざわ まん) 1945-

脚本家。オフィスぶんか所属。

1993年 - 同窓会(NTV)

朝鮮・京畿道京城府(現:大韓民国ソウル特別市)生まれ。ソウル(京城)での誕生ということで在日コリアン(在日)という説もあるが、当時はかなりの数いた引揚者(日本の敗戦を機の帰国者)である。つまり国籍は日本(日本人)である。
石坂敬一 1945-

ユニバーサル ミュージック合同会社会長、日本レコード協会会長。石坂敬一の祖父母双方の従兄弟に石坂泰三(第二代経済団体連合会会長)がいる。
東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)在籍時には名物ディレクターとして名を知られる。洋楽制作部時代にはザ・ビートルズやピンク・フロイドを手がけ、邦楽制作本部では原田知世、薬師丸ひろ子、本田美奈子らを育てる。また、前レーベルで伸び悩んでいたBOOWYや矢沢永吉を移籍させ、復活させるといった事でも手腕を発揮している。
忌野清志郎の葬儀委員長も務めた。
逸見政孝 1945-1993年 フジテレビアナウンサーからフリーアナウンサー、タレント、司会者。
妻はエッセイストの逸見晴恵、長男は俳優の逸見太郎、長女はタレントの逸見愛。

199年9月6日午後3時、日本テレビ(現日本テレビ放送網麹町分室)内2階の大型ホールで緊急記者会見を行い、各局のワイドショーで生中継された。この会見で、自ら進行胃ガン(スキルス胃ガン)であることを、初めて公の場で告白した。
12月25日午後0時47分、末期のスキルス胃ガンによるガン性悪液質のため、東京女子医科大学病院で亡くなった。享年49(満48歳没)。
死化粧は、生前彼のヘアメイクを担当していたIKKOが施した。

大澤孝征(おおさわ たかゆき) 1945 弁護士(第一東京弁護士会所属)。
検事の仕事を辞めて弁護士になった、いわゆるヤメ検の一人。渋谷に自身の法律事務所を構え、所長を務めている。少年法や家事事件を得意とし、TVのワイドショー番組やラジオなどコメンテーターとしても出演している。


大山健太郎 1945- 1945年7月3日創業者の父・森佑と母・敏子の長男として大阪府布施市(現東大阪市)生まれる、男5人、女3人の8人兄弟
布施第四小、布施第一中を経て
1964年3月大阪府立布施高等学校卒業
1964年7月父の死去でプラスチック成型加工の大山ブロー工業所の代表者就任
1971年4月大山ブロー工業叶ン立、代表取締役社長就任
1981年1月消費財分野に進出
1991年9月アイリスオーヤマ鰍ノ社名変更
1993年東北工業大学非常勤講師
2003年中国・大連市から「大連市名誉市民」の称号授与
(社)東北ニュービジネス協議会会長、宮城県産業デザイン交流協議会会長、(社)日本DIY協会常任理事、(社)東北経済連合会常任理事、(社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会常任理事、仙台経済同友会幹事、みやぎ工業会理事などを歴任
佐藤英彦(さとう ひでひこ) 1945年- 北海道函館市出身の元警察庁長官。警察庁顧問。

2004年に退官し警察共済組合理事長に就任。2010年、前田恒彦元検事らによる大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件を受けて設置された検察の在り方検討会議委員に就任。

警察庁採用(1968年)入庁同期に、平沢勝栄、石川重明、兼元俊徳(内閣情報調査室長)など。
内閣法制局参事官
警察庁総務課長
警視庁刑事部長
埼玉県警察本部長
警察庁刑事局長
大阪府警察本部長
警察庁次長
警察庁長官
警察庁顧問
警察共済組合理事長
社団法人地方公務員共済組合協議会理事
財団法人犯罪被害救援基金監事
財団法人公共政策調査会監事

「悪徳プロバイダーインターQの会長の熊谷正寿が警察庁長官佐藤英彦に賄賂を渡している」説
漆間巌 1945- 元警察官僚。大和ハウス工業顧問。
大阪府警察本部長、警察庁警備局長、警察庁長官、財団法人交通事故総合分析センター理事長、内閣官房副長官(麻生内閣)などを歴任した。

1969年に警察庁入庁。。在ソ連日本大使館の書記官や防衛庁陸上幕僚監部調査部への出向経験の後、奈良県警察本部長、愛知県警察本部長、大阪府警察本部長、警視庁副総監(1999-2000)、警察庁警備局長、警察庁次長などを歴任。その後、2004年8月13日から2007年8月まで警察庁長官を務めた。北朝鮮による日本人拉致問題などに直面し、異例の3年間に亘る長期在任であった。
退官後は財団法人交通事故総合分析センター理事長、 大和ハウス工業顧問 を務めていたが、2008年9月24日の麻生内閣発足とともに内閣官房副長官(事務担当)に起用された。警察庁出身の官房副長官は川島廣守以来32年ぶりである。
2007年の警察庁長官退任にあたり、安倍内閣の内閣官房副長官就任の話があった。しかし、この年の参議院選挙で自民党が惨敗した結果、安倍晋三首相が動きがとれずに退陣に追い込まれ、内閣が短命に終わったため実現しなかった。
麻生内閣誕生のおりには、官房副長官候補として、漆間のほかにも、嶋津昭・地域総合整備財団理事長(元総務事務次官、旧自治省出身)、香山充弘・自治医科大学理事長(元総務事務次官、旧自治省出身)もいた。官房副長官には、旧自治省・旧厚生省の出身者が任命されることが多かったが、あえて警察庁出身の漆間が起用された。
安倍晋三元首相の権力を後ろ盾に出世していった。安倍政権時代は警察庁長官を勤め、安倍晋三元首相と親しい麻生政権になって「内閣官房副長官」に抜擢。
麻生政権において、元警察官僚のコネをつかって警察や検察と組んで、政敵潰しの役割をした。

プチエンジェル事件
2003年に東京都で起きた小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件。 犯人が経営していた児童買春デートクラブの名前が「プチエンジェル」である。犯人と見られる男性、吉里弘太郎(当時29歳)はすでに死亡しており、警察は自殺と断定した。
そして、この時、警察上層部にいたのが漆間巌。当時2002年、警察庁次長。2004年、警察庁長官。この人が「プチエンジェル事件」で押収した「お宝顧客データ」の持ち主。ナイスタイミングでの長官への就任といい、その後の彼の出世を考えれば「データの有効活用」だろうと。

2009年、 内閣官房副長官退任。大和ハウス工業顧問に復帰。
おすぎ

1945- 「99/5 ブロックブッキング放棄の松竹におすぎの元恋人説の宮島秀司が役員へ」『噂の真相』

五味太郎 1945-
斎藤勁(さいとう つよし)

1945 日本の政治家。衆議院議員(1期)、内閣官房副長官(野田内閣)。

参議院議員(2期)、横浜市会議員を歴任。
佐治信忠 1945-

サントリーホールディングス代表取締役社長。ACジャパン理事長。学校法人慶應義塾評議員・理事。サントリー文化財団理事長を務める。
雑誌「フォーブス」2006年6月19日付の記事によると、世界の富豪133位、日本の富豪4位にランキングされた。2009年度では、8位。
ビートたけし、カンニング竹山を愛人。
鹿内春雄 1945-1988 「88/6 急逝した鹿内ジュニアは米国留学時代"ポール鹿内"の愛称でバイ説あり」『噂の真相』

島田昌幸 1945- テレビ東京代表取締役社長。
専務取締役の 野村尚宏(経理担当)。
自見庄三郎(じみ しょうざぶろう 1945 政治家、医師、医学者。医学博士(九州大学1977年)。参議院議員(1期)。国民新党代表(第3代)、国民新党参議院議員会長。
ハーバード大学公衆衛生学部主任研究員、九州大学医学部講師、衆議院議員(7期)、郵政大臣(第63代)、内閣府特命担当大臣(金融担当)、郵政民営化担当大臣(菅内閣、野田内閣)などを歴任した。

高須克弥(たかす かつや) 1945 医師(美容外科)。学位は医学博士(昭和大学・1973年)。高須クリニック院長、昭和大学医学部客員教授。
テレビなどのメディアを使って美容整形を一般に認知させた立役者であり、女流棋士の林葉直子の豊胸手術や野村沙知代の若返り手術をマスコミに公開したことでも話題を集めた。テレビCMでも「Yes、高須クリニック」のキャッチフレーズを発しながら顔を出すことでも知られている。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。
永井豪 1945-
永井信夫 1945-2012 1967年に任天堂に入社、2000年に取締役に就任、2002年に常務取締役。2004年から代表権のある専務取締役として岩田聡社長を中心とする集団指導体制の一員として経営を担ってきました。死去に伴い任天堂の代表取締役は5名となりました。

中川八洋
(なかがわ やつひろ)

1945- 政治学者。筑波大学名誉教授。外交史・戦史を含む国際政治学、英米系政治哲学および憲法思想、“皇位継承学”など。

統一協会人脈の同性愛人脈
カトリックの渡部昇一と、統一協会でつながる
中山義活(なかやま よしかつ) 1945- 民主党所属の衆議院議員(4期)、衆議院経済産業委員長、素交会幹事長。

父や長男も台東区議経験者。長男の寛通は台東区議を経て、2011年4月の台東区長選挙に出馬したが落選。次男の智康は、鳩山由紀夫の秘書を経て2007年4月8日、北海道議会議員選挙に民主党から出馬し、伊達選挙区で初当選。

橋本昌(はしもと まさる)

1945 政治家。茨城県知事。
ピーコ 1945-
平沢勝栄 1945-
福田孝太郎 1945- 1985 経歴 フクダ電子株式会社 代表取締役社長 就任 (1985年08月)
1978 経歴 フクダ電子株式会社 専務取締役 就任 (1978年01月)
1973 経歴 フクダ電子株式会社 取締役 就任 (1973年06月)
1968 経歴 フクダ電子株式会社 入社 (1968年04月)

牧野聖修(まきの せいしゅう) 1945- 政治家。(無所属→)(日本新党→)(市民リーグ→)(旧民主党→)
民主党
山内孝 1945 マツダ
森田必勝 1945-1970

政治活動家で、楯の会のメンバー。

三島との出会いは、1967年6月19日銀座の喫茶店「ビクトリア」で行われた三島と早大国防部との会見においてだと言われるが、詳細は不明。『禁色』の美青年南悠一のモデルとなった実在の男性(戦後の一時期、三島と同性愛関係にあった)と森田が瓜二つだったという証言もある(木村徳三『文芸編集者 その跫音』TBSブリタニカ、1982年)。

荒井聰(あらい さとし
荒井聡
1946- 、1946年5月27日 - )は、日本の農水官僚、政治家。衆議院議員(6期)、衆議院内閣委員長、民主党北海道総支部連合会代表、学校法人札幌慈恵学園顧問。

「聰」が旧字であるため、報道などでは新字体を用いて荒井 聡と表記されることも多い。

東京大学農学部講師、日本新党代表幹事(初代)、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、内閣総理大臣補佐官(国家戦略担当)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)などを歴任した。
石倉三郎 1946-



伊吹吾郎


1946- 結婚して子供がいる。三田村邦彦が「迫られた」と暴露。
宇崎竜童 1946- ロック歌手、作曲家、俳優、映画監督。京都府京都市出身。

1970年代中期から1980年初頭にダウン・タウン・ブギウギ・バンド、1980年代中期から1990年代初頭に竜童組、1990年代中期から後期に宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之を率い、バンドの活動の合間にソロとしても活動する。妻は作詞家の阿木燿子で、「作詞阿木・作曲宇崎」のコンビは山口百恵の全盛期を支えた。



太田英昭 1946-

フジテレビジョン取締役・情報制作局長。
尾上辰之助 (初代)
贈三代目 尾上松緑

1946-1987 日本舞踊の藤間流家元・五代目藤間勘右衛門も兼ねた。本名は藤間 亨(ふじま とおる)。三之助のひとりとして人気を集め、父・二代目尾上松緑の後継者として期待されたが、これからという矢先に早世した。
その死から14年後の2001年3月28日の命日に長男の二代目尾上辰之助が四代目尾上松緑を襲名するにあたり、三代目尾上松緑を追贈された。
高橋英樹と関係
風岡典之(かざおか のりゆき)

1946- 官僚。宮内庁長官。元国土交通事務次官。

1969年(昭和44年)
3月 - 東京教育大学文学部卒業[2]
4月 - 建設省入省[3]
1985年(昭和60年)7月10日 - 建設大臣官房会計課企画官
1986年(昭和61年)6月17日 - 国土庁長官官房総務課広報室長
1987年(昭和62年)7月15日 - 建設大臣官房地方厚生課長
1989年(平成元年)6月16日 - 建設大臣官房調査官
1991年(平成3年)6月14日 - 建設省建設経済局建設業課長
1993年(平成5年)7月2日 - 建設省道路局道路総務課長
1994年(平成6年)
7月1日 - 建設大臣官房政策課長
10月1日 - 建設大臣官房福祉環境推進室長兼務
1995年(平成7年)6月21日 - 建設大臣官房会計課長
1996年(平成8年)7月2日 - 建設大臣官房審議官
1998年(平成10年)
6月23日 - 建設省住宅局住宅整備課長兼務
7月1日 - 同兼務解除
1999年(平成11年)7月13日 - 建設省建設経済局長
2001年(平成13年)
1月6日 - 国土交通省総合政策局長
7月6日 - 国土交通省大臣官房長
2002年(平成14年)7月16日 - 国土交通審議官
2003年(平成15年)7月18日 - 国土交通事務次官
2004年(平成16年)7月1日 - 辞職
2005年(平成17年)4月1日 - 宮内庁次長[4]
2012年(平成24年)6月1日 - 宮内庁長官[5]
北山禎介 1946-

三井住友フィナンシャルグループ社長
堺正章 1946-

岡田美里と再婚し二児をもうけたが離婚

新蔵博雅(しんくら ひろまさ) 1946-

北海道新聞社入社。北海道放送は、北海道新聞社(道新)の関連会社で、歴代社長は道新OB。幹部も道新から多く受け入れている。またその関係から、北海道新聞のテレビ欄もNHK総合・教育の次にUHBの番組欄が掲載されている。フジサンケイグループの一員でもある。 北海道文化放送代表取締役社長。北海道文化放送の株主は、2007年5月1日時点で北海道新聞社 48.1%、フジテレビジョン 19.5%。
鈴木ヒロミツ 1946-2007

妻子


仙谷由人 1946- 弁護士。政治家、衆議院議員(6期)、民主党代表代行、凌雲会会長、内閣官房副長官(菅第2次改造内閣)。

民主党政策調査会会長(第7代)、有限責任中間法人公共政策プラットフォーム代表理事、衆議院決算行政監視委員長、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)、内閣府特命担当大臣(「新しい公共」担当)、内閣官房長官(第78代)、法務大臣(第86代)などを歴任した。

2010年、スイスでのダヴォス会議( 世界経済フォーラム。 世界の最高支配者たちが一堂に集まるビルダーバーグ会議の表の顔)に、普通は、日本は首相が参加するのに、なんと、仙石由人が日本政府代表として参加した。
竹内弘高(たけうち ひろたか) 1946- ハーバード大学経営大学院教授、一橋大学名誉教授。専門はマーケティング・企業戦略など多岐にわたる。

東京都生まれ。インターナショナルスクールを経て、1964年(昭和39年)アメリカの大学に進学しろという親の反対を押し切り国際基督教大学に入学も、学園紛争で大学封鎖がなされ、カリフォルニア大学バークレー校に留学。1969年(昭和44年)国際基督教大学教養学部社会科学科卒業。ICU在学中は奈良橋陽子と演劇をやっていた。大学卒業後マッキャン・エリクソン博報堂(現マッキャン・エリクソン)(世界有数の米広告代理店と日本の大手広告代理店の合弁企業)に1年半勤務した後、マッキンゼー入社のためMBAを取得しようと留学。サンフランシスコのマッキャンエリクソンでアルバイトをしながらカリフォルニア大学バークレー校にて1971年経営学修士号及び1977年経営学博士号取得。在学中野中郁次郎(カルフォルニア大名誉教授・一橋大名誉教授)に出会い、野中に誘われ博士課程に進学、研究者への道を志す。
1975年、カリフォルニア大学バークレー校講師、1976年 ハーバード大学ビジネススクール講師。1977年博士号取得後マッキンゼーから採用の通知を受けるも、ハーバード大学ビジネススクール助教授に就任。7年間ハーバードに勤めるも、娘の教育を考え帰国。マッキンゼーに就職することを考えるも、野中郁次郎に誘われ1983年(昭和58年)4月一橋大学商学部助教授に就任。1987年(昭和62年)4月一橋大学商学部教授、1989年から1991年及び1996年ハーバード大学ビジネススクール客員教授、1998年(平成10年)4月一橋大学国際企業戦略研究科長。2010年(平成22年)3月一橋大学を定年退職し、一橋大学名誉教授の称号を受ける。2010年(平成22年)4月、ユニクロを運営するファーストリテーリング社の企業内リーダー養成機関、FR-MCI(ファーストリテイリング・マネジメント・アンド・イノベーション・センター)の副学長に就任。2010年(平成22年)7月より、マイケル・ポーター教授の招聘によりハーバード大学ハーバード・ビジネス・スクール教授。
この間2000年(平成12年)6月から2003年(平成15年)6月までオリックス株式会社監査役、2004年(平成16年)6月からオリックス株式会社取締役・指名委員会議長、2005年(平成17年)3月からトレンドマイクロ株式会社取締役。株式会社大和証券グループ本社経営諮問委員会委員等も務める。
世界的な経営学者であるマイケル・ポーターとも親交が深い。
1995年(平成7年)に野中郁次郎との共著で出版された「知識創造企業」(The Knowledge-Creating Company)は、世界的な評価を受け、全米出版家協会の「ベストブック・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。
ターザン山本 1946-

1980年にはベースボール・マガジン社へ移籍。1987年、「週刊プロレス」の編集長に就任し、のちには「格闘技通信」の編集長も歴任。「週刊プロレス」の発行部数を伸ばした。しかし、記事をめぐり新日本プロレスと対立、1996年に取材拒否されるとその影響力は急速に低下し、その年、担当誌の売上不振の責任をとる形で「週刊プロレス」編集長を辞任する。ヨーロッパ文学書の編纂担当に移り、さらに会社側から大幅な減給の提示を受けたことにより、ベースボール・マガジン社を退社。以後、フリーランスのライターとして複数のプロレス・格闘技雑誌に携わり、そのキャラクターを買われてテレビ・ラジオのメディアにもいくつか出演した。
谷隼人 1946-

1971年にスイスの教会にて、美人ファッション・モデルの岡美智子(1969年にレストランにて岡のマネージャーより紹介される)と大恋愛の末に結婚するも『バーディー大作戦』収録中の1974年に離婚する。原因は谷の母が岡を嫁として好まなかった事といわれている。
高校生の時に知り合い、その後『キイハンター』『アイフル大作戦』『バーディー大作戦』で共演した松岡きっこと1981年に再婚。以後芸能界のおしどり夫婦としても数々のテレビ番組に出演した。最近では夫婦でテレビ東京の旅番組・グルメ番組に出演することが多い。

喰始 1946-

劇団WAHAHA本舗主宰、ワハハ本舗株式会社代表取締役社長、放送作家、文化人。
田淵幸一 1946-

元プロ野球選手(捕手、一塁手)・プロ野球監督・プロ野球指導者、野球解説者、阪神タイガースOB会会長(第6代)。
江本孟紀は法政大学の1学年後輩で、江本の阪神移籍後は再びバッテリーを組んだ。古沢憲司を含む3人でよく一緒に行動し、田淵が西武へのトレードを伝えられるために呼び出された日にも3人でゴルフをし、場所を変えて球団の再建策を話し合っていたという。
星野仙一、山本浩二とは親友である。もともと大学時代、広島の田舎から出てきた山本に田淵が東京を案内したのが最初。この2人と富田の三羽烏があまりに仲がいいので、星野が嫉妬して割って入ってきた。1989年正月に朝日放送で放映された「新春ビッグ放談」ではこの3人による対談が行われた。また、星野を取り上げた日本テレビ系列「スーパーテレビ」では、3人の広島の焼肉店での会食・裏話も飛び出す談笑が放送された。当初「監督とコーチでいるからには星野監督とは友達関係を一切捨てる」と言っていた田淵だったが、この中では完全に友達関係。阪神コーチ退任時の会見では「ようやくこれからは前みたいに『仙ちゃん』と呼んで、普通に話ができるよ」と発言した。現役時代、広島遠征時には、敵味方に分かれているにもかかわらず山本と一緒に食事をしたり、山本の家に遊びに行ったりしていたという。

西武時代チームメイトで親友となった東尾修に、4歳年下であるが、同期入団なので親しみを込めて「オッサン」と呼ばれている。

朝日放送の「探偵!ナイトスクープ」局長の西田敏行は、『がんばれ!!タブチくん!!』がアニメ映画化された際に主人公・タブチの声を演じたことと西田が阪神ファンであることもあり、親交が深まり、その縁で田淵も「ナイトスクープ」に番組顧問として不定期に出演している。西田は田淵に映画『釣りバカ日誌』への出演を頼んだこともあるが、果たすことがないままシリーズが終了した。


1977年に入団当時に比べ肥えてしまった田淵をモチーフとした、いしいひさいち作の漫画『がんばれ!!タブチくん!!』が連載され単行本がベストセラーになった。
ミヨ子さんのモデルである前妻が離婚直後ヌード披露。
現夫人は元女優のジャネット八田(八田有加)である。いわゆるできちゃった結婚であり、田淵は当時バツイチで年齢も35歳であったため話題を呼んだ。二人の間に2男があり、長男はフジテレビアナウンサーの田淵裕章(たぶち ゆうしょう)。
鶴田忍 (俳優) 1946-
中上健次 1946-1992
西岡徳馬 1946-

宇津宮雅代と結婚していたことがあり、さまざまな有名女優と浮名を流したことでも知られる。2人の娘から王子様と呼ばれている。

西川きよし 1946-

吉本興業 西川ヘレンと結婚し子供をもうける。西川忠志、西川弘志、西川かの子。浮気をして妻や親ともめたことを番組で告白。

野田義治(のだ よしはる)

1946 芸能プロモーターで、芸能事務所サンズエンタテインメントの会長。トラフィックジャパンの代表取締役社長を兼任する。元イエローキャブの代表取締役社長。元渡辺プロダクション社員。
長谷川和彦 1946- 1968年、映画『神々の深き欲望』の制作スタッフ公募に応じ、今村(昌平)プロに入社。
1975年よりフリーとなり、1976年に中上健次原作『蛇淫』を脚色したATG『青春の殺人者』で監督デビュー。“30歳の新鋭映画監督登場”と大きな話題を呼んだ。この作品はその年のキネマ旬報ベストテン1位に選ばれるなど、高い評価を受け、多くの映画賞を独占した。新人の第1回作品がベストワンになるのは異例であった。 
1982年、大森一樹、相米慎二、高橋伴明、根岸吉太郎、池田敏春、井筒和幸、黒沢清、石井聰亙の若手監督9人による企画・制作会社「ディレクターズ・カンパニー」(ディレカン)を設立、監督代表として取締役に就任。

性盗ねずみ小僧(1972年、脚本)
濡れた荒野を走れ(1973年、脚本)
青春の蹉跌(1974年、脚本)
宵待草(1974年、脚本)
青春の殺人者(1976年、監督)
太陽を盗んだ男(1979年、監督・脚本)
逆噴射家族(1984年、制作)

テレビドラマ
悪魔のようなあいつ(1975年、脚本)
七人の刑事 「ひとりぼっちのビートルズ」ゲスト、沢田研二 (1978年、原案・脚本)

女優の室井滋と同居していることがマスコミに取り上げられる。光文社『女性自身』1999年2月16日号、新潮社『週刊新潮』2004年3月11日号ほか。
藤岡弘 1946-
2001年、24歳年下の女性と再婚。同年には子供も誕生している。
不思議ナックルズ Vol.8」(ミリオン出版)<BR>
「空手バカ一代」&「仮面ライダー」&統一教会<BR>
「朴大統領−統一教会−岸・福田−笹川良一−毛利松平−大山倍達」という人脈
「バカ一代」と同時期にマンガ連載がはじまり、71年にはテレビ放映がはじまった「仮面ライダー」についても、同番組の主演男優である藤岡弘(現・藤岡弘、)が統一協会員であったからこそ、政治的な力がはたらいて新人である彼がいきなり同番組に主演できたことを指摘。ライダーの技に空手が導入されたのも、政治的な力が働いていたのではないかという。

豊田皓(とよだ こう) 1946- フジ・メディア・ホールディングス代表取締役社長およびフジテレビジョン代表取締役社長。

1971年4月 成城大学経済学部卒業後、フジテレビジョン(現:フジ・メディア・ホールディングス)入社
1997年6月 営業局長
2001年6月 取締役(営業担当)
2005年6月 常務取締役(営業・ネットワーク・事業・ライツ開発担当)
2007年6月 代表取締役社長に就任
2008年10月 新規分割されたフジテレビジョン(新会社)の代表取締役社長を兼任


鹿内信隆(豊田入社時のフジテレビ社長)
日枝久(現会長)
村上光一(前社長)
竹内次也(同じくポスト村上の最有力候補だった)

マギー司郎 1946-


 
松浪健四郎 1946-
美川憲一 1946-
山本浩司
山本浩二
1946-
広島県出身の元プロ野球選手(外野手)・プロ野球監督。本名及び旧登録名は「山本 浩司」(1974年まで)。

現役時代は広島東洋カープで長きに渡って活躍した。「ミスター赤ヘル」の愛称で親しまれ、引退後も広島監督を2度務めた。北京オリンピック野球日本代表守備走塁コーチ。
2008年、野球殿堂入り。
2010年、プロ野球名球会の副会長に就任する。


大学の同期であった田淵幸一(後のダイエー監督)、六大学リーグで何度となく対戦した星野仙一(後の中日・阪神・楽天監督)とは、大学時代から同学年の親友として有名である。大学入学後、田淵が山本に東京の案内をしたのがきっかけで二人が仲良くなったあと、あまりに二人が仲がいいので大学は違うが星野が妬いて入ってきたという。
プロ入り後、みな家庭を持った後も、シーズン中に対戦があると良く互いの家に泊まりあっていた。敵チームの選手宅に泊るのは好ましいことではないが、ファンも彼らのことは黙認していたという。また、山本が現役引退を決意した時、最初に打ち明けたのも田淵と星野であり、星野が阪神の監督辞任を決意し、田淵に「次(監督)お前やれ」と伝えた(田淵は固辞)のも、広島の山本宅に向かう途中のタクシーの中だったという。

CM
現役時代
ヒロウン「リーグスター野球用品」
ますやみそ 味噌(広島ローカル。『麹の良さが決め手』がキャッチフレーズで、津田恒実に「ウチのチームと一緒ですね! ねぇ、浩二さん!」とギャグを言われる)
ゴールドもみじ(広島ローカル。『ゴールドもみじはお菓子のホームラン王です』というフレーズを言う)

引退後
味の素「ほんだし いりこだし」
ロート製薬「新V・ロート」
ブリヂストン 自転車(浅野ゆう子と共演)
サントリー「モルツ」
ハウス食品 “カレーはハウス”キャンペーン(1994年)、“カレーでファイト!”キャンペーン(2008年)(いずれも田淵幸一・星野仙一と共演)
興和「バンテリン」(2000年代)
吉田拓郎


1946- 夫人は四角佳子〜浅田美代子〜森下愛子。


提供した曲を歌う歌手が在日ばっかり!
石野真子「♪ あなたも狼にかわりますか〜」
キャンディーズ(伊藤蘭)は「やさしい悪魔」
キンキキッズ(堂本の二人)は「ぜんぶ抱きしめて」
森山良子、
かまやつひろし
森進一「襟裳岬」
有富正憲 1947- 東工大教授
石島辰太郎(いしじま しんたろう)

1947- 工学者。専門は計測制御工学、教育工学。元東京都立科学技術大学教授、産業技術大学院大学学長。
魚住勉

1947-
コピーライター、作詞家。
1983年に女優の浅野温子と結婚。長男はNHKアナウンサーの魚住優。
尾木直樹
尾木ママ
1947- 教育評論家。法政大学教授、早稲田大学客員教授。臨床教育研究所「虹」主宰。
『ホンマでっか!?TV』では女性のような物腰や柔らかい口調から「(尾木)ママ」という愛称で親しまれている(元々、教師時代に女子中学生と交換ノートでやり取りしているうちにオネエ言葉になってしまったとのこと。

奥村萬壽雄 1947- 警察庁に1971年に入庁。
警視庁公安部長(1998-1999)スパイ
警視副総監(2000- 2001)
警察庁警備局長(2002-)
84代目・警視総監(2004-2006)
2006年、全日本交通安全協会の理事長
2010年、テレビ朝日の社外監査役
山口信夫日商会頭の女婿。
熊谷登喜夫 1947-
柴俊夫 1947- 俳優。ケイダッシュ所属。
妻は女優の真野響子、娘は女優の柴本幸で、『徹子の部屋』に出演した際には、「娘が大河ドラマに出演して、感激して眠れなかった」と語っている。義妹は女優の眞野あずさ。

瀬尾一三 1947- 中島みゆき
都倉俊一 1947-

作曲家。
かつてはプレーボーイとして知られ、1974年には歌手・女優の大信田礼子と結婚するも、都倉自身が家庭において異常とも言えるほどのマザコンぶりを発揮したために愛想を尽かされ1978年に離婚(TVで大信田が証言)。
2006年に再婚。
早川タケジ 1947-
布施明 1947- 所属事務所は、渡辺プロダクション[1]からプロダクション尾木を経て、2012年より独立し布施明ドットコムを設立した。ユニバーサルミュージック所属。

現在、横浜市立大学学長を務める布施勉は実兄にあたる。

1980年、ハリウッド女優、オリヴィア・ハッセーと結婚し話題を呼ぶ。同年、アメリカに渡り、歌手活動やミュージカルなどでも活躍した。1989年、離婚して日本に帰国。日本では考えられない額の慰謝料、養育費が話題になる。

布施明と加賀まりこ
加賀が布施の子供を死産したのは有名な話。
宮本輝 1947- 「93/10 "未婚の母"祇園の佳つ乃は伊集院静や奥田瑛二の他に宮本輝とも遊交説」『噂の真相』
向井万起男 1947-
岡田薫 1948- 兵庫県警察本部長
警視副総監(2003- 2004)
刑事警察組織のトップである警察庁刑事局長
警察庁長官官房審議官(警備局担当)
『捜査指揮―判断と決断』東京法令出版
太田昭宏 1945- 公明党代表(2006-) 池田大作の愛人説あり
太田誠一 1945 自由民主党所属の前衆議院議員(通算8期)。宏池会の会長代行を務める。人権擁護法案を推進する自民党人権問題調査会の会長を務める。

「畑恵,船田元に続いて高市早苗と太田誠一が目下失楽園状態との噂が」『噂の真相』(98.8)
佐高信 1945-
谷垣禎一 1945- 自民党の衆議院議員。自由民主党総裁(第24代)。結婚して二女。
菅直人 1946- 社会民主連合副代表、厚生大臣(第85代)、新党さきがけ副代表、民主党代表(初代・第3代)、)。副総理(内閣法第九条の第一順位指定大臣)、国家戦略担当国務大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策、科学技術政策)などを歴任した。
結婚して、長男は政治運動家で衆議院議員の立候補経験のある菅源太郎。
帰化人
三笠宮寛仁(みかさのみやともひと) 1946-


『女性自身』1974.11.21 シリーズ人間 高級ゲイボーイを作りあげる男千人斬りの男 あの三笠宮寛仁殿下もお通いになる美少年たちの仕立て屋・染谷彰吾さんの「男20年」「女15年」
『週刊新潮』1999.06.03「(ワイド特集 )(続)変な噂・悪い噂Part2 自著宣伝でゲイバー出没「ヒゲ殿下」 ※三笠宮殿下が『癌を語る』を出版」
『週刊新潮』2005.12.22「〈特別読物〉夜のゲイバー物語 「ヒゲの殿下」との2人だけの誕生パーティー 最古参ゲイボーイ「こけし」が初めて語る著名人の知られざるエピソード」


有冨正憲(ありとみ まさのり)
1947- 原子炉工学研究所/エネルギー工学部門 所属(協力)
研究テーマ 自然循環における沸騰二相流の熱流動特性に関する研究 二相流の多次元流動特性に関する研究 放射性物質の輸送と貯蔵に関する研究 学歴 東京工業大学大学院機械工学研究科原子核工学博士課程修了(1977) (学) 東京工業大学工学部機械工学科卒業(1970) 職歴 委員歴、役員歴 取得学位・学位論文 学位論文 共同研究 著書・発表論文 全件表示 芸術系の活動・フィールドワーク等 全件表示 受賞学術賞 科学技術庁長官賞「原子力安全功労者表彰」
伊藤 祐一郎(いとう ゆういちろう)

1947 官僚、のち政治家に転じ鹿児島県知事。
江部努(えべ つとむ) 1947- NTT東日本社長。

大畠章宏(おおはた あきひろ) 1947 政治家。学位は工学修士(武蔵工業大学・1974年)。衆議院議員(7期)。衆議院憲法審査会会長。素交会会長代行。
茨城県議会議員(1期)、衆議院石炭対策特別委員長、衆議院内閣委員長、衆議院国家基本政策委員長、経済産業大臣(第13代)、国土交通大臣(第15代)、政権公約を実現する会会長などを歴任した。
蒲島郁夫(かばしま いくお  1947 政治家。熊本県知事。政治学者。東京大学名誉教授。政治学者としての専門は、政治過程論、計量政治学。Ph.D.(ハーバード大学、1979年)。

草野厚 1947- 日本の政治学者、慶應義塾大学総合政策学部教授。
石島辰太郎 1947-
工学者。専門は計測制御工学、教育工学。元東京都立科学技術大学教授、産業技術大学院大学学長。
千葉県八千代市長・
大沢一治 
1947- 松方弘樹と仁科亜季子の息子・仁科克己(まさき)が新宿2丁目の高級ゲイバー「サテリコン」を拠点として、まずは「サテリコン」店長と援助交際、それから千葉県八千代市長・大沢一治など数々の大物と援助交際。その他、伊藤英明、加藤晴彦、永井大など。後に千葉県八千代市長・大沢一治は汚職で逮捕。「サテリコン」店長謎の飛び降り死は自殺として処理。

『週刊新潮』2002.12.12「新宿2丁目の常連だった汚職「八千代市長」」 ※千葉県八千代市の市長が清掃センターの管理業務を巡る汚職事件で逮捕された。
『週刊新潮』2003.02.27「八千代市前市長が常連ゲイバー「ママ」の自殺」 ※汚職で逮捕された八千代市前市長行きつけの新宿2丁目の『サテリコン』のママ
『週刊新潮』2004.02.19「ゲイのメッカ・新宿2丁目で「男と援助交際」していた「松方弘樹の長男」」※仁科克基(まさき) 新宿2丁目の高級ゲイバー「サテリコン」を拠点として、まずは「サテリコン」店長と援助交際、それから千葉県八千代市長・大沢一治など数々の大物と援助交際
『噂の真相』2004.04「松方弘樹の息子がスッ破抜かれた新宿二丁目ウリセンバーの&quot;芸能人&quot; ※仁科克基(まさき)が、新宿2丁目の高級ゲイバー「サテリコン」を拠点として、「サテリコン」店長から、数々の大物へと援助交際(千葉県八千代市長・大沢一治などなど) ウリセンバーで働いていた芸能人と仲介者の塩谷将吾、他」
『週刊朝日』2004.10.22「梨本勝@芸能界 いやぁ、おもしろいですね、新宿2丁目はニュースの宝庫です ※グランドキャピタルと、千葉県八千代市前市長収賄事件(2002年)を結ぶ俳優ほか」
景山民夫 1947-1998
加古隆 1947- 作曲家・ピアニスト。「隆」は旧字体で表記される。東京藝術大学作曲科卒、同大学大学院修了。

北方謙三 1947-
衣笠祥雄 1947- 元プロ野球選手(内野手)。現在は野球解説者。愛称「鉄人」。
結婚して子供もいる。
江夏豊とは無二の親友。京本雅樹と関係。
許永中 1947- 亀井静香と義兄弟。美輪明宏を愛人。
近藤光史 1947-

元毎日放送アナウンサー。現在は、昭和プロダクション所属のフリーアナウンサーとして、関西地方を中心に活動している。
今野東 1947-
西郷輝彦

1947- 辺見マリと結婚し二児(一男一女)をもうけたが離婚。長男はミュージシャンの辺見鑑孝、長女はタレントの辺見えみりある。19歳年下の女性と再婚。再婚した妻との間には三女がいる。
木下監督
佐藤雄平(さとう ゆうへい) 1947 政治家。福島県知事(2期)。元参議院議員(2期)。復興庁復興推進委員会委員。

佐藤知事は前知事と偶然同姓だっただけで、血縁関係は一切ない。
叔父・渡部恒三(民主党衆議院議員、元衆議院副議長)
従弟・渡部恒雄(東京財団研究員、渡部恒三の長男)
沢木耕太郎
1947- 「沢木耕太郎と藤圭子」『噂の真相』(81.11)
三遊亭小遊三(さんゆうてい こゆうざ) 1947- 落語家。
せんだみつお
1947 タレント、コメディアン。
子役時代を経て、1970年代にラジオ番組・テレビ番組の人気司会者となった。「ナハッ」などのギャグで知られる。
高田純次 1947- 夫人との間に二女がおり、1983年には花王のCMで一家揃って出演した。長女は「TAGE」(タージュ)のデザイナー、二女はアルバイトをしながら美術活動(銅版画作家)をしていると話している。また孫もいる。

1970年代に、当時高校生の小川菜摘をナンパしたことがある。

90・2大島智子とも噂された高田純次が「きれいな病気」の今野雄二とも関係説
田中星児

1947- 独身であり、本人はその理由を「『ビューティフル・サンデー』と結婚しました」と語っている。

歌手のグッチ裕三は従兄弟である。
寺泉憲
1947-
Dr.コパ 1947-

風水師、神主、JRAおよび地方競馬の馬主。
また、妻・小林けい子とともに、中央競馬の馬主としても活動している。尚、テリー伊藤の兄・伊藤光男(卵焼屋店主。通称:アニー伊藤)とは学生時代の友人である。小林自身は昔どおりテリー伊藤のことを「てるお」と呼ぶ。
幼少のころより父の友人であった在日朝鮮人の金(キム)氏にも李氏朝鮮より伝わる李朝風水・古来風水を学んでおり朝鮮風水の法則を自身の風水に生かしている、と自著でも明かしている。
南雲忠信(なぐも ただのぶ) 1947-
横浜ゴム代表取締役社長

西田敏行
1947-


結婚
根津甚八


1947- 「大竹しのぶと根津甚八」『噂の真相』(80.11)
鳩山由紀夫 1947- 鳩山一郎元首相は父方、ブリヂストン創業者の石橋正二郎は母方の祖父。父親は大蔵官僚だった父・鳩山威一郎、前総務大臣の鳩山邦夫は弟。
幸夫人との結婚について「(他)人の嫁さんで、子供はいませんでしたけどね、日本料理屋で働いていたんです」と述べ、幸夫人が自身と不倫の末に結婚したことを認め、「普通の人は未婚の女性の中から相手を選びますね。私は全ての女性の中から選んでいるんですよね」と自身の独自の倫理観を披露した。 幸は上海生まれ、在日、宝塚歌劇団出身でサイエントロジー信者! 「サイエントロジー信者は男性はホモだらけ、女性はホモと結婚するのが多い」説あり。
浜渦武生 1947- 政治活動家。東京都参与、第三セクター東京交通会館副社長。元東京都副知事。
自民党のタカ派議員グループ青嵐会の裏方を務め、のちに石原慎太郎東京都知事の肝煎りで東京都副知事に就任した。

石原が参院から衆院に転じた1972年、公設秘書となる(?1986年)。その後、鴻池祥肇衆院議員の公設秘書、石原の政策担当秘書、鴻池の政策担当秘書を歴任する。
1999年5月から石原慎太郎東京都知事の特別秘書となる。
2000年7月、東京都副知事に就任する。
2005年6月2日の都議会で問責決議が可決され、7月、副知事を辞職する。
2005年9月、東京都が出資する外郭団体である第3セクターのビル会社東京交通会館の副社長に天下りする。石原知事は「その後の就職の世話を都としてするのは当然じゃないですか」「あの人材を埋もらせるわけにいかないでしょう、それっきりにして。東京都のためにこれからも働いてもらいますよ」との見解を示した[2]。また、石原知事は定例記者会見で浜渦副知事を「非常に有能な腹心」「余人を持って代え難い」と再三持ち上げ、「最後は浜渦と私で涙を流して話した。泣いて馬謖(ばしょく)を切る以上に大事な人材」と心境を吐露している。
2006年7月22日には石原により都の参与(都政の課題について知事に助言する非常勤の特別職)に任命された。

勝共連合
ビートたけし
北野武

1947- 女流漫才師「ミキ&ミチ」の内海ミキと結婚し二児をもうけた。若い愛人をマスコミに取材され弟子達と抗議。若い愛人との間に隠し子がいることがマスコミに報じられた。細川ふみえとの関係が報道された。
「92/4 ビートたけしと内田裕也が全裸で抱き合ってる写真をマネージャー所有」『噂の真相』
星野仙一 1947- 元プロ野球選手・監督、野球解説者。阪神タイガースオーナー付シニアディレクター(SD)。
アメリカンホームダイレクトやキリンビバレッジ、大和證券、さくら不動産などのコマーシャルに出演し、タレントとしても活動。母校明治大学の評議員となった縁もあり、同大学のイメージキャラクターも務めている。2004年10月からは大阪人間科学大学の客員教授にも就任している。野球解説者としては放送局に契約しないフリーランスの形で各局のテレビ中継に出演している。2010年5月10日より、自ら初のラジオパーソナリティー番組星野仙一の熱血・仙一夜がMBSラジオにて放送される。
中日監督時代から「ジジ転がし」の達人と称されるほど地元財界と交流があり、中日時代・阪神時代ともに後援会が存在する。なお、星野自身は近藤貞雄会長の時に阪神監督就任を契機として中日OB会からは除名処分が下された。
中日時代の先輩にあたる板東英二、大学時代の同級生、田淵幸一、山本浩二、トヨタ自動車会長だった奥田碩、天野エンザイム会長の天野源博、コンサートによく招かれる小田和正、オーストラリアでゴルフを一緒にラウンドする明石家さんま、和田アキ子、島田紳助、その他やしきたかじんなど。
在日人脈とホモ人脈が匂う。
在日
三浦和義

1947- 父方の叔母に元女優・映画プロデューサーの水の江瀧子。
「ロス疑惑」
室井邦彦(むろい くにひこ)
1947 政治家。衆議院議員(1期)を務めた。参議院議員(1期)。
(自由民主党→)(無所属→)(自由党→)民主党(小沢グループ)

妻は衆議院議員の室井秀子。
2006年5月16日に神戸市で開催された世界基督教統一神霊協会の関連組織・天宙平和連合(UPF)のイベント「祖国郷土還元大会」に妻・秀子(民主党衆議院議員)と共に来賓として出席していたことが確認されている。また、2007年11月16日付の赤旗で、妻の秀子は統一教会信者の熱心な信徒であり、日本の最高責任者である任導淳(イム・ドスン)と懇意であることが確認されている。全国霊感商法対策弁護士連絡会は民主党に対し、実態解明や統一教会との関係断絶を求める申入書を提出した。





森進一


1947- 大原麗子(レズ説あり)と結婚離婚、森昌子(レズ説あり)と子供何人かもうけたけど離婚
矢崎滋 1947-
結婚して子供もいたけど離婚

安岡力也 1947- 結婚離婚
山口組國粋会吉田川一家 力也 ヒロミ 研ナオコ 
安彦良和(やすひこ よしかず) 1947 アニメーター、キャラクターデザイナー、漫画家、イラストレーター、小説家。神戸芸術工科大学メディア表現学科教授。
あおい輝彦 1948-

木下先生と・・い照彦、竹脇・・。


赤川次郎 1948-

小説家 妻子あり
石川賢
いしかわ けん)
KEN ISHIKAWA
1948-2006 漫画家。1969年、永井豪のアシスタントとしてダイナミックプロに入社する。永井は、「弟子などと思ったことは一度もない。戦友であり、友であり最大の味方である」と語っている。代表作に『ゲッターロボ』、『魔獣戦線』、『虚無戦記』、『極道兵器』などがある。バイオレンス描写をメインに、スペースオペラ、ヒーローロボット、時代劇・忍術、任侠、ゴルフなど多岐に渡る主題を扱った。『〜戦国忍法秘録〜 五右衛門』第六回(リイド社『コミック乱TWINS』2007年1月号掲載)が絶筆となる。
2006年、急性心不全で死去。58歳没。
石橋正次 1948-

私生活でも6人の子を授かり、その子育ての奮闘ぶりをしたためた雑誌連載など多才なところも見せる。
二男は俳優の石橋正高で、2007年7月に20も年上の小柳ルミ子との婚約を発表したが、11月に同居を解消し、婚約も解消したことを小柳が告白した。実際には、交際発覚する1ヶ月前には破局していたとのこと。

五木ひろし 1948-

所属事務所はアップフロントエージェンシー。
山口洋子
八代亜紀
小柳ルミコと噂。
紺野美沙子、
伍代夏子
1989年、女優の和由布子と結婚、三児をもうける。

糸井重里 1948-
井上陽水 1948-
最初に一般人女性と結婚 2人目の妻である石川セリとの間に一男二女

在日
植田芳暁 1948-
ミュージシャン、ドラマー、ギタリスト、コーラスアレンジャー、そして、バンドグループ「加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ」のメンバーである。 愛称は「ワタリ」(GSブーム時)、「がしあき」。

1966年、「ザ・ワイルドワンズ」のドラムス・ボーカルとしてデビュー。ヴォーカルをとりながらドラムスを叩くスタイルは、グループサウンズでは斬新で、高い評価と人気を得た。
ワイルドワンズ解散後は、「谷啓とザ・スーパーマーケット」のメンバー(他には近田春夫、山崎イサオ、コッペ等がいた)として活躍し、他にも数々のバンドを結成し、音楽活動にこだわらず、持ち前の明るさでレポーターやタレントとして活躍。ギターもマスターし、若者ばりに低い位置で弾くスタイルを後に再結成したワイルドワンズのステージでも披露している。
作詞、作曲、特に「コーラス・アレンジャー」としての評価が高く、1979年の東京音楽祭にて、松崎しげるの「セーリング・ラブ」でシルバーカナリー賞・編曲賞を受賞。 また1980年の東京音楽祭世界大会では銀賞を受賞した「ワンダフルモーメント」でもコーラスアレンジを担当。他、アグネス・チャンの「風まかせ愛まかせ」等、数多くのタレントに曲を提供している。
ワイルドワンズでの活動の他、「ZOO」、「サーフライダース」、「植田芳暁&VOICE」などを経て、「植田芳暁&レイアウト」を結成する。1988年には、タイガース・メモリアル・クラブ・バンドに約2年在籍した。 1994年にはソロ活動の一環として「加山雄三&ハイパーランチャーズ」のドラマーとしても参加。 現在は、「僕はタレントではなくミュージシャン」というこだわりを強く持ち、日本中のライブハウスやディナーショーで活躍中。
江夏豊

1948- 元プロ野球選手(投手)、野球解説者。妻子。衣笠祥雄とは無二の親友。
柄本明(えもと あきら)
1948 俳優、コメディアン。
愛称は、えもっちゃん。

妻は角替和枝、息子は柄本佑、柄本時生。

大川栄策 1948-


大島健伸 1948-
実業家。SFCG創業者・取締役会長。MAGねっと取締役会長。

父は「ダンスホール新世紀」を経営していた大島正義。このホールは映画『Shall we ダンス?』の舞台になったことでも有名で、現在もファミリー企業のIOMA REAL ESTATE(妻の弟が代表)が経営している。長男はMAGねっとホールディングス前社長の大島嘉仁。長女の由貴はニューヨークメッツのオーナー、Fred Wilponの次男Bruceと結婚、ロンドン在住。海外メディアでは韓国系日本人と報じられている。

1970年 4月 三井物産に入社、1977年に退社 
商工ローンの日栄で経験を積み、
1978年12月 商工ファンド(現 SFCG)を設立、代表取締役社長
1981年 6月 ケン・エンタープライズ取締役
1999年12月 参議院財政金融委員会に証人喚問される。
2005年 9月 T・ZONEホールディングス(現:MAGねっと)取締役会長
2006年 7月 KEホールディングス代表取締役
2007年10月 マルマン取締役会長
2008年 6月 カーチス代表取締役会長
2009年 2月 SFCGが経営破綻
2010年 6月16日 民事再生法違反などの容疑で逮捕

フォーブス誌「世界の富豪/日本の富豪」2005ランキング!488位で、日本国内では上位。
フォーブス誌【世界の大富豪ランキング2006】645位で、日本国内では上位。


「日榮から独立した商工ファンド(現SFCG、こちらも民事再生中)の大島健伸 氏もホモである。大島氏が、「三菱商事で詐欺をやって追放」された後、秘書で雇い入れた吉池仁もホモだった。」説


=====

日榮(ホモ社長の松田一男)

武富士の長男の武井俊樹君もホモだそうです。
大島健伸は帰化した日本人だが、彼の父親は在日朝鮮人として日本社会の中で戦ってきたとか。
大高博幸 1948-

美容研究家。
大塚範一

1948- 元NHKアナで現在フリーキャスター
小川賢太郎
(おがわ けんたろう)
1948- ゼンショー社長
1982年6月潟[ンショー設立 代表取締役社長
1982年7月ランチボックス(弁当店)1号店として、生麦店を開店
1982年11月すき家(牛丼店)ビルイン1号店として、生麦駅前店を開店
1988年12月挙本クリエイト設立(現鞄本クリエイト)代表取締役社長
1997年8月日本証券業協会に株式を店頭登録
1999年9月東京証券取引所第二部市場へ上場
2000年7月潟Rコスジャパンの株式を取得
2000年9月潟Rコスジャパン取締役会長
2001年9月東京証券取引所市場第一部銘柄指定
2002年12月潟Eェンコ・ジャパン(現鞄本ウェンディーズ)及び大和フーヅ鰍フ株式を取得
2002年12月潟Rコスジャパン(当社の連結子会社)が潟rッグボーイジャパンの株式を取得
2003年6月大和フーヅ且謦役会長
2005年3月鰍ネか卯の株式を取得
2005年6月鰍ネか卯取締役会長
2007年3月潟Tンデーサンの株式を取得
2007年6月潟Tンデーサン取締役会長
2008年10月渇リ屋与兵衛の株式を取得

『フォーブス』「日本の富豪40人」2012年に初登場。
笠間治雄(かさま はるお) 1948- 検察官。第26代検事総長。最高検察庁刑事部長、次長検事、広島高等検察庁検事長、東京高等検察庁検事長等を歴任。

検事総長就任に笠間の登用に仙谷由人内閣官房長官(当時)の意向があったとする見方もある。

梶田信一郎 1948-
官僚。元内閣法制局長官。

桂宮宜仁親王 1948- 戦後初めて、独身で宮家を創設した。車椅子生活でずっと独身。
門田博光(かどた ひろみつ) 1948-
角野卓造 1948-

妻は女優の倉野章子

かわぐちかいじ 1948-

代表作に『黒旗水滸伝』(原作:竹中労)、『アクター』、『沈黙の艦隊』、『イーグル』、『ジパング』、『太陽の黙示録』など。
川瀬敏郎 1948-

華道家。
幼少のころから、池坊に学び、日本大学芸術学部を卒業後、フランスのパリ大学に留学。1974年に帰国後は流派に属さず、生け花の原型である「たてはな」と、千利休が大成した自由な花「なげいれ」をもとに、創作活動を続けている。
1995年にネスカフェのCMに出演した。



斎藤清六
1948-
酒井くにお 1948-

酒井くにお・とおる 結婚

桜木健一 1948-
澤雄二

1948- 高校在学時に創価学会の学生部門「鳳雛会・鳳雛グループ」で池田大作の薫陶を受ける。
1971年4月 フジテレビ入社。報道局政治部、社会部、外信部記者などを務める。プロデューサーとして「FNNスーパータイム」や「報道2001」などを立ち上げる。
1993年7月 報道センター編集長に就任。
1995年8月 ニューヨーク支局長に就任。
1998年 スカイエンターテイメント副社長に就任。
1999年 フジテレビ国際局次長に就任。
2003年3月 公明党からの出馬要請を受け、フジテレビを退職。
2004年7月11日 第20回参議院議員通常選挙に東京都選挙区から公明党公認で立候補し初当選。
2007年 農林水産大臣政務官(安倍改造内閣・福田内閣)
沢田研二 1948-

元「ザ・ピーナッツ」の片方と結婚離婚、田中裕子と結婚
中曽根
「沢田研二桜田淳子と密会」『噂の真相』83.10


在日
鈴木宗男 1948- 中川一郎の元秘書。結婚して子供がいる。

高田明

1948- 株式会社ジャパネットたかた代表取締役社長。
谷村新司

1948- 天海祐希(元宝塚。レズ説あり)と交際報道。
田母神俊雄 1948- 元航空自衛官で第29代航空幕僚長で軍事評論家。頑張れ日本!全国行動委員会代表。
つかこうへい 1948-

桃井かおりとの交際が報道。熊谷真実と結婚離婚。プロレスラー長与千種との交際報道。元つか劇団の女優・生駒直子と再婚し女児一人(宝塚歌劇団雪組娘役生徒・愛原実花)があることを公表している。
月亭八方 1948-

結婚して子供が二人
中田ボタン 1948-

吉本興業 漫才コンビ「カウス・ボタン」

錦野旦
旧称:にしきのあきら
1948-


結婚を二度経験。1980年に女優武原英子と結婚、二人の女児を授かるが武原は1996年、乳癌により他界(享年50)。
その後2000年、客室乗務員勤務歴のある錦野の個人事務所の専務をしていた力丸ヒロ子(通称:力丸専務(りきまる・せんむ))と入籍・再婚(公表は8月)。
アイドルとして人気絶頂にあった1972年、自身が帰化した韓国系日本人であることを週刊誌で公表している。



帰化人
西村眞悟 1948-

政治家岡沢完治の娘と結婚し、二男一女あり(長男は転落死)
長戸大幸 1948-

音楽プロデューサー・企業経営者で、大手音楽会社ビーインググループの創業者・芸能プロモーター、ギタリスト・ドラマー。
南野陽子(ホモ説あるのとばっかり交際)を愛人にしていた説。
B'z稲葉浩志を愛人にしていた説。

「93/11 B'zのボーカル稲葉浩志に女好きのビーイング長戸大幸のお稚児さん説」『噂の真相』
橋爪健康 1948-
1972年04月(株)CBSソニー社(現, (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント)
1996年07月(株)イーストウェスト・ジャパン代表取締役
2001年05月(株)アール・アンド・シー・ジャパン(現, (株)アール・アンド・シー)代表取締役(現任)
2003年02月ROJAMEntertainmentHoldingsLimited取締役社長(現任)
2004年12月(株)ファンダンゴ代表取締役会長
2005年04月(株)ファンダンゴ代表取締役社長

吉本興業代表取締役副社長
よしもとアール・アンド・シー代表取締役社長兼務

映画のエグゼクティブプロデューサーをしたのが、
板尾創路の脱獄王 (2009) 板尾創路 監督/企画/脚本/出演
南の島のフリムン (2009) ガレッジセールのゴリ監督/脚本/出演
橋本治 1948-
鉢呂吉雄(はちろ よしお)
1948 政治家。衆議院議員(7期)。
蟇目良 1948-
平松邦夫 1948- 1971年、毎日放送入社。

『それゆけ!火曜・やしきたかじん』では正午のニュースを担当することが多く、メインパーソナリティであったやしきたかじんと、ニュースの内容に関して討論を頻繁に交していた。そのため、当時のこの時間の「毎日ニュース(現・MBSニュース)」は、この番組に関しては時間を長めに取って放送していた。また、この事が縁でたかじんと親交を深め、大阪市長就任(後述)後はたかじんの冠番組にゲスト出演している。また、たかじんプロデュースの「Koi-con」に大阪府知事(当時)の橋下徹とともにゲスト出演をしたり、橋下知事との"非公式会談"をたかじんの自宅マンションで行ったりもした(たかじんは場所を提供しているのみで"非公式会談"には一切口を挟んでいないと『そこまで言って委員会』内で公言していた)。

2007年10月18日、任期満了に伴う大阪市長選挙(11月4日告示、18日投開票)に民主党推薦で無所属として立候補することを表明。その後国民新党の推薦と社民党の支持を得る。選挙戦では、知名度を活かして民主党支持層から無党派層まで幅広く支持を受け、367,058票(確定得票数)を得て、現職の關淳一を破り、初当選を果たした12月19日に大阪市長に就任。戦後初の行政経験のない民間出身の大阪市長となった。

2011年11月、再選を目指し大阪市長選挙に立候補。大阪府知事を辞職した橋下徹との一騎打ちとなったが、20万票以上の大差をつけられ、前回自身が初当選した際の得票数(36万票余り)よりも多い52万票余りを得票したものの落選した。

橋下徹と同性愛関係説。
なぜかアメリカ大統領選のブッシュとケリーも同性愛の愛人説があった。
武藤正敏(むとう まさとし)
1948 外交官。在大韓民国特命全権大使。在オーストラリア公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使等を歴任。




山田隆持 1948-

NTTドコモ代表取締役社長。かつての日本電信電話公社→現NTTは男色人脈の企業。
山根隆治(やまね りゅうじ) 1948 政治家。参議院議員。民主党。佼成学園高等学校、埼玉大学経済学部(社会人入学・夜間主コース)中退。国会議員秘書、川越市議会議員、埼玉県議会議員を経て、2001年の第19回参議院議員通常選挙で初当選し、現在2期目。
連城三紀彦 1948-
和久井薫 1948-



札幌テレビ放送(STV)のアナウンサー。埼現在の役職は編成局専任局長。2006年、同役員待遇となる。
STVラジオにて平日夜11時から放送された『和久井薫のイレブンホットライン』で若者の悩みを聞く兄貴分的存在として人気を博す。 昼の情報番組『ちょっと和久井の2時ですよ』のキャスターや、巨人の札幌遠征の実況を担当。長らく『朝6生ワイド』のメインキャスターを務めた後、2006年現在は、夕方の自社制作番組『どさんこワイド』のニュースキャスターを担当している。
青山南 1949-



安藤隆春(あんどう たかはる) 1949- 警察官僚。前警察庁長官。

伊吹剛 1949-

NHK朝の連続テレビ小説『火の国に』で注目を浴び、『Gメン'75』の中屋刑事役で一躍お茶の間の人気者となる。近年は時代劇の悪役やVシネマの暴力団幹部役を多く演じている。

岩田公雄(いわた きみお 1949 讀賣テレビ放送報道局特別解説委員(前解説委員長)、元同局アナウンサー。大阪大学人間科学部、立命館大学産業社会学部非常勤講師、21世紀臨調運営委員(民間政治)。
江森進 1949- サンリオ常務

「サンリオの社長の辻信太郎、副社長の辻邦彦、常務の江森進は3人ともゲイで 菅直人や仙谷由人の愛人」説
小川洋(おがわ ひろし)
1949- 第17代福岡県知事。就任前は日本の通産官僚で、特許庁長官、知的財産戦略推進事務局長、内閣広報官を歴任した。
尾崎元規(おざき もとき) 1949- 花王 社長
大学卒業後、花王石鹸(現花王)に入社。家庭用品や化粧品部門が長く、花王販売東京本店マーケティング統括部長、化粧品事業本部長など要職を担当。取締役執行役員(02年)を経て、04年6月、先輩役員8人を飛び越して社長に就任。


ヤフー掲示板に「花王の社長の母親が在日やから韓流ドラマのスポンサーになる」説
小津博司(おづ ひろし 1949-
検察官。法務事務次官・次長検事等を経て、東京高等検察庁検事長。

オスマン・サンコン 1949-

ギニア共和国出身のタレント、著作家、ギニア日本交流協会顧問、元外交官。サンコンシステムズ所属でオフィスキイワードと業務提携している。
海江田万里
かいえだ ばんり
1949 経済評論家、政治家、衆議院議員(5期)、衆議院財務金融委員長。
市民リーグ代表(初代)、民主党政策調査会長(第5代)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)、経済産業大臣(第14代)などを歴任した。

所属政党
(税金党→)
(日本新党→)
(民主新党クラブ→)
(市民リーグ→)
(旧民主党→)
民主党
風間杜夫 1949-
勝野洋 1949-
1974年、高視聴率ドラマ、日本テレビ系『太陽にほえろ!』へのテスト出演を経て、“テキサス刑事”役に抜擢され、一躍人気者に。
「ファイト! イッパーツ!!」のキャッチフレーズで有名な「リポビタンD」のCMに、約10年に渡り出演。
夫人でタレントのキャシー中島との間に、一男二女をもうけた。長女・勝野七奈美は、歌手・モデル・ジュエリーデザイナーとして才能を発揮したが、2009年7月、肺がんのため29歳の若さで世を去る。
次女・勝野雅奈恵は女優・フラダンサーとして多方面で活躍中。長男・勝野洋輔も俳優である。
冠二郎

1949-
KINYA(きんや 1949 タレント。
1982年におかまキャラのタレントとしてデビューし、シングル「涙のデイト」でCDデビューも果たした。
1982年10月には『森田一義アワー 笑っていいとも!』の木曜レギュラーに起用され後に松金よね子・渡辺めぐみとよめきんトリオを結成した。
テレビやラジオへの出演こそ全く無いものの各地でリサイタルを行っており、2012年現在芸能界は引退していない。
2009年3月、中日ドラゴンズ落合博満監督の長男の落合福嗣、演歌歌手の広野ゆき、秋葉系アイドルのまいみんらとCDアルバム「摩天楼ブルース」をリリース。
佐々木 隆博(ささき たかひろ 1949 政治家。衆議院議員(2期)、農林水産副大臣(野田第2次改造内閣・野田第3次改造内閣)などを歴任した。

柴田昌弘 1949-

漫画家で代表作に『紅い牙 ブルーソネット』など。。2008年より、京都精華大学ストーリーマンガコース非常勤講師。妻は漫画家の市川ジュン。

高橋伴明
別名:剣山象
1949-

映画監督。東大寺学園卒業、早稲田大学第二文学部中退。株式会社ブロウアップ代表取締役、京都造形芸術大学教授。
『獅子王たちの夏』『とられてたまるか!』 男達を美しくなまめかしく撮る。彼に美しく撮ってもらった男優たちが、他のTVとかでは全然かっこよくないのよ。まあ、右翼的な破滅の美学、男のヒロイックなナルシズムで、男を美しく撮っているのかもしれないけど。
 私生活では、奥様は女優の高橋恵子で、お子様もいらっしゃるのね。
よく出演をする哀川翔、的場浩司、中野英雄。

テリー伊藤 1949-

1973年、NHKに記者として入局、2005年3月に報道局記者主幹を最後に、NHKを退職。それ以降、民放にも出演しまくっている。日本ニュース時事能力検定協会理事。
山口組三代目一心会

崔洋一 1949-

映画監督、脚本家、俳優である。日本映画監督協会理事長、宝塚大学教授、株式会社ネクステップ顧問でもある。韓国籍。『十階のモスキート』(1983)、『月はどっちに出ている』(1993)、『血と骨』(2005)、 『カムイ外伝』(2009)

竹田玄洋(たけだ げんよう)
1949 任天堂代表取締役専務、総合開発本部・本部長。
武田鉄矢

1949- 妻子
手嶋龍一 1949-

1974年、日本放送協会(NHK)に入局した。初任地は室蘭放送局であり、その後横浜放送局勤務を経て、政治部記者となった。外務省、総理官邸、自由民主党などを担当し、外交・安全保障を専門とした。
1987年、ワシントン支局特派員となり、ホワイトハウス・国防総省・国務省を担当した。1995年にはボン支局長となり、2年間務めた。
1997年、ワシントン支局長となり、湾岸戦争、2000年アメリカ合衆国大統領選挙、アメリカ同時多発テロ事件、イラク戦争などに際しては日本への中継放送を担当した。独自のワシントン人脈を駆使して要人の談話やインタビューを多く発信した。アメリカ同時多発テロ事件では発生以降ほとんど寝ずに11日間にわたって中継放送を担当し[1]、ファンサイトが作られるほどの注目を集めた。また、手嶋自身、NHK在職中から日米関係に関する著書を出版するなど執筆活動も盛んに行っていた。
2005年(平成17年)、手嶋が側近として仕えてきたNHK会長・海老沢勝二が、NHKで続発した不祥事の責任をとるかたちで辞職した。手嶋も同年6月末、長期在任(8年間)を理由にワシントン支局長からの異動・帰国を求められたが、これを機にNHKを退職した。
NHK退職後には、外交ジャーナリスト・作家としての活動を活発化させた。2006年(平成18年)には、初の小説 『ウルトラ・ダラー』を出版し、20万部を超えるベストセラーとした。同年4月には早稲田大学政治経済学術院客員教授に就任、翌2007年からは慶應義塾大学教授となった。
中田カウス 1949-



吉本興業 漫才コンビ「カウス・ボタン」 結婚
中田カウスのバックって五代目山口組組長の渡辺親分
中村喜四郎 1949-
竹歳誠(たけとし まこと) 1949 国土交通官僚。国土交通事務次官から内閣官房副長官に就任。
豊田収(元国会議員)は祖母の兄[1]。
羽田健太郎
1949-
原田眞人 1949- 映画評論家、映画監督。『KAMIKAZE TAXI』『タフ』
男たちが美しくなまめかしい。で、なぜか美人女優が出ているけど、私が見てもヤキモチやくようなタイプの女優が出てこない。不美人な年増がずっと年下の若い男に恋をしたり。
ロサンゼルスにて6年間の映画監督修行を積み、1976年にジャーナリストの夫人と結婚。一男一女をもうけ、息子は俳優の原田遊人。近年の原田眞人作品のほとんどに出演している。
林哲司 1949-
作曲家、アレンジャー、シンガーソングライター。

火野正平 1949- 1970年、同棲生活をしていた一般女性と結婚、1男1女を儲けるも1972年別居を経て離婚。
その後も1971年の新藤恵美(レズ説)を皮切りに、
1972年小鹿みき、
1977年紀比呂子、ホーン・ユキ、りりィ、
1978年望月真理子、
1981年西川峰子(現・仁支川峰子)といった女優と浮名を流し当時のワイドショーを賑わせた。
1982年には同棲をしていた一般女性(鳳蘭のマネージャーだった)との間に、2人の女の子が生まれて認知した。
平成に入ってからも、羽賀研二とも噂があった染谷まさ美との交際が噂された。
在日
平井敬二 1949-

http://www.yakuji.co.jp/entry9640.html

キョーリンは3日、新社長に山下正弘取締役副社長執行役員、子会社の杏林製薬の新社長に平井敬二取締役専務執行役員が就任するトップ人事を内定した。6月24日の株主総会で正式に決定する。現社長の古城格氏は、杏林製薬の代表取締役社長を退任し、キョーリンの取締役として引き続き経営に参画する。
 同日会見した古城氏は、社長交代の理由について、「昨年、突然社長に就任したが、経営を安定させるという第1ステップのメドがついたため、役割機能を強化する目的で世代交代を図った」と説明した。
 新社長に就任する山下氏は、「新薬の展開と合わせ、総合ヘルスケア企業の具現化に向けた取り組みを継続させていきたい」と抱負を語った。

杏林製薬・平井新社長 山下氏は、1947年生まれの62歳。慶應義塾大学文学部を卒業後、杏林薬品に入社。2004年6月に杏林製薬取締役執行役員営業本部長、07年6月に取締役専務執行役員営業本部長を経て、08年6月には取締役副社長執行役員社長補佐営業本部長、キョーリン取締役副社長執行役員社長補佐・営業担当に就任。一貫して営業畑を歩んできた。

 一方、杏林製薬の新社長に就任する平井氏は、1949年生まれの59歳。山梨大学工学部卒業後、杏林製薬に入社。一貫して研究畑を歩み、2002年6月に取締役創薬研究本部長、07年6月に取締役専務執行役員研究本部長・知的財産担当、キョーリン取締役専務執行役員研究・開発担当に就任していた。

藤原喜明 1949-

プロレスラー(フリーランス)。学校法人日本医科学総合学院理事長。同学校法人は文部科学省認可の専修学校朋友柔道整復専門学校を運営している。自身の個人事務所・藤原組所属で、声の芸能マネジメントはウォーターオリオンが受け持っていた。プロレスラー以外に俳優・タレントとしても活躍している。関節技の鬼という異名をとり「藤原組長」の愛称で親しまれている。

水島総 1949- フリーランスのディレクターとして200本以上のテレビドラマの脚本・演出を手がけ、後に映画にも進出する。
株式会社日本文化チャンネル桜(チャンネル桜)代表取締役社長、日本映画監督協会会員、日本脚本家連盟会員。
森田健作 1949- 結婚
柳井正 1949-

父(柳井等)はファーストリテイリングの前身「小郡商事」を宇部市に創業した人物。1984年まで代表取締役社長を務め、1999年2月に80歳で亡くなった。遺産総額は、当時の税務署公示によると27億1,500万円。
カジュアル衣料の製造販売「ユニクロ」を中心とした企業グループ持株会社であるファーストリテイリング代表取締役会長兼社長。フォーブス発表の2006年度世界長者番付で78位。2007年度世界長者番付では95位(日本人で6位)、2009年「日本の富豪40人」では日本人首位となった。

在日説。
山崎雅男 1949-
東京電力副社長
1972年、東京電力入社

http://www.tepco.co.jp/ir/tekiji/pdf/0605093-j.pdf
千葉治郎
矢吹二朗
1949- 俳優・千葉真一の実弟。


松崎しげる

1949- 浅野ゆう子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)との交際。
2度の離婚を経て、1997年に大手百貨店の令嬢である23歳年下の夫人と再々婚。1998年に長男、2000年に長女、2007年1月には57歳で二女が誕生した。長男誕生の際に「女房の笑顔さえあればバイアグラなんていらない」、二女誕生の際には「(二女が成人する)77歳まで歌い続けなくては。少子化対策に団塊の世代が一石投じられれば」とのコメントを発表、こうした流れを受ける形で「シゲルBROWN(しげるぶらうん)」名義で新曲を発表した。
ちなみに2度目に離婚した元妻は、その後B'zの稲葉浩志の妻(モデル・イベントコンパニオン)となっている。
松田優作
1949-1989
松田美智子と結婚し、長女が生まれたが、女優・熊谷美由紀(現・松田美由紀)との不倫が原因で離婚。美由紀との間に、順に長男・龍平、次男・翔太、長女がおり、長男、次男は現在俳優として活動している。
母が在日で、彼は帰化人
Mr.マリック 1949- マリックプロモーション所属の日本のマジシャン。「超魔術師」と名乗る。

南こうせつ

1949-
村上春樹 1949-


妻子
森田健作 1949 -結婚
矢沢永吉 1949- 元キャロル 妻子
在日
山口一久 1949- http://www.tokyotokeiba.co.jp/ir_info/new/pdf/110217_daihyou.pdf
H12 東京都生活文化局国際部長
H13 東京都知事本部政策部長
H14 東京都産業労働局総務部長
H15 東京都大学管理本部長
H16 東京都主税局長
H17 東京都知事本局長
H19〜H21 東京都副知事
H21 財団法人東京都福祉保険財団理事長


歴代主な東京都副知事  役職名は副知事就任時の前職または元職

大木操
住田正一 
御子柴博見
佐藤基 - 会計検査院院長
鈴木俊一 - 内閣官房副長官
続訓弘 - 東京都財務局長
竹花豊 - 広島県警察本部長(統一教会説)
浜渦武生 - 石原慎太郎の秘書
大塚俊郎 - 東京都出納長、東京都主税局長
横山洋吉 - 東京都教育委員会教育長
金平輝子 - 東京都福祉局長
青山やすし - 東京都政策報道室理事
関谷保夫 - 東京都産業労働局長
菅原秀夫 - 東京都主税局長
山口一久 - 東京都知事本局長(ホモ説)

猪瀬直樹 (代理順序1位、2007年6月-)
秋山俊行(前知事本局長)
安藤立美(前財務局長)

吉田泉(よしだ いずみ)
1949 政治家。民主党所属の衆議院議員(3期)。復興副大臣兼内閣府副大臣。 財務大臣政務官(菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣・野田内閣・野田第1次改造内閣)・復興大臣政務官(野田第1次改造内閣1])を歴任。元いわき市議会議員(1期)。

出羽海義和

鷲羽山佳和(わしゅうやま よしかず)
1949-
出羽海部屋所属の元大相撲力士。本名は石田佳員(いしだ よしかず、旧姓は鈴木)。身長174cm、体重112kg。得意手は突っ張り、押し。最高位は関脇。現在の年寄・出羽海。

生島ヒロシ 1950-
池上彰

1950-
伊集院静 1950 「93/10 “未婚の母”祇園の佳つ乃は伊集院静や奥田瑛二の他に宮本輝とも遊交説」『噂の真相』 在日
伊東信一郎(いとう しんいちろう) 1950- 全日本空輸社長。
梅沢富美男 1950-

結婚
梅沢トミオの実兄は住吉家根弥。家根弥の本部長をしていた池田さんが梅沢富美男のお兄さん。

大島康徳 1950-

元プロ野球選手(内野手)・プロ野球監督、野球解説者。
私生活では30代半ばまで独身を通していたが、郭源治の紹介で10歳年下の客室乗務員をしていた女性と結婚。息子が2人いる。
奥田瑛二 1950- 「93/10 "未婚の母"祇園の佳つ乃は伊集院静や奥田瑛二の他に宮本輝とも遊交説」『噂の真相』
鹿賀丈史

1950-
門川 大作(かどかわ だいさく)

1950 政治家。京都府京都市長(第26代)、京都サンガF.C.顧問。
京都市教育長や、教育再生会議(安倍内閣)委員を務めた。
神田正輝


1950- 松田聖子と結婚し一女(神田さやか)子供をもうけたが離婚
来生たかお 1950-
シンガーソングライター。
木戸修
1950- 長女はプロゴルファーの木戸愛。
きよ彦


1950- 結婚して子供をもうけたが妻は病死
見城徹(けんじょう とおる) 1950- 角川書店編集者から幻冬舎代表取締役社長。現在、幻冬舎ルネッサンス会長など関連企業の役員や株式会社リストランテ・ヒロの取締役会長を務める。
尾崎豊と愛人関係。
小林眞 1950-
日本の政治家、元官僚。青森県八戸市長(3期)。    
三遊亭楽太郎
三遊亭圓楽 (6代目)
1950-


初名の三遊亭楽太郎(さんゆうていらくたろう)から師匠の名跡である6代目三遊亭圓楽を襲名。
タレントの伊集院光(門下当時は楽大)が「弟子時代に襲われたから落語家辞めてタレントになった」とか。
ピンクの着物。

在日
志村けん 1950- 元「ドリフターズ」 

独身

伊藤蘭
いしのようこと交際。
優香(ホモ説あるのばかりと次々交際報道)との交際報道。
2年間の同棲の後に内縁関係(事実婚)を主張して財産の半分を持っていった女性もいた。
『ダウンタウンDX』出演時に「高校生の頃から10人くらいと同棲経験がある」とコメントした。
川上麻衣子
渡辺美奈代
相田翔子
「志村けんがバラエティ進出中の女性歌手SILVAとデートの目撃情報」(01.04)
(在日)
舘ひろし 1950-

結婚。天海祐希(元宝塚)と交際報道。在日

小西良幸
ドン小西
1950- 自身のファッションブランド「d.k.f - Produced by Don Konishi」、「FICCE」、「YOSHIYUKI KONISHI」を持つ。小西良幸デザインオフィス代表、名古屋学芸大学メディア造形学部ファッション造形学科特別講師。2007年には出身地三重県の観光大使である「みえの国観光大使」に就任している。 ドン小西という名称は、フジテレビ「とくダネ!」のディレクターが命名した。[2]

アバンギャルドなファッションスタイルを提案し、一時期Gacktをブランドのイメージキャラクターに起用していた。東武鉄道の制服をデザインした。

中沢新一 1950-
仁井谷正充(にいたに まさみつ)

1950- ゲームクリエイター。『ぷよぷよ』を開発した株式会社コンパイル の創業者で社長。ペンネームはMoo仁井谷。「Moo」は諸行無常の「無」から取っているという。
1998年に倒産(和議申請)。その後も倒産を題材に『傷心?きずごころ』でCDデビューも果たすなど話題には事欠かなかった。
2002年にはコンパイル二度目の倒産(破産宣告を受ける)。翌年、再建は断念し有限会社アイキに権利を譲渡すると、コンパイルは解散した。
その後有限会社アイキの代表取締役社長に就任するが、現在はアイキ自体停止している模様。また、デジタルエンタテインメントアカデミー、代々木アニメーション学院にて講師を務めていた(現在、デジタルエンタテインメントアカデミーは閉校、代々木アニメーション学院の講師からは名前を削除された。現在はアキバ分校プログラミング科に在籍している。)。
西村修平 1950-
萩原健一 1950-

いしだあゆみ結婚離婚 
「『影武者』撮影時、ショーケンと室田日出男が関係」説。

坂東玉三郎

1950- 「01/11 坂東玉三郎のホモセクハラ弟子が玉三郎公演中に自殺予告で警察出動説」『噂の真相』
久石譲 1950-

作曲家・編曲家・指揮者・ピアニスト。長女は歌手の麻衣。

平山秀幸 1950- 映画監督。
1990年『マリアの胃袋』で監督デビュー。
1992年『ザ・中学教師』で日本映画監督協会新人賞を受賞。
1995年の『学校の怪談』が大ヒット。その後、人気シリーズへと発展し、『学校の怪談2』と『学校の怪談4』を監督する。
1998年『愛を乞うひと』でモントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞、日本アカデミー賞最優秀監督賞、毎日映画コンクール監督賞、キネマ旬報監督賞など、国内外で69の映画賞を受賞。アカデミー賞外国語映画賞日本代表。
2001年『ターン』で富川国際ファンタスティック映画祭最優秀監督賞受賞。
2002年『笑う蛙』で毎日映画コンクール監督賞、ヨコハマ映画祭最優秀監督賞受賞。『OUT』で日本アカデミー賞優秀監督賞、高崎映画祭最優秀監督賞受賞。アカデミー賞外国語映画賞日本代表。
2010年『必死剣鳥刺し』モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション正式出品。『信さん・炭坑町のセレナーデ』パリKINOTAYO映画祭観客賞・最優秀映像賞受賞。

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」
竹野内豊
製作総指揮の奥田誠治、
監督の平山秀幸
脚本の西岡琢也、
脚本のグレゴリー・マークェット、
脚本のチェリン・グラック、
音楽の加古隆、
撮影の柴崎幸三、
編集の洲崎千恵子
藤田幸久(ふじた ゆきひさ) 1950 政治家。民主党所属の参議院議員(1期)。元衆議院議員(2期)。

アメリカ同時多発テロ「911」に関連する騒動
藤原万喜夫 1950- 1974年、東京電力入社。

http://www.tepco.co.jp/ir/tekiji/pdf/0704272-j.pdf
細川たかし 1950 三橋美智也に師事。2002年頃まではバーニングプロダクションに所属、その後は新栄プロダクションを経て、エフエンタープライズ系列の細川たかし音楽事務所に所属している。

歌手になるため、「1年で売れなかったら戻る」と約束して妻子を残し、北海道から上京した。1975年4月1日『心のこり』で歌手デビューする。第6回日本歌謡大賞で放送音楽新人賞を受賞する。伸びやかな高音と民謡で鍛えられた肺活量にて聞く者を圧倒させる。1985年には真狩村に「細川たかしを讃える碑」、1994年には「細川たかし記念像」(別名「歌う銅像」)が建てられる。『紅白歌合戦』(NHK)にはデビュー以来32回連続、通算で34回出場。民謡三橋流の名取であり、三橋美智貴(みはし みちたか)とも名乗り、2009年には芸歴35周年を迎えた。

松本純 1950- 麻生内閣で内閣官房副長官に就任。いつも麻生にベッタリ。
宮内淳 1950-

1975年から、テレビドラマ『太陽にほえろ!』(NTV)に田口刑事(= “ボン”)役でレギュラー出演し、一躍人気者となる。
大正製薬/リポビタンD(1977年 - 1980年) 「ファイトーッ!一発!」
山本譲二 1950-

山本譲二と五代目共政会
角川博は三代目?共政会元準講だったらしい
二人共あくまでも噂
山本譲二と五代目共政会は関係あります。当然、サブちゃんのところなので稲穂とも関係あります。

在日
浅田次郎

1951-
岩城滉一 1951- 山口組 在日
相賀昌宏(おうが まさひろ)

1951- 小学館第3代社長。一ツ橋綜合財団理事長。小学館第2代社長相賀徹夫の息子。祖父は小学館創業者の相賀武夫。
葛西聖司 1951-

NHKのエグゼクティブアナウンサー。
春日武彦
1951- 産婦人科医を6年務めた後、精神科医に転向、東京都立松沢病院勤務、東京都立墨東病院神経科部長などを経て、2007年東京未来大学教授。心理学に関するエッセイや小説を著している。漫画家の吉野朔実、歌人の穂村弘と親しい。

片桐裕(かたぎり ゆたか) 1951- 警察官僚。警察庁長官。

桂べかこ→三代目桂 南光

1951- 若井みどりに結婚を申し込んだけど年下だからと断わられたという
近田春夫 1951- スタイリストの近田まりこは元妻である。
小林薫 1951- 女優の中村久美は元妻。
酒井とおる 1951 酒井くにお・とおる
志垣太郎 1951- 白坂紀子と結婚
柴田恭兵 1951-
ジャンボ鶴田 1951-
笑福亭鶴瓶

1951- 「あのねのね」メンバーだった玲子と1974年に結婚、長女、長男がいる。
新宿流星会会長
在日
大地康雄 1951-
竹中平蔵 1951- 日本の経済学者、政治家、実業家。学位は博士(経済学)(大阪大学・1994年)。株式会社パソナグループ取締役会長、アカデミーヒルズ理事長、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授。
参議院議員(1期)、経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、総務大臣(第6代)などを歴任した。
和歌山県和歌山市にある商店街の下駄屋の次男として生まれる。「被差別部落出身で、アメリカの権力者は植民地の被差別者を利用して手先にして資産収奪をする」説がある。「アメリカのいいなりの経済政策を行っている」(=対米従属)批判殺到。
大学時代はマンドリンクラブに所属し、そこで津田塾大学に通っていた節子夫人と知り合い結婚した。
「小谷真生子キャスターと愛人関係」だとか、「彼女を植草一秀と取り合ったから復讐のために痴漢冤罪を仕掛けた」という噂が流された。
田中健 (俳優、ケーナ奏者)
1951-
長州力 1951-
在日
中村雅俊 1951- 女優・五十嵐淳子とのあいだに1男3女
名高達男


1951-
西尾かおるとの婚約と破棄で芸能スキャンダルで大騒動になったけど、後に女優中島ゆたかの姪と結婚
深見東州  1951-


神道系の新宗教団体「ワールドメイト」を創設。
リーダー・深見東州は、母が信仰していた世界救世教に幼少時から親しみ、その後、 大本教に転向する。同志社大学を卒業後、大和ハウス工業の営業マンだった1977年に、大本教と提携している銀座の道院紅卍字会で、根本宏に師事をする。その後、道院で、真光に接していたこともある植松愛子と出会う。植松愛子・深見東州それぞれが、霊的能力により、この出会いを神秘的なものと受け止める。1977年、深見が植松の内弟子となって、宗教的生活を開始する。
1988年、皇大神御社(すめらおおかみおんやしろ、旧称 皇大神社 すめらおおかみやしろ)を建立して総本部に定め、皇大神御社を中心に、会員参加型の祭祀・祭事(祭)や神事を行うようになる。団体名は、コスモコア、コスモメイト、パワフルコスモメイトという旧称も使用していた。団体名の改称は、団体自身の器が大きくなるにつれ、さらなる救済力や普遍性を発揮する組織に生まれ変わるという意味がある。また、リーダーの深見東州は、旧称を深見青山という。現在、西荻窪周辺を始め、日本国内17ヶ所のエリア本部と133ヶ所の支部、ニューヨーク、ロンドン他11ヶ所の海外支部など、計160箇所前後の支部がある。会員は約7万人(2009年8月時点)。
ペンネーム多数。宗教書、哲学書の執筆は深見東州、文芸書は戸渡阿見(ととあみ)、学術書は半田晴久(本名)として、ペンネームを使い分けている。以前は旧名・深見青山として出版していた。また、過去、宗教入門書を出版する際、ギャグ的要素を含め、一時、夏目そうしき、ピエール・ブツダン、美川憲二、フランソワーズ・ヒガン、三休禅師というペンネームも使用していた。深見はギャグの研究家でもあり、著書の中にも時折ギャグと思われる文章が見受けられる。
1993年、ワールドメイトの元会員と名乗る女性2名(下記の分派活動首謀者の、部下だったことが後日判明)は、セクシャルハラスメントを受けたとして、ワールドメイトリーダーに損害賠償を求める訴訟を横浜地方裁判所に提起した。 しかしその後、分派騒動を展開していた首謀者が、ワールドメイトリーダーの信用失墜を画策して企てた訴訟と判明。首謀者自筆の活動証拠文書も発見された。 ワールドメイトリーダーが原告に対し解決金を支払うこと、謝罪文や謝罪広告等一切ないこと、双方口外をしないこと等を定めた訴訟上の和解が成立。現在では分派活動の一環と分類されるこの訴訟では、首謀者に利用されて職を失った形の原告2名の今後を見かねて、請求額より多い解決金が支払われるという措置が取られた。司法筋によると、ワールドメイトリーダーはセクハラについて全面否定している。分派活動の終息以後、同様の事件は起きていない。

、「ホープ・ワールドワイド(Hope Worldwide)」(キリスト教系国際チャリティー組織)やカンボジア王国と協力し、24時間診療の無料病院(シアヌーク病院)への支援を継続的に行っている。
増田寛也(ますだ ひろや) 1951- 建設官僚、政治家。岩手県知事、総務大臣(第8代・第9代)、新しい日本をつくる国民会議副代表などを歴任。

父は参議院議員を務めた増田盛(ますださかり)。

岩手県知事在任中は、宮城県知事浅野史郎や三重県知事北川正恭などと並び、改革派知事の代表格として知られた存在であり、安倍改造内閣、福田康夫内閣、福田康夫改造内閣では知事出身の民間閣僚として地方再生に取り組んだ。

松田元(はじめ) 1951-
松任谷正隆 1951- 妻は松任谷由実。
田中美佐子、名取裕子と噂。
モト冬樹 1951- 在日
森山幸男(もりやま ゆきお 1951 芸能プロモーター。アーティストハウスピラミッド代表取締役社長。
1948年、ゆうせん企画に入社。1978年に独立し、アーティストハウスピラミッドを設立。「ロッテCMタレントは君だ!!」第2回優勝者の相川恵里を第1号タレントとしてプロデュース。その後、千堂あきほ、大塚寧々、鈴木紗理奈などのタレントを育て上げ、ブレイクさせていった。

プロデュースしたタレント
相川恵里
千堂あきほ
大塚寧々
鈴木紗理奈
安西ひろこ
熊田曜子
安田美沙子
夏川純
神戸蘭子
森田健(もりた けん) 1951- コンピュータソフト会社の経営者、不思議現象の研究者、ルポライター、SF作家。
富士通を経て、コンピュータソフト会社を経営。開発した通信ソフトにて郵政大臣賞を受賞。その後、不思議現象の研究者となる。
1996年社内に不思議研究所を設立し、国内外の不思議現象の調査を開始。 国内では霊能者、霊的治療師、物理研究家、科学者など、国外ではインド、フィリピン、中国にて、アガスティアの葉、サイババ、心霊治療、テレポーテーション、蘇生などを調査、科学的検証を行った。 「不思議エネルギーの世界」シリーズ出版。
1997年アメリカのモンロー研究所のヘミシンクセミナーに参加し、体外離脱を体験。中国にて道教の導師の元、道教の修行を4年間体験。1998~「不思議の科学」シリーズ発表。
1999年、船井総合研究所主催のフナイオープンワールドにて、中国の蘇生超能力者・孫儲琳(ソンチュウリン)を招いてジョイント講演を行う。
2000年、フナイオープンワールドにて、孫儲琳(ソンチュウリン)とモンロー研究所所長ローリー・モンローを同時に招いてのジョイント講演を行う。


1995年から毎年年1回(2004年のみ4月,10月の2回)二日間、パシフィコ横浜にて催されている精神世界系のイベント、フナイオープンワールド。2003年船井幸雄オープンワールドと改名。
森村泰昌
1951-
夢枕獏 1951-

柳本晶一 1951- バレーボール元選手(元全日本代表)・指導者。前バレーボール全日本女子チーム監督。現役時代のポジションはセッターで、テレビ中継のニックネームは全日本女子バレー 復活請負人。

北島三郎と柳本晶一
山下真司 1951-

子持ちの女性と結婚 その義理の息子が後に自殺

秋本治



1952- 結婚 代表作は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
渥美二郎 1952-

「ヤクザの子」説

井筒和幸 1952- 在日
沖雅也 1952- 「84/1 「ぐれえ」時代の沖雅也のパトロンはあの藤沢薬品工業幹部との噂が」『噂の真相』
草刈正雄 1952- モデルの大塚悦子と結婚し3児をもうける
「97/6 両刀説もある草刈正雄が年上の男色家と親しげに密会中の目撃談が多数」『噂の真相』
ケント・ギルバート 1952-
後藤次利 1952- シモンズの玉井タエと結婚離婚、木之内みどりと結婚離婚。堀ちえみが芸能界引退をしたのは後藤への失恋が理由と言われてる。また、工藤静香(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)も長く交際していた。河合その子と3度目の結婚。
坂本龍一 1952- 学生結婚をして子供をもうけた。
シンガーソングライターの矢野顕子と結婚、子供をもうけたが離婚。その子供が歌手の坂本美雨。
愛人との間に子供をもうけた。
中谷美紀(レズ説あり)と交際報道。
佐藤辰男(さとう たつお) 1952- 角川グループホールディングス代表取締役社長、アスキー・メディアワークスと角川ゲームス取締役会長。

山東一雅(さんとうかずまさ)
1952- http://person.naver.jp/1314740
経歴
明星食品株式会社代表取締役社長 就任 (2009年04月)
明星食品株式会社専務取締役 就任 (2008年06月)
明星食品株式会社常務取締役 就任 (2008年02月)
日清食品株式会社執行役員 就任 (2005年06月)
日清食品株式会社 入社 (1976年04月)
関西大学 商学部 卒業 (1976年03月)


ジョニー大倉 1952- 元キャロル

在日
清水健太郎 1952- 山口組後藤組
大前田一家の小田総長が面倒をみてましたよ
瀬戸弘幸 1952-
高橋幸宏
1952-
タケカワユキヒデ 1952- シンガーソングライター、作家である。ゴダイゴのメインボーカルであり、ほぼ全てのシングル曲の作曲者としても知られる。アメニティ所属。帝京大学客員教授。

1男5女の父親であり、1999年にはベストファザー賞を受賞、2001年には「娘を持つ父親のための本」を出版しベストセラーになる。5女のうち2人(三女の基、四女の愛)はT's COMPANYというユニットを組んでおり(愛は武川アイとしてソロデビューもしている)、近年は彼女達と一緒に"タケカワユキヒデ & T's COMPANY"として音楽活動することが多い。特に花王リーゼのCMソング「気分は上々」は人気を博した。この他にも、長女の唯と次女の誓によるT's FACTORYもある。さらに、T's COMPANYとT's FACTORYに妻の敦子と長男の暁を加えたT's FAMILYといったグループも存在する。また、NHK教育テレビ『天才てれびくん』の音楽プロデューサーや、TBSラジオ『こども電話相談室』のレギュラーとしても有名。

辻邦彦 1952- サンリオ代表取締役副社長

「サンリオの社長の辻信太郎、副社長の辻邦彦、常務の江森進は3人ともゲイで 菅直人や仙谷由人の愛人」説
土屋昌巳 1952-
寺脇研 1952- 文部科学省大臣官房審議官等を経て、広報調整官を最後に退官した。
カタリバ大学学長、京都造形芸術大学芸術学部教授、特定非営利活動法人日本映画映像文化振興センター副理事長、コリア国際学園理事。

官僚国家日本を変える元官僚の会
代表幹事 - 江田憲司(通商産業省脱藩・国会議員)(ホモ説)
副代表幹事 - 寺脇研(文部科学省脱藩・大学教授)(ホモ説)
幹事長 - 高橋洋一(財務省脱藩・大学教授)
幹事 - 上山信一(運輸省脱藩・大学教授)
幹事 - 福井秀夫(建設省脱藩・大学教授)
幹事 - 木下敏之(農林水産省脱藩・元市長)
発起人 - 岸博幸(経済産業省脱藩・大学教授)
発起人 - 石川和男(経済産業省脱藩・シンクタンク役員)
鳥嶋和彦 1952- 編集者、集英社専務取締役、小学館集英社プロダクション取締役。

編集者として多くの漫画家を発掘・育成しており、中でも鳥山明、桂正和の2人が当人達の成功もあり特に有名。

鳥山は『Dr.スランプ』の作中で、鳥嶋をモデルにしたキャラクターDr.マシリトを悪役として登場させている。名称は「トリシマ」を逆さに読んだものであり、以降、マシリトは鳥嶋のニックネームとなっている。Dr.マシリトは『ファミコンジャンプ 英雄列伝』(最終決戦の2人目の相手)や、後の『ジャンプスーパースターズ』『ジャンプアルティメットスターズ』にも登場している。『Dr.スランプ』の劇場版アニメには、Dr.マシリトが重要な役どころを担うものもある。

二宮雅也 1952- 日本興亜損保社長
野村将希 1952-
浜田省吾 1952- シンガーソングライター、ロックミュージシャン。愛称は「浜省(ハマショー)」または「省吾」。
1975年、愛奴のメンバー(ドラムス)としてプロ・デビュー。
デビュー時からサングラスがトレードマーク。
1976年にソロ・デビュー。メディア露出が極端に少ないものの、地道なライブ活動によって確実にファンを獲得。デビュー後数年間は、事務所からの方針により自らが目指す方向性を屈折させられ逡巡していた。その為、初期の頃は自分の生き方そのものへの懐疑を投げかけた楽曲が多く存在する。一般的に認知されているバラード楽曲の他にも父親の被爆体験から、日本や戦争を歌った楽曲も数多く存在し、いわゆるビッグネームの中では最もプロテスト色の強いアーティストである。また、「ロック=英語」という既成概念に疑問をもち、日本語による歌詞や歌唱にこだわった。このことは以降のミュージシャンにも大きな影響を与えた。

山口百恵、和田アキ子、能瀬慶子、甲斐よしひろ、松田優作、時任三郎、吉田栄作、榊原郁恵、真田広之、烏丸せつこ等、ホリプロ所属時代に多くの楽曲を提供している。


細野哲弘(ほその てつひろ) 1952 通産官僚。過去に、資源エネルギー庁長官、特許庁長官を歴任。
三浦友和 1952- 「宇津井健の愛人だった」説。山口百恵と結婚し二児をもうける
三沢淳 1952- 日本のプロ野球選手(投手)、野球解説者、政治家。元衆議院議員。
水谷豊 1952- 『熱中時代・刑事編』で共演したミッキー・マッケンジーと結婚するも離婚。『あんちゃん』、『事件記者チャボ!』などで共演した元キャンディーズの伊藤蘭と再婚、1女をもうけた
宮本茂

1952- ゲームクリエイター、任天堂専務取締役、情報開発本部長。現在は情報開発本部長として、同社のゲームソフト開発の中心的存在。任天堂を世界的大企業に押し上げた最大の功労者の一人である。
村上龍 1952-

妻子
帰化朝鮮人
山下大輔

1952- 元プロ野球選手(内野手)、監督、コーチ。
静岡に本社を置く病院・社会福祉施設向けリネンサプライ、介護用具レンタル・販売会社「ヤマシタコーポレーション」の創業家一族(兄が現社長)であり、山下自身も主要株主の一人である。その関係で2007年に東北楽天ゴールデンイーグルスが静岡の草薙球場でオープン戦を行った際には同社がメインスポンサーも務めている。
妻との間に子が3人(長男・長女・二男)いる。

吉幾三
1952-
和田圭 1952- 元妻は元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(2006年5月に離婚)。

甲斐よしひろ 1953-

元女優の竹田かほりと結婚し子供がいる

石井和義
石井教義(読み同じ)に改名
1953- 日本の空手家。正道会館宗師。立ち技格闘技イベントK-1の元プロデューサー・解説者。
「01/10 バイセクシャル説もあるK-1石井館長はジャニーズ系美少年が好み説」『噂の真相』
伊藤悟(いとう さとる) 1953 評論家、マルチアクティヴィスト。高等学校教師、予備校講師、ラジオパーソナリティ、著作家。自称、他称「ワニ(さん)」。
自らが男性同性愛者であることをカミングアウトし、セクシュアリティに関する様々な事柄を著書や講演などを通じて広く訴えた。男性同性愛者および女性同性愛者のための「すこたんソーシャルサービス」代表(旧「すこたん企画」主宰)を務め、電話相談・カウンセリング・ワークショップなどを行っている。
柏予備校、代々木ゼミナールなどで講師をつとめ、また、英語の大学受験参考書も執筆した。
現在『ビッグイシュー日本版』で、テレビ放送についての連載コラム「テレビうらおもて」も執筆している。
趣味として、ビルボード上位100曲の完全収集をおこなう。
岩井隆之 1953-
ウガンダ・トラ

1952-2008 元コミックバンド「ビジーフォー」 タレントのラッシャー板前(たけし軍団)(在日)の妻の姉と結婚したが離婚
岡田克也 1953- 元官僚。自由民主党竹下派の新人候補として出馬。自民党離党後新党ブームで支持を得て新生党から出馬した第40回衆議院議員総選挙ではトップ当選、以後選挙に強くなった。細川内閣・羽田内閣に参加後、鳩山由紀夫内閣で外務大臣に就任した。
3人の子供がいる(長女・長男・次男)
角川博

1953- 1980年、女優の津山登志子と結婚、1996年、離婚。 1999年、演歌歌手の沢田綾と再婚。
山本譲二と五代目共政会
角川博は三代目?共政会元準講だったらしい
二人共あくまでも噂
北川直樹 1953- 実業家、プロデューサー。現在ソニー・ミュージックエンタテインメントの代表取締役を勤める。

1977年 - CBSソニー名古屋営業所入社。
1979年 - 東京本社に転勤し、同グループESA&R1部課長、エピックソニー次長等を歴任する。
1993年 - ソニー・ピクチャーズエンタテインメント宣伝部に出向。洋画作品の宣伝に携わる。
1998年 - ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ(当時はSMEJ Associated Records)の立ち上げに携わる。
2000年 - ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ プレジデント就任
2001年 - ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ 代表取締役執行役員社長就任
2004年 - ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレートエグゼクティブ就任
2007年 - ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレートエグゼクティブCEO就任
2011年 - 日本レコード協会 会長就任



企画・製作・プロデュース

映画
鉄コン筋クリート(2006年・エグゼクティブプロデューサー)
アジアンタムブルー(2006年・製作)
犬神家の一族(2006年・製作)
クワイエットルームにようこそ(2007年・エグゼクティブプロデューサー)
天使の卵(2007年・製作)
河童のクゥと夏休み(2007年・製作)
ピューと吹く!ジャガー いま、吹きにゆきます(2008年・製作)
デトロイト・メタル・シティ(2008年・製作)
あの空をおぼえてる(2008年・製作総指揮)
罪とか罰とか(2009年・製作)
レイン・フォール/雨の牙(2009年・エグゼクティブプロデューサー)
東のエデン 劇場版I The King of Eden(2009年・製作)
東のエデン 劇場版II Paradise Lost(2010年・製作)
パーマネント野ばら(2010年・製作)
告白(2010年・製作)
悪人(2010年・製作)
カラフル(2010年・製作)
BECK(2010年・製作)
裁判長!ここは懲役4年でどうすか(2010年・製作)
星守る犬(2011年・製作)
僕たちは世界を変えることができない。But we wanna build a school in Cambodia.(2011年・製作)
モテキ(2011年・共同製作)
friends もののけ島のナキ(2011年・製作)
ワイルド7(2011年・製作)
逆転裁判(2012年・製作)
ガール(2012年・製作)
シグナル?月曜日のルカ?(2012年・製作)

テレビアニメ
人造人間キカイダー THE ANIMATION(2000年・企画)
金色のコルダ?primo passo?(2006年・企画)
ハチミツとクローバーII(2006年・製作)
働きマン(2006年・製作)
天保異聞 妖奇士(2006年・企画)
のだめカンタービレ(2007年・製作)
週刊美肌一族(2008年・製作)
西洋骨董洋菓子店 ?アンティーク?(2008年・製作)
のだめカンタービレ 巴里編(2008年・製作)
源氏物語千年紀 Genji(2009年・製作)
東京マグニチュード8.0(2009年・製作)
空中ブランコ(2009年・製作)
のだめカンタービレ フィナーレ(2010年・製作)
四畳半神話大系(2010年・製作)
海月姫(2010年・製作)
フラクタル(2011年・製作)
C(2011年・製作)
うさぎドロップ(2011年・製作)
UN-GO(2011年・製作)
テルマエ・ロマエ(2012年・製作)
坂道のアポロン(2012年・製作)

OVA
デトロイト・メタル・シティ(2009年・製作)
国広富之 1953- 水沢アキと婚約してたけど、国広富之が別の女性と旅行に行ったことがバレて破局。
女性と結婚して、娘をもうけて、モデルの谷内里早となる。
車田正美 1953-

『リングにかけろ』『聖闘士星矢』
小関順二 1953-
小林よしのり


1953- 結婚 結婚後も女性の愛人多数
薦田康久(こもだ やすひさ) 1953- 通産官僚。原子力安全・保安院長。

志賀俊之(しが としゆき) 1953- 日産自動車代表取締役COO。日本自動車工業会会長(2010年5月20日 - 2012年5月16日)経験後は同副会長(2012年5月17日 - )。CHAdeMO協議会会長も務める。

苫米地 司(とまべち つかさ)

1953 工学者。北海道工業大学学長。日本雪工学会副会長、日本雪氷学会北海道支部理事、雪センター技術検討委員会副委員長。
中川昭一 1953-2009 農林水産大臣、科学技術庁長官を務めた中川一郎は父。参議院議員中川義雄は叔父。
衆議院議員(8期)、農林水産大臣(第27・41代)、経済産業大臣(第3・4・5代)、財務大臣(第10代)、内閣府特命担当大臣(金融担当)などを歴任した。
盟友の安倍内閣成立。盟友の麻生内閣の成立。特に麻生とは仲が良かった。
G7もうろう記者会見による失脚。議員落選と死去。
既婚で娘がいる。
浜田和幸(はまだ かずゆき) 1953- 政治家、国際政治経済学者。国民新党所属の参議院議員(1期)。国民新党の政務調査会長。外務大臣政務官(野田内閣)。

松平健 1953- 大地真央(元宝塚。レズ説あり)と結婚離婚 松本友里と再婚し子供をもうける
「98/9 原宿の「M」で北大路欣也と松平健が何と手を握りあっていたとのウワサ」『噂の真相』
勝新太郎・・・松平健
村下孝蔵(むらした こうぞう) 1953-1999 シンガーソングライター。『初恋』『踊り子』『ゆうこ』『陽だまり』などのヒットで知られる。

1999年に死去。46歳没。




森昌行(もり まさゆき 1953 実業家・芸能プロモーター、映画プロデューサー、テレビ演出家。現在はオフィス北野代表取締役社長。タレント・ビートたけしを中心とするタレントのマネージメントと映画監督・北野武のプロデュースを行っている。
山本浩 1953- 元NHKエグゼクティブアナウンサー、解説委員(スポーツ・体育分野担当)。サッカー実況のカリスマの異名をとる。
渡辺香津美 1953-
安倍晋三 1954- 妻は森永製菓社長令嬢の安倍昭恵。子供はいない。妻が在日で創価学会説あり。
池田大作、小泉純一郎とも関係ありとか。
井沢元彦 1954-
石田純一

1954- 元NHKアナウンサーの石田武の長男。
1991年には隠し子騒動があり、かつて学生結婚した女性との間に息子の存在が発覚したことがある。その息子がいしだ壱成である。
1回目は、星川淳(作家・翻訳家)の妹と学生結婚し、いしだ壱成(俳優・ミュージシャン)をもうけた。
2回目の相手、松原千明との間には、娘のすみれ(モデル)がいる。
長谷川理恵と不倫騒動で離婚。
2009年にプロゴルファーの東尾理子と交際宣言し同年9月29日のロンドンハーツで東尾と2010年春に結婚することを発表したが、同年12月12日に見事入籍した。
伊東たけし
1954- フュージョンミュージシャン。サキソフォーン、ウインドシンセサイザー、フルートプレイヤーである。プレイ・スタイル、サウンドはデイヴィッド・サンボーンから影響を受けている。

奥山和由(かずよし) 1954- 「91/12 ヘア丸出しの本木雅弘がなんと松竹の奥山ジュニアとホモ関係の仰天説」『噂の真相』
カルロス・ゴーン 1954-
黒岩祐治
(くろいわ ゆうじ
1954 政治家、元ニュースキャスター。神奈川県知事(民選第17代)。
フジテレビ報道記者・解説委員、新報道2001キャスター、国際医療福祉大学客員教授、早稲田大学大学院公共経営研究科講師、新しい日本をつくる国民会議運営委員を務めた。

小杉善信(こすぎ よしのぶ) 1954- 日本テレビ放送網取締役常務執行役員・編成・制作・スポーツ・情報エンタティンメント局担当。前職は日テレ・グループ・ホールディングス取締役兼日テレアックスオン社長、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。元チーフプロデューサー。

斉藤敏豪 1954- テレビ演出家、スーパーバイザー。「オフィスぼくら」副社長を経て、制作プロダクション「ファクト」所属。通称「ヘイポー」。

佐々木正洋

1954- テレビ朝日のアナウンサー。
鈴木郷史(さとし) 1954-
ポーラ・オルビスホールディングス 社長
西田ひかるを愛人にしていると『週刊文春』で報道された。
高田純 (物理学者) 1954- 物理学者。理学博士。札幌医科大学医療人育成センター教養教育研究部門教授。非政府組織・放射線防護情報センター代表。日本会議北海道本部理事。「日本シルクロード科学倶楽部」会長。日本放射線影響学会所属、日本保健物理学会所属。

弘前大学理学部物理学科卒。広島大学大学院理学研究科(核実験)博士課程前期修了、同課程後期中退。鐘淵化学工業中央研究所、シカゴ大学ジェームス・フランク研究所、京都大学化学研究所、イオン工学研究所、広島大学原爆放射線医科学研究所、京都大学原子炉実験所を経て、2004年より現職。東京都出身。

田順三 1955- TKC全国会
高円宮憲仁(たかまどのみやのりひと)親王 1954-2002 『週刊新潮』2002.12.12「Funny Girl 殿下も訪れた「ママひげ」30周年 
※銀座のゲイバーの30周年記念パーティと、以前訪れた高円宮憲仁殿下」


http://ameblo.jp/vivian1635/entry-11350055146.html<BR>
===
皇族の中に創価スパイがいた = 故高円宮 <BR>
この男は、大鳳会が支配する外務省天下り機関(日本海外交流基金)に在職中、
職場の大鳳会メンバーを通じて創価在日圏のセックス産業の罠にハメられた。
外務省=小和田恒・勢力は、高円宮の手引きで手下を赤坂敷地に侵入させ、両陛下の知らない間に皇太子を拉致し、鴨場へ広義の強制連行した。<BR>
===
高見沢俊彦

1954- アルフィー
津島恭一(つしま きょういち) 1954 政治家、衆議院議員。民主党所属。 曽祖父は元衆議院議員・貴族院議員の津島源右衛門。祖父の兄に青森県知事や衆議院議員を務めた津島文治。祖父の弟は作家の太宰治、その婿養子である元衆議院議員津島雄二(自由民主党津島派(現:額賀派)の領袖)も遠戚にあたる。
デーブ・スペクター 1954-

1976年、副業で日本人の旅行案内員をしているときに、後に結婚する京子とロサンゼルスのホテルニューオータニロサンゼルス(現在はニューオータニグループより離脱)で出会う。京子はホテルでコンシエルジュとして働いていた。その時デーブは憧れていた加山雄三から取ったユウゾウと名乗っていた。1981年に結婚し、1983年に活動拠点を東京に移す。京子との間に子はいない。姉が1人いる。
長く妻と共にヒルトン東京に長期滞在し、ホテル生活は十数年に及んだ。現在は自ら社長を務めるスペクター・コミュニケーションズ(紀尾井町)が入居するビル最上階の自宅兼仕事場に住んでいる。

CIAのスパイ説
広井王子 1954- 漫画、アニメ、テレビゲームなどの原作を手掛けるマルチクリエイター、舞台演出家、レッド・エンタテインメント顧問、金沢工業大学客員教授。著名な作品は、『サクラ大戦シリーズ』・『魔神英雄伝ワタルシリーズ』。

2010年10月、AKB48・チームKキャプテンの秋元才加との“お泊りデート”を週刊文春に報じられ、秋元はキャプテンを引責辞任する騒動になった(のち復帰)。これについてはブログで「そんな関係じゃない。いくら何でも56歳のジジイとデートじゃ彼女がかわいそうだ」と否定。「今をときめくAKB48のメンバーと仕事をしているという自覚が足りなかった」と謝罪している。

平岡秀夫(ひらおか ひでお 1954 大蔵官僚、弁護士、政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)、リベラルの会代表世話人。民主党総務委員長。
内閣法制局参事官、内閣府副大臣(菅内閣)、総務副大臣(菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)、法務大臣(第88代)を歴任した。

平野達男(ひらの たつお) 1954 農林官僚、政治家。学位は修士(アイオワ州立大学)。参議院議員(2期)。復興大臣(初代)、東日本大震災総括担当大臣。
参議院農林水産委員長、参議院予算委員長、内閣府特命担当大臣(防災担当)などを歴任した。

渕正信(ふち まさのぶ)

1954- 全日本プロレス所属レスラー兼同社取締役。
古舘伊知郎
1954-
堀井雄二 1954-
作家、ゲームデザイナー。
1980年から『月刊アウト』(みのり書房)で読者投稿コーナーを担当。1982年から「ゆう坊のでたとこまかせ」を開始し、人気を博す。同年、友人で『週刊少年ジャンプ』の編集者鳥嶋和彦からエニックスの第1回ゲーム・ホビープログラムコンテストの取材を依頼されたのを機に、自らもPC-6001で自作した『ラブマッチテニス』を応募し、入選プログラム賞を取る。コンテストの授賞式で森田和郎や中村光一と知り合う。
1983年にパソコンのアドベンチャーゲーム『ポートピア連続殺人事件』を手がけ、ゲーム界に名を知られるようになる。この年、エニックスは堀井雄二、中村光一らをアメリカで開催されたアップル関連の見本市「アップルフェスト」に派遣している。
1985年から『週刊少年ジャンプ』で「ファミコン神拳」というコーナーを、ゆう帝というペンネームで、1986年からは『ログイン』でゲームに関するエッセイの連載を持つ。また、1985年にさくまあきらが中心となって創刊された新人漫画家発掘誌『マンガハウス』に編集者として関わっている(1987年に廃刊)。
1986年に「ファミコン初の正統派RPG」である『ドラゴンクエスト』を発表。以後同シリーズは現在まで、堀井の手により続いている。
正木正明
1954-
創価大学法学部卒業。新宗教団体創価学会理事長。
1954-
宮島秀司 1954- 「99/5 ブロックブッキング放棄の松竹におすぎの元恋人説の宮島秀司が役員へ」『噂の真相』
三善英史 1954-
森雪之丞 1954-
森岡謙仁(けんじ) 1954- アーステミア有限会社 代表取締役
山内としお 1954- オフィス斉藤所属の俳優。

ABCテレビ系時代劇シリーズ『必殺仕事人』で藤田まこと演じる中村主水の上司「おかまの田中様」こと筆頭同心田中役で人気を博した。

同じ事務所の先輩であり、共演も多い藤田とは、公私共に付き合いが長かった。

歌手ではないが映画『必殺! III 裏か表か』の宣伝番組で『江戸プロフェッショナル・必殺商売人 』の主題歌「夢ん中」を歌い、意外な歌唱力を披露している。

舟木一夫と関係説
山本達彦 1954-

青島広志 1955- 作曲家。1980年、東京芸術大学大学院を首席で修了。主に合唱曲・歌曲・管弦楽曲等を作曲。作曲家の他にもピアニスト・司会者・イラストレーター・少女漫画研究家として活躍するマルチタレント。テレビへの出演も多い。東京芸術大学・都留文科大学・都立芸術高校各講師、東京室内歌劇場運営委員、日本現代音楽協会、作曲協議会会員。

明石家さんま

1955 吉本興業 
死別した夫との間に子供がいる大竹しのぶと結婚し一児をもうけたが離婚
石田千尋
1955-
伊藤博英(いとう ひろひで)
1955 NHKのエグゼクティブアナウンサー(局次長級)。
江川卓

1955- 元プロ野球選手、野球解説者。妻は航空会社の元客室乗務員。ウリセンに暴露された。
大口善徳 1955- 「ホモビデオ会社の顧問弁護士」説
掛布雅之

1955- 『FRIDAY』1985.11.01「阪神・掛布選手と“男性”の親密関係発覚!結婚式にも出た「お気に入り」がゲイバーに」
妻子
篠田謙一 1955-
京都大学理学部卒業。博士(医学)。
佐賀医科大学助教授を経て現在国立科学博物館人類史研究グループ長。
専門は分子人類学。
日本や周辺の諸国の古人骨DNA解析を進めて、日本人の起源を追求しているほか、スペインによる征服以前のアンデス先住民のDNA研究から、彼らの系統と社会構造について研究している。

田中康男 1955- IBC岩手放送元アナウンサー。

西村和平 1955- 兵庫県加西市市長
金子修介(かねこ しゅうすけ) 1955- 映画監督。
1995年、『ガメラ 大怪獣空中決戦』で映画芸術誌邦画ベスト10で第1位、1996年に『ガメラ2 レギオン襲来』で第17回日本SF大賞を受賞。

父は「アメリカはベトナムから手を引け」等の反戦ゼッケンを、8年もの間、胸に付けて通勤し続けた金子徳好、母は切絵作家の金子静枝、弟の金子二郎は脚本家である。
小池修一郎 1955-
宝塚歌劇団の劇作家・舞台演出家。宝塚歌劇団以外にも、 『エリザベート』
1996年にJALのCAと結婚している。
郷ひろみ

1955- 松田聖子と交際破局 二谷友里恵と結婚し二女をもうけるが離婚 お嬢様と結婚離婚

延田繋がりで宅見組にべったり
郷ひろみの所属事務所は後藤組系

ジャッキー・チェンと郷ひろみ、深夜の六本木で密会!! それからすぐだったな郷が結婚したのは。
柘植久慶が本で書いているパリで美少年と飯を食っていたホモ芸能人というのは郷の事。
在日
西城秀樹 1955-

初代宅見組
父親が在日パチンコ屋
西城秀樹の実姉が、宅見氏の愛人。昔、千日前の宅見本部ビル1Fで、花屋をされてました。宅見氏と知り合われる前は、初代大日本正義団の吉田会長の愛人でした。 西城の姉は他、クラブ西城、ステーキ西城、等あります。
長谷川理恵と交際したが破局。妻子
在日
佐野史郎 1955- 1992年、テレビドラマ『ずっとあなたが好きだった』の桂田冬彦を演じたことで広く知られるようになり、「冬彦さん」と言えばマザコン男性を意味するようになるほどのブームを生んだ。正統派演技から、知的ながらもどこか狂気を宿した演技、軽い感じのコミカルな演技まで幅広く得意とする。
妻の石川真希は状況劇場出身の女優で、かつて率いていたバンド「タイムスリップ」のボーカルである。夫婦でコマーシャル出演を果たしたこともある。
春風亭小朝 1955- 1970年4月、5代目春風亭柳朝に入門(前座名は「小あさ」)。2番弟子となる。昼間は高校に通いながらの前座生活であった。

1987年、初代林家三平の次女・泰葉と結婚。2007年、妻・泰葉と離婚。

===
小朝は師匠の五代目柳朝の稚児だったよ。
出稽古つけて貰っていた三代目志ん朝にはとても寵愛されたらしい。
話で演る女の艶っぽい喋りや仕草は志ん朝そっくり。
===
下条みつ(しもじょう みつ)


1955 政治家。衆議院議員(3期)。羽田グループに所属。

父方の祖父は文部大臣を務めた下条康麿、母方の祖父は経団連初代会長を務めた石川一郎。父は厚生大臣を務めた下条進一郎。
辻泰弘(つじ やすひろ)

1955 民主党所属の参議院議員(2期)。
佐村信哉 1955- 株式会社ニッセンホールディングス代表取締役社長 就任 (2011年12月)
松山千春
1955-
中島みゆき(レズ説あり)と交際報道。結婚して子供がいる
会津小鉄会
在日
千代の富士

1955- 伊太利屋っていうブランドの社長がスポンサー
結婚
所ジョージ 1955-

妻はもともと行きつけのスナックのママであり、現在は『ブンブーンクッキング』の著者、また所の事務所であるティヴィクラブ社長でもある芳賀文子。妻の性に改名。二女の父。
創価学会
鳥山明 1955- 妻子
中野浩一

1955- 元競輪選手。夫人は歌手のNAOMI(小久保尚美)。
中村勘九郎(かんくろう)(五代目)
中村勘三郎(かんざぶろう) 十八代目)
1955- 藤山直美との付き合いは、歌舞伎公演がほぼ松竹の独占的状況で行われている関係で、双方の親の代から誼を通じていたことによる(父親の項を参照)。歌舞伎以外の人脈も、そこから派生して広がり、現在は勘三郎自身が開拓したものも少なくない。
交友は幅広く、宮藤官九郎、明石家さんま、佐藤浩市、立川談志、笑福亭鶴瓶と非常に仲が良い。
フジテレビ系列「しのぶ・えり子のふ・ふ・ふ」(MC・大竹しのぶ、渡辺えり子)に出演。若い頃、ミュージカルで共演した大竹しのぶを「大好きになっちゃって」と、懐古話として出来る、オープンでありながら他人のプライドやプライバシーを侵害しない、紳士的な一面も見せる(当時、大竹しのぶも薄々勘九郎の自分への想いに気付いていた模様)。大竹は「(渡辺も含め)こうやって昔の話が出来る友達って、素敵ですよね。…青春でしたよね。」と語り、笑っていた。
明石家さんまによると、女優の穂花のファンであるとのことである。


妻 中村好江(七代目中村芝翫の娘)
子 六代目中村勘九郎
二代目中村七之助
中村芝雀 (7代目) 1955-
広瀬光治 1955-

南条弘二 1955-
野田秀樹 1955- 俳優、劇作家、演出家。多摩美術大学教授。東京芸術劇場芸術監督。

1986年に劇団夢の遊眠社所属の女優竹下明子と結婚するが90年代半ばに離婚する。
舞台『真夏の夜の夢』(1992年)で知り合った大竹しのぶと5年にわたる同棲生活をおくるもその後破局する。
2005年12月に女優・歌手の藤田陽子と再婚、2009年に第1子が誕生した。
長谷川初範(はせがわ はつのり)
1955 俳優。ケイダッシュ所属。
愛称は「ショパン」。
花村満月 1955- 1989年、デビュー作の『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞。
1998年、『皆月』で、第19回吉川英治文学新人賞。
1998年、『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞受賞。
2009年、花園大学客員教授に就任。

映画化作品リスト
『XX(ダブルエックス)−しなやかな美獣−』 (原作:『紫苑』 監督:小沼勝 主演:嶋村かおり 1996)
『イグナシオ』 (原作:『聖殺人者イグナシオ』 監督:田中昭二 主演:いしだ壱成 1996)
『セラフィムの夜』 (原作:同名 監督:高橋伴明 主演:大沢逸美 1996)
『猫の息子』 (原作:同名 監督:柏原寛司 主演:青木伸輔 1997)
『なで肩の狐−凶殺−』 (原作:『なで肩の狐』 監督:渡辺武 主演:椎名桔平 1999)
『皆月』 (原作:同名 監督:望月六郎 主演:奥田瑛二 1999)
『紅色の夢−CRIMSON DREAM−』 (原作:『紅色の夢』 監督:中田昌宏 主演:夏生ゆうな 2002)
『ゲルマニウムの夜』 (原作:同名 監督:大森立嗣 主演:新井浩文 2005)

フィリップ・トルシエ 1955-

結婚 養女
「99/10 サッカー日本代表のトルシエ監督は外人専門ホモバー「G」常連客との噂」『噂の真相』
「99/11 トルシエが契約時に選手に手を出さない旨の契約を交わしたとのマル秘情報」
堀尾正明 1955-

フリーアナウンサー、ニュースキャスター、司会者、日本体育大学客員教授、エフエム戸塚取締役。元NHKエグゼクティブアナウンサー(局次長級)。
三橋順子(みつはし じゅんこ 1955 性別越境(トランスジェンダー)の社会・文化史研究家である。戸籍上の性別は男性。
2000年に中央大学文学部の講師(社会学)に任用され、蔦森樹(琉球大学)とともに、日本で最初のトランスジェンダーの大学教員となった。中央大学社会科学研究所客員研究員、戦後日本〈トランスジェンダー〉社会史研究会幹事などを歴任し、2005年にはお茶の水女子大学非常勤講師として専論講座としては日本初となる「トランスジェンダー論」の講義を担当した。2011年現在、国際日本文化研究センター共同研究員、早稲田大学ジェンダー研究所嘱託研究員、都留文科大学、明治大学、東京経済大学、群馬大学(医学部)非常勤講師。 文献調査・分析による歴史学的手法、聞き取り調査・フィールドワークなどの社会学的手法をもとに、性別越境者としての多彩な体験を加味した研究を行っている。主な研究領域は、性別越境の社会・文化史だが、最近は買売春の社会史など、日本の性社会・文化史全般に広がっている。
村尾信尚 1955- 大蔵省、三重県知事に立候補して落選、関西学院大学教授(東京事務所)に就任し、テレビ等でコメンテーターを務める。2006年10月より、日本テレビ系列「NEWS ZERO」のメインキャスター(アンカーマン)を務めている。菅と小沢の愛人
ラサール石井 1955- コント赤信号。既婚。
渡辺裕之 1955- 女優の原日出子は一子いたけど、結婚。 在日


あいざき進也
1956-
秋元康 1956- 元「おニャン子クラブ」高井麻巳子と結婚、子供あり
石橋凌 1956-

原田美枝子と結婚し三児をもうける
泉麻人 1956- 娘はフリーライター・コラムニストの朝井麻由美
江口寿史(えぐち ひさし) 1956 漫画家、イラストレーター。妻は元アイドルの水谷麻里。
江田憲司 1956- 元通産官僚。村山内閣当時の通商産業大臣秘書官事務取扱として橋本龍太郎通産大臣に仕えたことがきっかけとなり、橋本内閣成立時に橋本首相の政務担当内閣総理大臣秘書官(首席秘書官)に現役官僚から異例の抜擢を受ける。当時39歳の若さであったことも注目を集めた。橋本首相の下で中央省庁再編や金融改革等、重要案件の調整にあたるなど活躍し、橋本内閣総辞職と同時に退官する。一部では「官邸の森蘭丸」とも呼ばれた。
自由民主党→無所属→みんなの党
結婚して子供をもうけた。



官僚国家日本を変える元官僚の会
代表幹事 - 江田憲司(通商産業省脱藩・国会議員)(ホモ説)
副代表幹事 - 寺脇研(文部科学省脱藩・大学教授)(ホモ説)
幹事長 - 高橋洋一(財務省脱藩・大学教授)
幹事 - 上山信一(運輸省脱藩・大学教授)
幹事 - 福井秀夫(建設省脱藩・大学教授)
幹事 - 木下敏之(農林水産省脱藩・元市長)
発起人 - 岸博幸(経済産業省脱藩・大学教授)
発起人 - 石川和男(経済産業省脱藩・シンクタンク役員)
榎木孝明

1956- 女優の鈴木輝江と結婚。
大川 隆法
おおかわ りゅうほう
1956-
日本の宗教家。
幸福の科学グループ創始者 兼 総裁、宗教法人・幸福の科学総裁、幸福実現党創立者 兼 名誉総裁、幸福の科学学園創立者、HS政経塾名誉塾長。 
   
奥田誠治 (映画プロデューサー) 1956-

日本テレビ放送網株式会社コンテンツ事業局長代理兼同局映画事業部エグゼクティブプロデューサー、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団評議員。以前は、編成局映画センター長兼映画編成部長兼映画事業部長。
1980年に日本テレビ入社。同社編成部を経て1984年から同社映画事業部に配属され、『金曜ロードショー』のプロデューサーとして放映権の買い付けを担当していたが、1984年、『風の谷のナウシカ』のテレビ放送をきっかけに宮崎駿たちと知り合う。以後、同番組において全てのスタジオジブリ作品をプロデュース。それまでは特にアニメファンではなかったが、宮崎たちの人柄に惹かれて『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『猫の恩返し』『ハウルの動く城』などの製作に参加。家族ともどもジブリ作品の登場人物等のモデルにされている。Production I.Gの押井守作品も支援。実写作品では『ALWAYS 三丁目の夕日』、『デスノート』などでエグゼクティブプロデューサーを務めている。
2001年から現職。第10回AMDアワード総務大臣賞、第25回藤本賞特別賞などを受賞。
大河内浩(おおこうち ひろし) 1956- 俳優。プロダクション人力舎所属。

大友康平
1956- 「HOUND DOG」(ハウンド・ドッグ)の元ボーカリスト、タレント、俳優。
桑田佳祐


1956- サザンのメンバー原由子と結婚し2男をもうける 在日
剛竜馬


1956- 結婚離婚
『アサヒ芸能』2003.01.30「「プロレスバカ」剛竜馬がひったくり逮捕 「ホモビデオ出演」「失踪」の転落人生!
※金に困っていた引退後
小林邦昭
小林邦明
1956- 元プロレスラー。関係者の間では「サンペイちゃん」の愛称で親しまれる。

定岡正二

1956- 浅野ゆう子(ホモ説あるのばかりと交際)との交際説あり いまだに独身であり、結婚歴もなし。とんねるずに理想の女性のタイプを聞かれて「鈴木京香(ホモ説あるのばかりと交際)」。
島田紳助 1956-

吉本興業 妻子 
熊田曜子と交際報道。
山口組極心連合会
五代目山口組・渡辺組長から時計を貰うほどの仲

愛人説
ほしのあき
小林麻耶
高木美保
里田まい
水野裕子
山口もえ
ユンソナ
MEGUMI
島崎和歌子
若槻千夏
細木美和
熊田曜子
吉田真由子
新妻さと子
藤原紀香(元愛人)
飯島愛(元愛人)

在日
辛坊治郎 1956- ニュースキャスター・元アナウンサー。讀賣テレビ放送(ytv)理事・報道局次長(局長待遇)・報道局解説委員長・芦屋大学客員教授。
末松義規
(すえまつ よしのり)
1956 政治家。元外交官。民主党所属の衆議院議員(5期)。復興副大臣兼内閣府副大臣(野田改造内閣)。
内閣総理大臣補佐官、内閣府副大臣(菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)などを歴任。

菅良幸(すが よしゆき) 1956- 脚本家。兵庫県出身。主にアニメの脚本、シリーズ構成を中心に担当している。日本脚本家連盟会員。
主に少年誌の漫画を原作とするアニメの脚本を担当する。
宅麻伸 1956-

賀来千香子(レズ説あり)と結婚
93・3賀来千香子と婚約した俳優の宅麻伸が所属事務所社長とも愛人関係の噂
賀来さん 93・5宅間伸との結婚があやしくなった賀来千香子に堤清二との交際歴の噂
94・4賀来千香子と結婚した宅麻伸は未だ所属のアイ企画社長との関係続行説
98・2ホモ説の宅麻伸と結婚した賀来千香子は了解ズミで堤清二と交際中の噂
天知茂・・・・宅麻伸
竹中直人

1956-
後藤次利と離婚した木之内みどりと結婚し二児をもうける
田代まさし
1956-
田中康夫 1956- 離婚歴が1回あるがその後独身。女性関係の奔放さを著作に書きまくり、政治家になったら女性政治家から直接徹底批判された。
永谷泰次郎 1956-

永谷園代表取締役専務兼、永谷園生姜部顧問

長渕剛 1956- 1981年、石野真子と結婚。1983年、長渕のDV(家庭内暴力)が決定的理由で離婚。
1987年、元女優の志穂美悦子と再婚。 志穂美との間に娘と息子がいる。長女の長渕文音が女優デビューした。
国生さゆり - 嘗て、ドラマの共演から不倫関係を報じられたことがある。
清水美砂 - ドラマの共演から不倫関係を報じられたことがある。
『ダイアネティックス』という本に感銘を受けた!と言うけど、これはアメリカの新興宗教サイエントロジーの系列で、サイエントロジーとは矯正宗教で隠れホモの偽装結婚だらけで有名。

ライフスペースにつながる芸能人・・・・長渕さん 湯川さん 田中健さん MASAYAさん 喜多郎さん
鍋島修(なべしま おさむ) 1956- アニメーター、アニメーション監督である。
デビュー作はテレビ『ゲッターロボG』。スタジオZ、スタジオno.1で金田伊功と共にする。アクション系の作画を得意としていた。現在は東京ムービーの作品を中心に、監督、演出を行っている。代表作は『とっても!ラッキーマン』(1994年)、『怪盗セイント・テール』(1995年)、『青山剛昌短編集』(1999年)、『とっとこハム太郎』(2000年)、『D.Gray-man』(2006年)など。
西岡琢也(にしおか たくや) 1956- 脚本家。大学在学中に井筒和幸監督と出会い、ピンク映画の現場で助監督・シナリオを担当した。
1979年、『暴行魔真珠責め』でシナリオライターとしてデビュー。『ガキ帝国』『TATTOO<刺青>あり』などの話題作を執筆、日本を代表する脚本家となる。
テレビの仕事も多く、特にテレビ東京とは同局初の2時間ドラマ枠「女と愛とミステリー」の立ち上げに協力するなど親密な関係にある。
「鬼太郎が見た玉砕?水木しげるの戦争?」(2007年)にて文化庁芸術祭テレビ部門ドラマの部優秀賞・ギャラクシー賞最優秀賞等を受賞。また、「秋深き」(2009年)と「沈まぬ太陽」(2010年)で、おおさかシネマフェスティバル脚本賞を2年連続受賞している。
現在、日本シナリオ作家協会理事長、大阪芸術大学映像学科教授を務める。

関連人物
井筒和幸 (映画監督)
高橋伴明 (映画監督)
相米慎二 (映画監督)
黒沢直輔 (映画監督)
大杉漣 (俳優)
徳井優 (俳優)
村川康敏 (脚本家)
野口五郎 1956- 歌手、俳優。オフィス・ジー所属。
新御三家の一人として1970年代の日本を代表し、活躍したアイドルである。
妻は三井ゆり。子供は一女一男。実兄は作曲家の佐藤寛。「歌うギタリスト」として評価を得て、現在は「Gプロデュース」の代表として会社経営をこなしている。


私生活では、増田恵子との熱愛や久我陽子との縁談があるも破談となるなど長年独身を通していたが、2001年に三井ゆりと北マリアナ諸島のロタ島で挙式した。なお結婚披露宴は徳光和夫が司会を務め、その模様が日本テレビにより全国に中継放送された。
2002年、第一子となる女児が誕生した。
2004年、第二子となる男児が誕生した。
在日
坂東八十助(五代目)
坂東三津五郎 (十代目)
1956- 『噂の真相』(1994.1)「涼風真世と八十助」
百田尚樹
(ひゃくた なおき)
1956 大学在学中に『ラブアタック!』(朝日放送制作・テレビ朝日系列全国ネット)に出演し、みじめアタッカーの常連だった。その後放送作家となり、現在放送中の人気番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送制作)の構成を手がけるほか、『大発見!恐怖の法則』(朝日放送制作・テレビ朝日系列全国ネット)などの番組の構成を手がけた。

2006年に「永遠の0」(太田出版)を発表し、小説家としてデビューした。
2009年、「BOX!」が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。

旧芸名小柳 トム。
Bro.TOM(ブラザー・トム)

1956- 歌手、タレント。本名は小 富(こやなぎ とむ)、英語名(旧本名)トーマス・アキオナ・アキマ・ジュニア(Thomas Akiona akima Jr.)。有限会社「トムさんの会社」所属。小柳心は長男、小柳友は次男(共に俳優)。

公式プロフィールにはアメリカハワイ州マウイ島出身とあるが、2006年放送のNHK『スタジオパークからこんにちは』出演の際、自身が「日本国内のアメリカ軍基地で生まれたらしい」と答えている。2006年11月19日放送の『ウチくる!?』では「札幌・真駒内の基地」と話している。

1980年、当時所属していたバンドの宣伝のため、日本テレビの『お笑いスター誕生!!』に出演。当初、別のバンドメンバーとコンビで出演する予定だったが、相方が拒否したため、1人での出演となった。小柳(蛛jトムの名で出演し、警察官「小柳巡査」を演じる『お巡りさんコント』を披露。10週勝ち抜き、5人目のグランプリとなった。こうしてコメディアンとしての活動を始めた。この頃、「こち亀」の巻末解説も「お巡りさんコントの人」として執筆している(17巻)。

1983年、同業者でコミック歌手の近藤伸明(現 Bro.KONE(ブラザー・コーン))とバブルガム・ブラザーズを結成。1991年には『NHK紅白歌合戦』に初出場(HOUND DOGの出場辞退による)。

1995年にバブルガム・ブラザーズの活動と平行しソロ活動も開始、アルバムもリリース。この時期、元Human SoulのJaye公山とSilky藤野とのユニット「REAL BLOOD」を結成。1999年にアルバム『REAL BLOOD』をリリース。メンバー自身が手売りするというものであった。2000年、トムのオリジナルミュージカル『Miracle Blind Boys』を上演。このミュージカルにREAL BLOODプラス1としてクラシック界からルーサー“No.1”市村がベースボーカルとして参加。以後そのままREAL BLOODメンバーとなる。2003年、3枚目のアルバム『±0』をリリース。なおバブルガム・ブラザーズは解散はしておらず、長く活動を停止していた期間を挟み、2008年より活動を再開した。

2005年より駒澤短期大学仏教科に在学。2006年4月5日に心筋梗塞により入院したが、2週間の療養を経て仕事に復帰している。2006年11月よりGyaOにて放送中の音楽アニメバラエティ番組『キムサウンドストーリー』に出演中。

父親はハワイ先住民マウイ族アメリカ人の軍人で、母親は日本人。また自身は帰化して日本国籍となった。その際、母方の「小蛛vを姓とした。2008年5月10日放送の『日立 世界・ふしぎ発見!』では、「祖父方は中国からハワイへ渡った」と述べた。
巻上公一

1956- 「テクノ御三家」の一つにも数えられるバンド「ヒカシュー」の結成以来のメンバー
益岡徹
(ますおか とおる)
1956- 俳優。所属事務所は株式会社 仕事。

高校時代から演劇を志す。大学在学中はサークルでアングラ演劇に傾倒する一方、「影武者」など映画のエキストラ出演を経験。
大学卒業後、仲代達矢主宰の無名塾に応募、当時約200倍の難関を突破し大橋吾郎らと共に第4期生に。役所広司とは入塾初日から仲が良くなる。
塾生時代から現在にいたるまで、第2期生の役所広司とは親友の関係が続いている。
1990年に結婚、夫人は大学時代の同級生。
硬軟・緩急自在の確かな演技力で、テレビドラマシリーズでは『京都地検の女』や『探偵 左文字進』などの出演でよく知られている他、映画や舞台、ドキュメンタリーやCMのナレーションでも幅広く活躍中。

三村申吾(みむら しんご 1956 政治家。青森県知事(3期、第62・63代・64代)。
衆議院議員(1期)、青森県上北郡百石町長(1期)を歴任。
役所広司 1956-

俳優・仲代達矢主宰の無名塾出身。1982年からの配偶者、河津左衛子。
山口祐一郎 1956- 独身
山田辰夫
1956-
渡辺正行 1956- コント赤信号 過去に 山口美江と交際。

浅田彰 1957-

京都造形芸術大学大学院長
明石昌夫 1957-
石破茂 1957-
石原伸晃 (いしはら のぶてる) 1957- 自由民主党所属の衆議院議員 (7期) 、自由民主党幹事長 (第45代) 、自由民主党東京都連会長、TOKYO自民党政経塾主宰、社団法人日本ジュニアヨットクラブ連盟会長。
規制改革担当大臣、国土交通大臣 (第3・4代) 、自由民主党政務調査会長 (第49代) 等を歴任した。

父は参議院議員、衆議院議員、環境庁長官、運輸大臣を歴任した東京都知事の石原慎太郎。ただし石原慎太郎・石原伸晃親子の間には選出選挙区の重複がなく、後援会や地盤の引き継ぎがないため、一般的な世襲議員には分類されない。弟にタレント、気象予報士の石原良純、前衆議院議員の石原宏高、画家の石原延啓がいる。父・慎太郎の旧東京都第2区の地盤は事実上、弟・宏高が継承した。

伸晃は1988年 (昭和63年) 、女優・女性タレントであった田中理佐と結婚、衆議院議員選挙に初当選した1990年 (平成2年) には女児が誕生した。第二子として1993年 (平成5年) に誕生した長男には先天性動静脈瘻があり、2度の外科手術を受けたものの生後5ヶ月で死亡した。1999年 (平成11年) 、次男となる男児が誕生した。
結婚時、伸晃の母親から画数の不良を指摘された田中は、自身の名前を出生名であった「理佐」から、「里紗」へと改めている。
板垣恵介 1957- 漫画家。主に格闘技を題材とした作品を得意としている。代表作である『グラップラー刃牙』シリーズ。極真空手道連盟極真館の顧問も務めている。
茨木政彦 1957- 『週刊少年ジャンプ』8代目、および『ジャンプスクエア』の初代編集長。

うじきつよし
1957-
宇都宮隆


1957- 1983年にTM NETWORKを結成。最近は、TM NETWORKとしての活動と同時にソロでも活動している。
大仁田厚 1957- プロレスラー、元政治家。長崎県長崎市出身。元参議院議員。弟(異父弟)は大東文化大学法学部准教授の松原孝明。
「91/10 ホモ説の多いプロレス界で今度はジャイアント・馬場と大仁田厚の噂が」『噂の真相』
稲川会山川一家
岡田克彦 1957- ピアニスト
岡田彰布

1957- 元プロ野球選手(内野手)。引退後、コーチ・プロ野球監督・野球評論家を経て、2010年からオリックス・バファローズ監督。
鴨川つばめ
東京ひよこ
1957- 1977年、、『週刊少年チャンピオン』にギャグ漫画『マカロニほうれん荘』を連載開始。一躍人気漫画家となり、この時期の日本ギャグ漫画界の頂点を極めるほどの活躍を見せる。

篠塚利夫
篠塚和典
1957-
嶋田ちあき

1957- ヘアメイクアップアーティスト。
白井晃 1957-
孫正義(そん まさよし) 1957-

ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンク株式会社代表取締役社長、ソフトバンクテレコム株式会社代表取締役社長、ソフトバンクモバイル株式会社代表執行役社長兼CEO、福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。アジアングルーヴ株式会社代表取締役社長の孫泰蔵は実弟。
創業したソフトバンク株式会社の株式31.5%を保有する筆頭株主(2007年(平成19年)現在)で、日本有数の資産家。

フォーブスの調査による世界長者番付の2006年度版で日本人8位、2007年(総946人)には日本人では1位(世界では129位)、2008年度版で日本人4位となる。
帰化人。
竹田高利

1957- コント山口君と竹田君 結婚
竹葉山真邦(ちくばやま まさくに 1957 宮城野部屋に所属した元大相撲力士。本名は田崎 誠(たざき まこと)。
現役時代の体格は176cm、119kg。
得意手は突き、押し。
最高位は東前頭13枚目(1986年9月場所)。
現在は年寄・宮城野として、宮城野部屋で後進の指導に当たっている。

土井善晴 1957-
並樹史郎
1957-
畠中達郎 1957- アミューズ代表取締役
そのまんま東(そのまんま ひがし)
東英夫(ひがし ひでお)
東国原英夫(ひがしこくばる ひでお)
1957 宮崎県都城市出身の政治家、タレント、第17代宮崎県知事。

かつてお笑い芸人であり、ビートたけし率いる芸人集団・たけし軍団の一員でビートたけしの最初の弟子。俳優、作家としての活動歴がある。タレント時代は「そのまんま東」(そのまんま ひがし)や「東英夫」(ひがし ひでお)という芸名で活動していた。

専修大学経済学部経済学科卒業、早稲田大学第二文学部社会人間系専修卒業、早稲田大学政治経済学部政治学科中退。
樋口泰行 1957- 1992年 ボストンコンサルティンググループ入社
1994年 アップルコンピュータ入社
1997年 コンパックコンピュータ(現日本ヒューレット・パッカード)入社
2003年 日本ヒューレット・パッカード代表取締役社長就任
2005年 ダイエー代表取締役社長就任
2006年 ダイエー代表取締役社長を退任し、顧問に就任
2006年12月31日 ダイエー顧問を退任
2007年3月5日 マイクロソフト日本法人代表執行役 最高執行責任者に就任
2008年4月1日 マイクロソフト日本法人代表執行役社長 兼 米国本社コーポレートバイスプレジデントに就任
深野弘行(ふかの ひろゆき) 1957- 通商産業省官僚、原子力安全・保安院院長。
通商産業省大臣官房参事官、原子力安全・保安院企画調整課長、資源エネルギー庁長官官房総合政策課長などを歴任した。

松木安太郎 1957- 元サッカー選手、指導者、解説者。祖父は元十両力士の葵竜。」
松延康(まつのぶ・しずか) 1957- 「世界一受けたい授業」など、メディアでも活躍している農学博士
美木良介

1957-
「99/1 ホモ説根強い風間トオルが独身俳優の美木良介と未だ熱烈恋愛が進行説」『噂の真相』

妻子
森永卓郎 1957-
経済アナリスト(評論家)、タレント、獨協大学経済学部教授。元三和総合研究所経済・社会政策部長。オフィストゥーワン所属(文化人としてではなく芸能人〔ギャランティー分類〕として)。
結婚して二男あり。
在日
吉村明宏
1957-
ロバート・キャンベル 1957- ニューヨーク出身。カリフォルニア大学バークレー校卒業、ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了。1992年にPh.D.(文学博士、日本文学専攻)取得。

九州大学へ研究生として留学後、九州大学文学部講師(1990年〜1993年)、国文学研究資料館助教授(1995年〜2000年)、東京大学大学院総合文化研究科助教授を経て、2008年から東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文化研究室教授。

流暢な日本語を話し日本文化への造詣も深いことから、クイズ番組や情報番組への出演も多い。

青島健太 1958- 元プロ野球選手
ASKA(旧称:飛鳥涼) 1958- CHAGE and ASKAのメンバー。
天海祐希(元宝塚。レズ説あり)と交際報道。


大友直人
(おおとも なおと
1958 指揮者。現在、指揮者として梶本音楽事務所に所属している。義父は建築家長島孝一。

三枝と林真理子の3.11塾
織田哲郎 1958-

1990年代のヒット曲の仕掛け人であり、長戸大幸とともにビーイングの創立に関与する。


唐沢俊一

1958- と学会の発起人の一人で運営委員。漫画家の唐沢なをきは弟。妻は、同じく漫画家のソルボンヌK子(鹿野景子)。

「98/4 おたく評論家として注目される唐沢俊一が実はバイセクシャルとの情報」『噂の真相』
假屋崎省吾


1958- 華道家
菊池隆則 1958- 『仮面ライダーアギト』
小金沢昇司 1958-

北島音楽事務所所属。


小室哲哉 1958-
渡辺美里と噂 
大谷香奈子と結婚離婚 
吉田麻美と結婚離婚 
華原朋美(レズ説あり)と交際 
globeのボーカルのkcoと結婚

角川社長
「華原朋美と恋愛中の小室哲哉に元ソニーレコード酒井政利との同性愛説」(98.08)

創価学会
篠井英介 1958- 1984年には花組芝居を旗揚げする(劇団は男優だけのネオかぶき劇団として注目を集める)。1990年に退団する。
柴崎幸三 1958- 撮影技師である。日本映画撮影監督協会所属。
第29回日本アカデミー賞最優秀撮影賞。
第31回日本アカデミー賞優秀撮影賞。

「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」
竹野内豊
製作総指揮の奥田誠治、
脚本の西岡琢也、
脚本のグレゴリー・マークェット、
脚本のチェリン・グラック、
音楽の加古隆、
撮影の柴崎幸三、
編集の洲崎千恵子
新藤栄作 1958-
陣内孝則 1958- モデルと結婚し子供をもうける
千住博(せんじゅ ひろし) 1958 日本画家。
現在、京都造形芸術大学学長、同付属康耀堂美術館館長。東京芸術舎学長。ニューヨーク在住。
高木豊
1958- 元プロ野球選手。選手引退後、コーチや野球解説。2003年にはアテネオリンピック野球の代表チーム内野守備走塁コーチを務めた。
2005年1月より男性用かつらメーカー・アートネイチャー「ヘア・フォーライフ」のCMキャラクターを務め、出演するテレビCMが放送されている。
長男の高木俊幸は2010年より東京ヴェルディに所属している。二男の高木善朗はヴェルディユース(トップで出場暦あり)、三男の高木大輔もジュニアユースでプレーしており、「高木三兄弟」として注目されている。そのこともあって、『すぽると!』出演時には、「サッカー通の野球解説者」として、野球解説だけでなくサッカー解説を担当することもある。
チェリン・グラック 1958- 和歌山県出身の映画プロデューサー、映画監督。
米国人だが日本で生まれ育ったことから日本語はネイティブである。そのため日米合作映画の製作に関わることが多い。
1958年に米国人の父と日系米国人の母の長男として和歌山県に生まれる。
広島県廿日市市と兵庫県神戸市東灘区で育った。日本の高校を卒業後、アメリカに渡り、ポモナ・カレッジ (Pomona College) とピッツァー・カレッジ (Pitzer College) で学んだ後、フランスのソルボンヌ大学(パリ第四大学)に留学。
日本で4年間フジテレビの国際制作関連の仕事に就き、そのころ寺山修司監督の『上海異人娼館/チャイナ・ドール』(1981年)の助監督を務め、映画の世界に入る。
その後はニューヨークとロサンゼルスを拠点に様々なハリウッド映画や日米合作映画の助監督やプロデューサーなどを務める。
2000年5月に「Protean Image Group (P.I.G.)」を設立。ロサンゼルス以外にも2005年にはオフィスを上海にも置き、世界各国の製作会社と提携し、日米市場向けのCMや映画の製作を行なう。
2009年の『サイドウェイズ』で映画監督デビュー。
坪内祐三(つぼうち ゆうぞう) 1958- 評論家、エッセイスト。
父は坪内嘉雄(元日経連専務理事、フィクサー、ダイヤモンド社元社長)。母は坪内泰子。妻は佐久間文子(元朝日新聞社員)。前妻は神蔵美子(写真家)。父方の大叔父は織田正信(英文学者)。父方の祖先に手塚律蔵(別名瀬脇寿人、洋学者)。母方の曽祖父は井上通泰(国文学者・歌人・医師)、曾祖叔父は柳田國男(民俗学者)。

エッセイや、編集を担当した『明治の文学』などで、明治本ブームを起こした。多くの著作や『en-taxi』などから書物への耽溺で知られる。純文学、都市小説、エッセイなどへの造詣が深い。日本人作家では私小説作家を好むが、アメリカ作家ではポストモダン系の作家を好む。それらに関する著作では、趣味と実益を兼ねているかのような坪内の趣味を謳歌し、金銭に余裕のある現代のオタクや高等遊民のような側面を見せる。

2003年:3月福田和也、リリー・フランキー、柳美里と共に同人として、季刊の超世代文芸クオリティマガジン『en-taxi』を扶桑社より創刊。


週刊誌『SPA』で、福田和也、坪内祐三と対談
とり・みき
Mickey Bird、
1958 漫画家。日本SF作家クラブ所属。
中井雅之 1958-

フリーアナウンサー、タレント。米朝事務所所属。やしきたかじんの番組に出てた。
長浜博行(ながはま ひろゆき) 1958 政治家。参議院議員(当選1回)・前衆議院議員(当選4回)。野田内閣内閣官房副長官。東京都墨田区出身。
千葉県第8区(我孫子市全域・柏市の大部分)を地盤とするが、同じ地域を地盤とする松崎公昭との出馬調整が毎回問題となっていたため2007年の第21回参議院議員通常選挙に千葉選挙区より出馬し、当選した(転出による衆議院議員失職に伴い藤井裕久が繰上当選)。「現職代議士から参議院議員への転出」は極めて異例である。

大学卒業後、松下政経塾に入塾する(第2期生)。政経塾を終え、バンダイ、伊藤忠商事勤務を経て、ハーマン・エンタープライズ代表取締役。浦安青年会議所理事(任期1年)や松下政経塾東京事務所長を務めた。


中村正人
1958- DREAMS COME TRUE 
「HIGH and MIGHTY COLOR」のマーキーと結婚
坪内祐三 1958-
時任三郎 1958-
都志見隆
1958-
原辰徳
1958- 巨人
「巨人の原くんと桜田淳子」84.03
日比野克彦


1958- 妻はコスチューム・アーティストのひびのこづえ
広岡瞬 1958-

長渕剛と離婚した石野真子と結婚離婚
福本伸行 1958- 既婚。
堀井真吾(ほりい しんご) 1958- 声優、俳優、ナレーター。青二プロダクション所属。
ナレーション業を多く務めており、下記に記述する作品群の他にも、ナレーターとしてテレビ、ラジオCM、企業VP(Video Package)などで幅広く活動している。

ホンマでっか!?TV(2009年 - 、フジテレビ)ナレーション

ポール・キャンドランド 1958 2007年6月、ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)の代表取締役社長に就任。
テレビ事業部門のマネージングディレクターを兼務しつつ、日本国内のディズニー事業を指揮・統括する。
牧義夫(まき よしお) 1958 政治家。国民の生活が第一所属の衆議院議員(4期)。党幹事長代行(政策担当)。
衆議院環境委員長、衆議院厚生労働委員長、厚生労働副大臣等を歴任した。

牧原俊幸 1958-
フジテレビアナ

==

フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)
(共にD:COMPLEX)
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)
===
真島茂樹 1958- 日本舞踊をベースに振り付けを行った 『マツケンサンバII』 が2004年にヒットすると、そのダンサーの中でのメインパートも担当し、その中で徐々に注目されるようになった。
松沢成文 1958- 松下政経塾(3期生)出身。衆議院議員(3期)、神奈川県議会議員(2期)を歴任。
『郵政民営化論 : 日本再生の大改革!』小泉純一郎共著、PHP研究所、1999年
2003年、神奈川県知事選挙に立候補し、盟友の中田宏横浜市長や石原慎太郎・東京都知事の応援を受け初当選。 2007年の神奈川県知事選挙では自民党県連推薦の杉野正候補を破り再選。 ちなみに同時に行われた東京都知事選では現職である石原の支持を表明し、これに対して石原も松沢への応援に駆けつけている。

「名称で笑えますが・・・。中田宏前横浜市長ら「よい国つくろう!日本志民会議」設立」より引用
=====
中田-山田-松沢はガチの宗教右翼っぽいからなぁ…例えば松沢は国会議員時代に統一協会の会合に出ていたのが思想新聞の電子版に出てるし、世界平和協会の神奈川支部に祝電送ってるし、その上70年代末にアメリカで米民主党上院議員の秘書やってるし、ガチですわな。

(中略)

最終的には、統一協会がそうであるようにアメリカの保守派・エヴァンジェリストがCIAと結託して東アジアの政治をコントロールしてきた、ポスト冷戦までの黒歴史とぶつかる感じが最近するんですよ。松沢のように露骨な接点がアメリカとある人は珍しいにしても。
白人のエヴァンジェリストとかWASPの保守層の利害代表として「改革派」を捉えると非常に構図がすっきりとするんですが…日本もウクライナやグルジアと変わらないのかも知れない。
http://bit.ly/ppKtJ
カネで動く奴も怖いけど、信仰心の類で動く奴はもっと怖い(別に宗教に限らず)。権力握るとアウトですなぁ…
松沢知事が国会議員時代に世界平和連合に祝電
http://bit.ly/1H2UlO
松沢知事が当選した直後の勝共連合の情勢分析と方針。青少年健全育成」が重点目標になってる。
http://bit.ly/Ao5M
あ、松沢知事が当選する直前だった…<勝共連合の「思想新聞」でリンクした先
そもそも、禁煙を強制すると言うのも、エヴァンジェリストが一番熱心だし…欧州では基本的に分煙なのに、アメリカでは病的な分煙の徹底や禁煙の徹底が州以下のクラスの法で行われてる部分の格差は、結局は彼らの「努力」の結果だし。
エヴァンジェリストと言うかアメリカが持つ、人があるがままではいけないというような病的な「人間改造」の空気というのはなんなんだろうか…
暗黒だ…と言うか、彼らと民主・社民が野合するような事態を防ぐしかないんじゃないかと思います(消極的ですが)

=====
三反園訓

1958- テレビ朝日コメンテーター(解説委員)。
宮本亜門
1958-
村越正海

1958- プロ釣り師
八塚浩

1958- フリーアナウンサー。圭三プロダクション所属。
山川豊 1958-
山中秀樹

1958- 元フジテレビアナウンサー。フリーアナウンサー、タレント。タイタン所属。
山本一太 1958- 参議院議員(3期)。
妻は国連職員。



赤井英和 1959-

ボクサーとして「浪速のロッキー」の異名を取る活躍を見せた後、俳優に転身。現在は、大阪ではバラエティとしての活動を、東京では俳優としての活動が主体である。
前妻との間に2女、再婚した妻との間に2男1女がいる。なお、前妻との間に生まれた次女の沙希は、モデル・女優・タレント・グラビアアイドルとして活動している。
赤坂泰彦 1959- 最初の妻と泥沼離婚 タレントと再婚してできた子供がジャニーズ入り
井出らっきょ 1959- お笑い芸人、実業家、たけし軍団団員。オフィス北野所属。
スキンヘッドがトレードマークで、裸芸(癖)が定番。テレビのバラエティ番組のほか、映画や舞台でも俳優として活躍している。その傍ら、熊本市にて2005年5月設立した野球専門学校「プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー」(Professional Baseball Academy)の校長・運営会社「有限会社裸裸裸」(ららら)の代表取締役。

岩田 聡(いわた さとる 1959 男性プログラマ。元HAL研究所社長、現第4代任天堂代表取締役社長。

父は室蘭市の市長を務めた岩田弘志。


カールスモーキー石井
石井竜也
1959- 米米クラブ 南野陽子(ホモばかりと交際)と婚約破棄 スチュワーデスと結婚離婚、カナダ人と再婚
市川笑也 (三代目)

1959- 三代目市川猿之助の愛人
川西幸一
(西川幸一)
1959- 元ユニコーンのドラマー。
ユニコーンでのデビュー当時は本名の「川西」で活動していたが、「言いにくい」との理由で3rdアルバム「服部」リリース時より「川」と「西」を入れ替えた「西川幸一」の芸名で活動していたが、脱退時に本名に戻した。2009年再始動の際は本名のまま。
佐伯 一麦(さえき かずみ 1959 小説家。私小説の書き手として知られる。
筆名の「一麦」は、敬愛する画家ゴッホが麦畑を好んで描いたことにちなむ。
板井典夫
マロン
1959-
伊東力雄 1959 プロレスラー
岩田聡 1959-

プログラマ。元HAL研究所社長、現第4代任天堂代表取締役社長。父は室蘭市の市長を務めた岩田弘志。
大塚耕平(おおつか こうへい)

1959- 政治家、学者。日本銀行職員(1983〜2000年)を経て、民主党の参議院議員(2001年〜現在2期目)。
中央大学大学院客員教授(2005年〜)、早稲田大学客員教授(2006年〜)。

人口減少問題解決策として、浅尾慶一郎(現みんなの党)(男色人脈説)、大塚耕平(「男色人脈」説)、細野豪志(男色人脈説)・古川元久(男色人脈説)・松井孝治・松本剛明らと共に「1000万人移民受け入れ構想」を共同提案されたことがVoice (雑誌)2003年9月号に掲載されている。
奥田建(おくだ けん)
1959  政治家。衆議院議員(4期)を歴任。竹下派七奉行の一人、奥田敬和の長男。

木村洋二 1959-

札幌テレビ放送(STV)のアナウンサー。


京本政樹 1959-

東ちづる、芦川よしみ、藤真利子との恋の噂もあった
相田翔子と不倫報道。
大川橋蔵・・・京本政樹
coba
1959-
小林武史 1959- 音楽家、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、ミュージシャン。山形県立新庄北高等学校卒業。烏龍舎代表取締役社長。ap bank代表理事。音楽制作者連盟理事。My Little Lover、Bank Band、Lily Chou-Chou、BRADBERRY ORCHESTRAのメンバー。

1996年、My Little LoverのボーカルのAKKOと結婚した。
一青窈とは「ap bankfes '05」で知り合い、「指切り」(2005年12月7日)、「てんとう虫」(2006年11月29日)(アルバム『BESTYO』収録)、「冬めく」(2007年1月31日発売予定だったが発売中止)と立て続けに楽曲提供・プロデュース。一方で、一青は小林がプロデュースするSalyuや綾瀬はるかの楽曲に詞を提供するなど、共作が続いた。
しかし2007年1月26日発売の写真週刊誌「フライデー」、及びそれを後追いしたスポーツ新聞や雑誌等において、小林と一青の不倫が発覚(詳細は#エピソード参照)。これを機に仕事を共にすることはなくなっていたが、2008年7月19日の「ap bank fes '08」で共演。12月の一青主演の舞台『箱の中の女』の音楽を手掛ける。
2008年、AKKOと離婚した。
小森田実
1959-
佐伯一麦 1959-
酒井敏也 1959-
春風亭昇太
1959-
鈴木トオル
1959-
太川陽介 1959-

女優の藤吉久美子と結婚し長男が誕生した。
辻仁成 1959-

ミュージシャン、映画監督、小説家。「仁成」は歌手・映画監督の場合は「じんせい」、作家活動では「ひとなり」、バンド『ZAMZA』での活動時は「Zinc White」もしくは単に「Zinc」と称する。
初婚は女性カメラマンで、後に破局。女優の南果歩(在日)と再婚し一児を授かるが、再び離婚。2002年に女優の中山美穂と再々婚し、現在はフランス・パリを拠点に創作活動を続けている。
在日
東儀秀樹

1959- 母親が奈良時代から続く楽家(がくけ)の家系に生まれる。父親は商社マン。
とがしやすたか 1959-
中崎英也 1959-

作曲家・音楽プロデューサー・アレンジャーである。1981年、バンド「WITH」のメンバーとして東芝EMIよりデビュー。1985年のWITH解散後は作曲家・プロデューサーとして活躍している。
小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう ?You were mine?」(1999年9月15日)を作曲。
なかのとおる
本名及び別名は中野 徹
1959 男性音響監督、音響プロデューサー。81プロデュース、HALF H・P STUDIO執行役員。
原口一博 1959- 政治家。衆議院議員(5期)。
大学卒業後、松下政経塾(第4期生)を経て佐賀県議会議員選挙に出馬し、当選。その後、何度も衆議院に立候補し落選。1996年の第41回衆議院議員総選挙では佐賀県第1区から新進党公認で出馬し、93年の選挙で敗れた坂井を下し、初当選した(坂井も比例復活)。
(無所属→)(自由民主党→)(新生党→)(新進党→)(旧民主党→)民主党(羽田グループ)
第12・13代 総務大臣(内閣 鳩山由紀夫内閣、菅内閣。任期 2009年9月- 2010年9月)
内閣府特命担当大臣(地域主権推進担当)(内閣 鳩山由紀夫内閣、菅内閣。任期 2009年9月- 2010年)

前田日明 1959- 総合格闘技黎明期に活躍した元プロレスラー、元総合格闘家。リングスCEO。元HERO'Sスーパーバイザー。総合格闘技大会THE OUTSIDERのプロデューサー。
元在日韓国人三世(現在は日本国籍を取得しているため日本人)。
「92/10 人気レスラー前田日明が元ムーンライダースの鈴木慶一の前妻と同棲説」『噂の真相』
増田隆生 1959-
三谷光男(みたに みつお) 1959 政治家。民主党所属の衆議院議員(2期)。

広島県呉市生まれ。呉市立五番町小学校(現中央小学校)、呉市立二河中学校(現中央中学校)、広島県立呉三津田高等学校、大阪大学経済学部卒業。大学卒業後、松下幸之助が設立した松下政経塾に入塾する(第4期生)。
松下政経塾を卒業後、広島県選出の宮澤喜一衆議院議員の秘書を務める。宮澤が小渕内閣で大蔵大臣に起用された際は大臣秘書官に就任した。宮澤の引退後は、地盤を引き継いだ宮澤洋一(宮澤喜一の甥)の政策担当秘書を務めた。

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙に広島県第5区から無所属で出馬したが、自由民主党の池田行彦に敗れた。落選後、民主党に入党。翌2004年、池田の死去に伴う補欠選挙に民主党公認で出馬したが、池田の女婿である寺田稔に敗れ、再び落選した。

2005年の第44回衆議院議員総選挙では広島5区で再び寺田に敗れたが、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、初当選を果たした。2009年の第45回衆議院議員総選挙では初めて広島5区で寺田を破り、再選(寺田は比例復活もならず落選)。

宮台真司 1959-
村上世彰 1959- 通産省を退官し、M&Aコンサルティングを核とする村上ファンドを創設。1999年、証券取引法違反(インサイダー取引)で逮捕・勾留された。
2006年の3月から6月までソフトブレーンの社外取締役を務めた。シンガポールに移住したが保釈中のため、現在は六本木ヒルズの住人。
屋鋪要(やしき かなめ) 1959-
山田貴敏(やまだ たかとし) 1959- 漫画家。
処女作『二人ぼっち』で講談社新人漫画賞佳作受賞。『マシューズ ―心の叫び―』(『週刊少年マガジン』)で同賞に入選しデビュー。1990年から『マッシュ ―時代より熱く―』の連載開始をもって小学館に移籍、これ以降『週刊少年サンデー』などで執筆。
出世作は『Dr.コトー診療所』で、単行本は1000万部刊行。テレビドラマ化もされ、さらに2004年度、第49回小学館漫画賞一般部門を受賞し、大ヒットした。

渡辺謙 1959- 1983年にある女性と結婚し、前妻との間に儲けた第1子(長男)の渡辺大は俳優として、第2子(長女)の杏はファッションモデルとして活躍している。2008年8月には長男の大に第1子が誕生し、渡辺は48歳の若さで初孫を持つ身となった。前夫人とは2年に及ぶ調停の末、2005年に離婚。
時を同じくしてテレビ東京のサスペンスドラマの共演を機に知り合った女優の南果歩と本格的に交際を開始し二人の結婚が公表された。
南果歩はかつて辻仁成との間に1子(男子)を儲けいていたけど離婚。渡辺は彼女の連れ子を次男として養子縁組し、一時は南と次男と共にロサンゼルスを生活の拠点にしていた。
明石英一郎 1960- 札幌テレビ放送(STV)の男性アナウンサーである。2006年8月からアナウンス部長。

荒木飛呂彦
(あらき ひろひこ
1960 漫画家。宮城県仙台市[1]若林区[2]出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。
1980年(昭和55年)、「武装ポーカー」でデビュー(荒木 利之(あらき としゆき)名義[3])。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』[1]。同作品は複数の部に分かれ、主人公や舞台を変えながら20年以上に渡って連載され続けており、シリーズ総計106巻(2012年8月現在)、発行部数は7000万部に及ぶ[4]。その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている[5][6]。

飯塚正人 1960-
宗教学者。専門はイスラーム学、中東地域研究。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授。

石田衣良 1960-

既婚者。息子がいる。
1997年 - 「池袋ウエストゲートパーク」で第36回オール讀物推理小説新人賞受賞
2001年 - 『娼年』で第126回直木賞候補。
映像化作品
池袋ウエストゲートパーク(2000年4月にTBSによりテレビドラマ化。脚本は宮藤官九郎)
波のうえの魔術師(2002年4月、フジテレビにより『ビッグマネー!?浮世の沙汰は株しだい?』としてドラマ化。)
4TEEN(2004年7月25日放送。WOWOW・ドラマWによりドラマ化)
アキハバラ@DEEP(2006年6月にTBSによりドラマ化。及び同年9月に映画化)
下北サンデーズ(2006年7月にテレビ朝日によりドラマ化)
美丘(2010年7月、日本テレビにより『美丘-君がいた日々-』としてドラマ化)
出演作品
TVドラマ
アキハバラ@DEEP(2006年、TBS)最終話ゲスト
37℃?日本の恋愛温度を1℃上げよう!?(2006年、読売テレビ)プロデュース兼務
TV
ハートをつなごう(2007年 -、NHK教育)司会
総力報道!THE NEWS(2009年、TBS)スペシャル取材キャスター
ペケポン(2010年、フジテレビ)ゲスト
総合診療医ドクターG(2011年、NHK総合)ゲスト
映画
LOVE MY LIFE(2006年:川野浩司監督、やまじえびね原作)主人公:泉谷いちこ(吉井怜)の父親役。

伊津野亮(いづの りょう) 1960- 司会者、DJ、ナレーター、声優。熊本県出身。オフィスアール代表。

伊藤芳朗 1960-
大江千里



1960- 渡辺美里と噂



大村秀章(おおむら ひであき 1960  政治家、農水官僚。愛知県知事(民選第17代)、日本一愛知の会会長(代表)、日本維新の会顧問。
衆議院議員(5期)、厚生労働副大臣(麻生内閣)、内閣府副大臣(安倍内閣)等を歴任した。

 小野寺五典
おのでら いつのり
1960 政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)。
外務大臣政務官(第3次小泉内閣)、外務副大臣(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣)、防衛大臣(第2次安倍内閣)、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、自民党宮城県連会長等を歴任。

大学卒業後の1983年には宮城県に就職、水産資源の研究に携わった。
1990年に退職し、松下政経塾に入塾(11期生)。

覚醒剤使用でASKAが逮捕。それからパソナグループの迎賓館「仁風林」(東京都港区)の人脈がスキャンダラスに暴露されてたけど。
「日刊ゲンダイ」に書かれた。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150581/1
「首相が叱責…ASKAの女に異常接近していた小野寺防衛相」
「小野寺大臣の目的はASKAの“愛人”栩内香澄美だったそうです」なんて書かれてたけど。
パソナグループの迎賓館「仁風林」(東京都港区)。同社の南部靖之代表主催のパーティーに、田村憲久厚労相ら現職閣僚5人が出席したことをこれまでに伝えたが、小野寺五典防衛相(54)も“メンバー”だったことが日刊ゲンダイ本紙の調べで新たに分かった。覚醒剤使用でASKAが逮捕される直前まで通っていたようだ。

男女間じゃなく、同性愛人脈だとにらんでいます。
   
小原孝 1960-
勝谷誠彦 1960- 結婚離婚
角松敏生
1960-
川野太郎 1960-

キッチュ(kitsch)
松尾貴史
1960- タレント、ナレーター、DJ、俳優、コラムニスト、折り紙作家。
愛称及びデビュー当初から使っている別芸名は「キッチュ(kitsch)」で、この名義は現在でも使っており、改名したわけではない。

所属事務所は古舘プロジェクト。
演劇ユニット・AGAPE storeの座長。京都造形芸術大学芸術学部映画学科客員教授。
木村俊昭(きむら としあき) 1960- 北海道知事に立候補予定
小池晃(こいけ あきら) 1960- 政治家、医師。日本共産党中央委員会政策委員会責任者(政策委員長)、常任幹部会委員。

参議院議員(2期)、日本共産党参議院議員団長、参議院幹事長を務めた。

コロッケ
1960 お笑いタレント、ものまねタレント。
佐藤浩市 1960- 「佐藤浩市と片平なぎさ」84.01
佐藤優 1960-

日本の元外交官、文筆家。ロシア情報収集・分析のエキスパートとして活躍し、「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとった。同志社大学神学部卒業、同大学院神学研究科修了。
2002年5月、背任容疑で逮捕。無罪を主張するが1審で有罪判決、2審で控訴棄却、2009年6月30日上告棄却。懲役刑が確定したため同日付で外務省職員から失職した。1審判決後、事件の内幕や背景などをつづった著書『国家の罠』を出版、ベストセラーとなった。逮捕の後も辞職はせず、失職まで執筆時の肩書きは「起訴休職外務事務官」を名乗った。

真田広之 1960-
手塚理美と結婚し2男を儲ける。葉月里緒菜(ホモ説あるのばかりと交際)との密会現場が写真週刊誌に掲載され手塚と別居、協議離婚。鈴木京香(ホモ説あるのばかりと交際)との交際報道。
千葉真一・・・真田広之

サンプラザ中野
サンプラザ中野くん
山口のばら
1960 ミュージシャン、作家。アミューズ所属。
「山口のばら」名義で作詞も行なっている。
2008年1月15日、日本テレビ系列で放送された『踊る!さんま御殿!!』にて、芸名を「サンプラザ中野」から、「サンプラザ中野くん」へ変えたことを発表した。

1982年、同じくイーストウェストに出場していた爆風銃(バップガン)のドラマーであったファンキー末吉の勧誘を受け、河合とともにスーパースランプを脱退、爆風スランプを結成する。以降、爆風スランプのフロントマン、ボーカリストおよび作詞担当として活躍した。

私生活では離婚を経験。なお前妻との間に娘が一人いたが、その命名は爆風スランプのデビューアルバムのタイトルにちなんだと中野本人が談話。

===
「月光」(爆風スランプ)って、ホモの歌???
「Runner」は明らかにそうよね。
「月光」は微妙だけど、映画「理由なき反抗」の世界観を感じるから
遠回しに描いてる可能性はあるわ
===
住田功一 1960- 【匿名座談会 新宿2丁目ゲイバー街で囁かれる有名人を巡るゲイ情報そうまくり ※槇原敬之、西川隆宏、住田功一、安住紳一郎、モト冬樹、風間トオル、氷川きよし、他】『噂の真相』2001.03


田口智治 1960- 1980年代に活躍したC-C-Bのメンバーでキーボードプレイヤー。バンドが解散した後は主にサポート活動を行う。
西村雅彦 1960-


二宮清純 1960-
沼澤尚 1960-
ドラマー。父は元プロ野球選手の沼澤康一郎。
様々なアーティストのレコーディング、ライブサポートを行う傍ら、自身の参加するバンドでも精力的に活動し、年間のライブ本数も凄まじいことから、"日本で一番忙しいドラマー"と称されることがある。現在も様々なアーティストと共演を続けている。
松雪泰子と噂。

橋爪淳(はしづめ じゅん) 1960-

俳優。所属事務所は東宝芸能。
中村あずさと不倫騒動。

平井一夫(ひらい かずお 1960- 実業家、経営者。ソニー株式会社取締役、代表執行役社長兼CEO。株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)取締役。
ソニー執行役エグゼクティブ・バイスプレジデント(ネットワークプロダクツ&サービスグループ担当)、同代表執行役副社長、SCEI代表取締役社長兼グループCEOなどを歴任。
氷室京介 1960- 元、BOOWYのヴォーカリスト。解散後はソロで活躍。
平野寿将



1960-
福田和也 1960-

慶應義塾大学環境情報学部教授。
妻は慶應義塾大学文学部の同級生で、妻の父は大岡山在住の医師(医学部教員)でカトリック信者。

藤田恭一(きょういち)
1960-
ファッションデザイナー。イッセイ・ミヤケに入社。1993年、独立。Kyoichi FUJITAは自らの名を掲げたブランド。素材技術が優れており手作業中心の癒しスタイルを持ち味とする。

比留間久夫 1960-

『YES YES YES. 』第26回文藝賞受賞作 「僕の部屋」
『噂の真相』1990.01「Photo Scandal 本格ホモ小説で文藝賞受賞作家は「売り専」ボーイ 新宿2丁目「僕の部屋」での体験が小説の舞台に! 比留間久夫『Yes・yes・yes 』」


浩宮徳仁(ひろのみやなるひと) 1960- 小和田雅子と結婚し娘、愛子をもうける。小和田雅子は、父親、妹が創価学会人脈。
「学習院在学中から同性愛関係の男性がいた」「宮内庁に愛人がいる」「全国巡業をする彼のために日本全国に接待用の男性が用意されている」「妻に人工授精をさせた」という説あり。




マッスル北村 1960-
三池崇史 1960-

映画監督。『オーディション』(2000年)、『殺し屋1』(2001年)、『着信アリ』(2004年)、『ゼブラーマン』(2004年)、『クローズZERO』(2007年)、『ヤッターマン』(2009年)、『クローズZEROU』(2009年)
溝畑宏 1960- 元自治省官僚、元株式会社大分フットボールクラブ代表取締役兼ゼネラルマネージャー。
2010年1月4日付けで二代目観光庁長官に就任した。同長官への就任は2009年12月25日に発表された。就任の打診は、リーグの公式戦終了(12月5日)あたりに、同郷(京都)の前原誠司国土交通大臣からあり、社長退任後の12月中旬に決断したと報道された 。一方で、実際は猛烈な職探しをしていて、11月中に観光庁長官ポストの手応えを得た上で社長辞任を表明したとの報道もなされた。
観光CMにジャニーズ嵐を採用。
宮道治朗(みやみち じろう) 1960- フジテレビジョン編成制作局バラエティー制作センター室長。

妻はフジテレビの中村百合子(情報制作局情報企画部チーフプロデューサー)。
村井嘉浩 1960- 元陸上自衛官。松下政経塾に入塾(第13期生)。宮城県議会議員(3期)。 宮城県知事(2期)
村田雄浩
1960- 中江里香と結婚
森脇浩司
(もりわき ひろし
1960  元プロ野球選手(内野手)、野球指導者、監督、野球解説者。実兄の忠之は、かつて兵庫県立社高等学校の野球部で監督を務めていた。
1996年に福岡ダイエーホークスで現役を引退してからは、同球団でコーチや二軍監督、後継球団の福岡ソフトバンクホークスでコーチや一軍監督代行、讀賣ジャイアンツで二軍コーチを歴任。2012年にチーフ野手兼内野守備走塁コーチとして入団したオリックス・バファローズでは、一軍監督代行を経て、2013年から2015年8月31日まで一軍監督を務めた。2015年9月1日付で、オリックスのシニアアドバイザー(SA)に就任。

彫りの深い端正な顔立ちで、広島二軍時代から一部で非常に人気が高かった。「球界の草刈正雄」と呼ばれ[3]、漫画家の真柴ひろみは、自作の登場人物に「森脇浩司」と名付けたこともある。現役時代の応援コールには「森脇、森脇、男前!」というものもあった。ホークスの監督代行を務めていた時期にメディアへの露出が増えたことから、再びそのマスクが注目を集めている。

広島時代のチームメイトだった津田恒実とは無二の親友であった。津田が脳腫瘍に冒されて現役を引退し、晩年に福岡市内の病院で闘病生活に当たっていた時には、積極的に周辺の世話を行っていた。津田に対して「俺の年俸を半分にしてでも、お前を現役復帰できるように球団に掛け合ってやる」と言っていたほどである。また、1993年にダイエー球団職員の女性と結婚し披露宴を挙げた際には、他界した津田の席も用意してキャンドルサービスを行い、同席していた金石昭人・清川栄治ら友人たちの涙を誘った。

2000年に放送された、津田の生涯を綴ったドラマ「最後のストライク」では、森脇役を石黒賢が演じた。

 
   
吉沢孝明 1960- フジテレビジョンの元アナウンサー。「なるほど!ザ・ワールド」のリポーター、「よしざわ たか」としても有名だった。2005年デジタルコンテンツ局営業担当部長に就任。
横峯良郎(よこみね よしろう)
1960 政治家。参議院議員(1期)。前民主党宮崎県連副代表。実業家、ゴルフキャディー、ラジオパーソナリティ。鹿児島県鹿屋市出身。鹿児島県立串良商業高等学校卒業。プロゴルファーの横峯瑠依(長女)、横峯さくら(三女)の父。通称「横峯パパ」「さくらパパ」(「瑠依パパ」と呼ばれることもある)。

(民主党→)新党大地・真民主
両沢和幸 1960- テレビドラマ
「世にも奇妙な物語」1990年-1992年
「半分こ」1990年(監督・演出)
「くせ」1990年(脚本)
「愛車物語」1991年(脚本)
「佐藤・求む」1991年(脚本)
「ネチラタ事件」1991年(監督・演出)
「城」1992年(プロデュース)
「右手の復讐」1992年(脚本・プロデュース)
「にぎやかな食卓」 1994年(脚本)
「転校生」 1994年(脚本)
「大人は判ってくれない」『ゴーストライター』1992年(脚本)
「七人の女弁護士」1991年-1993年(脚本)
「外科病棟女医の事件ファイル」1991年(プロデュース)
「その時、ハートは盗まれた」1992年(プロデュース)
「チャンス!」1993年(脚本)
「お金がない!」1994年(脚本)
「17才-at seventeen-」1994年(脚本)
「味いちもんめ」1995年(脚本)
「白鳥麗子でございます!」1995年(脚色)
「ナースのお仕事」1996年(プロデュース)
「せいぎのみかた」1997年(脚本)
「女教師」1998年(脚本)
「お仕事です!」1998年(プロデュース・脚本)
「傷だらけの女」1999年(脚本)
「天使のお仕事」1999年(プロデュース)
「月下の棋士」2000年(協力プロデュース)
「ヨイショの男」2002年(脚本・演出)
「OL銭道」2003年(協力プロデュース)
「ドールハウス」2004年(プロデュース・脚本・演出)
「黒革の手帖」2005年(脚本)
「幸せになりたい!」2005年(プロデュース・脚本・演出)

映画
「ナースのお仕事ザ・ムービー」2002年(監督・脚本・プロデュース)
「映画 あたしンち」2003年(脚本)※高橋ナツコと共同執筆
「KEEP ON ROCKIN'」2003年(監督・脚本・プロデュース)
「Dear Friends」2007年(監督・脚本)
「BABY BABY BABY! -ベイビィ ベイビィ ベイビィ-」2009年(脚本・監督)
入江敦彦(いりえ あつひこ 1961 エッセイスト、小説家である。
京都市上京区西陣に髪結いの長男として生まれる。
MICHIKO LONDONコーディネーターを経て、1991年渡英。ロンドン在住。
京都の住民性や京都文化に関するエッセイを多数執筆している。
2008年より、光文社文庫のホラーアンソロジー『異形コレクション』に短編小説を発表し、小説家としても活動している。
哀川翔
1961- 三人の子持ちだった元女優・青地公美と結婚し二児をもうける
小櫻一家上村組に出入りしてた。
石橋貴明
1961- とんねるず 
結婚歴は2回で子供は計4人。前妻との間の娘・穂のかは女優デビューすることになった。現在の妻は女優の鈴木保奈美。
在日
いとうせいこう 1961- いとうせいこうと松本小雪
いとうせいこうと桐島かれん
いとうせいこうと近藤サト
いとうせいこうと石井苗子
いとうせいこうと小泉今日子

上島竜兵
1961- ダチョウ倶楽部 
広川ひかると結婚
江川 達也(えがわ たつや) 1961- 漫画家、テレビタレント。愛知教育大学教育学部卒。妻子あり。
代表作に『まじかる☆タルるートくん』、『東京大学物語』など。
遠藤憲一 1961- 崔洋一、原田眞人、三池崇史などの各監督作品の出演で注目された個性派俳優。

創価
大島九州男 1961- 政治家。民主党所属の参議院議員(1期)。

1991年、直方市議会議員選挙に出馬し、初当選。市議を3期12年間務め、その間に全国若手市議会議員の会の第2代会長も務める。
2003年の第43回衆議院議員総選挙、2005年の第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で福岡県第8区から出馬したが、自由民主党の麻生太郎に敗れる。
2007年、第21回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。

帰化人説
『「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する全国集会』に参加し、高校無償化法を朝鮮学校に適用するように働きかけることを約束した。
立正佼成会の信徒。
小木茂光 1961-
折口雅博 1961-

実業家。人材派遣会社大手のグッドウィル・グループ(現:ラディア・ホールディングス) (GWG) 前会長。
日本ユニバック(現:日本ユニシス)を経て、翌1985年には日商岩井(現:双日)に入社。大手倉庫会社のオーナーから有効利用の相談をされた東京・芝浦の倉庫を巨大ディスコとするプロジェクトを計画、綿密な計画の下、立ち挙げた「ジュリアナ東京」は一大ブームとなる大成功を収める。しかし、2年目には利権争いによりジュリアナの経営から離脱し、4,000万円の借金を抱え1992年に日商岩井を退社。
1994年、ジュリアナ立ち上げの経験を生かし、六本木にディスコ「ヴェルファーレ」をオープンし、再び成功を収め、借金の大半は返済する。しかし、社長から副社長へ降格人事され、1996年にはヴェルファーレを退社。そのころ資金難に直面していた株式会社グッドウィル(当時)に、資金調達の為迎え入れられる。グッドウィル・グループ(以下、GWG)の役員となった後は中心人物となり、2004年には経団連理事に就任しているほか、2005年には紺綬褒章を受章している。同年7月には出版した自著『「プロ経営者」の条件』(徳間書店)が10万部を越えるベストセラーとなる。
2007年6月、GWG子会社のコムスンが厚生労働省から介護報酬の不正請求を行っていたことを理由に、介護サービス事業所の新規及び更新指定不許可処分を受けた。記者会見では、樋口公一コムスン社長の辞任が発表されたが、自身は会長職から退任しない旨発言する。しかし、経団連理事を退任し、活動停止処分を受ける。また、同年には子会社のグッドウィルでも、データ装備費問題や二重派遣問題などのずさんな会社の実態が世間に表面化して問題になる。尚、同年末には代表権は返上したものの、取締役・会長職には留まった。
2008年1月11日、違法派遣を繰り返していたとして、厚生労働省からグッドウィルの全支店を対象に事業停止命令の処分を受ける。同年3月11日、GWGの取締役会長を辞任。GWGとの関係は子会社グッドウィル・プレミア系米国法人の顧問のみとなる。また、米国永住権を取得した。2009年6月、自らの資産管理会社折口総研と共に債権者から第三者破産を申し立てられ、同年9月1日、東京地方裁判所は両者について破産手続開始決定した。
元経団連理事という面からも政界に強いパイプを持っている。自民党の安倍晋三が内閣官房副長官であった時には折口と対談しており、安倍は「コムスンは一生懸命やっておられる」と賞賛している。対談内容では、2人が笑顔で握手を交わす写真も掲載されている。この対談は、「経済界」主幹・佐藤正忠が取り持ち、実現したという(記事より)。

「沢尻エリカ(ホモ説あるのばかりと交際)、矢吹春奈、サエコ(ダルビッシュ紗栄子)、品田ゆい、南明奈、瀬戸早妃、森下悠里、小向美奈子、岩佐真悠子、モーニング娘。と交際していた」と報道された。



北野康行 1961-
2003年(平成15年)4月に東京で発生した詐欺事件「有栖川宮詐欺事件」。
華族・有栖川宮の祭祀継承者であると偽った男性が偽の結婚披露宴を開催、招待客から祝儀等を騙し取った。
2003年(平成15年)4月6日、東京の青山において偽の結婚披露宴を開催、約400人の招待客から祝儀等を騙し取った。
「有栖川識仁(さとひと)」と詐称した男(当時41歳)と、その「妃殿下」(当時45歳)を、同年10月に警視庁公安部が詐欺罪で逮捕した。公判中、2人の間には一切の恋愛関係、内縁関係、婚姻関係が存在しなかったと事実認定されている。

隈元浩彦 1961-

毎日新聞社入社。『サンデー毎日』編集部等を経て、現在、東京・社会部記者。共著書に「「死後の世界」研究」がある。
統一協会。
倉敷保雄 1961- フリーアナウンサー。現在は主にスカパー!やJ SPORTSでサッカー中継の実況アナウンサーとして活動中。サッカー実況では人気・実力ともにトップクラス。山本浩(元NHK解説委員)と共にサッカー実況のカリスマとも呼ばれる。
栗山英樹 1961- 元プロ野球選手(外野手)、プロ野球監督、野球解説者・野球評論家、スポーツジャーナリスト・スポーツライター、大学教授。マネジメント事務所は有限会社オフィスマリーン。
2012年から北海道日本ハムファイターズの監督を務める。日本のプロ野球の監督で、国立大学出身・大学教授の経歴を持つ人物は史上初めてである。


96・1福島弓子と別れたスポーツキャスター栗山英樹は熱心な創価学会信者説

===
栗山英樹はTBSのアナウンサーだった福島弓子(現、イチロー夫人)さんと長く付き合っていて、結婚間近と噂されていました。ところが、弓子さんに栗山が「伊達(公子)さんのことが気になってしかたない」と煮え切らないというか、二股のような言動があったらしいです。
それから比較的短期間の間に、イチローと弓子さんが結婚したのですごく驚きました。結局、栗山は二兎を追い、一兎も得られませんでした。
===
創価学会
黒岩彰 1961- 2代目の堤義明はバイで、
男色用に、西武ライオンズはもちろん、アイスホッケー、スピードスケート(黒岩彰など)社会人野球を持ち、
女妾は、伊藤みどり、荒川静香そして、溺愛した愛人としてあまりに有名になった沢口靖子などを有り余る会社の資金で未成年の頃から囲っていた。
近藤芳正 1961-
斉藤環 1961-
佐渡裕
1961-
クラシック音楽の指揮者
島田雅彦 1961- 小説家である。法政大学国際文化学部教授。

清水圭

1961- 吉本興業所属の芸人。1994年、香坂みゆきと結婚。現在2児の父である。
神風英男(じんぷう ひでお) 1961 政治家。民主党所属の衆議院議員(3期)、防衛大臣政務官(野田内閣・野田改造内閣)。

大学卒業後、松下政経塾に入塾する(第7期生)。アメリカ合衆国法人INAファームコープを経て、帰国後の1994年、茨城県議会議員選挙に無所属で出馬するが、落選した。この時に出馬した岩井市選挙区は、茨城県政に絶大な影響力を有した自由民主党茨城県連会長の山口武平の選出選挙区であった。1995年、船田元衆議院議員事務所に入所。2001年から武正公一衆議院議員の政策担当秘書を務める。
2003年の第43回衆議院議員総選挙では、当初埼玉県第15区からの出馬を予定していたが、総選挙直前の民由合併により、自由党出身の高山智司が公認を受けたため、神風は埼玉県第4区から出馬する。なお、埼玉県第4区は元々、法政大学法学部の先輩である上田清司の選出選挙区であったが、上田の埼玉県知事選挙出馬に伴い、空白区になっていた。埼玉県第4区で自民党の早川忠孝を破り、初当選。2005年の第44回衆議院議員総選挙では早川に敗れるが、重複立候補していた比例北関東ブロックで復活し、再選。2009年の第45回衆議院議員総選挙では再度早川を下し、3選。
2011年、野田内閣で防衛大臣政務官に任命された。

神保哲生(じんぼう てつお) 1961- ビデオジャーナリスト。2000年1月開局のビデオニュース・ドットコムでは、社会学者の宮台真司と共にパーソナリティを務める『マル激トーク・オン・ディマンド』が毎週放送され、2009年1月現在でその放送回数は400回を数える。また宮台とは共著も多い。
鈴木隆之 1961-
園子温(その しおん) 1961-

映画監督、脚本家、詩人、パフォーマー。自主映画出身の映画監督である。鈍牛倶楽部所属。



『部屋 THE ROOM』(1994年)サンダンス映画祭審査員特別賞受賞
『自殺サークル』(2001年)新宿武蔵野館における過去最高の観客動員数を記録
『Strange Circus 奇妙なサーカス』(2005年)、第56回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にて観客の人気投票によって選ばれる「ベルリン新聞・読者審査賞」 (The "Berliner Zeitung" Reader's Jury Award) を受賞。カナダのモントリオールで開催されたファンタジア映画祭‘06でも作品賞と主演女優賞(宮崎ますみ)が受賞。
『紀子の食卓』(2006年)第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 特別表彰&国際シネマクラブ連盟ドンキホーテ賞
『愛のむきだし』(2008年) ベルリン国際映画祭で、「国際批評家連盟賞」「カリガリ賞」を受賞
『冷たい熱帯魚』(2011年)
『恋の罪』(2011年)
『ヒミズ』(2012年)


2011年、監督した映画「冷たい熱帯魚」「恋の罪」に出演した神楽坂恵と婚約した旨を報じられた。
高野光(たかの ひかる) 1961- 元プロ野球選手(投手)。のちに日本・韓国・台湾の球団でコーチを務めた。
「91/12 ヤクルトのドラフト一位・高野選手が何とホモが原因でトレードとの説」『噂の真相』
田上明 1961-
隆三杉太一 (たかみすぎ たかかつ) 1961-
田嶋要(たじま かなめ 1961- 民主党所属の衆議院議員(3期)。

田原俊彦
1961- モデルの向井田彩子と結婚
創価学会
堤大二郎 1961-

三浦リカと結婚
在日
DJ KOO 1961-

TRFのメンバーでラップ・DJ担当のリーダー。他、The JG's、WEST 87、Phal、WILLとしても活動。



手塚眞(てづか まこと) 1961- ヴィジュアリストという肩書きで、映画監督など映像全般に関わるクリエーター。
有限会社ネオンテトラ代表取締役、株式会社手塚プロダクション取締役。東京工科大学メディア学部客員教授。日本工学院専門学校クリエイターズカレッジ顧問。イメージフォーラム映像研究所講師。ジャパン・イメージ・カウンシル理事。知的財産管理技能検定委員。安吾賞選考委員。
父は漫画家の手塚治虫、妹はプランニングプロデューサー・地球環境活動家の手塚るみ子、妻は漫画家の岡野玲子。
徳永英明



1961- 元モデルと結婚し子供二人
豊川悦司
1961- 小島聖と交際。一般女性と結婚。
中井貴一
1961- 父の佐田啓二と姉の中井貴恵も揃って俳優という芸能一家に生を受けた。

天海祐希(元宝塚。レズ説あり)と交際報道。
96・12引退宣言した伊達公子の結婚相手とされる中井貴一にバイとのウワサが
中西保志 1961-
馳浩 1961- 元プロレスラー。参議院議員(1期)、衆議院議員(4期)。
旧姓: 川辺。サンボの元選手であるビクトル古賀の娘と結婚、離婚。高見恭子と再婚。
原哲夫 1961-
漫画家。代表作は、『北斗の拳』(原作・武論尊)。
代表作に『北斗の拳』など。緻密な絵と、度量の広い「漢(おとこ)」、敵味方を超えた友情、暑苦しいまでの醜悪な顔をした悪党、悪党があげる奇抜な断末魔の悲鳴を描くことで知られる。
お笑い芸人のふかわりょうは従兄弟にあたる。
原はふかわが小学生だった当時に逢って以降再会のチャンスに恵まれなかったが、2010年、ROCKETMANが自身のベストアルバム『thank you for the music!』を発表するに辺り、原に裏ジャケットのイラストを依頼したことから再会を果たした。原は『爆笑問題のバク天!』(2004年9月25日放送)で、レギュラー降板がかかったふかわに応援イラストを送ったこともある上、原夫人と娘がふかわと親しいことも明かしている。

ヒロ斎藤
ヒロ斉藤
1961- プロレスラー。ドラディション所属。

広瀬哲朗 1961-
マイケル富岡

1961-  保田圭と交際報道。
益荒雄広生(ますらお ひろお) 1961- 現在は年寄・阿武松。
夫人は、元プロゴルファーの奥村久子。
松野行秀 1961-
松本孝弘 1961- 創価学会
三谷幸喜(みたに こうき) 1961- 妻は小林聡美

宮嶋茂樹 1961- 報道カメラマン、ジャーナリスト。
通称「不肖・宮嶋」。名付け親は、当時、『週刊文春』の記者であった勝谷誠彦である。同誌のコーナーにおける文章も始まってしばらくの間は勝谷が書いていた。
柳葉敏郎 1961- 妻子
山田雅人 1961-
吉村萬壱(よしむら まんいち) 1961-
渡辺周(わたなべ しゅう) 1961- 政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)、防衛副大臣(野田内閣・野田第1次改造内閣)。
総務副大臣(鳩山由紀夫内閣・菅内閣)、民主党選挙対策委員長を歴任した。
父は民社党結党に参加し、衆議院議員、東海大学教授、沼津市長を歴任した渡辺朗。
(民社党→)(旧民主党→)民主党(前原グループ)
民主党内では凌雲会(前原グループ)に所属しており、前原がかつて次の内閣でネクスト安全保障大臣であった当時、渡辺が副大臣を務めた。なお前原の父親、渡辺の父親は共に鳥取県境港市の出身である。
安住淳(あずみ じゅん)
1962 政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)、財務大臣(第15代)。
衆議院安全保障委員長、民主党選挙対策委員長、防衛副大臣(菅第1次改造内閣)、民主党国会対策委員長等を歴任した。

石塚英彦 1962- 「ホンジャマカ」のデブ ワタナベエンターテインメント所属。
石原良純 1962- 父は作家で政治家の石原慎太郎。石原裕次郎は叔父。現・衆議院議員自民党の石原伸晃は兄。元・衆議院議員の石原宏高、画家の石原延啓は弟。皮膚科医と結婚して、一男一女をもうけている。
IKKO 1962-
伊東勤(いとう つとむ) 1962- 元プロ野球選手(捕手)・監督。現在はNHK野球解説者、サンケイスポーツ評論家。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表総合コーチ。
宇梶剛士 1962- 錦野旦の付き人を経て、菅原文太に見込まれ電話一本で引き取られ、文太の付き人となった。今でも文太をオヤジと呼んでいる。美輪明宏(ゲイ)に見い出され、初舞台(寺山修司作・『青森県のせむし男』)を踏む。
おかゆうた

1962- 吉本興業 おかけんた・ゆうた
筧利夫
1962-
風間トオル 1962- 『メンズ・ノンノ』モデル 結婚離婚
「99/1 ホモ説根強い風間トオルが独身俳優の美木良介と未だ熱烈恋愛が進行説」『噂の真相』
親父住吉
柄沢次郎 1962-
安住淳(あずみ じゅん) 1962 政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)、民主党幹事長代行。
財務大臣(第15代)、衆議院安全保障委員長、民主党選挙対策委員長、防衛副大臣(菅第1次改造内閣)、民主党国会対策委員長(第15代)等を歴任した。
父は牡鹿町長を務めた安住重彦。
川端健嗣(かわばた けんじ) 1962-

20代の時、「笑っていいとも!」のテレフォンアナを務めた際、出演者の似顔絵募集のコーナーに上半身が裸で薔薇を口に銜えた似顔絵が送られてきたのをきっかけに、司会のタモリに面白がられてホモ疑惑をかけられ2000年ごろまで引きずり続けたことがある。ニューヨーク勤務を終え帰国後、2001年12月に9歳年下の女性と結婚。
木梨憲武 1962-
とんねるず 妻は女優の安田成美で、間に2男1女。
在日
木村剛 1962-

日本の金融コンサルタント、銀行家。株式会社フィナンシャル代表取締役社長・最高経営責任者、ナレッジフォア株式会社代表取締役社長。
KPMGフィナンシャルサービスコンサルティング株式会社社長、KPMGフィナンシャル株式会社社長、KFi株式会社社長、日本振興銀行株式会社社長・会長などを歴任した。
(小泉度450%、竹中の子分格で日本におけるネオリベ裏工作の急先鋒) 竹中平蔵の男色人脈。2002年には金融庁金融分野緊急対応戦略プロジェクトチームに参加するなど竹中平蔵とは深い連携関係にあり、互いを擁護する発言を続けている。 2004年、竹中平蔵が参議院選に立候補した際は新橋で応援演説を行った。 木村が理事長を務める『フィナンシャルクラブ』の最高顧問を竹中が務めている。 かんぽの宿のオリックスへの売却問題に関しても、郵政民営化を直接指揮し、オリックスの宮内義彦とも親しい竹中平蔵の鳩山総務大臣批判に連動するように自身のブログで鳩山総務大臣批判を行っている。
在日人脈もでもある。
久保田利伸
1962-
SAM

1962- trfのメンバーでダンサー。
1997年に安室奈美恵とできちゃった結婚、男子をもうけるが、2002年に離婚、息子を引き取る。
水道橋博士 1962- 「浅草キッド」 結婚して子供がいる
高田延彦 1962- プロレスラー 向井亜紀と結婚 向井亜紀の代理出産が大ニュースになった


宅八郎
1962-

寺脇康文

1962-
内藤朝雄(ないとう あさお) 1962-
明治大学文学部准教授。専門は、社会学、臨床社会学、心理社会学。いじめ問題ならびに管理教育問題に関する研究で知られる。

長澤ユキオ 1962-
長島昭久 1962-
政治家。民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣総理大臣補佐官(外交および安全保障担当)、国家基本問題研究所理事。日本スケート連盟副会長。
鳩山由紀夫内閣で防衛大臣政務官を務めた。

http://kihachin.net/klog/archives/2007/08/syukusyu.html
民主党に「長島昭久 with 前原誠司グループ」という集団があります。
彼らの特徴は「親米右翼」であり小泉純一郎・竹中平蔵両氏以上に「超・ネオリベ(新自由主義)」であり、安倍晋三氏以上に「超・ネオコン(新保守主義)」でもあります。
(略)
長島昭久氏は(略)テレビ朝日「TVタックル」に出演して前原誠司氏と同じ行動を必ずとります。
そして「田原総一朗・黒岩祐治・辛坊治郎」各氏は前原誠司氏を絶賛します。
そして「三宅久之・福岡政行」各氏は長島昭久氏を支援します。
そんな前原誠司&長島昭久両氏を自民党主流派応援団としか思えない「テレビ朝日」「フジテレビ」「よみうりテレビ」は重宝しています。
そんな前原誠司&長島昭久両氏の素晴らしき「問題発言」によって自民党主流派&小泉純一郎氏&竹中平蔵氏は安泰となり「アメリカ合衆国」の国益は保証され、日本国民の利益&日本の国益は著しく阻害されますね。

http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/kaminobakudan201204A.html
藤原 CSISの日本部長がマイケル・グリーンで、彼に育てられたのが小泉進次郎ということだけで、どんな組織か一発でわかる。ほかにも米軍の立川基地の防人として、CSISで訓練された長島昭久がいる。彼は自民党の石原伸晃の秘書をやって渡米し、SAIS(ジョンズホプキンズ大学高等国際問題研究大学院)ではプレジンスキー教授のゼミで仕込まれ、防衛省の政務官を経て野田の首相補佐官です。民主党の最高顧問・渡部恒三の息子の渡部恒雄は、CSISに陣取って東京に指令を出し、それを受けて内閣では政経塾OBの玄葉光一郎(外相)や長浜博行(官房副長官)が動く。また、民主党の要職は前原誠司(政調会長)や樽床伸二(幹事長代行)が受け持ち、対米従属の政治を推進しています。もちろんCSISの背後にはCIAがいて、日本の政治を取り仕切っている。日本政府がワシントン政府に追従するなら属国と呼んでも間違っていないが、政府の下部機関のCIAに操られる以上は、私は属領と呼ぶしかないと考えます。
橋口亮輔(はしぐち りょうすけ)
1962- 映画監督 『二十歳の微熱』『渚のシンドバッド』
林家こぶ平
林家正蔵 (9代目)
1962- 初代林家三平と海老名香葉子の長男。
広澤克実 1962-
平田オリザ 1962- 劇作家、演出家。劇団青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人。代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三部作など。80年代に小劇場において見られた絶叫型の劇に対して、淡々とした会話とやりとりで進行していく「静かな演劇」と呼ばれるスタイルを打ち出し、新しい現代口語演劇の作劇術を定着させた。戯曲集のほか『現代口語演劇のために』など理論的な著書も多い。
桜美林大学文学部助教授、桜美林大学総合文化学群教授、東京大学教育学部講師、早稲田大学文学部講師などを歴任。2009年より内閣官房参与。現在大阪大学コミュニケーションデザインセンター教授、首都大学東京客員教授、日本劇作家協会理事を勤める。
祖父は医師の平田内蔵吉、父はシナリオライターの平田穂生。母は心理カウンセラーの平田慶子。母方の叔父に映画監督の大林宣彦がいる。妻は歌手・舞台女優のひらたよーこ。妻の父は作曲家の筒井広志。

本名及び旧芸名は藤井郁弥(読み同じ)
藤井フミヤ

1962-
1983年にチェッカーズのリードボーカルとしてデビュー、数多くのヒットをとばした。1992年にチェッカーズは解散、翌1993年から「藤井 郁弥」を「藤井 フミヤ」に改め、ソロ活動を開始した。
弟は藤井尚之。小泉今日子と噂。原田知世を兄弟ともに関係したという噂。1990年、長年交際していた女性(一般人。高校の同級生)と、フミヤの地元である久留米水天宮で挙式して結婚、一男一女がいる。
布袋寅泰 1962-

1981年 - 1988年 (BOOWY)
1988年 (ソロ活動)
1989年 - 1990年 (COMPLEX)吉川晃司とのユニット・
1990年 - (ソロ活動)
1986年1月に、歌手の山下久美子と結婚したが、1997年11月に離婚。その後、1999年6月に、女優・歌手の今井美樹と再婚し、一人娘がいる。

「今井美樹と結婚した布袋寅康が早くも浮気で江角マキコと熱愛中の噂が」『噂の真相』(01.06)
在日
前原誠司 1962- 松下政経塾第8期生。衆議院議員(6期)。民主党代表(第5代)。第12代国土交通大臣(2009年9月16日 - 特命担当大臣(沖縄及び北方対策、防災)兼務)。
2005年に民主党代表選出されると、マスコミから「新代表はジャニーズ系」「永田町の郷ひろみ」「目指せ、日本のブレア」
創価短大卒でパソナグループ(創価系)南部靖之の元秘書を、知人に紹介されて数回のデートの末、わずか2カ月で結婚した。

高坂正堯の愛人説。
真島昌利 1962- ギタリスト。「THE BLUE HEARTS」、「THE HIGH-LOWS」などを経て、現在は「ザ・クロマニヨンズ」のギタリスト。有限会社「HAPPY SONG」社長。既婚。
真鍋吉明 1962- the pillowsでギターを担当するほか、NINE MILES名義でソロ活動も行っている。
三上博史 1962-
道蔦岳史(みちつた たけし)
1962-
クイズ作家、放送作家。日本放送作家協会、日本脚本家連盟に所属。


==

フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)
(共にD:COMPLEX)
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)
===
宮崎哲弥 1962- 結婚
武藤敬司 1962- 芦田久恵と結婚して子供をもうける
茂木健一郎
(もぎ けんいちろう
1962 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所上級研究員、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任教授。学位は博士(理学)(東京大学・1992年(平成4年))。
森野熊八 1962-
茂木健一郎 1962-


『中央公論』で、なんと、茂木健一郎と池田大作の往復書簡!


大槻義彦はスピリチュアルカウンセラーの江原啓之を非科学的でインチキだとしている。茂木がその江原啓之と共著を出したり、各地の講演に一緒に出かけたりしていることなどの茂木自身の科学的態度を批判している。これらに対して茂木自身は「江原のような人物や現象に対する態度は異なっても、大槻などの科学者と基本的な立場は同じである」旨を述べている。


文化人が集まって坂本龍馬を題材にミュージカルを
上演するんだってさ。そのキャストやスタッフの面々─林真理子、秋元康、茂木健一郎、川島なお美、 和田秀樹、山本益博、勝間和代、江原啓之、三枝成彰
市川右近 1963- 三代目市川猿之助の愛人
いっこく堂 1963-
内多勝康(うちだ かつやす) 1963- 『首都圏いきいきワイド』の司会者の内多勝康アナと高橋美鈴アナははホモとレズのコンビ
大神源太 1963-
大熊英司 1963- テレビ朝日アナウンサー。

好みの女性のタイプは相武紗季。
尾形大作


1963-
笠井信輔 1963- フジテレビアナウンサー。

妻はテレビ東京報道部の茅原ますみ。3人兄弟の長男で、自身も3人の息子を持つ父親である
勝村政信(かつむら まさのぶ)
1963-
加藤雅也

1963- 藤原紀香

92・11田中美奈子と噂された加藤雅也が男性ファッションモデルOとホモの噂

島田紳助、加藤雅也、小池徹平、山田優、こずえ鈴、イジリー岡田(山口組極心連合会)
軽部真一(かるべ しんいち) 1962-

フジテレビアナ。
フジテレビ医務室勤務の女性医師と2004年5月に結婚した。2007年1月25日に女児が生まれた。


川合俊一

1963- 中野みゆきと結婚
川田利明 1963- プロレスラー、実業家。栃木県下都賀郡大平町(現:栃木市)出身。フリー(タレントとしては太田プロダクション所属)。
河野太郎 1963- 自由民主党所属の衆議院議員(5期)。2009年9月、自由民主党総裁選挙へ出馬するも、谷垣禎一に敗れる。
父は、元衆議院議長の河野洋平。元衆議院議員河野一郎は祖父、元参議院議長河野謙三は大叔父に当たる。三世代にわたる世襲議員。
唐沢寿明

1963- 山口智子と結婚
「92/11 コーセーのCM好評の唐沢寿明が某テレビプロデューサーとホモ関係説」『噂の真相』
在日
木村祐一 1963-

吉本興業 在日 
二度の結婚離婚の後(子どもあり)、辺見えみりと三度目の結婚をしたが離婚。
ダウンタウン松本仁志の愛人。
在日
京極夏彦(きょうごく なつひこ) 1963-

熊谷正寿(くまがい まさとし) 1963- GMOインターネットの代表取締役会長兼社長。
母方の祖母・貞子は、幕末の剣の達人、伊庭八郎を輩出した伊庭家の傍系の出身である。祖父は、原敬(元首相)の側近で、立憲政友会の副幹事長を務めた政治家である熊谷巌。
実父は神楽坂を中心に不動産、飲食店、パチンコ、アミューズメントを営む熊谷興業の創業者(同社の現・社長は異母弟の熊谷誠)。同社が1992年から2003年まで営業していたディスコのツインスターはパラパラと呼ばれ流行したダンススタイルの発祥地とされる。

「悪徳プロバイダーインターQの会長の熊谷正寿が警察庁長官佐藤英彦に賄賂を渡している」説
甲本ヒロト

1963- 「THE BLUE HEARTS」、「THE HIGH-LOWS」などを経て、現在は「ザ・クロマニヨンズ」のボーカリスト
真島昌利とは20年以上に渡ってバンドを組み続けている。
有限会社「HAPPY SONG」副社長。
小島秀夫 1963- ゲームデザイナー、コナミデジタルエンタテインメント専務執行役員クリエイティブオフィサー、開発チーム小島プロダクション監督。
1986年にコナミの神戸オフィスに入社した。「コナミの会長上月景正はホモ」説あり。
桜井政博をはじめとして、ゲーム業界やその他の業界にも多くの友人がいる。なお、小島本人の希望により、『大乱闘スマッシュブラザーズX』にはソリッド・スネークがゲスト出演した。須田剛一とは自身のラジオ番組で洋楽について、深い造詣を見せたトークを交えている。
また同ラジオにおいて、自らがゲームクリエイターとなるきっかけとなった作品に『スーパーマリオブラザーズ』と『ポートピア連続殺人事件』を挙げ、宮本茂と堀井雄二を師匠、目標として尊敬する旨を度々公言している。
榊原信行
(さかきばら のぶゆき
1963 イベントプロデューサー。元ドリームステージエンターテインメント (DSE) 代表取締役で、株式会社うぼん、株式会社沖縄ドリームファクトリー代表取締役。
佐藤直樹 (日活) 1963- 実業家・映画プロデューサー。現日活株式会社社長。
テレビ番組制作会社等を経て1990年に大映株式会社入社。
大映株式会社の事業譲渡に伴い、2002年11月株式会社角川大映映画(現:角川映画株式会社)へ。
角川映画企画製作担当取締役を経て2005年11月1日 日活社長就任。

プロデュース作品
2004年 『着信アリ』
2004年 『インストール 』
2005年 『着信アリ2』
製作作品
2007年 『あしたの私のつくり方』
2008年 『奈緒子』
2008年 『うた魂』
2009年 『ヤッターマン(2008)』(製作総指揮)
企画作品
2005年 『妖怪大戦争(2005)』

現在日活芸術学院の理事長を兼務し、後進の育成にも力をいれている。
重松清 1963-
高井一郎 1963- フジテレビジョン編成制作局ドラマ制作センター企画担当部長兼同センタープロデューサー。
2008年、フリーアナウンサーの渡辺真理(当時41歳)と結婚。
高橋和希(かずき)
別ペンネーム高橋 一雅(たかはし かずお)、
1963- 漫画家、イラストレーター。代表作は『遊☆戯☆王』。

立川 志らく(たてかわ しらく 1963 落語家、映画評論家、映画監督。日本大学第三高等学校卒業。落語立川流所属。出囃子は『鳩』『花嫁人形』。日本映画監督協会にも所属。

談志の愛人って噂もあった。
田村耕太郎 1963- 元自由民主党、平成研究会(額賀派)所属の参議院議員(2期)。
蝶野正洋(ちょうの まさひろ) 1963- プロレスラー。ドイツで出会ったマルティナ・カールスと結婚し男児と女児をもうけた。
寺尾常史
1963-
寺島進 1963- 稲川会千住一家
寺田克也(てらだ かつや 1963- イラストレーター、漫画家である。通称、ラクガキング。
キャラクターデザインは、ゲームやアニメから実写映画まで多くの分野で行っており、海外の作品にも参加している。
野島伸司

1963- 酒井法子、桜井幸子、遠山景織子との交際。2000年に深田恭子(ホモ説あるのばかりと交際)との「焼き肉店デート」が報じられる。
大路恵美、持田真樹、広末涼子(ホモ説あるのばかりと交際)
松本恵
浜田雅功 1963-

ダウンタウン 吉本興業 在日小川菜摘と結婚しニ男をもうける

ほんこん
蔵野孝洋
1963- 漫才コンビ130R 吉本興業 結婚して子供がいる
槙原寛己(まきはら ひろみ) 1963-
松村雄基
1963-
松本人志 1963- ダウンタウン 吉本興業  
木内美歩、持田香織、釈由美子、常磐貴子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、優香(ホモ説あるのとばかり次々交際報道)、hiro
2009年、19歳年下の元お天気キャスター、伊原凛(26)(在日)と結婚して子供ができた。
「木村祐一と愛人関係」説あり。
ミスターちん 1963- 元「B21スペシャル」 一般女性と結婚
宮根誠司

1963- 前妻はイラストレーター・黒田征太郎の娘であったが(結婚式の仲人は当時上司の乾浩明)、2005年2月6日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』にて、この頃既に離婚しバツイチである事が判明した。 2008年に8歳年下の一般女性と再婚した事を自身のブログで報告した。
森木靖泰(もりき やすひろ) 1963 メカニックデザイナー、キャラクターデザイナー。
テレビアニメ『星銃士ビスマルク』でデビュー。長岡康史や堀井久美と共に所属していたスタジオエックスを経て、フリーランスで活動中。甲殻類や昆虫類に沿った、鋭角的なデザインラインが特徴。
リリー・フランキー 1963- イラストレーター、ライター、エッセイスト、小説家、絵本作家、アートディレクター、デザイナー、ミュージシャン、作詞家、作曲家、構成作家、演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー、俳優など、非常に多種多才な顔を持つ。
1995年、宍戸留美と音楽関係の仕事をする。
4年の歳月をかけて母親との半生を綴った、自身初の長編小説『東京タワー ?オカンとボクと、時々、オトン?』が、自身も編集に携わる『en-taxi』上で連載。2005年に単行本が扶桑社から発売されると、「泣き顔を見られたくなければ電車で読むのは危険」などの口コミで、200万部を突破する大ベストセラーとなった。同作は全国の書店員が「最も売りたい本」を投票で選ぶ「本屋大賞2006」の大賞も受賞。更には、テレビドラマ化、松竹による映画化、舞台化がされた。

2000年、加藤紀子と交際報道。
2006年、安めぐみとの音楽ユニット・リリメグが『おやすみ』でCDデビュー。

浅尾慶一郎 1964- 1987年東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。興銀から留学資金を得てアメリカに派遣され、1992年スタンフォード大学大学院を修了。MBAの学位を取得。帰国後3年間、プロジェクトファイナンスを担当した後、1995年、新進党の候補者公募に応募して興銀を退職。
1996年10月20日、第41回衆議院議員総選挙に、神奈川4区から新進党公認で立候補し、現職中島章夫(民主党)の29,967票を超える38,725票を得るも、自民党の飯島忠義46,389票に対し次点で落選(重複立候補していなかった)。 新進党神奈川県連常任幹事に就任するが、1997年12月31日に新進党分党で自身は(民社協会を母体とした)新党友愛に参加。
1998年7月12日の第18回参議院議員通常選挙に、民主党公認・公明党推薦で神奈川県選挙区から立候補し当選。参議院財政金融委員長や初代民主党青年局長を歴任した。
2002年6月 ワットマン監査役に就任。
2005年2月、世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出された。
2005年9月、前原誠司が代表に選出されたことに伴い、「次の内閣」の外務大臣に就任。2006年9月の第2期小沢体制では、党政調会長代理及び「次の内閣」の官房副長官に就任した。
2004年7月11日 第20回参議院議員通常選挙に民主党公認で神奈川県選挙区から出馬し再選。「次の内閣」防衛大臣に就任する。
2007年5月20日、日本青年会館大ホールで開催されたギャラクシーエンジェルIIルーンエンジェル隊サードコンサートにおける株式会社ブロッコリー木谷高明元会長退任挨拶にゲストとして登場。
2009年第45回衆議院議員総選挙では、神奈川4区で長島一由を公認する党本部の意向に反対し、神奈川8区からの立候補を提案されるも、7月24日民主党に離党届を提出。再び神奈川4区から無所属で立候補すると表明した。同日、離党届非受理の上、除籍処分を受ける。同年8月8日、自民党を離党した渡辺喜美らが結党したみんなの党に参加。8月18日の総選挙公示に伴い参議院議員を自動失職。小選挙区では長島一由に敗れたものの、比例南関東ブロックで復活当選した。
阿部寛


1964- 『メンズ・ノンノ』モデルから俳優に 一般女性と結婚
アンディ・フグ
Andy Hug
1964-2000 スイス・ボーレン出身の空手家、キックボクサー。
石原宏高 1964- 父は石原慎太郎(東京都知事・元衆議院議員)。兄に石原伸晃(衆議院議員・自民党元政調会長)、石原良純(俳優・タレント・気象予報士)。弟に石原延啓(画家)。叔父の俳優、石原裕次郎。
選挙戦終盤では内閣総理大臣(当時)小泉純一郎や安倍晋三、前述の三木谷浩史が応援した。マスメディアでは「石原ブランド」を封印したための勝利と報じたが、当選後は妻や兄の伸晃、更には舘ひろし、神田正輝ら石原軍団の俳優と一緒に、亡き叔父の裕次郎の墓前で衆院選の初当選を報告した。)、2009年の総選挙では小選挙区で松原に敗れ、比例区でも及ばず、議席を失った。
一応、結婚。
イジリー岡田 1964- お笑いタレント、ものまねタレント。ホリプロ所属。

島田紳助、加藤雅也、小池徹平、山田優、こずえ鈴、イジリー岡田(山口組極心連合会)
稲葉浩志

1964- 松崎しげるの二度目の妻と結婚
「93/11 B'zのボーカル稲葉浩志に女好きのビーイング長戸大幸のお稚児さん説」『噂の真相』
内村光良


1964- お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」のひとり。
テレビ朝日のアナウンサー下平さやか。
テレビ朝日のディレクターと結婚していた当時テレビ朝日アナウンサーの徳永有美と不倫して、彼女は離婚して番組降板。2005年3月、当時テレビ朝日アナウンサーの徳永有美と結婚、2009年娘が生まれた。
枝野幸男 1964- 民主党(凌雲会=前原枝野G)(国のかたち研究会=菅G)両グループ兼任
自身の妻と不妊治療の末、二児(双子)を授かっている。
江原啓之(えはら ひろゆき) 1964- スピリチュアル・カウンセラー、スピリチュアル・アーティスト、作家、オペラ歌手(バリトン)。世界ヒーリング連盟元会員、関西二期会会員、英国スピリチュアリスト協会(SAGB)会員。
妻と二人の息子がいる。
大木裕之(おおき(おおぎ) ひろゆき) 1964- 映像作家、現代美術家。堂々とゲイを公表し、ゲイを主題にした作品も発表。『あなたがすきです、だいすきです』1994、『たまあそび』1996
菊池幸夫(きくち ゆきお) 1964- 国立音楽大学や尚美学園大学で講師を務める傍ら、映画やテレビ、国体の音楽を手がけるなど幅広い活動を行っている。
作曲を北村昭、佐藤眞、松村禎三に師事。
1985年に作曲したサクソフォーン四重奏曲「Saxophones' Studies」で、1986年の日本サクソフォーン協会主催「第1回サクソフォーンのための作品コンクール」優秀賞を受賞。1991年の修了制作「ピアノと管弦楽のための『曜変』」で、1992年に第14回日本交響楽振興財団作曲賞に入選、翌1993年に第3回芥川作曲賞を受賞。

岸谷五朗 1964- レディオ・クラブの事前番組(レギュラー開始直前の週に番組紹介を目的とした帯番組が放送された)「レディオクラブ発射寸前」にて『ポップンルージュ』担当のプリンセス・プリンセスのヴォーカリスト奥居香がゲストとして登場した時、番組中に壮絶な喧嘩を開始し「このアマ!」と放送禁止用語を生放送で叫んだ。しかし奥居はその後も同番組には頻繁にゲスト出演しており、1996年6月28日に2人は結婚。プロポーズはその4 - 5日前で、岸谷の自宅でビールを飲み、柿の種をつまみながら「オレと一緒に記者会見を開きませんか」と切り出し、奥居が「そうしますかー」と応じた。現在、2児の父親。

木下ほうか
1964-
玄葉光一郎 1964- オネエ

1987年に上智大学を卒業した後の同年4月に松下政経塾に入塾する(第8期生)。
2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では、福島3区で自民党の蓮実進に圧勝した。同年9月の民主党代表選挙では、松下政経塾の同期だった前原誠司を支持した。代表に選出された前原のもとで幹事長代理に就任し、前回の総選挙の反省を踏まえ、党の広報戦略を見直すためのメディア戦略室を設置する等、党の機構改革を推進した。前原が偽メール問題で辞任後、後任の小沢一郎代表から幹事長代理の再任の要請を受けたが、固辞した。


小山薫堂(こやま くんどう) 1964- 放送作家、脚本家、ラジオパーソナリティ。
[N35 Inc.]代表、株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長。
東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科学科長で同大教授。
『料理の鉄人』以来、別名としてうどん熊奴(くまやっこ、「こやまくんどう」を逆さにしたアナグラム)の作家名を使い分けている。

おくりびと(脚本)
嶋大輔


1964- 弘道会森弘組徳島支部の幹部が世話している。
鈴木寛(すずき かん) 1964- 政治家、社会学者、元通産官僚。民主党所属の参議院議員(2期)、元文部科学副大臣。

高城剛(たかしろ つよし 1964- 映像作家、DJ。元総務省情報通信審議会専門委員。フューチャー・パイレーツ株式会社代表取締役、株式会社高城剛事務所代表取締役。東映アニメーション株式会社の元社外取締役で現在は顧問を務めている。
22歳も年下の沢尻エリカと結婚したことが2009年にスターダストプロモーション(沢尻の当時の所属事務所)より発表された。その後、盛大な結婚披露宴を行った。 が、その後、沢尻エリカから一方的に離婚請求されマスコミから悪者としてバッシング報道がおこなわれている。
高橋克典 1964-

かなり年上の女優、吉田日出子と噂。自殺未遂騒ぎを起こした彼女(今は別れた)と同棲したとか。中西ハンナと結婚
高知東生

1964- 1991年、AV女優の「あいだもも」と結婚したが、1996年に離婚。 その後、井上晴美との交際などを経て、1999年2月に女優の高島礼子と再婚した。
元中野会弘田組と高知東生夫妻
中井啓一 の愛人の子説
椎名桔平(しいな きっぺい )

1964- 俳優、映画プロデューサー。かつては、株式会社ユマニテに所属、現在は、株式会社スターダストプロモーション所属。

2003年、ドラマ『BLACK OUT』での共演を機に知り合った女優の山本未來と結婚。ファッションデザイナーの山本寛斎が義父となった。
2010年に男児誕生。

在日
高野寛
1964- 「虹の都へ」
田亀源五郎 1964-
竹宏治(たけ こうじ)
清水宏次郎
清水宏次朗
1964-
竹内力

1964-
堤真一 1964- 鈴木京香(ホモ説あるのとばかり次々と交際)とは結婚目前とまで噂されたが後に破局。それ以外にも、深津絵里。松雪泰子。2006年、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で競演したのをきっかけに小雪と交際したと報道された。 在日 創価学会
鶴見辰吾
1964-
出川哲朗 1964- 結婚
中西圭三

1964- 高樹沙耶と結婚離婚。
中野英雄
1964-
新実 智光(にいみ ともみつ 1964 元オウム真理教幹部。ホーリーネームはミラレパ。教団内でのステージは正大師で、教団が省庁制を採用した後は自治省大臣だった。1986年のオウム真理教の最初に開かれたセミナーから出席し、岡崎一明や大内利裕と並ぶ古株。坂本弁護士一家殺害事件、松本サリン事件の実行犯。地下鉄サリン事件では運転手役。2010年2月に死刑が確定。
西川隆宏

1964- 元「DREAMS COME TRUE」 麻薬で逮捕 独立
温水洋一(ぬくみず よういち) 1964- 実父は自衛官。
林家たい平
1964-
ひかる一平 1964-
hide

1964-1998 X JAPANのギタリスト。33歳で死亡。
日出郎(ひでろう)
1964-
ダンサー、歌手、タレント、声優、俳優。愛称はヒデリン。 クイーンズファクトリー所属
1982年、東京都新宿区にあるショーパブ「ギャルソンパブ」でダンサーとしてデビュー。
1985年、バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)で、ニューハーフタレントとしてテレビに初登場。強烈な厚化粧と奔放な発言で人気を博す。
当時の顔立ちや風貌がそのまんま東と似ていたことから、当番組やビートたけしが出演する他の番組でも度々そのことをネタにされていた。
1991年に写真集『神様のいたずら』を発売。
1992年、スペインのDJチモ・バヨのヒットシングル『俺はチモ・バヨ?燃えろバルセロナ』をカバーした『燃えろバルセロナ』(アルファレコード)でCDデビューを果たす。
  様々なミュージシャンと交友を広めるが、特に電気グルーブとの親交は公私共に深かった。  その後、数々のバラエティー番組に出演し、おねぇタレントのパイオニア的存在になる。
1995年-1996年にNHK教育テレビで放送された『なんでもQ』第1シリーズ『むしむしQ』では「カマキリのかあちゃん」を歌い、コロムビアミュージックエンタテインメント社から発売されたアルバム『むしむしQ』に収録されている。
2000年にアニメ『OH!スーパーミルクチャン』(WOWOW)で声優に初挑戦。
2003年、セカンドシングル『ターニング・ポイント』(ニューセンチュリーレコード)を発表した。
2008年、DVD「アゲパラ」PARTY X PARTYのメンバーとしてリリース 発売ばっぷる社

近年は舞台にも活動拠点を広げており
2008年、4月東京芸術劇場 AIproduce 舞台「デ・ブレード」出演
2008年、11月東京芸術劇場 AIproduce舞台「デブチャンズ11」出演
2009年、2月シアターグリーン AIproduce舞台「HEROマンモスグリーン」出演
2010年,4月4日坂本ちゃん 、ずれやまズレ子とユニット「花の中年トリオ」=花中 を結成
   デビューシングル「花中時代」(Zureyama's Record VIVID SOUND )発売

   花中では、花中淳子と名乗っている。

2010年,10月シアターグリーンAIproduce舞台「GHOST」主演
2011年,2月ソロとしては8年ぶりとなるマキシシングル「ShutUppp!」(Zureyama's Record VIVID SOUND )をリリース
  カップリング曲には岩崎宏美のシンデレラ・ハネムーンをトランスアレンジでカバーしている

2011年,9月スペース・ゼロ全労災ホールエアースタジオ舞台「信長」出演
   演出脚本:藤森一朗・共演:大山真志、三又又三、中上雅巳、他


藤井尚之

1964- 元チェッカーズ 「兄の藤井ふみやと原田知世を取り合った」という噂 
一般人と結婚
藤原ヒロシ

1964- ヒップホップミュージシャン、DJ、音楽プロデューサー、ファッション・デザイナ-
本多平直(ほんだ ひらなお) 1964‐ 政治家。民主党所属の衆議院議員(当選2回)。内閣総理大臣補佐官(内政の重要政策に関する省庁間調整担当)。松下政経塾第9期生。国のかたち研究会(菅グループ)に所属。妻は衆議院議員の西村智奈美で、結婚の媒酌人は菅直人が務めた。名の読みは「ひらなお」だが、周囲からは「へいちょくさん」と呼ばれている。

松本晋一 1964-

ボードビリアン・タレントの早野凡平と舞踊家の印南明美の長男として生まれる。タップダンサー、タップダンス講師。
村田晃嗣(むらた こうじ) 1964-

同志社大学法学部教授
村上竜司 1964- 空手家。愛媛県西条市出身。士道館最高師範・士魂村上塾塾長。

森祐喜 1964-2011
箭内道彦(やない みちひこ) 1964- 1996年(平成8年)、CMプランナーに転向し、2003年には「ひとり広告代理店」『風とロック』を設立した。2008年4月より、トーク番組 『トップランナー』(NHK)に、5代目MCとしてレギュラー出演している。

=====
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gaysaloon/1274396322/

高野寛からつらつらと考えたら
ソリトンsideB→トップランナーの男性MC枠ってゲイ枠なんだろうか
箭内とか違う感じだけど
ソリトン:高野寛
初代:大江千里
2代目:田辺誠一
3代目:武田真治
4代目:山本太郎
5代目:箭内道彦
6代目:箭内道彦
=====

2007年5月、女優の南野陽子(過去にホモ説あるのとばかり交際)と真剣に交際していることが報じられた。2010年6月、イベントで会見した南野は、交際が引き続き順調であり、今後結婚の可能性もあることを示唆した。




山形浩生(やまがた ひろお) 1964- 評論家、翻訳家。野村総合研究所研究員。
幼少時の御称号は礼宮(あやのみや)

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう)
1965
皇族。今上天皇の第二皇子。母は皇后美智子。身位は親王、皇室典範における敬称は殿下。お印は栂。勲等は大勲位菊花大綬章。学位は博士(理学)(総合研究大学院大学・1996年)。皇位継承順位は皇太子徳仁親王に次ぐ第2位。
住居(秋篠宮邸)は東京都港区元赤坂2丁目の赤坂御用地内。1997年3月からは旧秩父宮邸を使用している。

1984年、学習院大学法学部政治学科に入学。翌年には自然文化研究会を結成し、積極的にサークル活動を行う。一学年下の川嶋紀子と知り合いサークル活動を通じ交際を深め、1986年に自ら求婚していた。
1988年、学習院大学法学部政治学科を卒業。同年より2年間、オックスフォード大学セント・ジョーンズ・カレッジに留学し動物学を学ぶ。
1989年1月7日、祖父・昭和天皇が崩御。
同年8月26日、川嶋紀子との婚約内定が報道される。9月12日、文仁親王と川嶋紀子の婚姻に関する皇室会議が開催された。全員一致で2人の婚姻が可決され、婚約が内定。午後から記者会見が行われた。平成改元後初の慶事であり、若々しい2人の結婚は国民から盛大に祝福された。関連書籍・アニメが作られ、「紀子さまブーム」とも呼べる現象となった。
昭和天皇の喪が明けた翌1990年(平成2年)1月12日に納采の儀が執り行われ、前年9月12日の皇室会議で認められた2人の婚約が正式決定した。皇室において昭和天皇崩御後初の慶事となり、納采後の皇居には、皇族や三権の長らが祝賀訪問、お祝い記帳も行われた。
同年6月29日、結婚の儀が行われ、同日秋篠宮家を創設した。宮号は奈良県秋篠に由来する。
1991年、眞子内親王が誕生。"眞"の文字は秋篠宮の"ひらめき"によって選ばれた。
1994年には、佳子内親王が誕生。

兄・皇太子および同妃には、2001年に第一子・敬宮愛子内親王が誕生。しかし、この後皇太子および同妃には長らく懐妊の兆候が無かったため、今上天皇の孫の世代に男子が皆無という状況は解消されず、皇位は男系男子による継承が絶える危機に直面していた。
2003年には湯浅利夫宮内庁長官が、「皇室の繁栄を考えると、(秋篠宮および同妃に)第三子を強く希望する」と発言した。2006年の歌会始では、秋篠宮および同妃ともに前年9月24日のコウノトリ放鳥に関する和歌を詠んだが、コウノトリは赤ん坊をもたらすシンボルである事から、第三子を望む気持ちがあったと考えられている。
2004年からは皇室典範に関する有識者会議により女性・女系天皇容認の議論が進む中、2006年2月7日、同妃紀子の懐妊がスクープされる。当日は文仁親王は公務で我孫子市におり、夫・文仁親王が報告を直接受ける前の報道となった。2月25日に宮内庁から懐妊が正式発表された。
同年9月6日、皇室史上初の帝王切開により悠仁親王が誕生。皇室においては文仁親王自身の誕生以来、実に41年ぶりの男系男子誕生である。


通称「さんまの会」では友人知人を自邸に招いており、この集まりが妹・清子内親王と長年の友人である黒田慶樹の交際を深めるきっかけを作った。文仁親王は、2005年)の彼らの結婚を非常に喜んだ。
妹・清子内親王の夫である黒田慶樹とは少年時代からの学友。

池山隆寛 1965- 元プロ野球選手(内野手)、野球解説者、野球評論家。
倉沢淳美、南野陽子(ホモばっかりと交際)と交際報道。
 石丸幹二
(いしまる かんじ
 1965 俳優、歌手。ザ・ライブラリー所属、所属レコード会社はソニー・ミュージックエンタテインメント。愛京藝術大学卒業。

1990年、劇団四季『オペラ座の怪人』のラウル役で舞台デビュー。
劇団外の活動としては、オロナミンC(SMAPの木村拓哉と共演)や、ネスカフェ・ゴールドブレンドのCMに出演。劇団には17年在籍し、2007年退団。
2012年、第37回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。
 
   
島田亨
(しまだ とおる)
1965 実業家、楽天株式会社取締役常務執行役員、株式会社楽天野球団代表取締役社長兼東北楽天ゴールデンイーグルス前オーナー。株式会社インテリジェンス創業メンバー。
2000年頃より草創期ベンチャー企業を中心に複数の企業に出資しており、取締役として参画しているケースも多い。
2007年、テレビ朝日アナウンサーの石井希和と再婚。2008年に石井との第一子(娘)が誕生した。なお、前妻との間にも娘が2人いる。
2012年夏より、楽天のシンガポール現地法人に赴任。
石川和男 1965- 1989年4月
通商産業省(現経済産業省)入省。
資源エネルギー庁(石炭政策、電力・都市ガス政策)、
生活産業局(繊維産業政策、民活政策)、
環境立地局(産業保安・LPガス保安・火薬類保安・鉱山保安政策)、
産業政策局(物流・流通政策)、
中小企業庁(下請企業政策、官公需政策、中小企業金融政策)、
商務情報政策局(産業金融・消費者信用政策、割賦販売政策)、
大臣官房等を歴任。
2007年3月
経済産業省退官。
2009年4月
東京財団上席研究員。
2008年8月
内閣官房・国家公務員制度改革推進本部事務局 企画官 (〜2009年1月)。
2008年11月
内閣府・規制改革会議 専門委員(〜2010年3月)。
2003年4月
専修大学客員教授。
2009年1月
政策研究大学院大学客員教授。
2010年4月
霞が関政策研究所代表。
石田靖

1965- 吉本興業 
江頭2:50
1965-
大川興業
大串博志(おおぐし ひろし) 1965- 政治家。衆議院議員(2期)。財務省出身。2009年(平成21年)9月より、鳩山由紀夫内閣における財務大臣政務官に就任。2011年(平成23年)9月、野田内閣内閣府大臣政務官に就任。2012年(平成24年)2月10日より、復興庁の設置に伴い野田改造内閣において復興大臣政務官を兼務。

花斉会(かせいかい)は、民主党のグループ。通称、野田グループ。

大澄賢也 1965- 俳優、タレント、ダンサー。
まだ無名のダンサーだった1989年に13歳年上の女優の小柳ルミ子と電撃結婚し話題となった。結婚後は小柳と共に夫婦でのテレビ出演やステージを行い、芸能界のおしどり夫婦とも呼ばれていた。
しかし2000年に離婚となった。離婚する条件として小柳から高額の慰謝料を要求されたこと、そうでなければ以前の無名のバックダンサーに戻ることのどちらかの二者選択を迫られていたことが明らかになり話題となった。この二者選択発言は、実際は大澄が発言したとも告白しているために、真相は当事者のみが知るところとなっていたが、慰謝料1億円を支払って解決したという。

太田光

1965- 爆笑問題 同じ太田プロのタレントの太田光代と結婚 太田事務所から独立して無名時代の爆笑問題を支え個人事務所社長として売り出しに成功 在日
大森貴弘(おおもり たかひろ) 1965- 男性アニメーター、アニメーション演出家、監督。東京都出身。日本アニメーター・演出協会 (JAniCA) 会員。

岡村靖幸

1965- 岡村の親友といえば、吉川晃司と尾崎豊の2人は有名であった。
2008年、覚醒剤で三度目の逮捕で二年の実刑判決。
奥田民生

1965- ユニコーン 結婚
尾崎豊 1965-1992 結婚して子供がいた。斉藤由貴と不倫騒動。
見城徹(角川書店編集者から幻冬舎社長)と愛人関係。

『アッコちゃんの時代』は実在する女性をモデルに書かれた林真理子の小説である。
地上げの帝王、最上恒産の会長の早坂太吉は尾崎と昵懇の間柄だった。
「92/7 尾崎豊の妻に最上恒産・早坂太吉の愛人の過去ありと早坂前妻が吹聴説」『噂の真相』

創価学会
尾美としのり
1965-

角野秀行(かくの ひでゆき) 1965- バンド、TUBEのベーシスト。
1988年5月23日に同乗者を死亡させてしまう交通事故を起こしたため活動自粛。その間のTUBEのライブは、角野の代役として栗林誠一郎がTUBEのサポートベーシストを務めた。
1994年にTUBEのサポートメンバー伊藤一義、沓野行秀とバンド「Riding」を結成。


勝俣州和

1965- 妻子
東野幸治と勝俣州和はホモ関係説
上川隆也

1965- 松嶋菜々子、竹内結子、仲間由紀恵、内山理名、財前直見と交際報道。
稲森
鶴田真由
吉川晃司

1965- 原田知世、天海祐希(元宝塚。レズ説あり)と交際報道 村上里佳子
久島海啓太(くしまうみ けいた)
年寄・田子ノ浦(たごのうら
)1965-
黒田慶樹 1965- 日本の地方公務員(東京都庁職員)。黒田家は、親戚筋に旧華族・皇族につながる人がいるが、黒田慶樹自身の流れの中には、旧華族関係者はいない。
今上天皇の第一皇女・紀宮清子内親王(現:黒田清子)と結婚。
小林豊 1965- TBSテレビのアナウンサー。
桜内(旧姓谷岡)文城 1965- 大蔵省→みんなの党
旧姓谷岡で、櫻内義雄の孫、妻・友子と結婚して改姓。娘と息子をもうけた。
佐竹雅昭 1965-
佐藤可士和

1965- クリエイティブディレクター、アートディレクター、グラフィックデザイナー。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授、明治学院大学客員教授。

妻は、マネージャーの佐藤悦子で現在1児の父(悦子夫人は、テレビ番組「ジャスト」のコーナー「マダムに会いたい」に夫婦で出演している)。
父は建築家の佐藤明、父方の祖父はロシア語学者で元東京外国語大学名誉教授の佐藤勇(いさむ)。
重田康光(しげた やすみつ) 1965- 株式会社光通信を創業し、1999年、東京証券取引所第一部に当時、最年少で上場をした。1999年5月31日、株式会社ソフトバンクの社外取締役に就任する。現在、光通信代表取締役会長兼CEO。
1999年には、米国経済誌『フォーブス』に世界第5位の富豪として紹介された。
杉本哲太 1965- 妻は、神津善行、中村メイコ夫妻の実娘、神津はづき。
高嶋政宏
1965-
田中裕二

1965- 爆笑問題 一般人と結婚、離婚
中塚一宏(なかつか いっこう)

1965 政治家。民主党所属の衆議院議員(通算3期)。野田改造内閣の内閣府副大臣兼復興副大臣。
永野椎菜

1965- 音楽プロデューサー、作詞家、編曲家。
仲村トオル

1965- 鷲尾いさ子と結婚
南原清隆


1965- ウッチャンナンチャン。
1993年に結婚、2005年に男子が産まれた。ビビアン・スーとの不倫報道。
在日
西田二郎(にしだ じろう ) 1965 読売テレビ編成局・東京制作センター東京制作部所属のチーフプロデューサー・演出家。
1989年読売テレビに入社。『EXテレビ』『ダウンタウンDX』など読売テレビの人気お笑い番組を多数演出。一時期は吉本興業と合弁で設立したテレビ製作会社ワイズビジョンに出向し、広島テレビ制作の(後に日本テレビ製作に変更)『松紳(旧:松本紳助)』やテレビ朝日制作の『わらいのじかん』、またフジテレビ制作の『ダウンタウンのごっつええ感じ』のスペシャル版など、読売テレビ以外の番組も数多く手がけた。
インターネットラジオでパーソナリティーを務めたり、関西ローカル番組『西田二郎の無添加ですよ!』では進行を担当するなど、番組に出演することもある。

野村宏伸 1965-



長谷川健太(はせがわ けんた 1965 元サッカー選手・サッカー指導者・サッカー解説者。
現役時代はフォワードとして活躍し、右足から繰り出される正確なクロスボールは、「ケンタリング」とも呼ばれたエースストライカー。右45度から放つ豪快なシュートが売り物のFWだった。
前清水エスパルス監督。2011年、NHK BS1サッカー解説者に復帰。
ヒロミ 1965- B21スペシャル

山口組國粋会吉田川一家 力也 ヒロミ 研ナオコ 
吹越満 1965-

1984年 - 1999年1月まで劇団WAHAHA本舗に在籍していた。フロムファーストプロダクション所属。
WAHAHA本舗時代に同僚の久本雅美と交際していた時期があったといい、退団は久本との確執が原因との噂も立ったほどだった。

女優の広田レオナと1994年に結婚、一児をもうけるが、2005年に離婚、子供は広田が引き取る。『あっぱれ!!さんま新教授』(2008年放送)では吹越満が復縁をもちかけていることを広田が公表した。
藤井麻輝(ふじい まき 1965 ミュージシャン。
ソフトバレエ以前にはZEITLICH VERGELTER(ツァイトリッヒ・ベルゲルダー)、volage(ヴォラージュ)等のインディーズバンドに参加。
1986年にソフトバレエを結成。
1989年メジャーデビュー。
1991年BUCK-TICK・今井寿とのユニットSCHAFTを結成。
1994年SCHAFTを本格始動
1995年ソフトバレエ活動終了。
その後ソロユニット・She-Shellや他アーティストのプロデュースワーク等で活躍。 再結成ソフトバレエ(2002年〜2003年)を経て、 現在は女性ヴォーカリスト・芍薬とのユニットSUILENとして活躍。 2007年9月26日にiTunes Storeから初のシングルを配信リリースした。 また2007年12月19日に1stアルバムとなる「音ヲ孕ム(ネヲハラム)」をリリース。 なお2007年12月26日に開催されたライブイベント「JACK IN THE BOX 2007」にて同アルバムにゲスト参加したacid androidのyukihiroと共演した。 2008年6月18日2ndアルバム「ひたひた」をリリース。

元妻であるタレントの濱田マリとのなれそめは、藤井が彼女の大ファンで、雑誌記者のコネを使って対談を実現させたことから。1996年に結婚。1999年には長女をもうけるも2005年離婚。


古川元久(ふるかわ もとひさ) 1965 政治家。衆議院議員(5期)。内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策担当)。

内閣府副大臣(鳩山由紀夫内閣)、内閣官房副長官(菅内閣・菅第1次改造内閣)などを歴任した。

人口減少問題解決策として、大塚耕平・細野豪志・浅尾慶一郎(現みんなの党)・松井孝治・松本剛明らと共に「1000万人移民受け入れ構想」を共同提案した。 「年金の財源がなくなり、若年サラリーマンの給与は膨らんだ老人たちを養うことにほとんど費やされてしまうだけでなく、マーケットの縮小による購買力の低下や土地価格の下落、国際社会での存在感や発言力の薄れといった変化が予測される」や「弥生時代には朝鮮半島から亡命者を中心に大量の外国人が日本に流入し、その彼らがもたらした稲作などの技術により急速に発展を遂げたという歴史があるのだ。」と主張し、移民の必要性を訴えた。
【2003年9月号 月刊Voice掲載】1000万人移民受け入れ構想 日本を「憧れの国」にしたい。〜民主党若手の共同提案〜

凌雲会(りょううんかい)は、民主党のグループ。通称、前原グループ。


古田敦也 1965- 元プロ野球選手(捕手)。現在は野球解説者、タレント、スポーツキャスター。芸能プロダクションは株式会社エーポイント所属。マネジメントは株式会社アスパラと業務提携。
ヤクルトスワローズ一筋で現役を過ごし、名捕手として一時代を築いた。また、2005年シーズン終了後から引退年の2007年まで選手兼任監督を務めた。
妻はフリーアナウンサーの中井美穂。
石井一久、古田敦也、高津臣吾とは私生活でも家族ぐるみの交流があり、シーズンオフには自主トレも兼ねた海外ゴルフを行う。
楽天・野村監督が「あいつらホモみたいな関係だ」と罵倒。
別所哲也 1965-


前田亘輝

1965- TUBE 飯島直子と結婚離婚
丸山敬太 1965-
三上真司 1965- ゲームデザイナー。元カプコン第4開発部部長。現在は有限会社ストレイト・ストーリー取締役。
大学卒業後、カプコンに入社。『カプコンクイズ ハテナ?の大冒険』、『アラジン』などを開発。1996年にはディレクターとして『バイオハザード』を送り出す。その後、『バイオハザード』シリーズ、『ディノクライシス』シリーズ、『デビルメイクライ』などをプロデュースする。また、『逆転裁判』1〜3の製作総指揮をとった。 『バイオハザード4』では自らディレクターも務めた。
2004年7月1日にカプコンの子会社であるクローバースタジオに移籍し、『GOD HAND』のディレクターを務めるが、2005年の11月には親会社のカプコンを退社してフリーの立場で同作品を完成させる。同年12月に有限会社Straight Storyを起業。カプコン退社後もソフトウェア開発の契約は個別に結んでいる。2007年2月、SEEDS株式会社のちのプラチナゲームズ株式会社とのプロジェクトを個別契約を結び開発している。
三木谷浩史 1965-

楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長。2008年にはフォーブス誌の日本人富豪ランキング8位にランクイン、2009年には7位にランクイン、2010年には6位にランクインする。ライブドア元社長・堀江貴文(2006年逮捕)、サイバーエージェント社長・藤田晋、リキッド・オーディオ・ジャパン元社長・大神田正文(2003年懲役刑確定)、グッドウィル・グループ元会長・折口雅博(2009年破産手続開始決定)らとともに「5人の若手起業家」と言われ注目を集めた。
本木雅弘 1965- 「89/7 元シブガキ隊本木雅弘のマンションに松方弘樹頻繁に出入りでホモ説が」『噂の真相』
「91/12 ヘア丸出しの本木雅弘がなんと松竹の奥山ジュニアとホモ関係の仰天説」『噂の真相』

山口勝平


1965- 1989年に『らんま1/2』の早乙女乱馬役で本格デビューした。『名探偵コナン』(「週刊少年サンデー」)の工藤新一、劇場版『金田一少年の事件簿』(「週刊少年マガジン」)の金田一一、『DEATH NOTE』(「週刊少年ジャンプ」)のLと、3大少年誌を代表する名探偵役を演じている。
YOSHIKI

1965- ロックバンドX JAPANのリーダー、プロデューサーとして知られており、ドラムとピアノを担当。工藤静香(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)、深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)と交際報道。
鎧塚俊彦(よろいづか としひこ) 1965- 恵比寿などに2店舗を構える「Toshi Yoroizuka」(トシ・ヨロイヅカ)のオーナーシェフであり、同店舗を含む一連の「Toshi Yoroizuka」ブランドを運営する有限会社アトリエ・サンセールの代表取締役も務める。妻は女優、タレントの川島なお美(ホモ説あるのばかりと交際)。
飯田基祐 1966-
石黒賢


1966- 石田ゆり子と交際。子連れ女性と結婚
石原延啓(いしはら のぶひろ)

1966- 画家・美術家。
東京都知事石原慎太郎は父。石原裕次郎は叔父。兄に自民党衆議院議員の石原伸晃、俳優・タレント・気象予報士の石原良純、元みずほ銀行勤務・元自民党衆議院議員の石原宏高がいる。

今田耕司


1966- 吉本興業 
独身 

2009年に加藤ローサ(創価、イタリアと日本のハーフ)と噂。

加藤ローサ(創価、イタリアと日本のハーフ)
赤西仁(ジャニーズ)。今田耕司(吉本興業)。横浜マリノス所属のJリーガー。玉木と関係が復活。そしてサッカー日本代表の松井大輔とできちゃった婚。

エドワード 津脇
エドツワキ
1966- 目黒真希
梶原善
1966-
窪之内英策くぼのうち えいさく)


1966-
黒岩宇洋 1966- 母・黒岩秩子(元参議院議員)、大伯父・北大路信明(元貴族院議員)、曾祖父・北大路實信(元貴族院議員)
2002年4月、参議院新潟選挙区補欠選挙に野党共同推薦の「新潟方式」で無所属候補として出馬し、初当選。院内でも無所属で活動していたが、2005年12月に民主党に入党した。2007年7月の参院選では連合の推薦は得たものの、社民党が独自候補(山本亜希子前新潟市議)を擁立したため、前回補選時の支援構図は崩れた。民主党は黒岩と森裕子の両名に対し新潟選挙区における公認を出し、同じ選挙区で厳しい戦いとなった。事実上森との同党対決の末、僅差で落選。
落選後の2007年11月、義母の出身地である新潟3区より民主党公認で衆院選に出馬する意向を表明し活動を展開。2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で当選し国政に復帰した。
三枝孝臣(さえぐさ たかおみ)
1966-
日本テレビ放送網情報エンターティンメント局チーフクリエイター。以前は、制作局の演出家・プロデューサー→編成局編成部企画担当副部長兼チーフプロデューサー。学生時代に見た『今夜は最高!』に憧れ、日本テレビを志望。念願叶い、1989年に同社に入社。テレビドラマやバラエティ番組を主に手掛けるが、他にも日本舞踊公演や小劇団を演出を手掛けている。

叔父は作曲家の三枝成彰。
坂本ちゃん
1966-
櫻井敦司

1966- BUCK-TICKのヴォーカリスト。原田知世と噂。
佐々木健介 1966-

プロレスラー 妻は元プロレスラー北斗晶。
塩谷正吾 1966-
宍戸開(ししど かい)
1966-
柴田光太郎


1966- 父は「クイズタイムショック」や「白い巨塔」などの代表作で知られる俳優・司会者の田宮二郎、母は元女優の藤由紀子、弟は俳優の田宮五郎。既婚者で娘が2人と息子1人がいるが、妻・子供ともに一般人の為名前と素顔は公表されていない。
スガシカオ 1966-
高嶋政伸
1966-
田中哲司
1966- 俳優。鈍牛倶楽部所属。
2014年、以前から交際していた女優の仲間由紀恵(レズ説)と結婚したことが、仲間の事務所を通じて発表された。
原千晶(レズ説)とも噂になった。
田中実
1966-
田辺徳雄
(田辺路朗)
1966-

元野球選手で、選手暦は、西武ライオンズ (1985 - 1999) 、読売ジャイアンツ (2000) 。引退後のコーチ歴は、西武ライオンズ、埼玉西武ライオンズ (2002 - 2009)
チョコボール向井 1966- プロレスラーからAV男優。
手塚仁雄(てづか よしお) 1966 政治家。民主党所属の衆議院議員(3期)。内閣総理大臣補佐官(政治主導による政策運営及び国会対策担当)。元東京都議会議員(1期)。

父は音楽評論家のいソノてルヲ(本名:磯野晃雄 1930年7月28日 - 1999年4月21日)。手塚姓は、後に養子縁組を行った母方の祖父によるもの。

花斉会(かせいかい)は、民主党のグループ。通称、野田グループ。

デビット伊東 1966- 元「B21スペシャル」

トータス松本 1966-

ウルフルズ
渡辺真理奈、菅野美穂(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と交際。
長嶋一茂(ながしま かずしげ 1966 元プロ野球選手(内野手)、タレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優。現在は読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー。
ナガシマ企画所属。父は長嶋茂雄。4人兄弟の長男で、弟はレーシングドライバーの長嶋正興、妹はキャスターの長嶋三奈。

永瀬正敏 1966- 小泉今日子と結婚離婚 中島美嘉と不倫説
西村和彦 1966- 女優の立原麻衣と結婚離婚 後に書道家の國重友美と再婚し子供をもうける
春一番 (お笑い) 1966- 春一番と野沢直子、山田邦子
春畑道哉(はるはた みちや) 1966-

ロックバンド「TUBE」のギター、作曲を主に担当している。前田亘輝との関係。

彦摩呂
彦磨呂
1966- 創価学会の信者であり、久本雅美(創価)と共に多数勧誘ビデオに出演している。
東山紀之 1966- 少年隊 
森光子(レズ説あり)、牧瀬里穂、南野陽子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、2000年に深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)、テレ朝の武内絵美アナウンサー(ホモ説あるのとの交際が多い。そして一般人と結婚)、内山理名、木村佳乃と交際
在日
ヒロモト森一(ヒロモト しんいち) 1966- 漫画家。ちばてつや賞、アフタヌーン四季賞などへの入賞を経て、1992年に『月刊アフタヌーン』(講談社)連載の『シングルアクションアーミー』でデビュー。『月刊アフタヌーン』(講談社)『ウルトラジャンプ』(集英社)などに作品を発表している。
ジョージ・ルーカス公認の公式スターウォーズ・アーティストとして、1998年に『スターウォーズ ジェダイの復讐』の漫画化を担当した(メディアワークス刊、上下巻)
ニンテンドーゲームキューブ用ソフト「ポケモンコロシアム」(2003年)「ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア」(2005年)のキャラクターデザイン、アートディレクションも務めた。

映像作品『怪談新耳袋 殴り込み』では本人が出演している。
深沢邦之 1966- お笑いコンビ「Take2」
1995年、同じ事務所で付き人をしていた事もある女優の田中美佐子と電撃結婚。2002年には念願の一女をもうけた。
広岡勲 1966- スポーツライター(スポーツジャーナリスト)・プロ野球球団広報。現在、アメリカ合衆国(米国)のメジャーリーグベースボールに属するプロ野球球団、ニューヨーク・ヤンキースの広報として活動している。日本経営倫理学会会員。サンケイスポーツの広岡浩二記者は実弟。
巨人に在籍していた、松井秀喜(在日)選手に請われてスポーツ紙記者から球団広報に転身し、渡米からひたすら陰で支え続けている。
在日。
堀部圭亮 1966- 結婚
松本玲二 1966- BEのドラマー、レーシングドライバー
三浦建太郎 1966- 漫画家。代表作はファンタジー作品の『ベルセルク』。
水野賢一 1966- 元衆議院議員、中尾栄一の次男。中尾栄一は、1973年には中川一郎、石原慎太郎らとタカ派政策集団 ・青嵐会(政界の一大男色人脈のルーツ説あり)を結成し名を売った。
自民党の衆議院議員の水野清の養子。
アル・ゴア上院議員事務所に政治留学後、自民党の衆議院議員の水野清の秘書を務める。
1996年の第41回衆議院議員総選挙に水野清が養子の賢一に跡を譲った。なお、賢一はこの選挙では次点に終わる。
1999年、石橋一弥の死去に伴う繰り上げで初当選。2000年の総選挙では自民党に移籍した実川とコスタリカ方式をとり小選挙区で当選。2003年は、実川が選挙区を移り、単独候補として小選挙区当選、2005年も小選挙区で当選する。
2001年、自民党青年局長を務めた。親台派であり、2002年に外務大臣政務官の地位にあった際、台湾訪問を拒否されたことに抗議し政務官を同年8月25日に辞任。その際には外務省の対中迎合姿勢と事なかれ主義を激しく批判している。また、北朝鮮に対する経済制裁を推進する自民党のプロジェクトチームの一員で、2004年には外為法の改正と、「特定船舶入港禁止法案」制定を菅義偉と共に推し進める。2004年、自民党環境部会長を務めた。
派閥は、当初は志帥会に所属していたが、派閥の領袖だった亀井静香のニューディーラー的な地方への利益誘導・公共事業バラマキをかねてから激しく批判しており、郵政民営化の議論が本格化する以前にJNNニュースバードに出演した際も「亀井先生の理念にはとてもじゃないがついていけない」と亀井を激しく批判、「親小泉」であることを宣言していた。郵政解散の翌日・2005年8月9日、志帥会を離脱した。
2006年の安倍内閣では法務副大臣を務めた。
景気の回復を前提とした2011年における消費税増税を、2009年度予算案の付則に明記することに対して、反対の意見を表明。造反をにおわすような発言を行った。
2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に自由民主党から出馬。公明党の推薦も受けるも落選。
2010年4月に自民党を離党し、みんなの党に入党。同年7月11日に行われた第22回参議院議員通常選挙にみんなの党公認で千葉県選挙区から出馬し当選。選挙後、みんなの党幹事長代理兼参院国対委員長に就任した。

宮川一朗太 1966- 妻はフリーライターの山田佳奈子(1990年結婚)。
宮本浩次

1966- エレファントカシマシ
江角マキコ(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、フジテレビ松尾翠アナと交際

MEN'Sテイオー 1966-

プロレスラー。
ゲイの気があるらしく(本人は否定)、自分のことを「姉さん」と呼んでるDDTの男色ディーノとは、関わることを拒んでいる。この事から、葛西純からは「男か女か分からない」と言われている。更にはサムライTVの特番で、電車内で痴漢に遭った事を暴露したところ、同席していた風香から「男の人が好きなんですよね」とまで言われている。
薬丸裕英 1966- 稲川会三本杉一家
山根康広 1966-
吉井和哉 1966- 元「THE YELLOW MONKEY」
渡辺真理と交際
椎名林檎 イエローモンキー吉井とも交際

眞鍋かをりと元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉に熱愛発覚 2012年
秋川雅史

1967- 父は声楽家の秋川暢宏。
2006年12月31日、カバー曲「千の風になって」にて「紅白」(NHK)初出場を果たす。
浅倉大介

1967- access
安東弘樹 1967- 過去に元バレーボール選手(現:タレント)・益子直美と結婚寸前で破局を迎えた。
2005年、タレント・川幡由佳と結婚した。
2006年第一子(男児)が誕生。2009年に、自らの息子の子育て体験を記した手記「安東さんちの子育てちからこぶ」を情報センター出版局より刊行。妻の川幡由佳がイラスト・マンガを、安東はコラムを担当した。
池谷亨
1967-
石田彰 1967-
石野卓球 1967- 1989年、テクノバンド 電気グルーヴをピエール瀧らと共に結成。
また、基本的にノンケだが、クラブシーンに身を置く都合上、ゲイに対する偏見は薄く、ゲイカルチャーとはなんとなくウマが合い、「まぁ、それなりに…」とチャレンジした事があると告白している。91年ごろには毎晩のようにオカマバーへ通い、「男女のはざまを行く不思議な感じが好き」とオールナイトニッポンで告白していた。親友の日出郎から「アンタにはその気があるのよ。アンタの書く歌詞を見れば分かる」と指摘されている。
創価学会。
井上雄彦(いのうえ たけひこ)


1967- 漫画家で代表作に『SLAM DUNK』
既婚
遠藤 遼一
えんどう りょういち 
1967 ミュージシャン。
1986年に藤井麻輝、森岡賢と、音楽グループ「SOFT BALLET(ソフトバレエ)」を結成。1989年にアルファレコードよりメジャー・デビュー。1995年7月23日の渋谷公会堂のライブ後に活動休止。2002年の活動再開から一年後の2003年ツアー「大団宴」をもって再度活動停止中。
1996年から「THE ENDS」としてソロデビュー後はアーティスト名を「ENDS」に変更。音楽活動以外にも、CMにてナレーションワーク、及び出演も行っている。


大森剛 (おおもり たけし) 1967- 1989年ドラフト1位で巨人に指名され入団。引退後、巨人のスカウトとなった。キャンプ中継などでは解説役を務めることもある。
岡幸二郎 1967-
緒形直人 1967- 父は俳優・緒形拳、兄は俳優・緒形幹太、妻は女優・仙道敦子。
奥浩哉(おく ひろや)
久遠矢広
1967- 漫画家。代表作は『GANTZ』。デビュー作である『変[HEN]』を連載していた当時のペンネームは久遠矢広。
この2作品はともに同性愛をテーマにしたもので、そのためよく同性愛者と間違われることがあるが、奥本人は結婚しており、それを否定している。


遠藤遼一 1967- ソフトバレエのヴォーカル 原田知世と噂

岡野剛(おかの たけし 1967 漫画家。集英社の雑誌『週刊少年ジャンプ』・『Vジャンプ』で活躍。代表作は、真倉翔と共に手がけた『地獄先生ぬ?べ?』。のむら剛と名乗っていたこともある。


織田裕二

1967- 「01/1 織田裕二はサンフランシスコにも住いを持ちホモ関係は留学時代から説」『噂の真相』
高橋由伸と織田裕二は同じマンションの4軒しかない同じフロアーを買ったんだよね。
もう一人は草なぎ剛
甲斐谷忍(かいたに しのぶ) 1967- 漫画家で代表作は『ソムリエ』、『ONE OUTS』、『LIAR GAME』など。娘がいる。
カジヒデキ 1967-


桂平治
1967-
神原孝(かんばら たかし)
1967-
フジテレビジョン総合メディア開発 ライツ事業部長。前:編成制作局バラエティ制作センター制作担当部長。元チーフプロデューサー、プロデューサー、演出家。

==
フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)
(共にD:COMPLEX)
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)
==


神原班 フジテレビ音組の中でも主にバラエティ番組制作を担当する。
三浦淳
太田一平
大川泰
疋田雅一
田中孝明
堀川香奈
村上真理子(報道センターへ異動、現在記者である)
北神圭朗(きたがみ けいろう)

1967 衆議院議員。経済産業大臣政務官兼内閣府大臣政務官(野田内閣)。
民主党の派閥では凌雲会(前原グループ)、花斉会(野田グループ)に所属する。
きたがわ翔

1967- 漫画家
清原和博 1967-

元プロ野球選手(内野手)、野球評論家。
雨野夕紀(ポルノ女優)、南野陽子(ホモばかりと交際)、吉野公佳(ホモばかりと交際)、薮本雅子、CCガールズの原田徳子。モデルの木村亜希と結婚、二児をもうける。
清原とネプチューン名倉
在日
草野マサムネ 1967-

スピッツ

香田晋 1967-

妻子
小浦一優


1967- 別名は芋洗坂係長(いもあらいざかかかりちょう)、CO-RA。
日本のお笑い芸人、振付師、ダンサー。所属事務所はトリガープロモーション。
コージー冨田 1967-
後藤玄利(ごとう げんり)1967-ケンコーコム株式会社代表取締役社長。

地元の製薬会社うすき製薬の創業家に生まれる。父の後藤國利は、うすき製薬の代表取締役のほか、1997年から2009年まで大分県臼杵市長を務めた。
小橋健太(こばし けんた) 1967-
プロレスリング・ノアに所属し、取締役副社長を務める。
未だに結婚をせずに、2006年の誕生日では「ベルトが恋人だから結婚の予定はない。今後するつもりもない」と生涯独身を断言。

2010年演歌歌手のみずき舞と結婚を発表。
小松純也(こまつ じゅんや) 1967 - フジテレビジョン社員だがスカパーJSATに出向。元劇団そとばこまちの劇作家、フジテレビジョン編成制作局バラエティー制作センターチーフプロデューサー・ゼネラルプロデューサー、同センター企画統括部長。

京都大学に進学。在学中「劇団そとばこまち」に在籍し俳優や放送作家として活動。ラジオ大阪の「おっと!モモンガ」パーソナリティを務めた。

京都大学卒業後、1990年フジテレビ入社。第二制作部佐藤班に所属。


ディレクター・プロデューサーとしてタモリ、明石家さんま、ダウンタウン、SMAP(特に木村拓哉)、笑福亭鶴瓶、ウッチャンナンチャン、久本雅美他大物タレントに指名される。


ホンマでっか!?TV(監修)
ゴルゴ松本 1967- お笑い芸人。お笑いコンビTIMのメンバーで、ボケを担当する。ワタナベエンターテインメント所属。
高校時代は野球部に所属し甲子園出場経験(1985年春の大会)を持つ。本大会ではレギュラーメンバーではなかったものの、主に一塁ベースコーチを務めた(守備位置はサード)。同級生でエースピッチャーの原口哲也は後に西武ライオンズに入団した。
1990年、アパートの隣の部屋に引っ越してきた吉田永憲(のちのレッド吉田)と出会い、1994年に吉田と「TIM」を結成。
なお「ゴルゴ松本」という芸名は、新人時代にマンガ「ゴルゴ13」をモチーフにしたネタをやっていたことに由来する。
2005年7月に同窓会で再会した高校時代の同級生だった女性と結婚。
坂上忍 1967- 結婚離婚
佐藤健太 1967-
沢村一樹


1967- 結婚して二児をもうける
児雷也(じらいや) 1967 漫画家・イラストレーター。本職を別に持っており、本職をこなしながら創作活動を行っているため、短編集のあとがきや著者近影などでは「会社員兼画伯」「兼業画伯」と自己紹介している。
1998年より、ゲイ雑誌『G-men』上にて男絵と呼ばれるイラストレーションを発表し、1999年11月に同誌上に読み切り「竜首神社例大祭奉納神楽」を掲載し、ゲイ漫画家としてデビューする。また、漫画と並行して2001年から2006年7月までの約5年間に渡り、『G-men』の表紙イラストを担当した。他にも、同誌内にイラスト付きのコラムを多数寄稿している。現在も『G-men』や姉妹誌にてイラストレーションや漫画を発表している。掲載された作品は短編集としてまとめられ、これまでに3本が刊行されている。
商業誌での活動以外にも、日本のゲイアーティストの作品を集めた企画展に作品を出展したり、ゲイナイトのフライヤーやコンドームのパッケージなどにイラストを提供している。フランスでイラスト集が出版され、海外からも注目を集めている。
鈴木健 1967-

日本テレビアナウンサー

鈴木大地


1967- 水泳選手 
武田久美子との交際が報道 

後に一般女性と結婚離婚
貴闘力忠茂(たかとうりき ただしげ) 1967 二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士。甥(姉の子)に元三段目若闘力がいた。

16代大嶽親方
武田真一
1967-

武田修宏(たけだ のぶひろ)
1967- 現役時代は梅宮アンナとの交際が報道された。
『噂の真相』(1994.03)に「Jリーグ武田と風俗嬢」
田口浩正

1967- 元お笑いコンビのテンションの片方 結婚して二児をもうける
谷口元一 1967?-
パールダッシュ代表取締役・ケイダッシュ取締役。
弟は谷口大二(、フジテレビジョン編成制作局バラエティ制作センター三宅恵介班所属のディレクター、元お笑いタレント)。

「創価大学卒後、TBS入社後ADに成ったが後に大麻所持で逮捕 書類送検 懲戒免職で解雇されバーニングに就職 その後ケイダッシュに引き抜かれ取締役に、近年は子会社のパールダッシュの取締役を兼任している 」
ネット上での噂では「谷口は、ともさかりえ、榎本加奈子、畑野浩子(ホモ説あるのとと結婚離婚)、井川遥(在日)、長谷川京子(ホモ説あるのと結婚)など自分の情婦にしてから売り出す」
「自殺した川田亜子も谷口元一との間にも関係があったとウワサされている」「谷口は創価学会員としても有名で、久本雅美とともに「笑っていいとも」など芸能界に創価がはびこる現況を作ったのも谷口。」
などネット上で書かれいているけど。
逆にホモ説ありで、もし。そうならこの噂がひっくり返る。「バーニングの社長はホモで在日ヤクザ」説あり。「式会社サイバーエージェント社長の藤田晋とのホモ関係」説あり。
「藤田晋に奥菜恵を紹介したのは谷口元一だった 」説





http://blog.livedoor.jp/tyjghjt/tag/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E8%83%A1%E6%A1%83
立花 胡桃(たちばな くるみ、1981年11月7日 - )は、日本の作家、タレント、プロデューサー。埼玉県春日部市出身、血液型はA型。株式会社TakeOFF所属。
2010年、14歳年上の大手芸能プロダクション取締役と入籍、妊娠。2011年2月出産。
団優太

1967-2006 女優の団令子を母親。
1995年3月に中村獅童(二代目)と「UNIT33」としてCDデビュー。
17歳上の女性と結婚し今後の活躍が期待されていたが、2006年8月8日白昼、マンションから飛び降り自殺。享年38。
中西学 1967-

元夫人は、元プロ野球選手・近藤昭仁の次女で元女優の近藤典子
中山秀征

1967- 元宝塚歌劇団・星組娘役トップスターの白城あやかと結婚
萩原仁 1967-
蓮実重臣 1967- 作曲家、編曲家、ミュージシャン。東京外国語大学外国語学部卒業。

父は東京大学総長を務めたフランス文学者・映画評論家の蓮實重彦。母はフランス語を母語とするベルギー人。

高校在学中に岸野雄一、岡村みどり、常盤響、山口優らの音楽家集団「京浜兄弟社」に参加。1995年、三宅剛正と結成したエレクトロニック軽音楽ユニットPACIFIC 231でデビューし、1998年、細野晴臣のdaisyworld discsからアルバム『MIYASHIRO』をリリース。映画音楽、アニメ音楽、CM音楽の分野でも活動している。

2010年、映画『私は猫ストーカー』の音楽で第64回毎日映画コンクール音楽賞を受賞した。

「00/6 ゲイ仲間から「オハス」と呼ばれる蓮實重彦の息子はクラブで男漁りの説」『噂の真相』

ピエール瀧(ピエールたき)年4月8日 - )
1967 ミュージシャン、マルチタレント、俳優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。
愛称は「瀧」・「顔」。真人間な仕事の時は「ピエールさん」と呼ばれることも多い。
東野幸治

1967- 吉本興業 結婚し二児をもうけたが離婚 風俗好きを公言
東野幸治と勝俣州和はホモ関係説
樋口豊(ひぐち ゆたか )
1967年 は日本のミュージシャン。ロックバンドBUCK-TICKのベーシスト。初期の頃は「U-TA」と表記されていた。愛称は「ユータ」。
同バンドのドラマー、ヤガミトールの実弟。
初期の頃は地元の先輩にあたる松井恒松(BOOWY時代)のフォロワーとしてダウンピッキング一本を貫いていたが、『TABOO』の時期から指弾きもするようになる。バンドの楽曲が16ビートの横ノリ主体になると、ヤガミトールとリズム隊二人でスタジオに篭り、猛練習に励んだと言う。
過去1曲だけ作詞を担当したことがある(『UNDER THE MOON LIGHT』。シングル『悪の華』#2)。
人懐っこい性格からか、俳優、スポーツ選手など交友関係は幅広い。1993年 4月には松尾貴史、奥野敦士、勝村政信、原田喧太、川村かおりらと、バンド「ポークソテーズ」を結成。
2004年には元ROGUEの奥野敦士とのユニットWild Wise Apesを結成している。
保阪尚希(本名)
旧芸名:保坂尚希→保阪尚輝→保坂尚輝

1967- タレントであり、銀座のホステス、人妻である柏本倫子と不倫の末結婚するが、保阪の暴力、松雪泰子との浮気などが原因で1年間後に離婚。その後、松雪泰子と同棲するも破局。
1996年、女優の高岡早紀と結婚。二児をもうけるが、2004年6月に離婚。
松岡修造 1967-

アナウンサー田口恵美子と結婚し三児をもうける
松野太紀 1967- 声優で、代表作は『金田一少年の事件簿』(金田一一)、『犬夜叉』(鋼牙)、『デジモンセイバーズ』(アグモン/ジオグレイモン/ライズグレイモン/シャイングレイモン)、特撮『忍風戦隊ハリケンジャー』(シュリケンジャー)など。
松村邦洋


1967-
三浦知良(みうら かずよし) 1967- プロサッカー選手
田中律子と交際。1993年にタレントの三浦りさ子(当時の芸名は設楽りさ子)と結婚。
三又又三 1967- たけし軍団 ジョーダンズ
三村マサカズ 1967- お笑いコンビさまぁ?ずのツッコミ担当。ホリプロ所属。

ショタコン

現夫人(通称:みゆみゆ)とは、アルバイト先のレストラン「ワンオーナイン(109)」で大竹とともに知り合った。夫人は当初、大竹を慕ってデートをしていたが、三村が割り込んで交際を始めた。バカルディの活動が低迷し、結婚して家庭を築くことにはかなりの勇気が必要だったが、三村は20歳代で結婚したいとの願望が強かったため、1996年に入籍した。
1男1女の父親で、本人は「子供の入学式でその成長ぶりに号泣した」や、「子供が演劇でカラスの役をやった際にも、子供が舞台に出た瞬間成長が見えて泣きそうになった」など述べるほど子煩悩であり、密かに「ベストファーザー賞」受賞を狙っている。
毛利忍(もうり しのぶ) 1967- 日本テレビ放送網制作局バラエティーセンター所属のプロデューサー。

義田貴士(よしだ たかし)

1967- スポーツジャーナリスト、プロ野球インタビュアー、テレビプロデューサー、俳優、タレント。
イチローとはかなりの仲良しで、お互い親友と認め合っている。また、松井秀喜とも交友がある。松井からは「おっさん」と呼ばれている。
イチローの彼氏説
森岡賢
もりおか けん
1967 ミュージシャン、音楽プロデューサー、キーボーディスト。SOFT BALLETの一員として活躍し、現在はソロで活動。また、作曲家、編曲家としてアーティストへの楽曲提供やプロデュースも行っている。

森脇健児
1967-
結婚
青山和弘(あおやま かずひろ) 1968- 日本テレビ放送網報道局外報部所属の報道記者・ニュースキャスター。
2011年、日本テレビアナウンサーの松尾英里子と入籍した。
飯田哲也 1968-
今泉清保(いまいずみ せいほ) 1968-
上杉隆 1968- ジャーナリスト。NHK報道局勤務。26歳から鳩山邦夫の公設第一秘書を5年間務め、退職。ニューヨーク・タイムズ東京支局取材記者になる。2000年、『石原慎太郎と五人の参謀』を執筆。その後、『文藝春秋』誌上で外務大臣就任前の田中真紀子批判キャンペーンを行う。
退職後の2002年、フリーランスジャーナリストとして活動を開始。雑誌や書籍などで主に政治記事を執筆。この分野に関しては議員秘書時代に築いた人脈が役に立っているという。また、日本のジャーナリズム・マスメディアのあり方に対しても批判をしている。「ジャーナリストはプレーヤーになってはいけない」という立場を貫いている。ジャーナリズムのあり方を『ニューヨーク・タイムズ』時代に学んだという。2003年には北朝鮮に入国し現地からのルポを送った。同年末、イラクへの取材入国前に交通事故に遭い、退院まで約半年の重傷を負う。その後は国内の政治取材を中心に活動。また、ゴルフ専門誌にも寄稿している。

2009年8月、民主党代表の鳩山由紀夫は、政権交代後に上杉を報道担当の首相秘書官か補佐官に起用する意向と報じられたとき、上杉は「打診されても受けるか分からない」と述べた。

読売テレビ制作の情報番組『情報ライブ・ミヤネ屋』で唐突にカミングアウト。確認する質問にも否定しなかった。 また、好きな芸能人は司会者の宮根誠司であることも語った。

上杉隆と 畠山理仁
内野聖陽 1968-

『エリザベート』で知り合い交際を続けていた一路真輝(元宝塚。レズ説あり)と結婚、女児が誕生した。


梅津智史

1968- テレビ東京の元アナウンサーで、現在はテレビ東京報道局経済ニュースセンターキャスター。
夫人はバスケットボール女子日本代表選手経験者であり、息子がいる。アナウンサー時代にはテレ東アナウンス部ホームページにて子育て日記を書いていたこともある。
大沢たかお 1968-

広瀬香美と結婚離婚、綾瀬はるかと交際報道

大鶴義丹 1968-

マルシアと結婚し子供をもうけたが離婚

母が在日
大浦龍宇一 1968-


岡田圭右
(おかだ けいすけ
1968

漫才師、お笑いタレント。ますだおかだのツッコミ担当だが、一発ギャグでボケることもある。相方は増田英彦。愛称は、「岡田リーダー」、「ダダ兄」。
大阪府出身。松竹芸能所属。

1995年(27歳の自分の誕生日)に元同期のお笑いコンビの「-4℃」の上嶋祐佳と結婚。「家政婦のミタ」などに出演した岡田隆之介は長男、「大!天才てれびくん」のてれび戦士を演じる岡田結実は長女である。
小沢健二


1968- ドイツ文学者の小澤俊夫と、心理学者の小沢牧子の二男として生まれた。父方の叔父に世界的な指揮者の小澤征爾。
小山田圭吾とフリッパーズ・ギターとして活動(1988年 - 1991年)。
ゴシップ誌で「解散の原因は、渡辺満里奈を取り合ったから」と書かれた。「僕のうさぎちゃん」と呼んで長く付き合ったのが深津絵里。鶴田真由とも噂になった。
おさる
モンキッキー
1968- 「おさる」から「モンキッキー」に改名。

タレントの山川恵里佳と結婚。
創価学会。
鏡リュウジ 1968-

『FLASH』2005.08.09「鏡リュウジさん新宿2丁目から美青年お持ち帰り 『ダウンタウンDX』出演の人気占星術師が「酔ったので送ってもらった」先は…」

木下博勝 1968- 医師(医学博士(東京大学))、鎌倉女子大学教授。杏林大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。芸能事務所「リミコーポレーション」に所属しタレント活動も行っている。2011年10月よりマネージメントはパーフィットプロダクションに委託している。

東京大学医学部附属病院第一外科に勤務していた2004年7月に、女子プロレスラーのジャガー横田と結婚した。リングドクターを務めていた際に知り合った、ジャガーの後輩レスラーによる紹介が知り合ったきっかけであった。かつて他に例を見ない職業同士の組み合わせに、各種マスコミの間で大きな話題を呼んだ。

ジャガー横田とのおしどり夫婦ぶりは有名となり、現在は所沢市の所沢胃腸病院で医師として勤務する傍ら、夫婦揃ってテレビや講演などで活躍している。押しが強く怖い妻と対照的に、「良い人だが気弱で、ちょっと頼りない恐妻家」というキャラで人気を博している。2007年4月14日には、ジャガー横田と共に講談社主催の「ナイス・カップル大賞」を受賞した。
2006年に妻がアメリカのハワイ州、ホノルルの病院にて男児を出産、一児の父となる。
清春

1968- 黒夢 結婚して子供二人 元ウリセン説
桐島ローランド 1968- 江角マキコ(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と結婚離婚 
後に一般女性と再婚

紀里谷和明(きりや かずあき) 1968-

ミュージッククリップ監督、映画監督。シンガーソングライターの宇多田ヒカルと結婚、すぐ離婚。在日。

在日
桐山光侍(きりやま こうじ) 1968-

漫画家 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて『NINKU -忍空-』を連載開始。人気作品となり、TVアニメ化されるも連載を中断。『月刊少年ジャンプ』(集英社)で単発の『忍空』を2回描いた後、漫画家活動を休止する。そして又再開。

倉田てつを 1968-

『仮面ライダーBLACK』 「ファイト!一発!」のCMコピーで知られるリポビタンDのCM出演。
桑田真澄
1968-

「94/6 愛妻もいる巨人・桑田真澄が六本木で有名店Rのゲイと一夜の性交渉説」『噂の真相』

元プロ野球選手(投手)。投手としては恵まれない体格ながら、理想的な投球フォームと、野球に取り組む真摯な態度によって、彼を模範とするプロスポーツ選手も多い。現在はボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長、指導者講習会を行う特定非営利活動法人 アミーチ・デル・クオーレの理事長を務めている。既婚者で息子が2人いる。プロゴルファーの桑田泉は実弟。

桑田真澄と酒梅組
小林紀晴 1968-
佐々木蔵之介
1968-
天海祐希(元宝塚。レズ説あり)と交際報道
潮崎哲也(しおざき てつや)
1968-
下柳剛(しもやなぎ つよし) 1968- 東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。
長らく独身であったが、2010年に一般人の女性と結婚したことを自身の公式サイト上で発表した。島田紳助によると、島崎和歌子とお見合いをしたことがあったが「島崎が出来上がってしまった」ため破談となったらしい。また2005年正月放送の特番『プロ野球場外乱闘4』に出演した際、「彼女と別れた」と暴露されるなど身辺はにぎやかであった。バレンタインデーに女性ファンからもらうチョコレートの数もチーム1、2を争う。
42歳下柳が20代女性と結婚!!! 日刊スポーツ、2010年6月15日。
ジェニーいとう 1968-

鈴木一真(かずま) 1968- 俳優。ホリプロ所属。

2010年、17歳年下の一般女性と結婚、この日婚姻届を提出したことを発表した。



須田剛一(すだ ごういち) 1968- 株式会社グラスホッパー・マニファクチュア代表取締役。ゲームデザイナー、ゲームディレクター、シナリオライター。SUDA51という名前もたびたび使う。
コナミの小島秀夫、元カプコン(現在はプラチナゲームズ)の三上真司と交流があり、また映画的、実写的文法に説得力を持たせてゲーム内容に活かす制作スタイルを取る両者を尊敬している。自身の作風とは大きく異なる任天堂、ひいては同社の宮本茂に対しても敬意を払っている。

ぜんじろう 1968- 吉本興業所属。兵庫県立姫路南高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部デザイン学科中退。師弟関係の上では、上岡龍太郎の弟子という位置付けにある。
平良愛香(たいら あいか) 1968- 日本のキリスト教会において、男性同性愛者であることをカミングアウトしたうえで、初めて牧師として正式に任用された。現在は日本基督教団三・一教会(さんいつきょうかい)主任牧師を務めるかたわら、性的少数者問題から平和と人権に至るまで幅広いテーマをにない、積極的に教育・講演などの活動を行っている。こうした活動はキリスト教の根本的教義である愛から出発する実践であり、その言動はキリスト教信者にとどまらず、多くの人々に影響を与えている。 一部のキリスト教関係者からは社会派牧師の代表的人物の一人とみられることもあるが、社会派という用語は、日本のキリスト教のなかでも特に日本基督教団内における歴史的な対立を背景とした中傷語として用いられることがあり注意しなければならない。
日本基督教団四谷新生教会伝道師、副牧師を経て、2003年6月15日から日本基督教団三・一教会牧師。キリストの風集会代表。立教大学非常勤講師。日本聖書神学校特別講師。日本基督教団神奈川教区宣教部委員長。

高相祐一(たかそうゆういち) 1968-

1998年、酒井法子と結婚、同日の会見で妊娠3ヶ月であることも公表した。1999年7月に長男を出産。
2009年、高相祐一が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕。酒井法子も逮捕。
初公判が東京地裁で行なわれ、酒井法子は起訴事実を認めた。検察側は懲役1年6か月を求刑し即日結審。公判で酒井は「夫と離婚して覚せい剤を断ち切りたい」「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」と語った。

在日
高津臣吾(たかつ しんご) 1968- プロ野球選手(投手)。
石井一久、古田敦也、高津臣吾とは私生活でも家族ぐるみの交流があり、シーズンオフには自主トレも兼ねた海外ゴルフを行う。
楽天・野村監督が「あいつらホモみたいな関係だ」と罵倒したという説あり。
つんく
1968-



永田裕志(ながた ゆうじ) 1968-
プロレスラー。実弟はシドニーオリンピックレスリング銀メダリストの永田克彦。
中山ダイスケ 1968- 現代美術家、デザイナー、舞台美術家、アートディレクター。dnSTUDIO代表、株式会社ダイコン代表取締役社長。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科非常勤講師。東北芸術工科大学デザイン工学部グラフィック学科教授。




2001年(平成13年)、女優の鶴田真由と結婚。彼女とは2000年(平成12年)、彼女がニューヨークで長期休暇を過ごしている際に現地で知り合い、その直後に交際が始まったという。結婚後、鶴田は中山とともに一時ニューヨークに居住したが、2003年(平成15年)以降は日本に帰国している。
名倉潤 1968-

ネプチューン
200年、ネプチューン・名倉、フジ社員がカラオケルームで女性たちに猥褻行為をしたとして告発され、書類送検されたけど、証拠不十分で不起訴。名倉らは容疑を否認していた。
元おニャン子クラブの渡辺満里奈と結婚し、息子をもうけた。
清原とネプチューン名倉
名倉兄は山健組兼一会若頭補佐で東京都内で名倉組を名乗ってました。
飯島会を台東区の路上で刺し殺し服役
西川将人(にしかわ まさひと 1968

政治家。北海道旭川市長(第6代)。
野茂英雄 1968- 西武の潮崎
葉加瀬太郎

1968- タレントの高田万由子と結婚して二児をもうけた。
比嘉栄昇(ひが えいしょう) 1968- BEGIN(ビギン)は、沖縄県石垣市出身の、3人からなる日本のアコースティックバンド。所属事務所はアミューズ。レコード会社はImperial Records。沖縄では「沖縄の歌の神様」の別名でも呼ばれている。「イカ天」からデビューしたバンドが次々と解散する中、現在でもメンバーチェンジも無く活動を続けて着実にファンを増やし、安定した人気を保っている。「涙そうそう」、「島人ぬ宝」で紅白歌合戦にも出場した。
NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』にも出演している。
ボーカル、ギター

==
going wonderlandの松本素生
bigenの比嘉栄昇
aids of baseのbuddha
dreams come trueの西川隆宏
サンボマスターズの山口隆
genesisのphil collins

基本的にデブ&ブサイク&ハゲなのにチームのセンター的立ち位置にいてリーダー的存在なのは間違いなくゲイである。
しかも上記の人々は、無駄にお洒落で声が甲高い、下ネタ好き、 女性嫌い、無駄に乙女、等の共通項がある。
=====
ace of baseのウルフ・エクバーグ(Ulf Ekberg (Buddha))のことか。
日野晃博(ひの あきひろ) 1968 ゲームクリエイター。レベルファイブ代表取締役社長。
古田貴之(ふるた たかゆき) 1968- 千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長。ロボットクリエーター、工学博士。

『カンブリア宮殿』出演
マイク・ピアッツァ 1968-

アメリカ合衆国の元プロ野球選手。ポジションは捕手・内野手。イタリア系アメリカ人である。
野茂英雄が渡米した際にはロサンゼルス・ドジャースの正捕手として、日本でもおなじみとなった。なおWikipediaでの日本語表記は「ピアッツァ」だが、マスコミによっては「ピアザ」「ピアッザ」「ピアーザ」と表記されることもある。




松尾潔 1968- 音楽プロデューサー、作詞家、音楽ライター。Never Too Much Productions代表。
1999年、。「ASAYAN」の企画「男子ボーカリストオーディション」にてCHEMISTRYを発掘、名付け親となり、彼らの大ヒットした初期楽曲をプロデュース。
2002年に開催された日韓共催FIFAワールドカップの2002 FIFA ワールドカップ公式アルバムの曲『Let's Get Together Now』(Voices of KOREA/JAPAN)で作詞及びプロデュースを手がけ、 韓国で公式に放送された初めての日本語詞の歌として歴史的な1位を獲得し話題となった。
2007年発表のEXILEのシングル「Lovers Again」を作詞・プロデュースし、同曲の作詞家として2007年度JASRAC賞銅賞を受賞。2008年発表の作詞・共作曲・プロデュースを手掛けたEXILEのシングル「Ti Amo」が、第50回日本レコード大賞を受賞したほか、同曲の作詞・作曲家として2009年度JASRAC賞銀賞を受賞。
松田公太 1968-

1997年、タリーズコーヒーの日本での独占契約権1年分を獲得。東京都中央区銀座にタリーズコーヒー一号店を立ち上げる。 1998年、 タリーズコーヒージャパン株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2006年当時、タリーズ300店舗とクーツグリーンティー(緑茶カフェ)を10店舗展開。
2006年 - 一部役員の画策により、ファンド各社からバイアウトのターゲットとなる。その危機を回避するために、伊藤園に安定株主として過半数の株式を売却。それに伴い、フードエックスグローブ株式会社社長を退任。
2007年 - 世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出。
2010年、第22回参議院議員通常選挙に「みんなの党」の公認候補として東京選挙区から出馬することを表明。
======
bilderberg54
で、朝日の記事によると、Your Partyの支持母体はHills tribe(ヒルズ族)。松田公太氏の側には楽天の三木谷、サイバーエージェントの藤田進の「ヒルズ族が集結と。ヒルズ族というと森元も含まれるけどその名前はない。なお楽天にも在職立候補制度があるらしい。
=====
タリーズコーヒー、タボス会議、楽天の三木谷、サイバーエージェントの藤田、「みんなの党」
森健 1968-
山中さわお 1968-

the pillowsのリーダーであり、ボーカルとギターを担当。
優香(ホモたちと次々交際報道)との交際報道。
山本圭壱
山本圭一
1968- 吉本興業所属のお笑いコンビ「極楽とんぼ」 

ホステス中絶 
未成年の少女から「酒を飲まされ強姦をされた」という内容の被害届を警察に提出され警察は書類送検 吉本興業クビ 少女と保護者との和解成立 被害者が告訴を取り下げた事で地検は不起訴処分とした。
在日
山本英夫(やまもと ひでお)
1968- 漫画家
yukihiro 1968- ミュージシャン、ドラマー。L'Arc?en?Cielのドラマー、P'UNK?EN?CIELのベーシスト、acid androidのヴォーカリスト、フロントギターとして活動している。また、元Zi:Kill、DIE IN CRIESのドラマー。L'Arc?en?Ciel加入以前は表記がYUKIHIROだった。愛称は「ユッキー」。

吉田修一 1968- 1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川賞候補。

2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞し、同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで、山田詠美や島田雅彦と同じ系統のクロスオーバー作家が現れたと話題になった。

2003年、布袋寅泰のシングル『NOCTURNE No.9』のカップリング「グレイト・エスケイプ」で、作詞に挑戦。

若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で新境地を開き、2007年に第34回大佛次郎賞と第61回毎日出版文化賞を受賞。 

2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。

映像化 [編集]『東京湾景』
『東京湾景 ?Destiny of Love』として、仲間由紀恵主演でドラマ化(2004年7月 - 9月、月9枠)。
『春、バーニーズで』
西島秀俊、寺島しのぶ主演で映像化(2006年2月19日にWOWOWドラマW枠)。
『7月24日通り』
『7月24日通りのクリスマス』として大沢たかお&中谷美紀主演で映画化(2006年11月3日公開)。
『water』
自ら映画化、映画監督デビューを果たしている(2007年3月公開)。
『パレード』
藤原竜也主演で映画化(2010年2月20日公開)。
『女たちは二度遊ぶ』
(2010年3月にBeeTV)。
『悪人』
妻夫木聡主演で映画化(2010年9月11日公開)。
渡部篤郎 1968- 村上里佳子と結婚離婚 中谷美紀(レズ説あり)と不倫報道
「村上里佳子と別居中の渡部篤郎が中谷美紀に続き稲森いずみと不倫の説」『噂の真相』(03.05)
秋山準 1969-
東貴博 (あずま たかひろ) 1969-

コメディアンの東八郎の次男(五人兄弟。末の弟は元お笑いコンビ「ジャックアンドイレブン」で浅井企画所属の東朋宏)。お笑いコンビ「Take2」
東幹久(あずま みきひさ) 1969-
五十嵐充 1969-

作曲家、作詞家、編曲家、音楽プロデューサー、キーボーディスト、シンセサイザー・マニピュレータ。
「エイベックス」創業者の一人である松浦勝人が、当時経営していた貸レコード店「友&愛」上大岡店でアルバイトとして勤務していた。これが縁で松浦と親交を深めていった。後に上大岡店の店長となる。
1996年8月、持田香織(ボーカル、作詞)、伊藤一朗(ギター、作曲・編曲)と共に、Every Little Thingのリーダー兼サウンド・プロデューサー、キーボード・プレイヤー、作詞・作曲・編曲担当として、シングル「Feel My Heart」でavex trax(エイベックス・ディー・ディー)からCDデビューした。Every Little Thingでは、数曲を除いてほとんどの楽曲の作詞・作曲・編曲を担当した。
池田卓生
(いけだ たかお
1969 TBSラジオ制作センター制作部部次長。ラジオプロデューサー。

一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構(3.11塾)
伊良部秀輝 1969-2011 アート・ディレクター、ライター、デザイナー。

内田たかし 1969- 東京都葛飾区議会議員 2006年、ゲイ向け掲示板 Men's Net Japan にスキャンダラスな写真を掲載、大騒動になった。
戎橋政造(えびすばし せいぞう
1969 漫画家・イラストレーター。
1990年より『さぶ』にてデビュー。当時、期待の新人として脚光を浴びる。
その後、「太め」「熊系」という男らしいキャラクター造形で人気を博し、『SAMSON』『Badi』『G-men』など、主要なゲイ雑誌には彼の漫画やイラストレーションがほぼ掲載されている。作品の内容は、ハードなSMのディープなものからコミカルタッチまで幅広い。ストーリーも、自作のものから小説を原作にした作品までこなしている。
2007年4月末、古川書房より戎橋政造の初コミックス「田舎のもてなし」(原作:小玉オサム)の発刊が決定した。
2007年4月21日に新宿二丁目で行われたゲイナイト「BULK!!」に「田舎のもてなし」に登場するキャラクターのイラストを提供した。また、2007年4月27日から5月6日まで、上野NETYにて戎橋政造展が開催されるなど、商業誌以外でも精力的に活動している。
及川光博 1969- 及川光博とV6岡田
岡本健一 1969-
小畑健(おばた たけし) 1969- 代表作に『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』など。
小山田圭吾 1969-

和田弘とマヒナスターズの三原さと志の長男として生まれる。
小沢健二とフリッパーズ・ギターとして活動(1988年 - 1991年)。解散後、彼一人から構成されるCORNELIUS(コーネリアス)名義でミュージシャン活動を行っている。日本における、いわゆる「一人ユニット」の先駆け的存在。
ゴシップ誌で「解散の原因は、渡辺満里奈を取り合ったから」と書かれた。
森永のチョコレート「小枝」のCMでは、女装して「森の中の少女」として出演。この女装姿が意外なほどハマッていたので評判となった。
カヒミ・カリィと交際。
2000年、ミュージシャンの嶺川貴子と結婚。2001年に長男が誕生した。
加勢大周
1969-
片岡篤史 1969-


加藤浩次 1969- 吉本興業所属のお笑いコンビ「極楽とんぼ」 山本圭一が吉本興業をクビになり一人で活動。元モデル・女優の緒沢凛と結婚し1男2女の子持ちである。
KABA.ちゃん 1969- プラチナムプロダクション所属。以前はジールアソシエイツ、アンセムに所属していた。
小室哲哉プロデュースの元dosのメンバー。安室奈美恵や華原朋美、SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」の振付師としても有名である。


唐渡亮(からと りょう)

1969- 『仮面ライダーアギト PROJECT G4』
木村一八 1969-

父は漫才師の横山やすし。
1988年、運転手暴行事件、吉本解雇 。
成人後、一八はバーニングプロダクションを経て哀川翔の事務所に所属する。事件の影響でテレビ出演は控えられたが、多数のVシネマに出演した。25歳の時には傷害容疑で再び逮捕されている。
2001年、吉本興業に復帰し、2003年末で吉本興業を辞めた。

2006年3月8日、無許可で日本刀を自動車に隠していたとして警戒中の警官に発見され銃刀法違反により現行犯逮捕(3月27日に釈放)。この時、住む家すら無く友人宅を転々として暮らしていたと報じられた。

2008年現在PowerMに所属。

『TUFF(タフ)』シリーズ(1990-1992年) 、
『GONIN』(1995年)

飯島直子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)に元交際していたことをかなりマスコミ上で言われいていた。
2003年、当時33歳で、8歳年上の41歳の藤あや子との交際、破局。
2006年12月、女優の石原真理子(ホモばかりと交際)の自叙伝「ふぞろいな秘密」に、「競艇好きだった関西の大物漫才師を父に持つ俳優K・K」という表現で、性的関係があった男性の一人として記述された。※映画「さらば愛しき人よ」(1987年公開)で、共演している。
sakura 1969- 1992年、「L'Arc?en?Ciel」にドラマーとして加入する。 L'Arc?en?Ciel在籍時の1997年2月24日、覚せい剤取締法違反(覚醒剤所持)の現行犯で逮捕。これが原因でバンドは活動中止になった。同年5月、懲役2年、執行猶予3年の判決が言い渡され、後の1997年11月4日に、sakuraはL'Arc?en?Cielからの脱退を正式に発表。理由は「音楽性の違いのため」とされている。
hydeと関係。
SUGIZO 1969-

「LUNA SEA」のギタリスト。解散後、ソロで活動。YOSHIKI、GACKTなどと組んで活動。2009年に「X JAPAN」に正式活動。
ビビアン・スーと交際したけど破局。
鈴木英哉 1969- Mr.Childrenのドラマー、コーラス、リーダー。愛称は「JEN(ジェン)」。個人事務所の有限会社特上モンブランの代表も務めている。

高橋ヨシキ 1969- アート・ディレクター、ライター、デザイナー。



冷たい熱帯魚(2010)
監督: 園子温
製作: 杉原晃史
脚本: 園子温 高橋ヨシキ
撮影: 木村信也
編集: 伊藤潤一
音楽: 原田智英
出演: 吹越満
貴水博之(たかみ ひろゆき) 1969- accessのボーカル
武豊 1969-

田辺誠一 1969-

俳優、映画監督。映画『ハッシュ!』では同性愛者を好演。舞台では蜷川幸雄、宮藤官九郎、劇団新感線の作品に多数出演している。 <BR>
『DOG-FOOD』 脚本・監督(1999年) 。『ライフ イズ ジャーニー』監督・脚本(2003年) <BR>
妻は女優の大塚寧々(2002年結婚)。
中鉢悟(ちゅうばち さとる) 1969-2007 ハンドルネーム「がんすけ」の呼び名もある
事業家・活動家・ミュージシャン。男性同性愛者。
日本で3局目の開局となったゲイ用BBS「GunHEAD/BBS」というパソコン通信を立ち上げたシステムオペレータ。
その後、ゲイの仲間と会社を設立し、GAVIE(ガービィ)という日本で初の有料BBSを成功させた。
有限会社スタジオスタッグの社長、エムビーワン・テックラボの社長、ゲイビデオの流通大手日本ビデオバンクと、オンライン販売店P&G ENTERTAINMENTの取締役などを務めた。

同性結婚
1999年9月9日、当時のパートナー(通称ヤス)と婚姻の代わりに養子縁組みを行い、その後、センチュリーハイアット(東京都新宿区)で人前式の「結婚式」を行ったことが、雑誌の取材などで大きく取り上げられた。

ゲイ雑誌、薔薇族のグラビアを撮影したこともあり、特集の取材を行ったり、小説の連載をもっていたこともあるが、デビューはゲイ雑誌「さぶ」における学園物の短編小説。
ゲイ雑誌BadiにHIV関連の連載を持っていた。
1999年末からはバンド genetic LOAD のメンバーとして作詞・作曲を行っていた。このバンドは、セグメンテーション音楽に求められるメッセージ性も勿論だが、"genetic LOAD PROJECT" になってからはさまざまな仲間からのアイディアを吸い上げ、多種多様な音楽のジャンルに挑戦したが、2001年に内部紛争が起きて春日が脱退、その後バンドは無期限活動中止している。
春日亮二の名前でBadiで「ゲイ・インディーズ・スクエア」というゲイ・インディーズの連載を持ち、音楽祭、GLAPなどの音楽イベントなども積極的にも関わり、新人の発掘にも尽力した。[要出典]
晩年はアルコール依存症・鬱病・パニック障害と診断され、ゲイ業界での活動はほとんど行っていない。クリスチャンである別のパートナーを2006年6月6日に養子にとった。
2007年、肺炎のため東京医科大学病院にて死去。(37歳没)

性格と仕事 [編集]
二十歳で会社を立ち上げた彼はかなりバイタリティがあった。それゆえビジネスチャンスにはめっぽう強く、複数の法人をたちあげている。
現在[いつ?]はメンタル面で多くの問題を抱え、抗鬱剤などの影響で人と争ったりすることは極力しなくなり、性格は非常に丸くなったと言われるが、スタジオスタッグは天堂に、P&G Entertainmentは阿部にそれぞれ経営を委ね、療養に専念した。
土田世紀(つちだ せいき) 1969-
出山知樹(でやま ともき) 1969-
中野洋一 1969- 前原誠司事務所へ入所し退職。民主党の京都市会議員に立候補し落選。
中村航 1969-
西村拓郎
1969- 父は国家警察(当時)の警察官として府中警察署などの勤務を経た後、不動産会社へ勤務し、昭和40年に日拓グループを創業、その後全国最年少の39歳で1年だけ日拓ホームフライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)のオーナーになった西村昭孝。弟の西村道夫は現在日拓グループの副社長。日拓グループ代表取締役社長。首都圏に20店舗を構えるパチンコチェーン店を展開し、ほとんどは自社所有物件である。
2006年にタレントの神田うのと婚約し、2007年に挙式した。
hyde

1969- ラルク・アン・シエル 
大石恵と結婚し子供がいる
橋下徹 1969-
ハスラーアキラ 1969-
ゲイのアーティスト、セックスワーカー、俳優。本名、張由紀夫(ちょう ゆきお)。 ドラァグクイーンユニット、「弥次子喜多子」の喜多子(メロディアス)として、またセックスワーカー・アーティスト・ユニット「ザ・バイターズ」のメンバーとしても活動。 また、張由紀夫名義でゲイ・アクティビスト、AIDS・アクティビスト、コミュニティセンター「akta」ディレクター、Rainbow Ring代表として活動。

HIRO 1969-

元ZOOのメンバー。EXILEのパフォーマー兼リーダーで、LDHの社長。所属レコード会社は、avex(レーベルはrhythmzone)。
同事務所の佐田真由美と交際していたが、2007年3月に破局していたことが明らかとなった。
福山雅治 1969- シンガーソングライター、俳優、ラジオDJ、写真家、音楽プロデューサー。所属事務所はアミューズ、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブの名称は「BROS.」(海外居住者は「BROS.+」)。
愛称はましゃ、アニキ、マサジ、マーラダンコーン。
妻は、女優の吹石一恵。

所属事務所はアミューズには、サザンなど在日が多いそう。

「フジテレビが絶対叩かないアーティストがサザン、ミスチル、福山」

福山雅治(在日)(ホモ)
「大昔は酒井法子(レズ)(在日)(真如苑)の大ファンで、ひとつ屋根の下で共演が決まったときは大喜びだった」って記事。
中嶋朋子(在日)
久松史奈(レズ)
内田有紀(レズ)
白石美帆(在日)
小西真奈美(レズ)(在日)
宮沢りえ(レズ)(オランダ人と在日のハーフ)
藤原紀香(レズ)(在日)
吹石一恵(レズ)
瀬戸朝香(レズ)


小西真奈美、瀬戸朝香と交際報道
2012年1月27日発売の写真週刊誌『フライデー』で「福山雅治( 42)、吹石一恵(29)“超厳戒愛”.

2015年、女優の吹石一恵と結婚
在日
BOSE
1969-
スチャダラパー

あやまんJAPAN・ファンタジスタさくらだ(26歳)に熱愛発覚!お相手はスチャダラパー・BOSE(43歳) 2012年
堀内健 1969-

ネプチューン
本人は熟女好きであり、ネプチューンの2人が家に遊びに来たとき、熟女のヌード写真集を風呂場の上蓋に隠してあったのを発見したと泰造にばらされたことがある。
2009年、2008年正月の飲み会で友人の紹介で知り合った17歳年下の一般女性との婚姻届を提出した。2010年、第一子である長女が誕生した。

槇原敬之 1969-

『アサヒ芸能』1999.09.16「覚醒剤逮捕!「愛人男」を月30万で囲って…槇原敬之は新宿「ホモ乱交パーティ」の常連だった!」 ※一緒に逮捕された23歳男の存在
『週刊宝石』1999.09.16「覚醒剤所持容疑で逮捕!捜査員が踏み込んだとき、槇原敬之が一緒にいた「男」!」 ※新宿2丁目のバーで働いていた23歳の男の存在
『女性セブン』1999.09.16「槇原敬之 覚せい剤所持 自宅で一緒に逮捕された美男子との関係」 ※新宿2丁目のゲイバーで働いていた23歳の男性
『噂の真相』1999.11「新宿2丁目匿名座談会 逮捕された槇原敬之だけではない有名人に囁かれるゲイ情報総まくり」 ※西川隆宏、加勢大周、大沢健、湯江健幸など芸能人のゲイの噂
松浦大悟 1969- 1992年秋田放送にアナウンサーとして入社。2006年12月に第21回参議院議員通常選挙立候補のため退社。2007年7月29日投開票の第21回参議院議員通常選挙に、民主党、社民党の推薦を受け無所属で出馬し、初当選。民主党に入党。
的場浩司 1969-

工藤静香((ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)と交際 後に一般女性と結婚し子供を二人もうける

村田勝喜 1969- 元プロ野球選手(投手)。南海ホークス、福岡ダイエーホークス (1988 - 1993) 、西武ライオンズ (1994 - 1995) 、中日ドラゴンズ (1996 - 1997)
山口智充(やまぐち ともみつ)
愛称は、ぐっさん。
1969- お笑いタレント、ものまねタレント、俳優、声優、歌手、司会者。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。既婚。平畠啓史とともにお笑いコンビ「DonDokoDon」のボケを担当していたが、2011年現在は単独での仕事が多くマルチタレントとして幅広い分野で活動している。

山咲トオル 1969-
吉田栄作

1969- 妻はモデルの平子理沙
「91/1 女装写真が明るみに出た女性に人気の吉田栄作にデビュー前のホモ説が」『噂の真相』
「92/8 ホモ説根強い吉田栄作に新宿2丁目某ウリセンバー一週間勤務の過去説」
吉田秀彦 1969- 柔道家、総合格闘家。愛知県大府市出身。1992年バルセロナオリンピック柔道男子78kg級金メダリスト。柔道六段。現在は吉田道場師範、パーク24柔道部監督。

天野ひろゆき 1970-


キャイ〜ン  細川茂樹
魚住りえと交際




飯野賢治 1970-
石井琢朗 1970-

広島東洋カープに所属するプロ野球選手。
三浦理恵子。アイドルグループCoCoの元メンバー瀬能あづさと結婚離婚。
有働由美子。
元フジテレビアナウンサー荒瀬詩織と再婚、2002年7月に長女が、2005年8月に二女が誕生した。
市川春猿 (2代目) 1970-

子供の頃からの憧れであった三代目市川猿之助に入門し、二代目市川春猿を襲名する。1994年、猿之助の部屋子となる。猿之助が主宰する21世紀歌舞伎組に所属、次代を担う女形のひとりである。1996年歌舞伎座賞、2007年松尾芸能賞新人賞を受賞。
松野太紀(声優)と交友。「オルビスの会長の愛人」説あり。

上田晋也(うえだ しんや)
1970年5月7日 - )は、日本の お笑いタレント、司会者。くりぃむしちゅーのツッコミ担当。相方は有田哲平。
。プライムを経て、ナチュラルエイト所属。
ウド鈴木 1970-

キャイ〜ン 「熟女好き」を公言 結婚

大久保ニュー 1970 漫画家。現在は主にゲイ雑誌『Badi』で活躍している。
岡村隆史 1970-

ナインティナイン 
同じマンションには福山雅治と加藤晴彦も住んでいる。
熊田曜子と交際報道。
『噂の真相』(1994.4)に「岡村隆史とAV女優」

荻野正二(おぎの まさじ) 1970-

バレーボール選手
神谷英樹 1970-

ゲームデザイナー。代表作は『バイオハザード2』、『デビルメイクライ』、『ビューティフル ジョー』、『大神』。
1994年、株式会社カプコンに入社。『アーサーとアスタロトの謎魔界村』の開発を手伝った後、『バイオハザード』の開発に企画として参加する。1998年、初めてディレクターを務めた『バイオハザード2』は、496万本(国内200万本)の大ヒットとなる。その後、開発した『デビルメイクライ』、『ビューティフルジョー』もアクションゲームとして高い評価を得ている。2004年、カプコン子会社のクローバースタジオ株式会社に移籍。『大神』のディレクターとなる。2006年7月、クローバースタジオを退職し、SEEDS株式会社に移籍。2007年10月、SEEDSと株式会社ODDが合併、商号をプラチナゲームズ株式会社と変更したため、現在はプラチナゲームズ所属。


河村隆一 1970-

「LUNA SEA」解散後ソロ活動 
ミス日本グランプリの佐野公美と結婚
神田利則 1970-

4代目「笑っていいともいいとも青年隊」

宮藤官九郎(くどう かんくろう) 1970- 脚本家、俳優、作詞家、作曲家、放送作家、映画監督、演出家、ミュージシャン、ギタリスト。

24歳のときに結婚。妻は振付師の八反田リコ。2005年に第1子(長女)が誕生。

松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属。その後、バラエティ番組の構成作家としての活動も行う。大人計画の部分公演の作・演出をつとめるようになり、1996年から自身の公演を「ウーマンリブ」と名づけている。
1995年、暴動(宮藤官九郎)として、破壊(阿部サダヲ)、バイト君(村杉蝉之介)との3名でグループ魂を結成。2005年には、『君にジュースを買ってあげる?』で第56回NHK紅白歌合戦出場。

『木更津キャッツアイ』や、『タイガー&ドラゴン』などテレビドラマの脚本家として有名であるが、その幅広い活動が評価され、2003年度第41回ゴールデン・アロー賞特別賞を受賞。

2005年にしりあがり寿の漫画の映画化『真夜中の弥次さん喜多さん』で映画監督デビューを果たす。


井口昇監督のアダルトビデオに出演した経験がある。

元氣安 1970-

WAHAHA本舗 既婚
小久保知之進 1970-
テレビ朝日の男性アナウンサー。<BR>
2005年に結婚。キャンドルサービスの際に飲みすぎて泥酔状態になり、シャンパンを冷やすバケツに嘔吐。急性アルコール中毒を危惧した会場側が車椅子を待機。また先輩アナウンサーにあたる小宮悦子のスピーチでも嘔吐を続けていたため「あなたって最低ね」と衆目の中でダメ出しされる。<BR>
小島聡 1970-

プロレスラー

桜井和寿 1970-

Mr.Children 離婚以前より不倫関係にあった元「ギリギリガールズ」の吉野美佳と再婚
桜井政博 1970-

日本のゲームクリエイター。有限会社ソラ代表。元HAL研究所PD事業部主幹。代表作は「星のカービィシリーズ」、「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」など。



城島茂(じょうしま しげる) 1970 アイドルグループでロックバンドTOKIOの最年長メンバーである。ギター担当およびリーダーを務める。所属事務所はジャニーズ事務所。所属レコード会社はジェイ・ストーム。愛称は「リーダー」。
セイン・カミュ 1970- 日本を拠点に活動するフランス系アメリカ人のタレント。アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身。既婚。2002年に日本人女性と結婚。2003年2月に長男が誕生し、2005年12月に次男が誕生。2008年12月に長女が誕生して3児の父親になった。
高山智司(たかやま さとし) 1970 政治家。衆議院議員(3期)。

竹若元博 1970- 木村明浩とともに、お笑いコンビ「バッファロー吾郎」を結成。結婚
千原せいじ 1970- 「千原兄弟」 吉本興業 
内藤恒仁 1970-

プロレスラー

西川貴教 1970-

パフィーの吉村由美と結婚離婚。
雛形あきこ(離婚暦あり)と交際報道。
野村哲也 1970-

ゲームクリエイター、イラストレーター、アニメーション監督。スクウェア・エニックスの主要クリエイターの一人。
NIGO(ニゴー ) 1970-

「A BATHING APE(R)」プロデューサー、DJ。
現在アパレル会社「株式会社ノーウェア」が展開しているブランド「A BATHING APE(R)」(ア・ベイシング・エイプ(R))を1993年に立ち上げた。
1999年に市井由理と結婚するも2002年に離婚。2008年、牧瀬里穂と再婚した。
六本木ヒルズレジデンスに住んでいる又は部屋を借りている(いた)人物 の一人。このビルに住んでいる有名人には、男色人脈説のあるのがやたらと多い。
西尾季隆 1970-

「×-GUN(バツグン)」→「丁半コロコロ」
原田泰造 1970-

お笑いトリオ、ネプチューンのメンバー。既婚者で2児の父。
日銀総裁・福井俊彦
在日
原田龍二
1970- 1990年 第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」準グランプリ受賞。
2001年 一般の女性と結婚。 2002年に生まれた長男に続き、2006年4月、第二子となる長女が誕生し、一男一女の父親となる。弟は俳優の本宮泰風で妻のタレント松本明子は義妹になるが、かつて何度もテレビドラマ等で共演したことや4歳年上であることから「姉さん」と呼んで慕っているらしい。
波留敏夫(はる としお) 1970-

元プロ野球選手(外野手)。現在は横浜ベイスターズの打撃コーチ。
藤本隆宏 (俳優) 1970- 俳優。元競泳選手である。クリームインターナショナル所属。競泳の選手で、元オリンピック選手という異色の経歴を持つミュージカル俳優。

三木道三 1970- 2001年には、5月にリリースした「Lifetime Respect」が空前の大ヒット。
宮迫博之 1970-

「雨上がり決死隊」 吉本興業 結婚
諸星和己 1970-

工藤静香(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)と交際報道
吉田豪(よしだ ごう) 1970- 徹底した事前取材を元にした有名人インタビューで知られており、インタビュー集を複数出している。プロインタビュアーの肩書きで紹介されることもある。

現在、新宿2丁目に在住している。『Meets別冊東京通本』で「ノンケなのに二丁目在住」というインタビューが掲載され、ゲイクラブでポールダンスを踊った写真が掲載された。交通の便を考えてとのことだが、独身であることもあいまって当然疑われている。本人はそれを面白がってネタにしたり、インタビュー時に名刺で住所を見せた際そっち方面の人のガードがゆるくなることを利用したりしている。住所を知らせた両親から、本気で心配された内容の手紙が届いたこともある。
吉岡秀隆 1970-

内田有紀(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と結婚離
秋元司 1971- 衆議院議員である小林興起の学生秘書となる。1996年に同大卒業後も引き続き小林に師事し、2000年には公設第一秘書となった。
自由民主党所属の参議院議員(当選1回)。2005年の郵政民営化法案の参議院本会議採決で反対票を投じ、党より党役職停止1年の処分を受けた。しかし小林が結党した新党日本には参加せず、自民党に留まった事で小林とは袂を分けた。2007年、防衛大臣政務官に就任。
令嬢と盛大な結婚式をあげた。
東浩紀(あずま ひろき) 1971- 東京大学大学院情報学環客員助教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター副所長・教授などを歴任した。東京工業大学世界文明センター人文学院ディレクター・特任教授、早稲田大学文化構想学部教授。
有田哲平 1971-

くりぃむしちゅー 

2004年8月、深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)との泊まりがけのデートが写真週刊誌にスクープされた。
2007年、形成外科医でタレントの西川史子(36)が28日、都内で26日に発売された自著エッセー「年収4000万にこだわる理由」の発売記念握手会を開催。一部で交際が伝えられるお笑いコンビ、くりぃむしちゅーの有田哲平(36)には「あれは(有田の)売名行為。私にはイメージダウンでしかない」とピシャリ。この日は限定300人のファンが参加した。

アレクサンダー大塚


1971- プロレスラー。現在、東京都足立区に居酒屋「男盛」を経営している。
泉浩司

1971- NHKの男性アナウンサー。2005年、将棋の女流棋士である岩根忍と結婚し、二男がいる。
今中慎二
(いまなか しんじ
1971- 元プロ野球選手(投手)、野球解説者。愛称はチューまたはイマチュー。1993年から4年連続で開幕投手を務めるなど、1990年代のNPBを代表する左腕として活躍した[1]。

岩本勉(いわもと つとむ 1971-
元プロ野球選手(投手)、野球解説者、タレント。大阪府八尾市出身(選手名鑑によっては阪南市との記述もある)。 愛称は「ガンちゃん」。引退後はホリプロ所属。

テレビ番組で両親が在日コリアン2世であると紹介された(『グレートマザー物語』2006年4月30日)。本人は日本国籍を取得している。姉は実家でキムチ・韓国食品店を経営しており、「ガンちゃんキムチ」(販売元:北日本フード)などを販売している。弟が一人いるが、自身の生まれた翌年の3月生まれであるため、双子ではないのに同学年である。

浦川泰幸
1971-
遠藤憲昭 1971-

1996年にアパレルメーカー「デビロック」創業。
2003年8月、女優の上原さくらと結婚。このとき上原は妊娠2ヶ月だったが、結婚発表の2週間後に流産した。その後、2009年11月に離婚した。


遠藤章造 1971-

ココリコ 売れる前にゲイヴィデオ出演
千秋と結婚し子供をもうけたが離婚
大島直也 1971-

「どろんず」解散。元フィギュアスケーターで元タレントの武田夏葉子と結婚。
奥田俊作 1971- 1995年、京都市立紫野高等学校のクラスメイト同士であった奥田俊作と松井亮がライヴハウスで歌っていた川瀬智子をスカウトし、京都にてthe brilliant green結成。
1997年英語歌詞マキシシングル「Bye Bye Mr.Mug」にてデビュー。1998年に発売した日本語歌詞・8cmシングルとしては初めての発売となった「There will be love there -愛のある場所-」が大ヒットし、その後リリースしたシングルもヒットを飛ばす。

奥田と川瀬は2003年に結婚した。


岡田 芽武(おかだ めぐむ) 1971- 漫画家、漫画原作者。東京都出身。主に青年誌で活躍。代表作に『SHADOW SKILL』など。スクリーントーンを多用した絵柄、見開きを使った派手な画面効果が特徴。近年はてんま乱丸と合作状態で活動をしている。
桂吉弥
1971-
妻子
黒沢薫 1971- ゴズペラーズ。
2002年にモデルの水野加緒里と結婚し、グループで最初の既婚者となる。
上月拓也 1971 コナミ

1997年11月
Konami Computer Entertainment America, Inc.
取締役副社長
2001年10月
Konami Corporation of America 取締役社長
2002年10月
Konami Computer Entertainment Hawaii, Inc.
取締役会長
兼Konami Corporation of America 取締役会長
2009年6月
当社取締役
2011年6月
当社代表取締役
2012年6月
当社代表取締役社長(現任)

坂本昌行 1971- ジャニーズ事務所の男性アイドルグループV6・20th Centuryのリーダーである。
中澤裕子
桜井青(さくらい あお)

1971- ミュージシャン、アーティスト。デザイナーとしても活動しており、近年は「ロケットマンブルース」名義でデザイナー活動を行い、自身のリリース作品のジャケットデザインも手がけている。
レーベル密室ノイローゼおよびヴィジュアル系ロックバンドcali≠gariの創始者である。1990年代前半から2003年の無期限活動休止まで、拡散・多様化を極めるシーンの中をcali≠gariをメインソングライター兼リーダーとして牽引した。
その後、lab.、FIGURE'71などでバンド形式、ソロでライヴ活動をするかたわら、デザイナーとしても活動を続けている。

なお女装している際は「桜井青江(さくらいあおえ)」というキャラクターを演じている。

2010年2月11日、cali≠gariが武道館ライブ「解体」をもって消費期限が切れ再び活動停止、6月26日、ヴィジュアル系バンド「メトロノーム」のコバヤシシャラクと「Plastic Tree」のササブチヒロシと共にヴィジュアル系バンドカッコーを結成。サクライアヲ名義で活動開始する。
佐野瑞樹

1971- 私生活では2000年10月、同郷で当時テレビ静岡のアナウンサーだった戸塚貴久子と結婚したが、2004年3月に離婚。同年7月24日の『27時間テレビ』でとんねるずの石橋貴明に生放送中に「別れちゃったんだって?」と暴露される。
2007年8月、2006年に友人の紹介で知り合った11歳年下の一般人女性と再婚した。
SUEMITSU
1971-
TAKURO


1971- GLAY ファッションモデルの岩堀せりと結婚し子供をもうける
竹野内豊 1971-

「02/2 ゲイ説の竹野内豊がケリー・チャンとのキスシーンを強硬に拒否との説」『噂の真相』
竹山隆範

1971-
田中直樹 1971- ココリコ 女優の小日向しえと結婚し2人の男児をもうける。
「02/12 やたらと共演の多いキンキキッズ堂本剛とココリコ田中にホモ交友説が」『噂の真相』
種田仁 1971-
筒井道隆
1971-
永井秀樹 1971-

サッカー選手でJFL、FC琉球所属。
天海祐希(元宝塚)と交際報道。
長尾大
別名:D・A・I(ダーイー)
1971-
西靖
1971-
西島千博 1971-

俳優、バレエダンサー。実弟は現役ラテンダンサーの西島鉱治。母は、日本でバレエがまだ広まっていなかった頃にバレエスクールを開講させた日本バレエ界の先駆者的人物。
妻は女優の真矢みき(宝塚歌劇団出身の女優、レズ説あり)
西島秀俊

1971- 元カンニングのボケ担当。別名元カンニング竹山。
NOISY 1971-
博多大吉 1971-

吉本興業東京本社所属。
2007年、12年来交際を続けていた宮崎県出身の女性と結婚した。
萩原聖人

1971- 和久井映見と結婚し子供をもうけたが離婚
羽鳥慎一(はとり しんいち)
1971-

日本テレビアナウンサー。
原西孝幸 1971- お笑い芸人。FUJIWARAのボケ担当で、相方は藤本敏史。愛称はラリーゴ、はらにっちゃん。
高校の同級生であった一般女性と結婚し、2人の子供がいる。結婚前は女性と接するのが極度に苦手だったため、芸人仲間からは「チェリーボーイ」と呼ばれていた。このことがネタになり『吉本超合金』では全裸の女性をモデルに絵を描くという男なら誰もが喜びそうな企画が行われるも終始困惑した表情で挙動不審な様子だった。


東野純直 1971-
ヒデ 1971-

「ペナルティ」
細川茂樹 1971-
細野豪志 1971- UFJ総研(現在の三菱UFJリサーチ&コンサルティング)などを経て、2000年から衆議院議員を4期勤めている。現在、民主党幹事長代理。
2006年10月、TBSの報道番組『筑紫哲也NEWS23』の山本モナ(在日人脈、男色人脈説のある北野武が社長を務めるオフィス北野所属)との不倫スキャンダル(後述)により民主党政策調査会長代理を辞任。 それでも2009年には衆議院当選。
政治家だから日本国籍あり。
帰化人説。
本名及び旧芸名は星田英利(ほしだ ひでとし)
ほっしゃん。
1971 お笑いタレント。。
大阪府出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属。

妻は元管理栄養士兼調理師。2009年6月、第一子となる男児が誕生。ブログでは「ちびっしゃん。」と言っている。 2012年9月末に、妻と離婚、親権と養育権は夫人が持つと報道された。

前田健 1971-
武蔵丸光洋

(武蔵丸
1971-
村上てつや 1971-

ゴスペラーズ
2007年6月に結婚。結婚相手は一般女性。黒沢、安岡に続き3人目の既婚者となる。
米良美一 1971-

『週刊現代』1998.03.28「仰天スクープ!『もののけ姫』米良美一がオトコを買って暴行!」
『宝島』1998.04.15「高橋洋ニ 10点さしあげる 「米良美一ゲイボーイを殴る」の報道ぶりの巻き 酒を飲み、人を殴ったことがバレて堂々とあやまる男らしさ。」
『スコラ』1998.12.24「列島縦断・世界横断'98年珍事件・怪事件仰天プレイバック! 米良美一ナニの大きさでゲイボーイに暴行?」
『週刊女性』2000.09.05「音信不通「騒動の主役たち」の転生流転 5 米良美一「オトコを買って暴行」騒動「日本での芸能活動はイヤ」と、世界的カウンターテナーはドイツへ逃亡し…」」
『文藝春秋』2005.12「米良美一 「もののけ姫」で味わった地獄 主題歌を歌ってスターになった後、死をも考えた」 
※半自伝 地方に産まれ松田聖子に憧れた子供時代 自身の性について、中性だと 女性と同棲暦あり 「もののけ姫」の主題歌を歌い一躍大スターになった ノイローゼで全く歌えなくなったこと でも自分には歌しかないと再起をかける決意  最後に出張ホストとのトラブルのいきさつについては詳細については口をつぐみただ謝罪するだけ
元木大介 1971-

読売ジャイアンツに所属した元プロ野球選手。現在は野球解説者、タレント、歌手として活動中。所属事務所はアワーソングスクリエイティブ(ケイダッシュ系)。
タレントの大石恵と交際。日本テレビの番組で当時日本テレビアナウンサーの大神いずみ知り合い、大神の日本テレビ退社後、1998年に結婚。2006年1月、第1子となる長男が誕生。
矢部浩之 1971

「ナインティナイン」 相方は岡村隆史
山崎まさよし 1971-

2010年に一般人と結婚したことを報告。 
ユースケ・サンタマリア 1971- 既婚。
義家弘介(よしいえ ひろゆき 1971- 政治家、教育者。自由民主党所属の衆議院議員(1期)。参議院議員(1期)。文部科学大臣政務官。大学教授(東北福祉大学特任准教授)。北海道芸術高等学校チーフアカデミックディレクター。NPO法人あきらめない特別顧問。
自称・通称はヤンキー先生。
過去に横浜市教育委員、警察庁バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会、安倍内閣で教育再生会議委員を務めた(内閣官房教育再生会議担当室室長、参議院議員転出で退任)。明治学院大学法学部卒業。元日本共産党員と報道されており、しんぶん赤旗にも何度か登場していた。

高校を中退した自分の教え子と結婚する。結婚一年半後に妊娠が判明し、後日出産。
頼朝 (実業家) 1971- 歌舞伎町にあるホストクラブ『RyuguJo』社長(オーナー)、ホスト。ボランティア団体『夜鳥の界』発起人。実業家。

1995年、24歳のとき、600万円の借金を返済するため、サラリーマンをしながら二束のわらじでホストを始める。その後、歌舞伎町の老舗ホストクラブ『TOP DANDY』のナンバーワンとしてテレビ、雑誌などのメディアに取り上げられる。
現役10年の節目であった2005年、独立して『club Ryugujo』を立ち上げる。
坂本一生がタレント業の傍ら頼朝社長が経営する『club RyuguJo』でホストとして勤務していた。2011年に惜しまれつつも閉店。
2005年、手塚真輝らとともに日本初のホストたちのボランティア団体『夜鳥の界』を立ち上げる。
2008年、テレビ朝日系のドラマ『ギラギラ』の監修に携わる。
2010年、歌舞伎町にて『たいよう整骨院』を開業する。

レスリー・キー 1971- シンガポール出身の写真家。東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。ファッション・広告・CDジャケットなどの撮影を中心に日本・ニューヨーク・アジア圏で活躍中。 2006年、スマトラ沖地震の津波被害者へのチャリティを目的として、アジアの有名人300人を撮り下ろした写真集『Super Stars』を発売し話題を呼んだ。表紙はレスリー・キー自身が最も尊敬するアーティスト・松任谷由実である。 2010年、東京で活躍する1000人のヌード写真で構成された写真集『SUPER TOKYO』を発売した。 2011年、東北地震と津波の津波被害者へのチャリティを目的として、TIFFANYとコラボレーションで、世界の200美しい女性達を集めた写真集『LOVE & HOPE』を発売した。 2012年、東北地震と津波の津波被害者へのチャリティを目的として、ANTEPRIMAとコラボレーションで、世界10各国の15名女性達を撮影したアート写真集『COLORS OF HOPE』を発売した。 2012年、東北地震と津波の津波被害者へのチャリティを目的として、ARMANI EXCHANGEとコラボレーションで、日本代表の36名人気アーティスト達をセミヌードを撮影したアート写真集『SUPER A/X HOPE』を発売した。 2012年にAPA経済産業大臣賞を受賞。

青山光司 1972-


KRH株式会社(ケーアールエィチかぶしきがいしゃ)は、足場事業(くさび式足場の販売・リース・レンタル・施工業務)・食品事業(おいしい信和のごはん)を主な事業とする、企業である。1987年(昭和62年)10月、信和サービス株式会社として設立。1989年(平成元年)7月から岐阜信和サービス株式会社に商号(社名)変更するが、1998年(平成10年)5月に信和サービス株式会社に商号を戻す。2007年(平成19年)5月21日に、現在のKRH株式会社に商号変更している。
2001年(平成13年)5月に先代社長が株式を譲渡し、青山光司が代表取締役社長に就任。フェラーリを乗り回す派手な社長として、たびたびテレビで取り上げられている。後述のモータースポーツ事業の他に、同日放送されたTake Me Outにも出演している。
元C.C.ガールズの森洋子のベッド写真流出。上原さくらと交際報道。
CMには河村隆一(ホモ説あり。在日)が出演している。
在日。

天野義久 1972-

ラグビーの元全日本代表。現在はスポーツジムを経営。
伊藤美咲や滝川クリステル(ホモ説あるのばかりと交際)、高島彩(ホモ説あるのばかりと交際)、潮田玲子と交際。



有野晋哉 1972- よゐこ(よいこ)は、お笑いコンビ。所属事務所は松竹芸能。
IZAM 1972- ヴィジュアル系ロックバンド、SHAZNAのヴォーカリスト。
1999年2月、吉川ひなのと結婚するが、9月に離婚。
その後、有坂来瞳(レズ説のある事務所スウィートパワー所属)との交際もウワサされた。
2006年11月、吉岡美穂と結婚。吉岡は妊娠3ヶ月で、出来ちゃった結婚だった。
池内万作
(伊丹万作)
1972-

父は伊丹十三、母は宮本信子。東宝芸能所属。デビュー直後の一時期、自身の祖父の名前である伊丹万作の芸名でも活動していた。
逸見太郎(いついたろう) 1972-
伊藤利尋 1972- フジテレビアナウンサー。
2004年4月に結婚。 2008年に第一子となる長男が誕生した。
稲葉篤紀 1972-

野球選手
稲田直人x稲葉篤紀

猪野学(いの まなぶ)
1972-
大碇剛
(おおいかり つよし
1972 伊勢ノ海部屋所属の元大相撲力士。
身長177cm、体重135kg。
最高位は東前頭11枚目(2000年3月場所)。
現在は年寄・甲山。

O-JIRO(オージロウ) 1972- PENICILLIN(ペニシリン)は、ヴィジュアル系ロックバンド。DUPLEX DEVELOPMENTS LTDに所属。1992年結成。1996年にPIONEER LDCよりメジャーデビュー。east west japan(現ワーナー・ミュージック・ジャパン)、omega A.T.music、HiBOOM、avex trax、日本クラウンを経て2011年現在、自主制作レーベルThat's RecordsよりCDを発売。インディーズ時代はPenicillinと表記していた。リーダーは千聖。

ドラムス担当。やや太めな風貌とひょうきんなキャラがLUNA SEAの真矢と対比されることもあった。また、歌番組に出演した際には、石橋貴明や松本人志からイジられキャラとして親しまれていた。
大森南朋 1972-

父は俳優・舞踏家の麿赤兒。兄は映画監督の大森立嗣。
龍馬伝(2010年、NHK大河ドラマ) で武市半平太役。

PUFFYの吉村由美(37歳)と’09年に破局して以来、浅見れいな(28歳)、蒼井優(26歳)との交際が報じられてきた大森。
寺島しのぶ
2012年、18歳年下の女優・小野ゆり子(22歳)と結婚。
岡野雅之 1972-


魁皇博之(かいおう ひろゆき) 1972-

友綱部屋所属の現役大相撲力士。
1999年に結婚、子供はいない。5歳年上の妻・充子は元タレントだが、タレントになる以前は女子プロレスラーであった。そのためか、女子プロレス関係者の中にもファンを有する

片岡愛之助 (6代目) 1972- 歌舞伎役者。屋号は松嶋屋。定紋は追っかけ五枚銀杏。歌舞伎名跡「片岡愛之助」の当代。上方舞の楳茂都流四世家元としての名取は三代目 楳茂都 扇性(さんだいめ うめもと せんしょう)。

片岡愛之助 熊切あさ美との交際を会見で認める

2011年8月に発覚した片岡愛之助の彼女・故つかこうへいの娘で元宝塚トップ女優「愛原実花」との交際。1月破局が発覚したものの、復縁していたことがわかりました。過去には佐藤江梨子と交際も。隠し子騒動も記憶に新しいです。
若村麻由美とは血縁関係の噂も。
鬘山信吾(かつらやま しんご 1972- 1990年に第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ受賞。翌年、ドラマ『ヴァンサンカン・結婚』で俳優デビュー。
2000年に『仮面ライダークウガ』に出演。主に母親層からの人気を集めたことで一般メディアからも注目され、主演のオダギリジョーらと共に「イケメンヒーローブーム」の火付け役となる。
その後も『真珠夫人』(2002年)などに出演。ドラマ『大奥』では徳川家茂役を演じた。ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に長子(藤田朋子)の義妹の夫役として出演。
2002年10月に女優の細川直美と結婚。
細川とは過去に仕事で共演したことがなく、結婚1年前にレストランでたまたま出会ったのが交際の始まりであったという。2003年7月に長女、2006年7月に二女が誕生。
結婚後、長らくテレビ番組やCMなど仕事での夫婦共演はなかったが、2011年5月放送の料理番組『二人の食卓 ?ありがとうのレシピ?』で夫婦初共演を果たした。
川越達也 1972- 料理人
菊池健一郎
1972-
木下隆行(きのした たかゆき 1972 お笑いコンビ「TKO」のボケ担当、俳優。福岡県生まれ大阪府育ち。血液型A型。

ラジオ番組「ハイヤングKYOTO」の生放送中に、当時交際していた女性にプロポーズをして結婚。そして長女一人をもうけたが、5回目の東京進出の際に離婚している。長女は嫁が引き取ったため離れて暮らしており、その長女からもらった手紙を大切にしている。

お笑いコンビTKOの「木下隆行」とスレンダーモデル「後藤琴実」の半同棲熱愛が発覚。6月29日発売のフライデーが報じました。年齢差はまさかの16歳差で。
木村拓也 1972-

SMAP 工藤静香(レズ)と結婚し二児をもうけた
熊川哲也
1972-
ケンドーコバヤシ 1972- よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)東京本社所属。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。
ケンタロウ

1972- 料理研究家
小梅太夫
コウメ太夫
1972- 1995年 - 梅沢富美男劇団に所属し、明治座などの舞台に立った。女形をしていた時期もある。
1997年 - お笑いに転身。2000年から「赤井貴」名義で外山某とJUMP‐2000というコンビを組み、担当はボケであった。その当時から、現在の「小梅太夫」に類似した衣装で出演することもあった。のち、コンビを解消、単独でアマゾネースを名乗っている。エンタの神様出演後公式サイトには小梅太夫(アマゾネース)と表記されているが、改名したのかどうかは不明である。
2005年 - 『エンタの神様』(日本テレビ系)に初出演、小梅太夫としてブレイク。
2007年6月18日 - 同年2月に元OL(作家・泉美木蘭)と婚姻していたことが報道された。
2007年7月7日 - 第一子となる男児が生まれたと報道された。
2009年 - 芸名をコウメ太夫に改名。泉美木蘭の手記で同年離婚した事が公表された。

小梅太夫と波田陽区
小島弘章 1972- お笑いタレント、整理収納アドバイザー。お笑いコンビ・オーケイのメンバーで、相方は岡山祐児。松竹芸能所属。
収納王子コジマジック
2012年に結婚。

ゴリ 1972- 吉本興業所属のお笑いコンビ「ガレッジセール」のボケ担当である。お笑い芸人、俳優、映画監督。
2009年、初の長編映画『南の島のフリムン』の監督・脚本を担当。沖縄国際映画祭に出品された。

現在、二児の父。

酒井雄二 1972-

ゴスペラーズ
桜井誠
(さくらい まこと
1972 在日特権を許さない市民の会(Zaitokukai)会長。「桜井」は仮名。かつて韓国、中国の近現代史をテーマにしたウェブサイト「不思議の国の韓国」の管理人を務めていた。トレードマークはノージャケットに蝶ネクタイとサスペンダー。

https://twitter.com/Doronpa01
twitterの壁紙が、白人女性で金髪で、巨乳が過剰で整形くさくて。過剰なピンクのけばけばドレス。目じりにしわの年増で。
この感覚は、日本人の異性愛男性の感覚とは思えない。自分が性的にほしい対象じゃなく、中高年オカマが女装するときの共感に近い。
中高年オカマが自己投影しやすいような、嘘くさい過剰な女で女装みたいなの。

まさかの在特会桜井がホモ豪遊?
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1337369133/

在特会会長・桜井誠こと高田誠の『ネットで愛欲』 ‐マコ姫とTK星の七夕”BL(ボーイズラブ)”スペシャル!?
http://togetter.com/li/334162


桜井誠のことがネット上でこんだけ書かれているのに。
安田浩一はなぜホモ説にふれない?
プライヴァシー尊重なんてふざけるな。
それでいて、なぜ過去のプライヴァシー調査をして、
「過去に彼女とうまくいかなくてどうこう」なんてことをさらす?
それでいて、なぜホモ説にはふれない?
やること中途半端。ってか偽装工作?
ひょっとして、安田浩一も男色人脈で、男色人脈の秘密には一切ふれられずに偽装工作に加担をすることでマスコミに居場所を与えられてるのか?



安田浩一のとるべき態度
★ 桜井誠のプライヴァシー暴露をしたことを謝罪し、今後は一切他人様のプライヴァシー暴露をせず、公での言論戦だけにする
★ 桜井誠の男色人脈、さらに右翼業界の男色人脈、さらに日本中の男色人脈を調査してさらす

佐野研二郎   1972 東京都出身のグラフィックデザイナー、アートディレクター、クリエイティブディレクター。多摩美術大学教授。 

代々木ゼミナール造形学校、多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、博報堂入社。大貫卓也が在籍したグループを経て[4]、佐藤可士和チームに所属[5]。
博報堂/HAKUHODO DESIGN経て、2008年1月11日に「MR_DESIGN」を設立し独立。
2014年4月に多摩美術大学美術学部総合デザイン学科教授に就任]。
2014年、川村元気との共著の絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』が、NHKにて『ふうせんいぬティニー』としてテレビシリーズアニメ化される。同年、フジテレビ『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』のポスターを手掛ける。
東京アートディレクターズクラブ (東京ADC)・日本グラフィックデザイナー協会 (JAGDA) 会員。

国際審査員
2004年ニューヨークADC2004国際審査員。
2005年TIMES ASIA ADVERTISING FESTIVAL(台湾)国際審査員。
2009年ニューヨークフェスティバル 国際審査員。


2015年に、パクリ疑惑で騒動。東京オリンピックエンブレム騒動。サントリーのトートバッグ騒動

http://mona-news.com/archives/39931147.html
http://livedoor.blogimg.jp/mona_news/imgs/0/9/099fa78f.jpg


http://livedoor.blogimg.jp/mona_news/imgs/7/f/7f652d33.jpg

永井一史
高崎卓馬
槙英俊
浅葉克己
片山正通
細谷厳
真鍋大度

長嶋りかこ
平野敬子


人脈分析で、お手盛りではないかと批判される。

佐野、蜷川、川村、バーバル(mfro、在日)で一緒に本を出してる

蜷川実花が代ゼミの美術学校で佐野の同期、しかも現在は五輪組織委員会の理事。

============
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1439562051/

377 :名無しさん@1周年:2015/08/14(金) 23:28:27.68 ID:N1+sn+sx0>>47
早すぎて埋もれちゃったら次スレにも落とすけどコレね

522 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/08/01(土) 11:08:46.03 ID:lVDsG3L/0 [7/8]
http://kuude.musabi.ac.jp/archives/category/news/kuude-news/
http://kuude.musabi.ac.jp/wpkuude/wp-content/uploads/2015/06/Unknown-1.jpg
2015.6.25 ON SALE!
片山正通教授の『遊ぶ』ように『仕事』をしよう。
2020年東京オリンピック・パラリンピック、そしてその先の新しい時代を作る若い世代に焦点をあてたゲストラインアップ。
【収録ゲスト】
佐野研二郎氏/VERBAL氏/蜷川実花氏/川村元気氏/山口一郎氏



つまりこのゲストたちが五輪にかかわるのは
確定済、ってことか
=============


=============
instigator

片山正通が企画・ホストを努め、2011年よりスタートした、トップクリエイターをゲストに対談形式で行われる武蔵野美術大学の学生に向けた特別講義。

ゲスト
1.佐藤可士和 / アートディレクター/クリエイティブディレクター (2011.12.12)
2.中田英寿 / 一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATION 代表理事 (2012.4.25)
3.NIGOR / クリエイティブ・メーカー (2012.6.20)
4.本広克行 / 演出家・映画監督 (2012.9.20)
5.藤原ヒロシ / プロデューサー (2012.12.3)
6.名和晃平 / 彫刻家・京都造形芸術大学准教授 (2013.4.25)
7.佐野研二郎 / アートディレクター (2013.7.1)
8.VERBAL / m-flo / TERIYAKI BOYZR | Producer. MC. DJ. Designer. (2013.9.19)
9.蜷川実花 / 写真家・映画監督 (2014.4.24)
10.川村元気 / 映画プロデューサー・作家 (2014.7.3)
11.山口一郎 / サカナクション (2014.9.18)
12.小山薫堂 / 放送作家・脚本家 (2015.4.27)
13.真鍋大度 / メディアアーティスト(2015.7.2)
14.番外(Spin-out) ももいろクローバーZ/アイドル・歌手 + 川上アキラ (マネージャー/スターダストプロモーション)(2014.12.1)


================


ケイダッシュ社長の川村龍夫(バーニング周防の弟分)

この騒動の後に、過去のゲイポルノ出演がネット上で暴露される。
   
品川祐 1972- よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人、作家、映画監督、俳優、歌手。品川庄司のボケ担当。立ち位置は向かって左。相方は庄司智春。作家・映画監督としての活動は「品川ヒロシ」名義で行う。
白鳥哲也(しらとりてつや) 1972- NHKアナウンサー
JIRO 1972-

GLAYのベーシスト



関口知宏 1972-

父は司会者で俳優・タレントの関口宏、母は元歌手の西田佐知子。祖父はかつての映画スターである佐野周二。三桂(旧・関口宏事務所)所属。
高市佳明 1972- NHKのアナウンサー。
武田真治 1972-

第2回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ
江角マキコ(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、国仲涼子と交際
谷原章介 1972-

『メンズノンノ』の専属モデルを2年間つとめた。いしだ壱成との間に子供がいたけど離婚した三宅えみと結婚し子供をもうける
田村亮 1972-

ロンドンブーツ1号2号 一般女性とできちゃった結婚し2男児をもうけている。
津川祥吾(つがわ しょうご ) 1972 政治家。民主党所属の衆議院議員(当選3回)。野田改造内閣国土交通大臣政務官兼復興大臣政務官。
中居正広(なかい まさひろ) 1972-

SMAP 
テレビ朝日下平さやか、フジTVアナウンサー中野美奈子、倖田來未と交際報道。

中居正広
下平さやか、中澤裕子、中野美奈子、倖田來未


稲川会
中尾"KISS"芳広 1972-

2006年6月、PRIDEへの電撃参戦を表明。このころから中尾は「キス魔」「バイセクシュアル」のキャラクターを前面に出すようになり、移籍直後の会見でも対戦相手についてニヤリと笑いながら「カッコいい男がいい」とコメント。DSE榊原信行社長もこれを受けて「いい男を用意するように言われた。またキスがしたくなる様なイケメン選手を用意したい」と返し、日本人選手である中村和裕を対戦相手に指名した。また中尾は前述の「キス騒動」を受けて、リングネームを中尾"KISS"芳広と改名した。なお、中尾の同性愛的言動はキャラクターということにしている。
2008年に女性と結婚。

中上雅巳 1972-

元「いいとも青年隊」 山瀬まみと結婚
長野博

1972- V6
中村獅童 (二代目) 1972-

初代中村獅童の息子。 篠原ともえと交際。竹内結子と結婚して男子をもうけたが離婚。黒木メイサと交際報道。鈴木砂羽、岡本綾。
野尻佳孝 1972-

ハウス・ウェディング会場の運営などを行う株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ代表取締役社長。
高島彩(ホモ説あるのばかりと交際)、
武内絵美(ホモ説あるのばかりと交際。そして一般人と結婚)、
内田恭子、
梅宮アンナ、
釈由美子(ホモ説あるのばかりと交際)らとの交際がスクープされるなど、業務以外でのその女性関係が注目されている。
2007年4月1日 - ファッションモデル・女優の田波涼子と結婚、2007年6月に自身が手がけるウェディング会場で挙式。


濱口優 1972- よゐこ(よいこ)は、お笑いコンビ。所属事務所は松竹芸能。

倉科カナ、よゐこ・濱口優との熱愛はマジだった!大阪からそのまま濱口宅へ直行しお泊まり 2011年
HISASHI 1972-

GLAYのギタリスト

日村勇紀
(ひむら ゆうき
1972 お笑い芸人、俳優、声優。お笑いコンビバナナマンのツッコミ担当。相方は設楽統。
ホリプロコム所属。

平井堅
1972-
ヒロシ 1972-
お笑いタレント、漫談師、ベーシスト、俳優である。サンミュージック企画所属。

デビュー時は吉本興業福岡事務所に3年間所属。その後上京し、一時はワタナベエンターテインメントに所属していた。当時は「ベイビーズ」というコンビを組んでいた。コンビ時代はキレ芸だったという。コンビ解散後、東京都三鷹市で3年間ホストをしていた。ホストをしていたときの源氏名は「冴神 剣(さえがみ けん)」。殺し文句は「あなたの心を一刺し」。当時の最高月収は8万円ほどだったという。
「ヒロシ」という芸名はフリーアナウンサーの生島ヒロシに由来する(たまたま家にあった雑誌の表紙に生島ヒロシが写っていたのがきっかけとのこと)。サンミュージックプロダクションに所属したときにすでにHIROSHIという同名のミュージシャンがいて、短い期間だが「カズヤ」という芸名で活動していたことが自らパーソナリティをしているサタデーホットリクエストで明らかになった。
ドラマは「タイガー&ドラゴン」(TBS系)が初出演。役柄は、元ミュージシャン「デス・キヨシ」。2005年1月に放送されたスペシャル版と、連続ドラマ版の第7話に登場。その後、同年の「FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビやっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!」(フジテレビ系)枠内で放映された「THE WAVE!」に編成部員・谷口真治役で出演している。このドラマで主役を演じた明石家さんまは、いつものネタの時のヒロシとキャラクターが同じなので、笑いを堪えて演技しなければならないのが困る、と述べた。映画「ウォーターズ」のテレビコマーシャルでナレーションを行った。
2005年の「R-1ぐらんぷり」では、前回に引き続き2回目の決勝進出を果たした。決勝戦では、結果は6位だった。
2005年の歌うま王座決定戦で見事初代王者となり200万円と車を獲得した。
2006年、「青春★ENERGY」で連続ドラマ初出演。
2007年に公開された映画「転校生 さよならあなた」(大林宣彦監督)で映画俳優デビューを果たす。その後「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」(大林宣彦監督)にも出演。いずれも本名の斉藤(本名は旧字の「齊藤」)健一で出演している。彼のファンである大林が出演を依頼したのだと言う。また、「転校生」で医大生を演じるにあたり、上京して以来ずっと金髪だった髪を8年ぶりに黒くした。しかし、また元に戻した。

自身の日常や失敗談を題材とする、いわゆる自虐ネタを得意とする。基本的なスタイルは、ポケットに手を突っ込み上目使いで「ヒロシです」と名乗ってから、俯きつつ九州弁(詳しく言えば、肥筑方言の「?とです。」)で愚痴を一言言って笑いをとる、というもの。この時、ラテン音楽のスローナンバーやブルースがBGMとして流れる(主にペピーノ・ガリアルディの『ガラスの部屋(Che Vuole Questa Musica Stasera)』が使われる)。「ヒロシです」が3回以上繰り返される事でネタは終了する。テレビでネタを放送するときには、必ず、音楽番組におけるソロ・アーティストのようなディゾルブを多用したカメラワークを用いられるが、これは2003年秋から、ほぼ毎月ライブ出演していた「お笑いCDTV」(TBS、 - 2004年秋)のカメラマンが開発したもので、それ以降、各局で用いられるようになった。「お笑いCDTV」は、ヒロシがテレビで初めてネタを披露した番組でもある。


藤井隆 1972-

乙葉と結婚し子供をもうける
藤木直人

1972- 一般女性と結婚し子供をもうける
堀江貴文 1972-

株式会社ライブドア(東証マザーズ:4753、2006年4月14日付で上場廃止、現:株式会社LDH)の元代表取締役社長CEO。
帰化人で広島から選挙に立候補。亀井静への刺客。自民党元幹事長の武部勤から熱烈な応援メッセージ。
ブログにて結婚歴があり、それができちゃった婚だったことを明かしている。現在は離婚したものの、子供の養育費は毎月送っており前夫人とも年に数回は連絡を取る仲だという。
2004年ごろよりモデルの西村美保と交際、同棲中と伝えられ競馬場へ通う二人の姿などが写真週刊誌ほかで報道された。堀江は2006年1月8日に放送されたTBS系の番組サンデージャポンで西村との破局を公表している。西村美保は堀江逮捕直後から公の場への登場は減り、以後、スポーツインストラクターとしての活動を行い、 そして俳優の金子貴俊と結婚して息子を出産。
2006年1月には堀江貴文と吉川ひなの(過去にゲイ説のあるのIZAMとの離婚暦あり)との交際が報道された。そのパラオ諸島への旅行などにピーチジョン社長の野口美佳(子ども5人生んだけど「レズ」説あり)も同行した。
それが報道された直後に堀江逮捕!
逮捕後に、モデルの太田在との交際報道。
真木蔵人

1972- 恋人との間に生まれた子供の認知をめぐる騒動。後に元JJモデルの山田明子(はるこ)と結婚、一女をもうける。
松岡俊介 1972- 1997年にYOUと結婚して一児をもうけるが離婚。
ミハラヤスヒロ 1972- シューズデザイナー。妻はジャズピアニストの上原ひろみ。

宮下直紀
1972-
MOOMIN 1972- 三木道三(ホモ)らと積極的に共演している。
武双山

1972- 武蔵川部屋(「ホモが多い」という説あり)所属の元大相撲力士。
柳原哲也

1972- お笑いコンビ「アメリカンザリガニ」 所属事務所は松竹芸能。
山口達也 1972- TOKIO
米倉利紀 1972-
渡辺一宏 1972- 元北日本放送アナウンサー→テレビ埼玉アナウンサー




浅野忠信

1973- 1995年3月、岩井監督の映画『PiCNiC』で共演した歌手のCHARAと結婚。同年7月に長女が誕生し、22歳で父となる。1999年、長男が誕生。2009年に離婚、親権はCHARAが持つことになった。
安住紳一郎 1973

【匿名座談会 新宿2丁目ゲイバー街で囁かれる有名人を巡るゲイ情報そうまくり ※槇原敬之、西川隆宏、住田功一、安住紳一郎、モト冬樹、風間トオル、氷川きよし、他】『噂の真相』2001.03
天野明(あまの あきら 1973- 漫画家。愛知県出身。代表作は『ぷちぷちラビィ』、『家庭教師ヒットマンREBORN!』など。
五十嵐隆 1973- 1996年にロックバンドSyrup 16gを結成するが、2008年に日本武道館ライブをもってバンドを解散。

石井一久 1973- プロ野球選手(投手)。ヤクルトスワローズ (1992 - 2001)
ロサンゼルス・ドジャース (2002 - 2004)
ニューヨーク・メッツ (2005)
東京ヤクルトスワローズ (2006 - 2007)
埼玉西武ライオンズ (2008 - )
マネージメントは吉本興業スポーツ部。
神田うの(ホモ説あるのばかりと交際)と交際。妻はフリーアナウンサーの木佐彩子。
石井一久(ホモ)、古田敦也(ホモ)、高津臣吾(ホモ)とは私生活でも家族ぐるみの交流があり、シーズンオフには自主トレも兼ねた海外ゴルフを行う。
楽天・野村監督が「あいつらホモみたいな関係だ」と罵倒したという説あり。
イチロー
1973-
葉月里緒奈(ホモ説あるのばかりと交際)と話題になったけど 後に元TBSアナウンサーの福島弓子と結婚
稲垣吾郎

1973- SMAP 
宝生舞、中谷美紀、菅野美穂と交際。
中曽根
Gackt 1973- 「離婚した妻が在日」
在日
金城武
1973-
城井 崇(きい たかし 1973 政治家。学位は学士(京都大学・1998年)。衆議院議員(2期)、文部科学大臣政務官。
初当選前のいきさつから一貫して前原グループに属するが、前原とは松下政経塾に於いても先輩・後輩の関係にある。

くまだまさし

1973- 吉本興業東京本社に所属するお笑い芸人。既婚。
堺雅人 1973- 事務所 田辺エージェンシー

初スキャンダルは2001年、富田靖子(44)との同棲愛。富田のマンションから出かける姿が“フライデー”された。当時、まだ無名だった堺は〈演技派女優の5歳年下美形オトコ〉と、名前すら報じられない格下扱い。結婚間近ともいわれたが、報道はプッツリと途切れた。
その後、08年のNHK大河「篤姫」で徳川家定役を好演し、知名度が一気に上昇。それと同時に“共演者キラー”としての歴史も刻み始め、ざっと挙げただけでも、同作で共演した宮崎あおい(27)、竹内結子(32)、多部未華子(24)、新垣結衣(24)……。

釈由美子(ホモとばかり交際報道)

2013年3月、『大奥?永遠?[右衛門佐・綱吉篇]』での共演をきっかけに交際していた女優の菅野美穂と結婚に向けて準備に入っていることが所属事務所から明かされた。
坂田亘 1973- 小池栄子と結婚
佐藤敦啓
1973-
芝幸太郎(しば こうたろう 1973- 実業家。株式会社office48代表取締役社長、株式会社デジタルマーケット代表取締役社長、株式会社グラッシーズ代表取締役社長、株式会社サファリ代表取締役社長。森林によるCO2吸収促進プロジェクト「僕と地球を繋ぐ森」代表。

2005年、株式会社デジタルマーケット(IT関連会社)を設立。同年、作詞家秋元康、KRKプロデュース株式会社代表・窪田康志らと協力し、『秋葉原48プロジェクト』を発足。
女性アイドルグループAKB48のプロジェクト発足メンバーの一人である。
城井崇 1973- 1998年に京大卒業後は松下政経塾に入塾し、3年間学んだ。修了後2001年から後述の選挙前まで、後に民主党代表となった前原誠司衆議院議員の秘書を務めた。
2003年11月9日の第43回衆議院議員総選挙では福岡県第10区から出馬。当時自民党に属していた自見庄三郎に敗れるが比例区から復活し初当選を果たした。
2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では自見が郵政民営化法案に反対し、自民党から公認を得られなかった。そしていわゆる「刺客」として西川京子が送り込まれた結果、三つ巴の厳しい選挙戦を強いられ自見ともども落選。落選後は党県組織の幹部として党勢の立て直しに努めつつ、国政復帰を目指して活動を続ける一方、かつて選挙でともに苦杯を嘗め、その後第21回参議院議員通常選挙で当選した自見(現在は国民新党副代表)の支援を受けている。
2008年9月、過去2回と同じく福岡10区での公認が決定。北橋の選挙区だった市の西半分・9区の候補が1次公認を得られなかったという厳しい状況の中での公認獲得だった。翌年の第45回衆議院議員総選挙には、国民新党の推薦を受けて立候補。西川に雪辱を果たし、4年ぶりに衆議院議員に返り咲いた。
2006年にTVQ九州放送のアナウンサーだった加治屋朋子と結婚した。娘が一人いる。
反町隆史

1973-
松嶋菜々子と結婚して二子をもうけた。 在日
高木大成 1973- 高木大成&高橋由伸
菊間千乃
竹下陽平 1973-

フジ

谷佳知 1973-

読売ジャイアンツ所属のプロ野球選手(外野手)。2003年に柔道選手のと田村亮子と盛大な結婚披露宴を行い、日本テレビで生中継された。
田村淳(たむら あつし) 1973- ロンドン ブーツ1号2号 吉本興業


1999年 藤崎奈々子
2002年 坂下千里子
千里子は淳の他にプロ野球選手の二岡智宏、くりぃむしちゅーの上田晋也、番組プロデューサーなどと4股交際が発覚。その後さらに増えて8股疑惑とまで言われた。
その後 カメラマンと結婚し現在は2児の母。
2004年、三津谷葉子 フライデーが路上キスを激写したが、事務所は交際を否定。
2004年 若槻千夏 週刊女性が2人の北海道旅行を報じた。
2006年 写真週刊誌フラッシュが社長令嬢と淳のデートをキャッチ。逆玉婚か!?などと騒がれた。
藤井悠
(モデル) 交際期間 07年3月-
備考 都内の個室ダイニングでのデートが報じられた。
その後 不明
米倉涼子
(女優) 交際期間 08年1月-
備考 女性セブンが六本木でツーショットを目撃と報じる。ただし、米倉側はこの報道を「全く知らない方」と完全否定。
その後 元男闘呼組、岡本健一と交際中
(参照:Johnny’s Watcher)
中越典子
(女優) 交際期間 08年8月-
備考 フライデーが2人の代官山デート、jealkbのライブで中越の姿を報じた。これについて中越の事務所は「友達のひとり」「交際はない」とコメント
(参照:ドラビク芸能ニュース)
その後 俳優の永井大と交際中
(参照:日々ーなニュース)
モデル風美女(一般人) 交際期間 09年1月-
備考 フライデーが松嶋菜々子似のモデル風美女との岩盤浴デートをスクープ。
(参照:レッツ芸能ニュース)
その後 不明
2010年 安室奈美恵 
米アリゾナに1週間滞在。淳は会見を行い交際を正式に認めるほど親密交際。お互いの両親に挨拶を済ませるなどといった報道もあった。 その後 ケンカが絶えなかったとして破局。これ以降、安室には浮いた噂なし。
2011年 矢野未希子
2人でハワイ旅行に行くなど交際順調をアピール。
2012年 小泉今日子 女性セブンが、都内で2人が手をつないで歩く姿を報じた。
在日
津田大介 1973- ジャーナリスト、メディア・アクティビスト。

出澤剛
(いでざわ たけし
1973 会社役員。元株式会社ライブドア(3代目)代表取締役社長。

1973年に長野県長野市に生まれる。長野県長野高等学校を卒業後、1996年に早稲田大学政治経済学部を卒業。大学を卒業後に朝日生命保険に入社し、研修終了後に西東京エリアの法人営業および研修トレーナーを務めた。2001年、オン・ザ・エッヂに1年間社外留学をした後、2002年に朝日生命保険を退職し、オン・ザ・エッヂに入社する。
2004年にオン・ザ・エッヂのモバイル事業に所属し、2006年に上級執行役員/メディア事業部長に就任後、2007年から新ライブドアの代表取締役社長に就任する。2012年1月で経営統合による吸収分割でNHN Japan株式会社取締役ウェブサービス本部代表に就任。
元親会社の株式会社LDH(旧 ライブドアホールディングス)社長の石坂弘紀とは長野高校の同級生という仲。

寺田伸也(てらだ しんや) 1973 テレビ朝日編成制作局編成部に所属する。東京大学文学部出身。 チーフプロデューサー昇格以前は、平城隆司編成制作局長(前:編成制作局制作1部長)、河口勇治編成制作局制作1部統括担当副部長(前:編成制作局制作1部CP)が制作する番組を担当していた。2008年8月頃から、河口が担当していた一部の番組を引継ぎ30代前半という若さでチーフプロデューサーに昇格した。昇格後も一部の番組では演出も兼務していた。また、2009年7月1日付で一部の番組ではゼネラルプロデューサーに昇格した。2011年7月付で編成部に異動となった。

「黄金伝説」「雑学王」「ナニコレ珍百景」など、近年は深夜番組からゴールデンタイムに昇格したバラエティ番組が非常に多い。

ビートたけしのTVタックル(ゼネラルプロデューサー)
戸次重幸


1973- 2000年に音尾琢真とともにCREATIVE OFFICE CUE加入、タレント活動も並行して行う。1994-2002年には大泉、音尾、森崎らが所属している劇団イナダ組にも在籍していた。役者としてだけではなく脚本・演出の立場としても精力的に活動し、また、NACS以外の役者ともユニットを作り、北海道の演劇界の底上げを目指している。2005年からは全国放送のドラマにも出演。2006年には東京から舞台のオファーを受け、夢を実現させた。
現在、TEAM NACSで唯一の未婚者。井上和香と交際報道。
西寺郷太(にしでらごうた) 1973- ミュージシャン、音楽プロデューサー。

美京平は西寺の歌声を絶賛。彼が関わった男性シンガーの中でも高く評価し、曰く「目を閉じれば完璧な美少年がそこにいる」と誉めたとのこと(博士の異常な鼎談の西寺談)。
2011年6月29日の小島慶子 キラ☆キラ出演時に自ら既婚で子供がいると発言した。(それまでは知人を除いて公にはしていなかった模様)
野口健 1973-

登山家、タレント。現在は了徳寺大学客員教授を務めている。大学生のときにシェルパの娘と結婚。その後離婚。しかし、相手に戸籍が無かったため、法的には婚歴は無い。2003年7月に日本人女性と入籍。2004年月に第1子(長女)誕生。

袴田吉彦

1973-
第4回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ。映画 『二十才の微熱』 で主役に抜擢されデビュー。
2002年、こずえ鈴との交際が発覚するも破局。 2003年、瀬戸朝香との交際を報じられる。
畠山理仁 1973-
上杉隆と 畠山理仁
八馬淳也(はちうま じゅんや) 1973- 元アナウンサー、フジテレビジョン報道局ニュースディレクター。フジテレビ『めざましテレビ』(ニュースディレクター、ナレーター)
原嶋秀行 1973-

ジャニーズ事務所からモデルなどを経て、92年にホストに転向。以後カリスマホスト「鉄平」として活躍し、2000年に東京・新宿の歌舞伎町にホストクラブ「PRESIDENT」を開店した。
2003年末には、東京都中野区中野にて総合格闘技のジム「シュートボクセ・アカデミージャパン」を設立して代表に(2007年10月で閉鎖)。
2004年には、ブラジルのシュート・ボクセ・アカデミー日本支部を東京・中野に開設、ヴァンダレイ・シウバを筆頭に総合格闘技界に旋風を起こしている。
ミュージシャンをしていた時期もある。
また、“個人所有日本一”と目される程の玩具・フィギュアコレクター。

2005年5月5日に元女子プロレスラーのキューティー鈴木と結婚。

2008年7月25日からは「鉄平 オフィシャルブログ 牛乳は噛みながら飲め!!」も開始した(2010年に閉鎖)。
藤田晋 1973-



株式会社サイバーエージェント(東証マザーズ:4751)代表取締役社長。また、株式会社日本テレビフットボールクラブ(東京ヴェルディ)取締役副社長(非常勤)であった。ほぼ同時期に起業し、成功を収めたライブドア元代表取締役の堀江貴文や楽天の三木谷浩史らと共に俗に「ヒルズ族」「5人の若手起業家」と言われ2000年前後から注目を集めた。
2004年に女優の奥菜恵と結婚、翌年7月に離婚。 2009年サイバーエージェント元秘書女性(26)と再婚。
「自殺した川田亜子アナの所属事務所パール&ケイダッシュを失脚した谷口元一前社長のホモだち」説あり。
「藤田晋に奥菜恵を紹介したのは谷口元一だった 」説
前園真聖
1973-
三浦淳(みうら じゅん) 1973-
フジテレビジョン編成制作局プロデューサー。音組・神原孝班所属。
これまでに『メントレG』、『音箱登龍門』、『デッドエイジ』など担当。RAG FAIR出演の『ラグ&ピース』も担当していた。
『お台場明石城』でも音楽番組の「さんまのリクエスト・ナンバー」をプレゼンしたが、製作が遅れて放送したのは「YAMATO」になった2004年10月だった。
2004年6月にフジテレビ社員で結成したバンド「MARS」(マーズ)のベーシスト。最近のブログは妄想が多い。
クイズ!ヘキサゴンII(2009年〜2011年9月)プロデューサー


==
フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)
(共にD:COMPLEX)
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)
===
みずしな孝之 1973-
漫画家で、代表作に『ササキ様に願いを』『幕張サボテンキャンパス』『いい電子』など。
漫画以外では、かつてこむらなるなりとお笑いコンビ「ナイスアイスティ!」を結成していたことがあるほか、最近は劇団うわの空・藤志郎一座で舞台役者としても活躍中。なお、コナミのゲーム『GUITARFREAKS』や『Drummania』では、ボーカリスト(Handsome JET Projectの楽曲のバックボーカル)としても登場している。
山田純大 1973- 父親は俳優・歌手の杉良太郎。
山内康一 1973- 自民党→みんなの党








荒木定虎 1974- 元タレント→不動産会社アキシオンの代表取締役社長及び最高経営責任者(CEO)
ARATA 1974- モデルから俳優。事務所「ジャングル」
りょうと交際報道。

「「ピンポン」ARATAが女優りょうと別れ川村ひかると交際開始との説」『噂の真相』(02.10)
有吉弘行 1974- 元「猿岩石」
飯沼誠司 1974- 2010年、女優の中山エミリとの入籍を発表した。
石川大我 1974- 東京・豊島区議
いしだ壱成 1974- 父親は俳優の石田純一。
坂井真紀と交際報道。元タレントの三宅えみと結婚して息子をもうけたけど離婚。三宅えみは後に谷原章介と再婚。女優の川合千春と交際したが二股交際がばれて破局。
「母親が在日」説
和泉元彌 1974- 狂言師。父は和泉流十九世宗家和泉元秀で、本人は父の死後に和泉流二十世宗家を名乗ったが、和泉流職分会・能楽協会・能楽宗家会は彼を宗家と認めていない。
劇団☆新感線の看板女優・羽野晶紀と結婚、二子をもうける。
今城和久(いまじょう かずひさ)


1974- NHKのアナウンサー。
うすた京介 1974- 代表作に『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』、『ピューと吹く!ジャガー』。
遠藤雅

1974-
二十才の微熱(1993年)

大沢健
1974
岡野昭仁 1974-  ポルノグラフィティのヴォーカリスト。

モーニング娘の保田圭と交際報道。
1児の母である一般人女性と結婚

小澤征悦 1974-

父は指揮者の小澤征爾。母は元モデルで女優の入江美樹。姉はエッセイストの小澤征良。従兄はミュージシャンの小沢健二。
SPEEDの上原多香子、杏、滝川クリステル(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と交際報道。
尾関茂雄 1974-

株式会社サイバーエージェント、株式会社ネットエイジに勤務した後独立。1999年10月、株式会社アクシブドットコム創業。 2003年に、同社を売却。
2004年1月、株式会社Zeel創業。
2004年6月、ラウンジダイニングバー西麻布Birth開店。
2005年6月、Mc2創業。
ライブドアの堀江貴文社長やサイバーエージェントの藤田晋社長らと交流を深めていた。
2005年11月、タレントの山口もえと結婚。
落合紀貴
(おちあい のりたか
1974 実業家。株式会社ライブドア常務取締役兼管理本部長。

1998年3月 - 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
1998年4月 - 日興證券株式会社(現 SMBC日興証券株式会社)入社。
2000年4月 - 株式会社アルチェ入社。
2004年10月 - 株式会社ライブドア(2代目)入社。
2005年12月 - 株式会社ライブドア執行役員就任。
2006年1月 - 株式会社ライブドア執行役員副社長就任。
2006年3月13日 - 株式会社ライブドア取締役候補者。
2006年3月30日 - 株式会社セシール取締役就任。
2006年6月14日 - 株式会社ライブドア取締役就任。
2006年12月22日 - 株式会社ライブドア取締役退任、執行役員・コンプライアンス強化委員会委員長に就任。
2007年4月2日 - 2代目ライブドアの社名変更に伴い、株式会社ライブドアホールディングス上級執行役員兼経営企画本部長に就任。
2009年4月 - 株式会社ライブドア(3代目)常務取締役兼管理本部長就任(現任)。
勝田和宏 1974-
金子昇
1974-

河口恭吾
1974-
河田直也

1974- 毎日放送(MBS)所属のアナウンサー。2007年4月現在、役職は主事(係長級)。
2007年に結婚。相手は「ちちんぷいぷい」のディレクター。
北山たけし 1974-

北島三郎のもとで内弟子を8年間務めた。北島三郎の次女と入籍した。

北山陽一 1974-

ゴスペラーズ
Candle JUNE
キャンドル・ジュン
1974-

キャンドルアーティスト。
2010年10月9日、女優である広末涼子(ホモばかりと交際や結婚している。前夫はモデルの岡沢高宏)と結婚したことを発表した。
北村有起哉 1974-

父は俳優の北村和夫。水野美紀との交際宣言。
草なぎ剛 1974-



SMAP

高橋由伸と織田裕二は同じマンションの4軒しかない同じフロアーを買ったんだよね。 もう一人は草剛

坂下千里子
ケイン・コスギ 1974-

父はハリウッドのアクション俳優、ショー・コスギ。
上月啓市 (こうづき けいいち) 1974-

実業家・俳優。2002年4月に不動産会社のサイズ・コーポレーションを設立・代表取締役に就任。
ケイダッシュ会長の川村龍夫に可愛がられているとか。
共通の知人、ソフトバンクのエース斉藤和巳選手の引き合わせとかで、鈴木えみとの交際が噂され、鈴木に財テクアドバイスをし、彼女が30億円もの大儲けをしたと伝えられた人物。そのほか、元モーニング娘。の藤本美貴とは、「酷い捨てられ方をした」と、藤本の兄が上月に3000万円の慰謝料を請求したことが報じられた。
山田優。
そして小倉優子と交際報道された。
国分太一(こくぶん たいち) 1974-

TOKIO aikoと交際報道


小松靖 1974

テレビ朝日アナウンサー。
テレビ朝日の下平さやか(やたらとホモばかりと交際報道される)と噂になる。

===
小松靖アナ、テレビで
『好きな女性ですか。。。清水ミチコさんとか室井滋さんとか、割とひょうきんな方が好きですね〜』
って言うのを聞いて、ピンときたわ!!!!!
しらけるマンコアナに対して慌てて
『女優でいえば木村多江さんとかも・・』て言って墓穴を掘ってて笑ったわww
===
桜井堅一朗 1974-

フジテレビスポーツ局スポーツ制作センターニュース制作部ディレクター、元アナウンサー。長野県上田市出身。2001年2月に業務上過失致死の現行犯で逮捕、約1年の謹慎後、復帰。
テレビ朝日の武内絵美アナウンサー(ホモとの交際がやたらと多い。一般人と結婚)と交際報道。
新藤晴一 1974-

ポルノグラフィティのギタリスト。2008年、女優の長谷川京子と結婚して男の子をもうける。

陣内智則 1974- 藤原紀香と結婚したというだけでも世の男性に羨望のまなざしで見られるのに、結婚前には及川奈央や田丸麻紀、森下千里らと交際していたといわれる陣内智則。
鈴木浩介(すずき こうすけ  1974 俳優。シス・カンパニー所属。

蒼井優と鈴木浩介に熱愛報道!
鈴木崇司 1974-

日本テレビのアナウンサー。母親がオーストリア人で、英語とドイツ語が堪能。
2009年の高校生クイズ中国大会地方予選でゲストの有吉弘行から「ゲイのハーフ」と名づけられた。
2008年、外資系航空会社に勤務する客室乗務員の女性と入籍した。
伊達みきお 1974-

サンドウィッチマンはグレープカンパニー所属(※2010年7月1日から)のお笑いコンビである。1998年9月にコンビ結成。専攻はコントであるが、漫才日本一を決める2007年M-1グランプリ王者である為、一般的には漫才で有名であるが、本職とされるコントの方でも2009年にキングオブコントで準優勝をしている。
千原ジュニア

1974-
お笑い芸人、司会者、俳優であり、コンビ千原兄弟のボケを担当。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。NSC8期生。
在日
照英 1974-

2005年にフリーアナウンサーの阿部和加子と入籍し、2006年にグアムにて結婚式を挙げた。2007年に第1子(長男)が、2010年に第2子(長女)が誕生した。
徳山昌守 1974-
TOSHI-LOW 1974-

「BRAHMAN(ブラフマン)」のヴォーカル。トイズファクトリー所属。
一時期は洋服のデザインもしていた(ブランド名はsuiseeda)。モデルで俳優で友人でもあるARATA(りょうと交際報道)が主催するリボルバーから発売されていたが、現在はデザイナー業は休止中。
2003年4月1日に女優のりょう(研音所属、かつてARATAと熱愛報道)と結婚し、現在子供が1人いる。
富澤たけし 1974-

サンドウィッチマンはグレープカンパニー所属(※2010年7月1日から)のお笑いコンビである。1998年9月にコンビ結成。専攻はコントであるが、漫才日本一を決める2007年M-1グランプリ王者である為、一般的には漫才で有名であるが、本職とされるコントの方でも2009年にキングオブコントで準優勝をしている。
内藤大助 1974-

元プロボクサー、タレント。元WBC世界フライ級王者(第36代)。元日本フライ級王者(第49代)、元OPBF東洋太平洋フライ級王者(第35代)。宮田ジム所属。異名は「北の剛拳」、「最短男」、「国民の期待」など。

夫人は1歳年上で、2000年に結婚、2人の男児を儲けている。宮田ジムのボクササイズコースに通っているのを見掛け一目惚れしアタックを開始するが、当時夫人には交際相手がいたそうで、困惑していたとのこと(内藤本人は「ストーカー」と自嘲)。しかし、内藤の熱意に押され、その恋人と別れて内藤との交際を開始したという。夫人の両親は都内で惣菜店を営んでおり、ボクシングだけで食えない頃はよく惣菜を分けてくれ、助けられたという。また、収入が不安定だったにもかかわらず、夫人との結婚を許してくれた義理の両親をとても敬愛しており、これまでの感謝の気持ちとして、テレビ朝日系列の人気番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』を通じて店舗兼自宅のリフォームを「プレゼント」している。なお、本番組での著名人からのリフォーム依頼は内藤が初めてであり、後に「有名人の実家 リフォーム相談スペシャル」が企画される契機にもなった。
中村譲(じょう) 1974-

香港、シンガポール、台湾で活躍する日本人モデル兼俳優。現在は主に日本と台湾で活動している。所属事務所はプラチナムプロダクション。
ひぐち君 1974- 髭男爵(ひげだんしゃく)は、サンミュージックプロダクション所属の漫才コンビ。
好きな女性のタイプはライス前国務長官(ホモ説のあるブッシュの愛人説が流された。レズ説あり)。またビヨンセのファンであり、ビヨンセのモノマネをする渡辺直美に好意を持った。
ゲイって、なんでかビヨンセのファンが多い。
ビビる大木 1974-
ふかわりょう
ROCKETMAN(ロケットマン)
1974-


お笑いタレント、俳優、エッセイスト。ROCKETMAN(ロケットマン)名義でクラブDJ、ミュージシャン、プロデューサーとしても活動している。
ワタナベエンターテインメント所属。従兄に漫画家の原哲夫がいる。
フロラン・ダバディ
1974- トルシエの通訳。滝川クリステル(ホモ説あるのばかりと交際)と交際
松井秀喜 1974-

野球選手。
ジャイアンツ時代から有名女優、タレントなどとの密会がすっぱ抜かれることも多く、女性関係の話題には事欠かない。独身時代は原田徳子(C.C.ガールズ)、草野満代、松たか子、早坂好恵、酒井美紀、戸田菜穂らとの交際が報じられた。特に、パリへの旅行が報道されるなど、戸田とは極めて親密な仲であり、2005年に父・松井昌雄が結婚を示唆したことで、結婚間近とも言われたが、翌年破局に終わった。「女性セブン」の報道によると、破局の際、戸田は結婚を否定する松井に不信感を抱き、知人に「松井さんは守ってくれなかった」と打ち明けたという。
2008年、富山県出身の25歳日本人女性(元OL)とアメリカ合衆国ニューヨーク市内で挙式。翌日に新婦の似顔絵と共に記者会見を行い、結婚を報告した。相手が元会社員で一般人のため、プライバシーを考慮して、顔写真や出身地、氏名は公表していない。
広岡勲は、松井秀喜選手に請われてスポーツ紙記者から球団広報に転身し、渡米からひたすら陰で支え続けている。
在日
松本秀樹(まつもと ひでき) 1974-

お笑いタレント、グッドドッグライフプランナー。浅井企画に所属。大阪NSC12期。大阪工業大学高等学校(現在の常翔学園高等学校)出身。
室伏広治 1974-

母親はオリンピックやり投ルーマニア代表。
川原亜矢子、
2006年、滝川クリステルと交際報道。
中京テレビの本多小百合アナウンサーと交際報道
フィギュアスケートの安藤美姫ともデート報道。
柔道の井上康生や横綱の朝青龍とつるんでしょっちゅう合コンをしているとか。
安岡優 1974- ゴスペラーズ。
2005年に結婚。相手は一般女性で黒沢に続いてメンバー2人目の既婚者となった。
山本太郎 1974- 所属事務所はネスト (1991年 - 1998年)・シス・カンパニー (1998年 - 2011年5月27日)を経て、フリーランス (2011年5月28日 - )。

2011年4月、反原発運動を開始。同年5月末には所属事務所を退社。6月には退社前に決まっていたミュージカルに出演したが、その後、俳優としての目立った活動はない。
2012年4月16日、太陽光発電施工事業を展開する株式会社ソーラーリフォーム(横浜市)に就職することが明らかになった。同月18日、入社した。週5回、法人を相手に、太陽光発電を売り込む営業を担当するとみられる。同社からは芸能活動継続の許可を得ているという。
2012年5月29日、結婚したことをTwitterで発表した。相手は18歳年下の一般女性で、2年前に友人として出会っていたが2012年4月の終わりに再会し、1か月経たないうちに結婚を決めたという。 その後の報道等で結婚相手はプロサーファーの割鞘(わりさや)朱璃と判明した。
2012年7月17日、株式会社ソーラーリフォームとの契約が満了し、同社を退社した。退社理由は、本業が忙しくなったためとしている。

2012年12月1日、第46回衆議院議員総選挙に出馬を表明し、「新党今はひとり」を立ち上げると表明した。最終的には、東京8区から無所属(日本未来の党・社会民主党推薦)で出馬。おもに反原発、反TPP等を訴え、71,028票を獲得するも次点で落選した。



=====
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/gaysaloon/1274396322/

高野寛からつらつらと考えたら
ソリトンsideB→トップランナーの男性MC枠ってゲイ枠なんだろうか
箭内とか違う感じだけど
ソリトン:高野寛
初代:大江千里
2代目:田辺誠一
3代目:武田真治
4代目:山本太郎
5代目:箭内道彦
6代目:箭内道彦
=====
NHK教育のトーク番組『トップランナー』では2005年から2008年まで司会を務めた。



山本太郎
安室奈美恵、観月ありさ、知念里奈、川村亜紀、黒田美礼、吉田里深、瀬戸朝香 真鍋かをり、ともさかりえ、奥菜恵、
三浦茉莉アナと破局した山本太郎 週刊文春 2011/9/29
「二股被害の冨永愛 最近まで山本太郎と親密だったとの証言も」週刊ポスト2012年5月18日号

2012年5月29日、結婚したことをTwitterで発表した。相手は18歳年下の一般女性で、2年前に友人として出会っていたが2012年4月の終わりに再会し、1か月経たないうちに結婚を決めたという。 その後の報道等で結婚相手はプロサーファーの割鞘(わりさや)朱璃と判明した。
赤杉康伸(あかすぎ やすのぶ) 1975 北海道札幌市出身、現在東京都在住のゲイ・アクティヴィスト。
2001年に上京後、東京在住の立場で、出身地で開催されるレインボーマーチ札幌(セクシュアル・マイノリティのパレード)の実行委員を務めた(2001年〜2003年)。
パートナーの石坂わたると2001年に結成した東京メトロポリタンゲイフォーラム (TMGF) で、石坂とともに現在まで共同代表を務める。TMGFでは、政党や各種選挙の立候補予定者に対してゲイに関する政策アンケート調査を実施し、その回答をホームページにて公開する活動を行なっている。赤杉と石坂のパートナーシップや活動については、ゲイ雑誌Badiや、"neofest2006" にて上映されたドキュメンタリー映画 「一緒ネ!」で紹介されている。
2003年、「同性パートナーの法的保障を考える有志ネットワーク」の共同世話人となる。同年秋には、パートナー石坂との間で同性間パートナーシップに関する公正証書を作成し、その顛末が季刊「にじ」(にじ書房)に掲載される。翌2004年7月には、土屋ゆき・筒井真樹子と共同編集・執筆を手がけた『同性パートナー』( 社会批評社、2004年 ISBN 491611762X)が出版される。2006年4月には、同性パートナーの法的保障を考える全国リレーシンポジウムである「Rainbow Talk 2006」の東京 第2回シンポジウムにて、司会とコーディネーターを務めた。
2006年、東京レズビアン&ゲイパレード2006 (TLGP2006) 実行委員。2006年11月〜2008年5月、「東京プライド・パレード」(2006年までの「東京レズビアン&ゲイパレード」から改称)の主催団体である、「東京プライド(TOKYO Pride)」の理事を務めたが、一身上の理由で辞任した。
また、オールアバウト 同性愛サイトで、2003年から2007年にかけて、性的少数者と政治に関する連載コラム「赤杉康伸のごく私的☆政治観測」「女スパイ赤杉康伸の口紅政治情報」「赤杉康伸のポリティカ探偵社」を執筆していた。
2008年から総胆管結石症の治療を行なっていたが、2009年初頭に入院加療したことを公式ブログで告白。2009年前半にも胆嚢摘出のため再入院する見込みであり、そのため、簡単な執筆以外、ゲイ・アクティヴィストとしての活動をしばらく休止させることを報告している[1]。

共著書
赤杉康伸・土屋ゆき・筒井真樹子編著 『同性パートナー』 社会批評社、2004年
あべこうじ(お笑い芸人) 1975- お笑いタレント(ピン芸人)、漫談家、俳優、作詞家である。本名、阿部 公二(読み同じ)。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。
2010年R-1ぐらんぷり王者。
安藤政信 1975- 有坂来瞳(スウィートパワー所属)と交際報道

市川亀治郎 (2代目) 1975-

俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋、定紋は八重澤瀉(やえおもだか)。歌舞伎名跡「市川亀治郎」の当代。所属事務所はケイファクトリー(2010年 - )。
2007年3月10日の『土曜スタジオパーク』にゲストで出演した際に、「もしも『風林火山』で武田晴信に加えてもう一つ別の役ができるとしたら?」と言う質問には 「由布姫です!」と即答した。


伊藤英明 1975-

第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」準グランプリ
フジTVアナウンサー中野美奈子、水野美紀と交際報道。
岩尾望(いわお のぞむ) 1975 お笑い芸人であり、フットボールアワーのボケ担当である。愛称は、のんちゃん。相方は後藤輝基。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
吉本ブサイクランキングで3年連続第1位となり、殿堂入りを果たす。

2008年2月19日発売号の写真週刊誌『FLASH』で、AV女優の糸矢めいと交際していることが明らかにされた。同年4月16日に開催された日用品のイベントで陣内智則から「糸矢めいちゃんとはどうなの?」と交際状況を訊かれデレデレした様子を見せた。さらに同年4月28日の関西テレビの番組で、「しばらくそっとしておいてください」というメールが届き、前週末くらいから音信不通になっていることを明かした。破局説も流れたりしたが、2009年9月28日、岩尾が住んでいるマンションが沢尻エリカの実家と同じであり、沢尻の解雇騒動をきっかけに同棲が続いていることが偶然判明した。交際について、2010年2月16日放送の『ジャイケルマクソン』(MBSテレビ)内で、破局したことを報告している。

「両親はともに京都大学出身の公務員」説
上原浩治 1975-

プロ野球選手(投手)。
読売ジャイアンツ (1999 - 2008)
ボルチモア・オリオールズ (2009 - 2011)
MLBのテキサス・レンジャーズ (2011 - )
2004年、元モデルの山ア美穂と結婚した。
宇野薫 1975-

総合格闘家。神奈川県横須賀市出身。UCS所属。元修斗ウェルター級王者。
高倉健さんのお稚児さん・・・・CMで共演した宇野薫
岡沢高宏 1975-


モデルでファッションデザイナー。男性ファッション誌「smart」などで活躍後、裏原宿系ブランドのCLSのデザイナーとして活躍。2003年12月に女優の広末涼子(ホモばかりと交際や結婚)と結婚、2004年に男児出産、2008年離婚した。


http://81.xmbs.jp/piroshigogo-208237-ch.php?guid=on
金村剛弘(かねむらたかひろ)氏
1975年12月20日生まれ、西新宿出身
岡沢高宏氏らとチーム・新宿ジャックス結成。
その後、暴走族・狂乱恋命に所属し、関東連合の面倒見となる。
2008年3月16日未明、複数の男に襲われ、意識不明の重態に。
21日死去。

殺された「金剛弘」が「金村剛弘」で、○○校出身で893。
その金村と幼なじみでワルをやってたのが広末の旦那の岡沢。
そして岡沢・金村・高岡蒼甫(宮崎あおいの旦那)が昔からの付き合いだと言うのが分かる。
この事件をNHKが報じないとのレスがあったが、大河ドラマに出演中の宮崎の旦那が893繋がりで仲間である金村が撲殺されたことなどNHKは報じたくもない為。大体、刺されて殺されたタクシー運転手のニュースを頻繁に取り上げているのに、この化け物マッチョが鉄パイプで撲殺されるニュースを殆ど報じないのは不自然だと思わないか?


岡島秀樹
1975-
尾田栄一郎 1975- 漫画家。愛称はオダッチ。
1997年より『週刊少年ジャンプ』で連載している『ONE PIECE』の累計発行部数は2億6000万部を突破しており、64・65・66巻は国内出版史上最高記録となる初版400万部を発行している。

妻は元モデルの稲葉ちあき。



笠原健治 1975-

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS) 「mixi」を運営するミクシィ社長。2008年:米経済誌「フォーブス」(アジア版)が発表した「日本の富豪」40人の37位になる。
2005年に40位に入ったライブドアの堀江貴文元社長と同じ最年少の32歳でランク入り。
2009年度は40位。

奥菜恵(ホモばかりと交際)と交際報道。
加藤晴彦 1975-

第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞受賞
女優の内山理名との交際を経て、名古屋の中京テレビの本多小百合アナウンサーとの熱愛が報道された。優香(ホモたちと次々交際報道)、瀬戸朝香、菊川怜と交際報道。
河本準一(こうもと じゅんいち) 1975- お笑いコンビ次長課長。相方は井上聡。愛称は河本君、準ちゃん、ヌルヌル王子、もっち。
もとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業子会社)所属。 NSC大阪校13期。

KINJI 1975-

pool bit boys
斉田季実治 1975-
坂口憲二 1975-

2002年、ドラマ『天体観測』で共演した俳優坂口憲二(ホモ)との交際が報じられ、ワイドショーを度々賑わせた。2005年10月に双方の所属事務所により交際の終焉が発表された。
稲森いずみとの交際破局
さかなクン
1975-
椎名慶治 1975-

SURFACE

島袋光年(しまぶくろ みつとし) 1975- 『週刊少年ジャンプ』で連載された漫画作品『世紀末リーダー伝たけし!』(以下、『たけし』と略す)は大人気となり、2001年に第46回小学館漫画賞児童部門(現在は児童向け部門に改称)を受賞した。『たけし』連載当時は、高額納税者番付の神奈川県部門に掲載されていた。

児童買春事件での逮捕
2002年、携帯電話出会い系サイトで知り合った16歳の女子高校生に8万円を渡して援助交際(買春行為)をしたとして、神奈川県警に児童買春禁止法違反で逮捕される。結果、『たけし』の連載は未完のまま打ち切られ、逮捕の翌月に発売予定であった単行本最新刊は発売中止することが同年の『週刊少年ジャンプ』39号の編集部の謝罪文により発表され、既刊も絶版となった。同年8月28日に起訴[3]。翌日8月29日に、別の2人の女子高校生16歳に対する買春により、児童買春禁止法違反で再逮捕された。同年10月29日、横浜地方裁判所により島袋は懲役2年・執行猶予4年の判決を受ける。

逮捕後の再活動
その後2004年に『スーパージャンプ』にて『RING』を連載することで復帰。絶版となっていた『たけし』のコミックスもワイド版として復活した。そして2005年6月発売の『スーパージャンプ』にて『世紀末リーダー伝たけし! 完結編』の連載が開始され、同年11月に完結した。
2007年『赤マルジャンプ』や『週刊少年ジャンプ』での読み切り掲載を経て、2008年5月『週刊少年ジャンプ』25号より『トリコ』で6年ぶりに少年誌での連載を開始。『トリコ』は2011年にフジテレビ系にてテレビアニメ化された。


高井俊彦 1975-

ランディーズ 吉本興業
2005年1月に入籍、2006年初頭にグアムにて挙式。相方中川も夫婦で参加した。結婚した年上の妻は会社では係長である。
高須幹弥(たかす みきや) 1975 美容外科医、医学博士。美容外科「高須クリニック」名古屋院院長。父は同クリニック院長である高須克弥。
高橋由伸 1975-

夫人は元日本テレビアナウンサーの小野寺麻衣。夫人との間には一女がいる。
高橋由伸と織田裕二は同じマンションの4軒しかない同じフロアーを買ったんだよね。 もう一人は草薙剛
つるの剛士(つるの たけし) 1975- 俳優、タレント、ミュージシャンである。太田プロダクション所属。

1997年から放送された『ウルトラマンダイナ』の主人公のアスカ・シン役で知名度を上げる。
2001年から2005年まで深夜ラジオ番組(ジャパンエフエムネットワーク全国ネット月曜から水曜・3:00 - 5:00生放送)の『BPR5000』でラジオパーソナリティを務めた。
2007年から『クイズ!ヘキサゴンII』に解答者として常連出演するようになり、「おバカタレント」としてブレイク。後に同じく常連解答者の上地雄輔、野久保直樹とともにユニット「羞恥心」を結成することとなる。2008年2月、番組から派生した舞台『ヘキサな二人』に主演、2002年のキティママ社活動休止以来6年ぶりに坪田塁(脚本・演出を担当)と仕事をする。3月、以前にも出演した『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』で優勝する(これ以降も二度優勝し、つるのは後に「この番組がきっかけでカバーアルバムを出した」と話している)。
2008年4月、羞恥心がシングル「羞恥心」でCDデビュー。ユニットのリーダーとして活動するほか、個人でもバラエティ番組出演や6年ぶりのテレビドラマ出演、7年ぶりに映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』で再びアスカ・シン役として出演するなど俳優業も活発化する。ただこの時期に来たドラマのオファーを「中途半端な気持ちでやりたくない」などの理由で断っていたことも明かしている[6]。
2009年4月22日にカバーアルバム『つるのうた』でソロデビュー。ポニーキャニオン専属となり以降もソロ歌手としてCD発売やイベントを行うようになる。同年10月3日より全国8か所を巡るホールツアー「ひとのうただけどつるのうたツアー」を行い、10月29日には「クイズ!ヘキサゴンII presents つるの剛士感謝祭?つるの恩返し?」として国立代々木競技場第一体育館でのソロライブを行った。
「おバカタレント」というキャラクターの一方でブレイク以前から育児番組を担当していたり、ブレイク後にベストファーザー賞を受賞するなど「パパタレント」というタレントイメージを築いている。2009年7月に自身のブログで翌2010年1月から2か月間の育児休業をとると発表。2009年12月31日に行われた「ヘキサゴンファミリーカウントダウンコンサート」終了から休業に入り、2010年3月1日に開催された自身主催の「第三回タレント・シーバスカップ」をもって活動再開とした(ただしこの間もブログの更新は行われている)。以降、積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的な存在のひとりとして扱われるようになる。

2011年1月8日、日本武道館で単独コンサート『ドリームジャンボつるの祭り』を行う。

受賞歴 [編集]2008年
第1回バースファミリーアワード2008『ステキな家族賞』
2009年
国際フィッシングショー クールアングラーズアワード2009
第28回ベスト・ファーザー イエローリボン賞 芸能部門
ベストヒット歌謡祭2009 新人賞アーティスト賞
第51回日本レコード大賞 企画賞『つるのうた』
ゴールドディスク大賞 企画アルバムオブザイヤー
2010年
ヘアーカラーリングアワード2010
ユーキャン新語・流行語大賞2010 トップテン入賞(「イクメン」で代表として受賞される。)
2011年
イクメンオブザイヤー2011
徳井義実 1975-

チュートリアル 吉本興業
バトミントンの潮田玲子、夏川結衣と交際報道。
中島岳志 1975- 政治学者・歴史学者。北海道大学公共政策大学院准教授。専門は南アジア地域研究、近代政治思想史。
長塚圭史 1975-

劇作家、演出家、俳優。東京都出身。父は俳優の長塚京三。
1996年 演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成(後に伊達暁と中山祐一朗が参加する)。阿佐ヶ谷スパイダースの主宰として作品のほぼ全ての作・演出を手がける。
水野美紀(ホモ説のあるオタギリ・ジョーと交際報道があった)との交際報道があったけど、常盤貴子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と結婚。
中丸徹 1975-

元テレビ朝日アナウンサー。2005年7月、政治部記者に異動した。

中村俊介 1975-
波田陽区 1975- 小梅太夫と波田陽区
林和人 1975-
北海道テレビ放送(HTB)のアナウンサー。岐阜県大垣市出身。

早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。1999年高知さんさんテレビ入社。2002年北海道テレビ放送に移籍。高知さんさんテレビ時代の同期は尾辻舞(現在はテレビ神奈川アナウンサー)。
平日はイチオシ!モーニングのメインMCを務めている。野球中継などのスポーツ中継を行うこともある。

平野啓一郎 1975- 小説家。京都大学法学部在学中の1999年に『日蝕』により芥川賞を受賞。芥川賞受賞時には茶髪にピアスという風貌が話題となった。
同年に『一月物語』、2002年に長編『葬送』を刊行する。これら「ロマンティック三部作」と呼ばれる過去の歴史を舞台にした長編群を書き上げたあとは、一転して現代を舞台にした実験的な短編に取り組み、現在は再び長編小説を発表している。
三島由紀夫、森鴎外、シャルル・ボードレール、ミルチャ・エリアーデ等に傾倒。
親交のある人物に江島健太郎、梅田望夫など。
また関心のある現代の作家として高橋源一郎、島田雅彦、大江健三郎、古井由吉を挙げている。
ジャズ、とりわけマイルス・デイヴィスを好んでいる。
2008年にモデルの春香と結婚。

「99/4 「日蝕」で芥川賞受賞の現役京大生の平野啓一郎に早くもゲイ説が浮上!」『噂の真相』
福田充徳 1975- チュートリアル 吉本興業
かつて保釈後のライブドア元社長・堀江貴文(ホモ、帰化人)との交際報道のあったモデルの太田在(在日)と交際報道。
藤重政孝 1975-

瀬戸朝香と交際
松田慶三 1975-
宮崎一彰

1975- 元巨人
宮下裕治 1975 石原プロモーションに所属する俳優。
5万2005名が参加し、2000年に全国規模で開催された新人オーディション「21世紀の裕次郎を探せ!」で石原まき子賞(選考段階において、石原まき子の提案により急遽追加された)を受賞し、芸能界入り。
徹子の部屋出演時には『軍団のお笑い担当』と紹介される。
山田ルイ53世 1975- 髭男爵(ひげだんしゃく)は、サンミュージックプロダクション所属の漫才コンビ。



赤星憲広 1976- 元プロ野球選手(外野手)、野球評論家、野球解説者。現役時代は阪神タイガースに所属していた。
池内博之 1976-
石坂わたる 1976- カムアウトしている同性愛者。 現在は独立型ソーシャルワーカー(精神保健福祉士、日本心理学会認定心理士、行政書士)であり、同時に子ども家庭福祉・障害児教育の実践家・研究者・専門学校非常勤講師である。 成蹊大学卒業(経済学・国際社会学)・千葉大学専攻科修了(発達障害教育)・立教大学博士前期課程修了(社会デザイン学・平和コミュニティ学)。

2007年4月22日投票の東京都中野区議会議員選挙(定員42名)へ無所属で立候補したが、1091票獲得するも落選した(56名中51位。最下位当選者とは567票差)。
伊勢谷友介 1976- 広末涼子、奥田瑛二と安藤和津の娘、桃子、浜崎あゆみ(ジャニーズ事務所の長瀬と交際、破局)、吉川ひなの(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、木村佳乃と交際報道
井上聡


1976- お笑いコンビ「次長課長」のメンバー。相方は河本準一。熊田曜子との交際。

井ノ原快彦

1976- V6 妻は瀬戸朝香
岩沢厚治 1976-

ゆず
宇治原史規 1976- お笑いタレントであり、ロザンのツッコミ担当。立ち位置は向かって右。
吉本興業東京本社所属。

岡本知高 1976-

クラシック音楽歌手。ソプラニスタ(男性ソプラノ)。
オダギリ・ジョー 1976-

『仮面ライダークウガ』の主役。
水野美紀と交際。2007年、香椎由宇と結婚。
金子賢
1976- 在日
木内泰史(きうち やすふみ
1976-
サンボマスター(英: Sambomaster)は、日本のスリーピース・パンク・ロックバンド。ドラム・コーラス担当。
KREVA(クレバ) 1976 ヒップホップMC、トラックメーカー、作詞家、DJ。
FUNKY GRAMMAR UNIT、神輿ロッカーズの一員。所属レコード会社はポニーキャニオン。所属レーベルはKnife Edge。
名前の由来は英単語clever(「ずる賢い」の意)から。DJネームは908。


2008年1月結婚を公表、2009年6月女児誕生、妻は一般人。
2009年、古内東子と共同でシングル
クロちゃん (お笑い芸人) 1976-

お笑いグループ安田大サーカスのボケ担当である。松竹芸能所属。
櫻田宗久

1976- 元ファッションモデル・俳優・歌手。写真家。
三瓶 1976- 所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)。
塩田貞治 1976-
庄司智春

1976- 吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑い芸人。品川庄司のツッコミ担当である。立ち位置は向かって右。相方は品川祐。
妻は「元モーニング娘。」の藤本美貴。
菅広文(すが ひろふみ) 1976- お笑いタレントであり、ロザンのボケ担当。立ち位置は向かって左。吉本興業東京本社所属。

鈴木謙介 1976-

関西学院大学社会学部准教授、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター研究員。國學院大學在学中より、社会学者の宮台真司に師事。
鈴木隆行 1976- 元サッカー選手。水戸ホーリーホック所属。ポジションはフォワード。元日本代表。
テレビ番組(やべっちFC)で初めて「師匠」と呼んだ人物は小野伸二と言われている。

玉田圭司

夫人はモデルの橋本優子。
「フジテレビ女子アナの内田恭子が中居正広やサッカー鈴木隆行と親密説」『噂の真相』(02.11)
タカ

1976- 吉本興業所属のお笑いコンビ、タカアンドトシ。 吉本興業札幌事務所(札幌吉本)からデビュー。札幌で活動した後、2002年に上京し、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)へ所属。共に北海道出身。爆笑オンエアバトル第7,8代チャンピオン
高橋茂雄

1976- サバンナ
土屋礼央 1976-

RAG FAIR
富川悠太 1976-
永谷喬夫 1976-

SURFACE
二岡智宏 1976-

読売ジャイアンツ 
妻は元フリーアナウンサーの用稲千春。
2008年に山本モナ(「在日人脈、男色人脈」説のある北野武の事務所に所属)とラブホテルに出入りしていたことが報じられ大ニュースになった。
M錦竜郎(はまにしき たつろう 1976 追手風部屋所属の元大相撲力士。身長179.0cm、体重123.0kg。最高位は東前頭11枚目(2002年3月場所)。現在は年寄 春日山。
檜山豊
ひやま ゆたか
1976
ホーム・チームは、日本のお笑いコンビ。所属事務所はマセキ芸能社。日本映画学校(現・日本映画大学)10期生。
立ち位置は右でツッコミ担当。
2010年12月をもって解散。

2007年10月22日のトークライブにて結婚を報告。2008年3月8日に長男が誕生。2012年4月、離婚を発表。
元サッカー日本代表の鈴木隆行は、高校の同級生である。
コンビ解散後、芸能界を引退した。
2012年、映画『死ガ二人ヲワカツマデ… 第二章 「南瓜花 -nananka-」』の脚本を手がける。

平沼紀久

1976-
真栄田賢(まえだ けん 1976 スリムクラブは、日本のお笑いコンビ。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社(東京吉本)。吉本総合芸能学院 (NSC) 東京8期生。2人とも沖縄県那覇市出身。
2011年、沖縄県出身の一般女性(33)と結婚することを発表。

森山直太朗
1976-
山口隆(やまぐち たかし)
1976-
サンボマスター(英: Sambomaster)は、日本のスリーピース・パンク・ロックバンド。ボーカル・ギター担当。

グリコのCMに英二役として出演している。

山崎弘也(やまざき ひろなり 1976 お笑い芸人。通称、ザキヤマ。
プロダクション人力舎所属。人力舎のタレント養成所・スクールJCAの第3期生。

山根良顕 1976- ワタナベエンターテインメント所属のお笑いタレント。本業はアンガールズのボケ(まれにツッコミ)担当。
佐藤江梨子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、山川恵里佳と交際報道。
山本耕史 1976- SPEEDの上原多香子と噂
松たか子や牧瀬里穂、上原多香子、佐藤江梨子、スザンヌとの交際が報じられたことがある共演者キラー。
与座嘉秋(よざ よしあき 1976-
沖縄県沖縄市出身。
ホーム・チームは、日本のお笑いコンビ。所属事務所はマセキ芸能社。日本映画学校(現・日本映画大学)10期生。
立ち位置は左でボケ担当。
2010年12月をもって解散。
コンビ解散後は「与座よしあき」として、ピンで活動中。
渡辺和洋 1976- 一般人女性と結婚 女性との不倫が報道された
渡辺慶 1976- 高校生のときにお笑い芸人として北原雅樹とコンビを組み、グレートチキンパワーズのボケ担当であった。
青山剛(あおやま たけし) 1977 政治家・工学者。工学博士(室蘭工業大学)、室蘭市長。

綾部祐二 1977- 芸人、ピースのツッコミ担当である。 茨城県出身。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

自他共に認める女好きであり、特に熟女を好んでいる。
ロバートの秋山竜次とともに熟女ナンパに繰り出したこともあり、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』の企画「熟女大好き芸人II」にも出演した。本人曰く「好みのストライクゾーンが広い」と語り、若い女性よりもどちらかというと熟女が好きとされる。また、ダブルブッキングの黒田が勤務するカラオケに女性とともに行った所を黒田に目撃されており、黒田曰く「バケモノみたいなのと一緒にいた」。さらには『しゃべくり007』初出演の時に、相方の又吉にまで、「観光バスに乗っていた、団体旅行のおばちゃん達に『ピュー!!』と口笛を吹いていた」と暴露されている。しかし『徹子の部屋』出演時には「熟女殺し」とだけ言われ、熟女好きエピソードを語ることはなかった(当該番組はバラエティ番組ではないため、黒柳の発言を除きお色気要素のあるトークは避けられやすい)。
ブレイク前、チュートリアルが出演するヨシモト∞ホールでのライブで進行補助をつとめており、チュートリアルの徳井義実のことを「先生」と呼んだりと、エロなネタで盛り上がっていた。
2012年8月17日に発売された『週刊ポスト』8月31日号(小学館)では、藤田紀子との30歳差の熱愛が報道された。このほか、五月みどり、奈美悦子とのメールのやり取りなどが報じられている(いずれも、2012年時点で、60歳代以上)。
熟女好きの理由の一つに、実母の存在が挙げられるとされるが、上述の藤田紀子との報道の際には、「寄りによって私より年上なんて…」と実母が唖然としたという。
なお、同じくガチの熟女好きで知られる春日俊彰の場合はマザコンが原因とされるが、綾部の場合は実母の容姿が原因であるとしている。
有馬隼人 1977-

アメリカンフットボール選手。元TBSのアナウンサー。
伊賀大介 1977- 1996年に熊谷隆志に弟子入り。1999年に独立しスタイリストになる。

MEN'S NON-NOやsmartといったファッション雑誌や東京事変、くるり、チャットモンチー、ラーメンズといった幅広いジャンルのアーティストや、映画やCMで出演俳優などのスタイリストをしており、2007年に仕事でスタイリストを担当していた女優の麻生久美子と結婚した。
石井亮次 1977- 中部日本放送 (CBC) のアナウンサー。
市川海老蔵 (11代目) 1977- 1997年、宮沢りえとの密会を報じられたが、海老蔵が「お姉さんのような存在」と交際を否定。
2003年2月、日置明子(元歌手)(当時29歳)との間に女児(当時1歳)の隠し子がいることが判明。子供を認知して養育費を支払っていることを会見で説明。
米倉涼子と、大河ドラマ「武蔵」共演をきっかけに03年から05年春まで交際。07年3月のパリ・オペラ座公演を米倉が母親と観劇したことで復縁説浮上も、米倉は否定。
2004年に金髪の女性(ルーマニア出身のモデル)との路上キスの様子が写真週刊誌に報じられる。
佐藤江梨子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と2006年10月に交際発覚も、2007年2月に海老蔵が振る形で破局。
テレビ朝日アナウンサー武内絵美(ホモばかりと交際)と2007年3月のパリ公演を観劇し、帰国した4月に知人の紹介で交際開始も、同年6月に破局。
2007年4月、パリ公演から帰国直後にグループで夜桜見物中に高岡早紀との都内桜の名所での『手つなぎデート』を『女性自身』が報じた。後日、高岡が交際を否定。
2008年8月に20代半ばの一般女性と中華料理店などでデートするツーショットの姿を週刊誌に報じられる。
2009年11月、フリーキャスターの小林麻央との交際が『日刊スポーツ』に報じられる。同日中に連名で、結婚を前提に交際、婚約することをファックスで発表。 年が明けた2010年1月に正式に婚約発表の記者会見を執り行った。同年3月、婚姻届を提出。

大友康平
岡田義徳 1977-

菅野美穂(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と交際。
TBSの、芸能人男女にデートさせる番組。 岡田義徳と鈴木蘭々。
2人の姉がいて、一人はタレント・女優の岡田理江。

岡田義徳は新宿在日ヤクザ金属バット撲殺事件の被害者の金(金村)剛弘の仲間
尾上菊之助(五代目) 1977-

11歳年上の江角マキコと交際報道
尾原秀三 1977-
元中京テレビ放送のアナウンサー。
大学卒業後、2002年4月に中京テレビにアナウンサーとして入社。アナウンス部在籍当時は主にスポーツ番組と報道番組を担当していたが、バラエティ番組やバラエティ番組色の強い情報番組にも出演していた。
2007年4月7日、系列局の協力会社に勤めていた技術スタッフの女性と結婚]。彼女は愛知万博の開催当時、各系列局から応援のために派遣されてきたスタッフの1人だった。現在は2児の父。
その後、2012年6月19日付で営業部へ異動した。



柏原崇 1977-

菅野美穂(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と交際。女優の畑野ひろ子(浩子)と結婚離婚
木村剛

1977-
香取慎吾 1977- ジャニーズ事務所所属のタレントであり、男性アイドルグループSMAPのメンバーである。愛称は、慎吾、慎吾くん、慎吾ちゃんなど。

相武紗季
在日 創価学会
北川悠仁 1977-

ゆず
「ショック 路上ライブから大ブレイクした人気デュオの過去 『ゆず』の北川悠仁が「女装してホモと寝る男娼役」だった頃」『FRIDAY』(1999.02.26)
2008年3月2日、かねてから交際していた「ゆず」の北川悠仁と高島彩が結婚に向けた準備に入ると日刊スポーツが報じたが、高島はブログで、これを否定している。

黒田俊介 1977-

「コブクロ」の背の高いほう 既婚で1児の父
黒田大輔 1977-
行政書士・社会保険労務士。「シーサイド総合事務所」(書士業務を行なう個人事務所)所長、市民団体「日本を護る市民の会」代表。新宿区議選立候補者(平成23年 ・2011年4月)。千葉県浦安市、東京都新宿区を経て、現在は東京都豊島区在住。

劇団ひとり 1977- 太田プロダクション所属。
2009年、タレントの大沢あかねと結婚。2010年、第一子となる女児が誕生。

佐藤琢磨 1977-

レーシングドライバー
結婚して一男一女

JHETT a.k.a YAKKO(ジェット・エーケーエー・ヤッコ ) 1977-


DJ・音楽プロデューサー


城咲仁(しろさき じん)
1977-
タレント、ラジオパーソナリティ。サンミュージック所属。元ホスト。未婚。
新宿・歌舞伎町のホストクラブ「クラブ愛」において5年間No.1ホストを務め、カリスマホストとして数多くのテレビ番組に出演。ホスト時代から全国にその名を知られる有名人であり、本人曰く「当時の年収は1億円を超えていた」という。当初の源氏名は「浅樹仁」だった。
2005年初頭に突然ホストを引退し、同年タレントに転身した。タレント転進後はサンミュージックに所属し、バラエティー番組を中心に活動を行っている。
2006年6月21日、酒井政利プロデュースによりフォーリーブスのカバー曲「ブルドッグ」で歌手デビュー。

猫ひろしと仲が良く、ラジオ番組で共演していたほか、TBSで2006年5月1日放送の「関口宏の東京フレンドパークII」にも揃って出演した。
須賀貴匡 1977-

『仮面ライダー龍騎』
田中良和 1977-

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」の開発者であり、そのGREEを運営するグリー株式会社の創業者。グリー株式会社 代表取締役社長。
2009年2月に、米経済誌「フォーブス」(アジア版)が発表した「日本の富豪」40人の24位になる。2005年に40位に入ったライブドアの堀江貴文元社長、2008年に37位に入ったミクシィの笠原健治社長と同じ最年少の32歳でランク入り。総資産は8億5千万ドル(推定)。
2010年1月に、米経済誌「フォーブス」(アジア版)が総資産を16億ドル(推定)として、35歳以下の10億ドル以上を保有するビリオネア(相続を除く)としてアジアで1位、facebookの創業者マーク・ザッカーバーグに次いで世界では2位として紹介する。
2010年6月に、グリー株式会社が東京証券取引所一部へ上場予定。33歳3ヶ月での東証一部への上場は、史上最年少(創業者として)。
男色ディーノ 1977- DDTプロレスリング所属のプロレスラー。リングネームは漫画「魁!!男塾」のキャラクター男爵ディーノに由来する。

堤下敦 1977-

インパルス 吉本興業 2005年9月、板倉撮影の元、ゲイをターゲットにした写真集「男写」を出版した。
手塚真輝 1977- ホスト、経営者。愛称は"てっかまき"。
ボランティア団体「夜鳥の界」リーダー。

中央大学理工学部中退後、歌舞伎町のホストクラブで働き始める。入店から一年後、同店のナンバーワンとなる。
2003年に独立、歌舞伎町で夜のロハスをテーマにしたホストクラブ「Smappa!」、「Smappa!morning」、「APiTS -a place in the sun-」、カクテルバー「BRIAN BAR G」、「B.B.B.」「みなみ」の6店舗を経営している。役職はキャプテン。
頼朝らとともにホストのボランティア団体「夜鳥の界」を中心となって立ち上げ、「僕たちにできること」をテーマにホスト独自の社会的貢献を目指し、定期的に深夜の街頭清掃活動を行う。
また、2007年11月18日「家族の日」には家族への感謝の想いを伝える手紙投稿サイト「ラフレター」を立ち上げた。
渋谷区議ハセベケンが立ち上げた清掃ボランティア団体グリーンバードの歌舞伎町チームでも、中心的な役割を務める。

戸田和幸 1977-
中田英寿 1977-
宮沢りえ、
大黒摩季、
映美くらら、
神田うの、
鶴田真由、
米倉涼子、
山口もえ、
伊藤裕子、
滝川クリステル、
相沢紗世
リンリーチン
元宝塚の映見くらら
猫ひろし

1977- 2006年、一般人女性と婚約。2007年に婚姻届を提出し結婚式をあげた。
2011年、第1子となる女児誕生。
2011年、翌年8月に開催予定のロンドンオリンピック・男子マラソンカンボジア代表を狙う為、カンボジア国籍となる。

林宙紀(はやし ひろき) 1977- ラジオパーソナリティ、ナレーター、ニュースキャスターである。みんなの党宮城県第1支部長。
所属芸能事務所はタイムリーオフィスで、一時は東京メトロポリタンテレビジョン(Tokyo MX)で契約キャスターを務めていた。

氷川 きよし
1977-
創価学会。
福留孝介

1977- シカゴ・カブスに所属するプロ野球選手(外野手)。
菊川怜と交際報道。
芳晶せいじ

1977- 大阪『アクア』代表 東京にも『アクア』を開店。ホストの強姦騒動から辞任。アクアepの一員としてCDデヴュー
ホストクラブ『アクア』の真のオーナーは「香咲うさぎ」ってゆうオカマとか?

「芳晶せいじとイチローとはホモ関係」説
増田雅昭 1977-


松尾敏伸 1977- 第9回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト で準グランプリ
松岡昌宏 1977-

TOKIO 
添田めぐみ
フジTVアナウンサー中野美奈子と交際報道
美童修悟(みどう しゅうご) 1977- ホストクラブ「ROMANCE」のホスト
峯田和伸(みねた かずのぶ) 1977-

銀杏BOYZ
暁月あきら 1977- 漫画家。『神力契約者M&Y』、原作に西尾維新を迎え、作画担当として『めだかボックス』を連載開始。集英社。
柳沢敦 1977-

サッカー選手である。ポジションはフォワード。元日本代。

1999年に日本代表監督に就任したトルシエの指揮するU-23代表のエースとして期待されていたが、シドニー五輪アジア1次予選最中にチームを無断で抜け出して、当時の恋人梨花と密会していたとの記事が写真週刊誌フライデーに掲載されたことが原因となり、チームから強制的に外され、その後も一時期代表に呼ばれなくなった。
2002年、モデルの小畑由香里と入籍。
矢部太郎 1977- 相方である入江慎也とともにカラテカを結成した。吉本興業。
山本"KID"徳郁(やまもと"キッド"のりふみ)
1977-
総合格闘家。KRAZY BEE主宰。HERO'Sミドル級トーナメント2005世界王者。
ニックネームは「神の子」または「KID」。ニックネームの由来は本人曰く、「ミュンヘンオリンピックに出場した父親(山本郁榮)は自分の中では神。だから俺は神の子(KID)」「格闘の神様の子供」というもの。しかし、この発言以前に、「大学時代、俺の小柄な身体を見たレスリング部の先輩から、まるで子供みたいだから、KIDだ。と綽名されたのが最初」とも本人が語っている。

全身に多くのタトゥーを彫っている。総合格闘技における師匠であり、姉・美憂の前夫であるエンセン井上の代名詞「大和魂」のタトゥーを右上腕に彫っていたが、2009年4月にそれを覆い隠すように別のタトゥーを彫った。肩には「狂」「蜂」、胸には「海」「鈴」「郁」「愛」と漢字のタトゥーを彫っている。

適性階級は60kg前後の階級でありながら、総合格闘技とK-1では本来より2階級も上の70kg級でも大活躍し、70kg級ではHERO'S世界王者に輝き、K-1 WORLD MAX世界王者魔裟斗からK-1ルールでダウンを奪うなど驚異的な実績を残した。

ミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表だった山本郁榮を父親に持ち、姉・美憂、妹・聖子は世界レスリング選手権大会を制覇している。祖父は水泳のオリンピック選手だったと自身のブログで写真付きで公開している。

姉・美憂は、1995年にJリーグ・浦和レッズ(当時)の池田伸康と結婚し現役を引退。その後、第一子となる男児を出産。1999年4月、離婚。
姉・美憂がエンセン井上と2000年に結婚、2004年に離婚している。エンセン井上は1999年3月に記者に対し傷害事件を起こし、2002年に有罪判決を受けた(懲役6か月、執行猶予2年)。2002年には元所属会社社長を恐喝・暴行し、2004年に賠償命令を受けた。その後はメジャーな格闘技興行からは遠ざかり、プロレスの試合を中心に行っている。2008年に大麻所持事件の判決公判が開かれ、懲役10か月、執行猶予3年(求刑懲役10か月)の判決が言い渡された。
2006年4月、トリノオリンピック男子アルペンスキー代表の佐々木明と結婚(3度目の結婚)。第二子となる男児を出産。2008年、第三子となる女児を出産。 2011年、佐々木明と離婚(3度目の離婚)と報道される。



2004年にモデルのMALIAと結婚し、2005年には男児、2006年には女児をもうけるも、2009年8月に離婚。子供はMALIAが引き取った。

==ドラッグ人脈説===
イッシキサエ-イシダイッセイ-ドラゴン-ふかわりょう

金子賢-モンスター-オカザー
|
広末

卍ライン-KID-美憂-エンセン

コーネリアス-LSDディーラーのY

==
赤平大 1978-

元テレビ東京アナウンサー。フリーアナウンサー、男性ナレーター。

池田努(いけだ つとむ ) 1978 石原プロモーションに所属する俳優。
ISSA 1978- DA PUMP(ダパンプ)
speedの上原多香子、伊東美咲、優香(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、藤井リナとの交際報道。
上原多香子、あびる優、柴咲コウ、宮沢りえ、伊東美咲、リア・ディゾン

ISSAは2004年に、タレントのあびる優と木舩香織との二股交際が報じられました。

女優の福本幸子と婚約を発表


井上康生 1978- 東原亜希と結婚
岩瀬敬吾 1978-

元「19」のメンバーからソロ活動

大下宗吾(おおした しゅうご ) 1978 ローカルタレント。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE。
押尾学 1978-

奥菜恵(ホモ説あるのとばかり次々と交際)と全裸でからんでいる写真がスキャンダル雑誌に流出して大騒動になった。
噂では、モーニング娘は軒並みやったとか、安倍なつみ、市井紗耶香、矢口真里、後藤真希、石川梨華、中澤裕子、飯田圭織)など。
優香(ホモ芸能人と次々と交際報道)。平山あや。グラドル長崎莉奈。伊東美咲、財前直美、菅野美穂(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、片瀬那奈、佐々木希、辺見えみり。平愛梨、佐藤江梨子(ホモ説あるのとばかり次々と交際)。安西ひろこ。安めぐみ、上原美佐、ともさかりえ、横山めぐみ、片瀬那奈。
矢田亜希子と結婚し子供をもうけるが、女性死亡事件後離婚。
女性が死んだ部屋の所有者がピーチジョン社長の野口美佳で、子ども五人生んだけどレズ説あり。


金子貴俊 1978-

2008年、元タレントの西村美保との入籍、息子が生まれた。
西村美保は過去に2004年ごろよりライブドア元社長の堀江貴文(ホモ)と交際、同棲中と伝えられ競馬場へ通う二人の姿などが写真週刊誌ほかで報道された。堀江は2006年1月8日に放送されたTBS系の番組サンデージャポンで西村との破局を公表している。堀江逮捕直後から公の場への登場は減り、以後、スポーツインストラクターとしての活動を行う。 その後、金子貴俊と結婚、出産。

岸田健作 1978-

『笑っていいとも!』の10代目「いいとも青年隊」

小泉孝太郎 1978-

俳優。元首相・小泉純一郎(ホモ)と佳代子(エスエス製薬の元会長泰道照山の孫娘) との長男、政治家・小泉進次郎の兄(ホモ)。
小島邦裕 1978- 俳優。

小林尊 1978-

早食い・大食いの選手、いわゆるプロのフードファイターで、ホットドッグやハンバーガーの早食い世界大会で何度も優勝している。
尚玄
(しょうげん
1978 男性ファッションモデル、俳優。沖縄県出身。
モデルとしては国内外で活躍中である。2011年8月よりケイダッシュに移籍。

山本梓 尚玄との交際認めた!
白石稔 1978-

声優
須藤元気 1978- 元総合格闘家・ミュージシャン・作家・タレント・俳優・世界学生レスリング日本代表監督、拓殖大学レスリング部監督。

瀬川亮 1978-
高杉瑞穂 1978-

モデル活動を経て、2000年にNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』でデビュー。
高橋努(たかはし つとむ) 1978 俳優。東京都出身。国士舘大学卒業。トライストーン・エンタテイメント所属。主宰する演劇チーム「渋谷ハチ公前」では作・演出も担当する。

武田誠司(たけだ せいじ) 1978- フジテレビジョンバラエティ制作センター吉田正樹および清水宏泰班所属のディレクター。2001年度入社。

『ホンマでっか!?TV』
為末大(ためすえ だい) 1978- 陸上競技選手、投資家。株式会社ウェッジホールディングス社外取締役。

堂珍嘉邦 1978- I

ケミストリー 結婚して子供が四人いる

徳重聡(とくしげ さとし) 1978- 2000年8月7日に『オロナミンC「1億人の心をつかむ男」新人発掘オーディション?21世紀の石原裕次郎を探せ!?』で応募総数5万2005名の中からグランプリを獲得し芸能界デビュー。数年間の基礎的レッスンを経て俳優活動を始めた。
石原慎太郎原作のテレビドラマ『弟』では、若き日の石原裕次郎を演じた。

鳥羽潤
1978-
永井大

1978- 広末涼子と交際
長瀬智也 1978-

TOKIO 浜崎あゆみと交際報道
TOKIOは創価学会説

新宿流星会若中

長瀬智也
浜崎あゆみ、土屋アンナ、リア・ディゾン、相武紗季、安田美沙子
中村俊輔 1978- サッカー選手である。ポジションはミッドフィールダー。J1、横浜F・マリノス所属。元日本代表。
2000年にJリーグMVPを日本人選手として最年少の22歳で獲得、ほかにアジアカップ2004MVP、2006-07スコティッシュ・プレミアリーグMVPなどの受賞がある。

2004年に結婚。子供もいる。同じ信者で創価学会の紹介で結婚とか。
創価学会
原田篤 1978- 2003年、『ただいま満室』での共演がきっかけでジャズ歌手で女優の秋本奈緒美と結婚。
結婚式を行っておらず、明石家さんまが「俺が結婚式やったるわ」と発言したが未だに行われていない。夫妻共々「いつになったら開いてくれるんですか?」と問いかけ続けているようだ。
夫が16歳下の年の差で話題になる。現在でも年の差夫婦として、バラエティ番組に出演している。
引地洋輔(ひきち ようすけ)

1978- RAG FAIR
平澤隆司(ひらさわ たかし 1978 美容師。セントラルジャパン所属。
青山の美容院「マックスブロンド」に勤務し、多くの芸能人やファッションモデルなどを手がけ、美容室の顧客のみならずファッション業界でも評価される。

レギュラー番組
おネエ★MANS (日本テレビ)

書籍
美髪宣言(ゴマブックス)
松本素生 1978-

GOING UNDER GROUND


==
going wonderlandの松本素生
bigenの比嘉栄昇
aids of baseのbuddha
dreams come trueの西川隆宏
サンボマスターズの山口隆
genesisのphil collins

基本的にデブ&ブサイク&ハゲなのにチームのセンター的立ち位置にいてリーダー的存在なのは間違いなくゲイである。
しかも上記の人々は、無駄にお洒落で声が甲高い、下ネタ好き、 女性嫌い、無駄に乙女、等の共通項がある。
=====
蜜谷浩弥
(みつたに ひろや
1978 フジテレビジョン編成制作局バラエティ制作センター佐々木将班所属のディレクター。
2012年、同僚の女性アナウンサー:平井理央と入籍(社内結婚)した。
村松崇継 1978-
YUKINARI

1978- 元「DA PUMP(ダパンプ) 」
元タレントの西田夏と2004年入籍、2010年離婚。
吉沢悠
1978-
吉野真治 1978-

テレビ朝日のアナウンサー。
若林正恭 1978- お笑い芸人であり、お笑いコンビオードリーのツッコミ担当(当初はボケだった)。相方は春日俊彰。ケイダッシュステージ所属。

荒井健一

1979- RAG FAIR
井川慶 1979-
石橋正高 1979- 父はの俳優、石橋正次。俳優。
2007年7月に小柳ルミ子との婚約を発表したが、「いつまでも甘えられて疲れた。」と11月に同居を解消し、婚約も解消したことを小柳が告白した。実際には、交際発覚する1ヶ月前には破局していたとのこと。

稲田直人(いなだ なおと) 1979- 東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(内野手)。


稲田直人x稲葉篤紀

稲本潤一
1979-
恵畑ゆう 1979-

2002年4月よりBSおかあさんといっしょの初代「たいそうのお兄さん」に就任して2010年3月まで8年間出演。
小笠原満男 1979-

鹿島アントラーズ所属のサッカー選手。元日本代表。ポジションはMF。2009年シーズンJリーグ最優秀選手賞受賞。

Juza《GUARANA》
ホスト名・楓十座(かえで じゅうざ)
1979年 AcQuA EP(アクア・イーピー)は、ホストクラブで働くホストで構成される日本の音楽グループである。

カリスマナンバー1ホスト。お兄系ファッション雑誌「MEN'S ROSES」でファッションモデルとしても活動した。
賀集利樹 1979-

『仮面ライダーアギト』
上地雄輔(かみじ ゆうすけ) 1979-
歌手グループ「羞恥心」<BR>
国仲涼子と交際
川島明 1979- 麒麟(きりん)は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本部(東京吉本)所属のお笑いコンビ。
ボケ、ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。2010年頃から、ピン芸人・麒麟川島としてのテレビ出演が多い。競馬ファン。デビュー当時は甲高い声だった。

「麒麟・川島明の傷心を癒しているのは男性芸能人!ゲイ疑惑浮上?」女性セブン 2012年
眞鍋かをりと破局をし、さらに眞鍋には新恋人・吉井和哉の存在が発覚しました。
ここ最近は、まるで恋人のようにいつも一緒にいるのが、かつて一緒に活躍をしたムーディ勝山(31)だ。

川畑要 1979-

ケミストリー 安西ひろこと交際したけど2007年破局報道 2008年、「This Night」のPVで共演したモデルの高橋美紀と結婚、娘をもうける。

窪塚洋介 1979-

一般人女性と結婚し子供をもうける
コタニキンヤ 1979-


小橋賢児(こはし けんじ) 1979- 「小室哲哉に捨てられた華原朋美が俳優の小橋賢児と目下熱愛・妊娠の噂」(99.01)
下鳥直之
(しもとり なおゆき)
1979- 2002年VICTIMを立ち上げる。
2008年に5月、原宿にオンリーショップVICTIM TOKYOがOPEN。
同じく11月には初のMOOK「VICTIM
5th Anniversary Book」が発売。
2012年ブランドが10周年を迎える。

安田美沙子が「VICTIM(ヴィクティム)」のデザイナー兼代表の若手実業家・下鳥直之氏と交際していた。元彼・城田優と破局後の新恋人だ。女性セブンには、下鳥氏の自宅から仕事に行く安田の画像(写真)も掲載。結婚も視野に入れたお付き合いとか。安田の趣味・マラソンも一緒にしている。

杉村太蔵(たいぞう)

1979- 前職 派遣社員(派遣先:証券会社)
衆議院議員
現職 タレント
所属政党 (自由民主党→)(たちあがれ日本→)(無所属)

配偶者 有

衆議院議員
選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 1回
任期 2005年9月12日 - 2009年7月21日

タレント、前衆議院議員(1期)。杉村太蔵事務所所属。血液型O型。テレビでは、太蔵と呼ばれることが多く、最近では「薄口政治評論家」を標榜している。

高原直泰 1979-
楽しんご(たのしんご) 1979- 吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)
デビュー当初から同性愛者(ネコ)であることを公言しており、好きなタイプは、なかやまきんに君、原口あきまさ等。好きな女優は小川真由美である。又、東幹久とサラ・ブライトマンの大ファンでもあり、両者のモノマネが得意。
田村裕 1979- よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校20期生。
1999年に川島明とともに麒麟を結成。
2007年に自身の幼少時代から相方との出会いまでを記した自伝『ホームレス中学生』を発表。本著は、200万部以上を売り上げ、その爆発的な人気から漫画、ドラマ、映画を展開し、一世を風靡した。なお、印税(約2億円])は2010年春頃に使い果たしている。なお、後に実兄が『ホームレス大学生』を発表している。
2009年から『探偵!ナイトスクープ』の探偵局員としてレギュラー出演。
2011年に、23歳の一般人女性と結婚。

ショタコン説
鶴見一沙 1979- 『トップ・ダンディ』 
2004年第1回全日本ホストグランプリ
寺西一浩(てらにし かずひろ)

1979 小説家、プロデューサー、映画監督。
3歳で、女優の山岡久乃に見初められ子役として活動。
慶應大学在学中に出版したエッセイ『ありがとう眞紀子さん』が話題となり文壇デビュー。
その後、24歳の時、業界最年少で芸能プロダクション、株式会社トラストミュージックエンタテインメント代表取締役に就任し、歌手の島倉千代子歌手生活50周年事業を成功させる。その後は、小説家、プロデューサーとして活躍。2009年、株式会社ヒューマンピクチャーズ代表取締役に就任。
2011年、「女優」が映画化されるにあたり、自身が監督としてデビューすることが発表され、アジアの大手ポータルサイトで大々的に取り上げられた。

堂本光一 1979- KINKI KIDS
宮前真樹と交際
堂本剛 1979- KINKI KIDS 
山口紗弥加 菊池亜希子 高垣麗子 若槻千夏

「98/12 ジャニー喜多川の最愛の稚児はキンキキッズの堂本剛で半同棲状態の噂」『噂の真相』
「02/12 やたらと共演の多いキンキキッズ堂本剛とココリコ田中にホモ交友説が」『噂の真相』

「ヤクザの息子」説

中田浩二 1979-

サッカー選手。鹿島アントラーズ所属。
加藤あいと交際報道。

02・9人気女優米倉涼子とW杯でも活躍の中田浩二との関係が復活との情報が


西川晃啓 1979- お笑い芸人。お笑いコンビ、レギュラーの角刈り頭で気絶ネタを行う方。相方は松本康太。
吉本興業所属。

2007年に松本康太の未成年淫行疑惑以降、仕事が激減。2009年にはエアコン取り付けのアルバイトを行うほど生活に貧窮している、と東野幸治が暴露した。

仲のよいお笑い芸人
アンガールズ
川島明(麒麟)
後藤輝基(フットボールアワー)
安田大サーカス
徳井義実(チュートリアル)
井上裕介(NON STYLE)

花柳輔蔵 1979-

日本舞踊家。花柳廸彦太と組んでユニット「我風」を結成する。
馬場裕之(ばば ひろゆき) 1979- お笑いトリオ、ロバートでボケを担当。吉本興業所属。

播戸竜二(ばんど りゅうじ) 1979-

プロサッカー選手。ポジションはフォワード。元日本代表。
1998年 - 2002年 ガンバ大阪
2000年 - 2001年 コンサドーレ札幌 (期限付き移籍)
2002年 ヴィッセル神戸 (期限付き移籍)
2003年 - 2005年 ヴィッセル神戸
2006年 - 2009年 ガンバ大阪
2010年 - セレッソ大阪
降谷建志 1979- Dragon Ashのボーカル MEGUMIと結婚して子供がいる
魔裟斗

1979- タレントの矢沢心と結婚
三宅健 1979- V6
安室奈美恵
大屋夏南
石川梨華

在日
本山雅志 1979-
森田剛


1979- V6
上戸彩(創価)と交際
武藤貴也
むとう たかや
1979 政治家。元自由民主党所属の衆議院議員(2期)。 

週刊文春2015年9月3日号は、「武藤貴也議員は議員宿舎で僕を奴隷にした」とのタイトルの記事で19歳の少年の告白を掲載。少年は「彼(武藤氏)は僕をお金で買った」として基本的に1回2万円で性行為に応じたと述べ、会ったのは約20回に及び、赤坂の議員宿舎にも呼ばれたこともあると記している。
   
陽生(ようせい) 1979- ファッションモデル。ファッション雑誌『MEN'S KNUCKLE(メンズナックル)』などでモデルとして活動している。

2004年、『MEN'S KNUCKLE』のモデルとして活動を開始。11月号のVOL.3で初めて表紙を飾る。
2005年に行われた第2回全日本ホストグランプリという大会でチャンピオンとなる。
2006年9月、自らのプロデュースによるシルバーネイルチップブランド『Buenas Noches』を発足。ストレスによる胃潰瘍、十二指腸潰瘍で入院。一時休業する。
2007年、『MEN'S KNUCKLE』3月号にて連載『月刊 陽生-Monthly YOUSEI-』がスタートする。なお8月号の『月刊 陽生』では女性ファッション雑誌『小悪魔ageha』の看板モデル、桃華絵里をゲストに迎え対談している。
2007年2月、『BuenasNoches』のデザインプロデュースを開始。また同年11月には、R's GROUPの3号店『Diamond Romance』の代表取締役に就任。
2009年4月1日、青山に自らがプロデュースした美容室「fluent(フルーエント)」をオープンさせる。



朝青龍明徳 1980- モンゴル国出身の元大相撲力士、第68代横綱。本名は、ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ。2003年、モンゴル人女性と結婚し、またこの年、長女が誕生した。

中孝介(あたり こうすけ) 1980-


ATSUSHI
佐藤篤志
1980-
EXILEのボーカル。元・COLORのボーカル兼プロデューサー。

新垣渚(あらかき なぎさ) 1980- 福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。「渚」の字は正字体(?、「日」の右上に点がつく)が正しい。
渾名・キャッチフレーズは「なんくる渚」。「なんくる」とは出身地である沖縄の方言で「自然に」という意味で、慣用句である「なんくるないさ」に掛けたもの([1])。

読売ジャイアンツ所属の杉内俊哉とは、両者の夫人同士が姉妹のため義兄弟の間柄である。

2006年、一部ネット掲示板およびマスコミの報道で押切もえとの交際が囁かれた。しかし同年9月イベントの席上で、押切が交際を完全否定する発言をした。なお、同郷である沖縄アクターズスクール出身の女性芸能人と年来の交友があることは認めており、SPEEDのメンバー島袋寛子とは幼馴染。

和田毅x新垣渚

沖縄出身。
父方の祖父がアメリカ出身のため、本人はクォーターである。
石川伸一郎 1980- 昼ドラで共演した安達祐実との熱愛の噂はガセっぽい
ISEKI 1980-

キマグレン ギター弾いているヒゲのほう

井村勝

1980- 吉本興業所属のお笑い芸人、俳優。

大西宏明


1980- 横浜ベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。
岡田准一 1980-

V6
優香(ホモ説あるのとばかり次々と交際)、蒼井優と交際報道。

長谷川京子、優香、蒼井優、真木よう子



及川光博とV6岡田
上重 聡(かみしげ さとし 1980 日本テレビアナウンサー。

川原克己 1980-
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属のお笑いコンビ「天竺鼠(てんじくねずみ)
ピンでは革ジャンにパッチで頭に茄子のかぶりものをするキャラでネタをすることが多い。口癖は「もっふんにょ」。時々、玉ねぎ、ズッキーニのかぶりものもかぶる。
黄川田将也
1980-
炭谷宗佑 1980-

日本テレビの元アナウンサー。日本テレビ総務局総務部所属。

KUREI 1980-

キマグレン


小島よしお

1980- おっぱっぴー
佐藤 隆太(さとう りゅうた)

俳優、タレント。所属事務所はケイファクトリー。
既婚者、一児の父。
俳優の塚本高史と仲が良く、同居していた時期もある。
清木場俊介(しきば しゅんすけ) 1980-
鈴木桂治
1980-
竹財輝之助(たけざい てるのすけ) 1980-
多田野数人 1980- 『週刊新潮』2002.11.14「スポーツ 「ホモ選手」はなぜプロ野球で嫌われるか ※ホモビデオに出演していた東京6大学野球部エース」<BR>『アサヒ芸能』2002.11.14「「ホモ疑惑」6大学エース裏の出演料「1本5万円、後輩2人の体を弄んだ」 ※ホモAVに出演していたドラフト候補」
『週刊現代』2002.11.19「スクープ 前代未聞のスキャンダル「今秋ドラフト1位」あの大学エースが「ホモビデオ」に出演 合宿所では後輩を襲った」
『プレイボーイ』2002.11.19「ドラ1候補を急遽指名断念!ふざけんな、横浜ベイスターズ。ホモビデオ出演のどこが悪いッ!」
『週刊現代』2002.11.23「どうなっているのか幻の「ドラフト1位」に続き、水泳部も 名門大学「体育会部員」が続々ホモビデオに出演中」
『』2002.11.28「ワイド特集 理由なき犯行 六大学エース ホモ投手に野村監督が手を出した! ※東京六大学名門校エースの醜聞」
『創』2003.02「ゲイ差別報道の週刊誌が揚げた“正義”『週刊現代』報道は“魔女狩り”か ※六大学野球選手がホモビデオ出演」
『週刊現代』2004.02.14「メジャー目前にして元立大エースがホモビデオ出演を懺悔した理由 多田野数人投手」
『FLASH』2004.04.27「話題人間たちの私生活を直撃! ドラフト投手のホモビデオ出演 多田野数人を米フロリダで直撃 “メジャー”の報道にゲイ社会が熱視線!」
『スポルティーバ』2004.05「MLB多事論争 23回 ベースボールとセクシャリティ ※ホモ・ポルノフィルムに出演していたタダノのインディアンズ入団、アメリカ・スポーツ界の同性愛問題」
玉木宏 1980-

2003年に深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)との交際。
2004年デヴューしたての加藤ローサ(創価、イタリアと日本のハーフ、2006年に所属事務所をソニー・ミュージックアーティスツから研音へ移籍。2007年にKAT―TUNのメンバーだった赤西仁(ジャニーズ)。2009年にお笑い芸人の今田耕司(吉本興業)。横浜マリノス所属のJリーガー。再び2010年に玉木と関係が復活。そして2011年にサッカー日本代表の松井大輔とできちゃった婚)
島谷ひとみ、
上野樹里と交際したけど別れた。
玉田圭司  1980-

サッカー選手。ポジションはFW。Jリーグの名古屋グランパスエイト所属。マネジメント事務所はレプロエンタテイメント。
鈴木隆行
2009年、一般女性と入籍したことを明らかにした。
玉山鉄二 1980-

シンガーソングライター。元EXILEのボーカルSHUN( - 2006年3月29日)。所属レーベルはSPEEDSTAR RECORDS。
「お父さんが韓国人」と明らかにした。
田村隆平(たむら りゅうへい) 1980 漫画家。『週刊少年ジャンプ』2009年13号より『べるぜバブ』を連載中。初連載。
妻夫木聡 1980- 優香(ホモたちと次々交際報道)との交際報道。
中田ヤスタカ 1980- 男性音楽プロデューサー、作曲家、DJ。

中村天平 1980- 作曲家兼ピアニスト
本名ならびに旧芸名は
中山功太
(なかやま こうた)
コウタ・シャイニング
1980 ピン芸人。
大阪府出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属。大阪NSC22期生。
2008年4月6日の「ガンガンライブFINAL」を最後にbaseよしもとを卒業。
キャッチフレーズは「あるあるブルジョアジー」。
2009年R-1ぐらんぷり優勝者。

西野亮廣(あきひろ) 1980- 漫才コンビキングコングのツッコミ、ネタ作り担当。相方は梶原雄太。吉本興業所属。

2011年、シンガーソングライターの植村花菜との仲を報道され、同月18日、自身のライブイベントにおいて交際を認めた。しかし2012年4月に破局。

長谷川穂積 1980-

真正ボクシングジム所属。元WBC世界バンタム級王者。2005年、WBC世界バンタム級王座を14度防衛中だったウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)を破って王座奪取。以来、5年間・10度の王座防衛を果たした。また、4度の年間MVPを受賞しており、「日本プロボクシング界のエース」「PRIDE OF JAPAN」「バンタム級絶対王者」と称されている。
17歳の頃に知り合った夫人と2002年に結婚。
長谷川の大ファンであると公言するタレントの島田紳助とは家族ぐるみで交流している。
内田水(うちだ いづみ)
普天王水(ふてんおう いづみ)
1980- 出羽海部屋所属の元大相撲力士。現在は年寄稲川。愛称はウッチー。身長181cm、体重151kg。得意技は左四つ、寄り。最高位は西小結(2005年9月場所)。ブログ力士の先駆け的存在。普天王の四股名は、世の中の全てのことを意味する「普天」と「牛頭天王」に因んで父親に名づけられた。

古木克明 1980-

元プロ野球選手(外野手、内野手)、元総合格闘家。
妻はモデルの池端忍。
前山田健一(まえやまだ けんいち)
ヒャダイン
1980- ミュージシャン、作詞家、作曲家、編曲家。歌手やタレントとして活動する際はヒャダイン名義を用いている。
ファイブエイス所属(業務提携先はスターダストプロモーション)

曲の提供
ももいろクローバー・ももいろクローバーZ
AKB48
アニメソング
創価?
松坂大輔 1980- 弟・松坂恭平は愛媛マンダリンパイレーツに所属していた元野球選手。
堤義明のお気に入り。
妻は元日本テレビアナウンサーの柴田倫世。夫婦の間には2005年12月に誕生した長女と、2008年3月に誕生した長男、2010年3月に誕生した次女がいる。
望月浩平 1980-

元日本テレビアナウンサー。現在は日本テレビ編成局スポーツセンター所属。
村田修一 1980- 読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(内野手)。

村田修一と吉村裕基
矢内雄一郎

1980- テレビ東京アナウンサー。
青井実 1981-

NHKアナウンサー。丸井創業者青井忠治の孫。
USJで熊田曜子とのデートを撮られたこともある。フジテレビ系「ニュースJAPAN」のキャスターを務める秋元優里アナウンサーとの交際報道。


イチロー 1981- 『アクア』ホスト アクアepの一員としてCDデヴュー。
「芳晶せいじの愛人」説。
今井翼 1981-
大口兼悟 1981-
忍成修吾
おしなり しゅうご
1981-



高校時代から雑誌「東京ストリートニュース」や「ポップティーン」の読者モデルとして人気を博し、芸能界入り。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。

要潤  1981-

2001年、『仮面ライダーアギト』の仮面ライダーG3 / 氷川誠役でデビューし、共演の賀集利樹や、同時期の特撮番組に出演していたオダギリジョー・永井大・金子昇・玉山鉄二らと共に「イケメンヒーロー」ブームを牽引する。ドラマ、映画、CM、バラエティなど多方面でマルチな活躍を見せている。
2007年に釈由美子(ホモばかりと交際報道)と交際報道。


川口徹道 1981- フクロトジは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー・東京本部に所属するお笑いコンビである。2006年6月に「ともぐい」から改名。

かつては「てっちゃん」名義での活動もあった。
「ヤンチャリカン」というコンビで活動していた。以前は「かじきマグロ」という芸名だった。
彦摩呂のモノマネが得意。東京NSC7期生。
平成ノブシコブシ吉村崇と、5GAP久保田賢治と一緒に住んでいたことがある。
全く彼女が出来なく、あるときニューハーフにドキドキしてしまったため、「自分はゲイではないか?」と思い、同居人の吉村のシャワーをのぞいたことがある。しかしドキドキもしなかったので「自分はゲイではない」と思ったが吉村に見つかってしまい、それから吉村にゲイだといじられつづけている。
川崎宗則 1981-

福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手)。
2004年1月より福岡市のCROSS FMでナビゲーターを務め、『川崎宗則の今日もヨロシコ』を毎年1月から3月の期間限定で放送している。近況報告や裏話、ファンからの質問が中心で人気企画となっている。CM出演多数。オフィシャルBOOKも出版。
熊田曜子と交際報道。


小泉進次郎 1981- 父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。曾祖父・又次郎、祖父・純也、父・純一郎と4代続く世襲政治家。 帰化人
斎藤工 1981-

高校生の頃から雑誌『MEN'S NON-NO』や『POPEYE』などで「TAKUMI」の名前でモデルとして活動。雑誌のほかにもショーなどで活躍し、パリ・コレクションに出演したことがある。 俳優にも挑戦。
2006年に奥菜恵(ホモ説あるのとばかり次々と交際)との交際報道
載寧龍二(さいねい りゅうじ) 1981- ドラマ『ごくせん』の生徒、仙石龍二役を経て、2004年に『特捜戦隊デカレンジャー』の主役、赤座伴番/デカレッド役でブレイク。
深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)と交際報道。
ジェロ

1981- 黒人演歌歌手
杉浦太陽 1981-

2001年 - 毎日放送系ドラマ『ウルトラマンコスモス』で主演。 2002年、暴行事件。
2007年、元「もーにんぐ娘。」の辻希美と結婚し一女をもうける。
田中 マルクス闘莉王(トゥーリオ) 1981- ブラジルのサンパウロ州出身。Jリーグの名古屋グランパスエイト所属。主なポジションはディフェンダー(センターバック)。
日系人の父親と、イタリア系ブラジル人の母親を持ち、2003年に日本国籍を取得。旧名はマルクス・トゥーリオ・リュージ・ムルザニ・タナカ(Marcus Tulio Lyuji Murzani Tanaka)。
プロサッカー選手。「サムライ闘莉王」の愛称で親しまれているほか、「闘将」の異名を持つ。

ブラジルのサンパウロ州出身。Jリーグの名古屋グランパスエイト所属。主なポジションはディフェンダー(センターバック)。
日系人の父親と、イタリア系ブラジル人の母親を持ち、2003年に日本国籍を取得。旧名はマルクス・トゥーリオ・リュージ・ムルザニ・タナカ(Marcus Tulio Lyuji Murzani Tanaka)。
田淵裕章 1981-

田淵幸一とジャネット八田との間の子供。フジテレビアナウンサー。体調不良により休業中だったが、2010年5月より番組に復帰している。
實松一成 1981-
チャンカワイ 1981- Wエンジン(だぶるエンジン)はワタナベエンターテインメントに所属するお笑いコンビである。2000年結成。2008年2月10日に「宴人」から現在のコンビ名に改名。

2010年5月にアジアンの馬場園梓との交際が発覚。チャンの事が好きだった馬場園から告白を受けたという。馬場園によるとチャンはエッチの途中で寝てしまうとの事。
2010年12月放送のロンドンハーツでは付き合いたい女芸人グランプリでチャンカワイは恋人の馬場園梓を指名していた。本人曰く「他の女性を考えたが浮かんでこなかった」といっている。
冨澤昌宏
とみざわまさひろ
1981- 2009 経歴 株式会社メガネトップ 代表取締役社長 就任 (2009年06月)
2007 経歴 株式会社メガネトップ 常務取締役 就任 (2007年06月)
2006 経歴 株式会社フィットミー 代表取締役社長 就任 (2006年04月)
2005 経歴 株式会社メガネトップ 入社 (2005年01月)

野久保直樹 1981- タレント、俳優、歌手。
愛称は「ノク兄」、「野久保っち」、「ノッキー」、「ノック」、「恥ぃ坊」(羞恥心の「恥」より)。

2006年、フジテレビ系列のクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』に初出演。2007年夏頃から常連出演者となり「おバカタレント」としてブレイク。そして2008年4月には、同番組に出演するいわゆる「おバカタレント」つるの剛士、上地雄輔とともに『羞恥心』という音楽ユニットを結成し、歌手デビューも果たした。

俳優の高橋光臣や向井理などが、野久保を親友であると公言したことがある。

向井理と野久保直樹は同性愛関係説。
村上純
(むらかみ じゅん)
1981- お笑い芸人であり、お笑いコンビ「しずる」のボケ担当(相方は池田一真)。立ち位置は向かって右。愛称は村ちゃん、村純、など。
吉本興業所属。東京NSC9期生。

優木まおみ
森本稀哲
(もりもと ひちょり)
1981- 横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。

2012年、モデルの悠美との入籍を発表した。

横粂勝仁 1981-
松井大輔 1981-
サッカー選手。フランス2部のグルノーブル・フット38所属。ポジションはMF。2003年から日本代表に選出されている。

2003年に4歳上の客室乗務員と結婚したが2009年に離婚(「いつのまにか」と評される位に周囲は気づかなかったという)。
2010年FIFA南アフリカW杯日本代表解散後「現在、婚活中です」とテレビで明かし、2011年6月に加藤ローサと再婚(できちゃった結婚。加藤は初婚)。
松井は再婚、加藤は初婚。加藤はイタリア人の父と日本人の母との間のハーフ。2006年、所属事務所をソニー・ミュージックアーティスツから研音へ移籍。
過去に噂されたのが、玉木宏、KAT―TUNのメンバーだった赤西仁、お笑い芸人の今田耕司。横浜マリノス所属のJリーガー。再び玉木と関係が復活。そして出会ったのがフランスで活躍する松井である。

元韓国代表の朴智星(京都パープルサンガ時代の同僚)とは、今でも日本語でお互いによく電話、メールをしている仲。
JRA騎手の高田潤と仲が良く、シーズンオフ等で松井が日本に戻っている際には必ず一緒に食事に行くという。状況によってはそこに朴智星が合流することもある。
私生活では、タッキー&翼の今井翼と仲が良く、その縁で2005年9月号のアイドル雑誌『Myojo』に今井翼と共に登場し、女子中高生からも人気を集める。また、2010年6月11日放送のミュージックステーションで、試合前に聞く「勝ち歌」に今井翼のソロ曲「BACKBORN」と答えている。今井はワールドカップ南アフリカ大会期間中には松井の日本代表ユニホーム型キーホルダーを愛用して応援していた。
Dragon Ashとも親交がある。
同級生にモデルの畑田亜希(松浦亜希)も同学年であり仲のいい友達であった。現在も親交が深い友達として畑田亜希オフィシャルブログ「実は。。。」にて松井が紹介されている。

美月凛音
(みづき りおん)
1981- プロレスラー。DDTプロレスリング所属。
新宿歌舞伎町のホストクラブRomanceでホストとしても働いている。

2007年、RING7にてプロレスデビュー。
2009年は主にDDTとKAIENTAI-DOJO、アキバプロレスに参戦。
2010年の契約更改にて、条件付きではあるが正式にDDT所属となった。得意技は美月サルトプレス(ムーンサルトプレス)。得意なスポーツは空手、野球。
明治大学卒業後、舞台等に出演し俳優として活動していた。特撮ヒーロー番組のファンであった為、ヒーローになるべくレスラーを目指すが俳優兼レスラーではキャラクターが弱いと感じ、丁度スカウトされたホストとなりホストというキャラクターを得た。
新宿歌舞伎町のホストクラブDiamond Romanceで主任を務め、3年連続年間No.1ホストとなる。
その為デビュー戦のRING7、2007年9月23日DDT『Who's Gonna Top? 2007』に参戦した際にはホストキャラを活かしたシャンパンタワーのパフォーマンスを行った。
また、宅地建物取引主任者試験に合格しており、家業である不動産業のサポートも行っている。
特撮ファンである関係で鈴木美潮が主宰するイベントに参加しTシャツの販売等行うこともある。
一星名義で歌手活動もしており、CDも出している。

横山裕

1981- 関ジャニ
和田毅 1981-

仲根かすみと結婚し子供をもうける。

和田毅x多田野数人
和田毅x新垣渚


相葉雅紀(あいば まさき) 1982- ジャニーズ事務所のアイドルグループ嵐のメンバー。

水川あさみ、山野ゆり
モーニング娘。保田圭と交際報道。
青木宣親 1982-

プロ野球選手(外野手)。
2009年、テレビ東京のアナウンサー・大竹佐知と入籍。2011年、長女をもうける。
石垣佑磨


1982-
ホリプロ「21世紀ムービースターオーディション」で準グランプリを受賞 弟はジャニーズJr.の石垣大祐
一条蘭
1982-
『AIR』
2006年第3回全日本ホストグランプリ

AIR GROUPは、新宿二丁目のゲイの売り専『エッジ』つながり
岩崎慧(いわさき けい) 1982 セカイイチは日本の4人組バンドである。 2001年結成。2005年TOY'S FACTORYよりメジャーデビュー。 2010年tearbridge recordsに移籍。
ボーカル/ギター
内田朝陽


1982
2005年に深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)との交際報道 
瑛太

1982- 綾瀬はるか、永作博美、木村カエラと交際 在日
大久保嘉人 1982- Jリーグ・ヴィッセル神戸所属のプロサッカー選手。
既婚で息子が二人いる。トークショーで「奥さんはどんな人ですか?」と聞かれた際は「怖いです」と答えており恐妻家の一面がある。


小栗旬(おぐり しゅん) 1982-


山田優と交際報道
黒川芽以、矢口真里、徳沢直子、田中美保、山田優
創価学会
北島康介 1982- 元AV女優の萩原舞との交際、モデルの落合砂央里と交際報道が報道されたが破局
清貴 1982-
工藤蓮(くどう れん) 1982- 実業家、ホスト、ファッションモデル、DJ。ホストクラブやバー、雀荘などを経営する一方で、「MEN'S KNUCKLE」、「HOST KNUCKLE」、「Men's SPIDER」などのストリートファッション誌でモデルとしても活動している。

2002年7月、アルバイトとしてホストクラブ『CLUB NOAH』に入店。
2005年3月、大学を卒業し、『CLUB NOAH』に就職。
2006年3月、社長へと出世し、ホストクラブ『CLUB Ren』がオープン。
2009年、自らが経営する雀荘『セブン』がオープン。
倉田大誠 1982-
小谷嘉一 1982-

第12回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でベスト6 『仮面ライダーアギト』
櫻井翔 1982-

嵐の櫻井翔と吹石一恵(レズ説)とは交流があり、『よい子の味方?新米保育士物語?』、『山田太郎ものがたり』、『神戸新聞の7日間』などドラマでの共演が多い。

安倍なつみ、藤本美貴、加藤あい、小林麻央
ザ・たっち たくや
ザ・たっち かずや
1982-

一卵性双生児の兄弟によるお笑いコンビ。所属事務所はホリプロコム。
瀬戸洋祐 1982- よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)大阪本部に所属するお笑いコンビ「スマイル」

滝沢秀明

1982- 1999年 ジャニーズJr.時代に深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)との交際が報じられる。
創価
塚本高史
1982-
椿隆之 

1982- 『仮面ライダー剣』

徳山秀典(とくやまひでのり)


1982-
俳優、歌手。
株式会社GORDIE ENTERTAINMENT所属(K-pointと業務提携)。
中川晃教 1982-
仁科克己 1982-

松方弘樹と仁科亜季子の息子。

新宿2丁目の高級ゲイバー「サテリコン」を拠点として、まずは「サテリコン」店長と援助交際。それから千葉県八千代市長・大沢一治など数々の大物と援助交際。その後、大沢一治汚職で逮捕、「サテリコン」店長が飛び降り死は自殺として処理など不幸続きであった。
松方弘樹と仁科亜季子の息子・仁科克己(まさき)が新宿2丁目の高級ゲイバー「サテリコン」を拠点として、まずは「サテリコン」店長と援助交際、それから千葉県八千代市長・大沢一治など数々の大物と援助交際。その他、伊藤英明、加藤晴彦、永井大など。後に千葉県八千代市長・大沢一治は汚職で逮捕。「サテリコン」店長謎の飛び降り死は自殺として処理。

『週刊新潮』2002.12.12「新宿2丁目の常連だった汚職「八千代市長」」 
※千葉県八千代市の市長が清掃センターの管理業務を巡る汚職事件で逮捕された。
『週刊新潮』2003.02.27「八千代市前市長が常連ゲイバー「ママ」の自殺」 
※汚職で逮捕された八千代市前市長行きつけの新宿2丁目の『サテリコン』のママ
『週刊新潮』2004.02.19「ゲイのメッカ・新宿2丁目で「男と援助交際」していた「松方弘樹の長男」」
※仁科克基(まさき) 新宿2丁目の高級ゲイバー「サテリコン」を拠点として、まずは「サテリコン」店長と援助交際、それから千葉県八千代市長・大沢一治など数々の大物と援助交際
『噂の真相』2004.04「松方弘樹の息子がスッ破抜かれた新宿二丁目ウリセンバーの芸能人
※仁科克基(まさき)が、新宿2丁目の高級ゲイバー「サテリコン」を拠点として、「サテリコン」店長から、数々の大物へと援助交際(千葉県八千代市長・大沢一治などなど) ウリセンバーで働いていた芸能人と仲介者の塩谷将吾、他」
『週刊朝日』2004.10.22「梨本勝@芸能界 いやぁ、おもしろいですね、新宿2丁目はニュースの宝庫です 
※グランドキャピタルと、千葉県八千代市前市長収賄事件(2002年)を結ぶ俳優ほか」

2003年、こずえ鈴との交際報道。

暴力団姉ヶ崎連合会組員と親交がある

成宮寛貴
1982-
藤原竜也
1982-



向井理 1982-

堀北真希と交際
向井理と野久保直樹は同性愛関係説。
渡辺大輔 1982-

『ウルトラマンメビウス』GUYS イカルガ・ジョージ隊員役  ミュージカル テニスの王子様 - 4代目 手塚国光役
伊藤淳史(いとう あつし) 1983- クォータートーン所属。同じく俳優の故・伊藤隆大は弟。
元々、子役として数多くのテレビ番組に出演していたが、フジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』の中の1コーナー、「仮面ノリダー」のチビノリダー役で知名度を上げ、2000年秋から放送された大塚製薬の健康食品「カロリーメイト」のテレビコマーシャルのワカゾー役で人気を決定的なものにする。
1997年、映画『鉄塔 武蔵野線』で映画初主演を果たすと、2000年公開の映画『独立少年合唱団』では、ベルリン国際映画祭の「アルフレート・バウアー賞」を受賞。2001年、NHKで放送されたテレビドラマ『僕はあした十八になる』で第28回放送文化基金の金賞および男優演技賞をはじめ多数の演技賞を受賞。
2005年には、原作本が空前のヒットを記録したフジテレビドラマ『電車男』の主演で大きな話題を呼んだほか、NHK大河ドラマ『義経』にも出演。両者で実弟の伊藤隆大との共演を果たした。2006年には、フジテレビドラマ『西遊記』に出演、連続ドラマ単独初主演は2008年『チーム・バチスタの栄光』。以後田口・白鳥(チームバチスタ)シリーズのテレビドラマでは必ず主演(田口役)を担当している
2010年5月1日、一般女性と結婚した。
上田竜也(うえだ たつや) 1983- ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーである。

笠原秀幸 1983- 俳優。所属事務所はトライストーン・エンタテイメント。
1995年NHK日中共同制作ドラマ『大地の子』の主人公、陸一心(上川隆也)の少年時代役でデビュー。2010年に嵐の松本潤主演のフジテレビ系月9ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』や同じ事務所に所属する小栗旬主演のTBS系日曜劇場『獣医ドリトル』などに出演し、注目される。


女優・桐谷美玲に熱愛発覚!お相手は7歳年上の俳優・笠原秀幸…しかしネットでは「ドラマの番宣」「お好きにどうぞ」と反応が冷たすぎる件 2011年
スウィートパワー事務所所属は、レズ人脈説。
河合龍之介
1983-
川島永嗣(かわしま えいじ)

1983- 内田篤人は彼氏がいたよ。川島永嗣や吉田麻也ともやってるみたいだし。


内田篤人x川島永嗣
篠山輝信 1983-
父親が写真家の篠山紀信、母親は1971年に歌手デビューし、日本の女性アイドルの原点であると語られる機会もある、シンシアこと南沙織である。


南海キャンディーズの山崎静代(30)と写真家篠山紀信氏の次男で俳優の篠山輝信(25)の“休日デート”を2009年8月4日発売の「女性自身」が報じた。
渋江譲二 1983- 中川翔子
末高斗夢 (すえたか とむ)

1983- 無名のお笑い芸人。所属事務所はホリプロコム。
モーニング娘。の吉澤ひとみとの交際報道。
寺田真二郎
1983- 2007年、おちまさとと雑誌『女性自身』の共同企画『裸男(ラマン)』に出演。2008年1月、『裸男』で100人の中から第一回ベスト裸男に選ばれ、3月スタートの『裸男セカンドシーズン』では、ベスト裸男の5人で『裸MENS(ラメンズ)』を結成。料理研究家。
NAOTO 1983-

オレンジレンジ


中田敦彦 1983- お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。

2011年から、お天気キャスターとして知られるタレントの福田萌と交際している。

『新世紀エヴァンゲリオン』の大ファンで、初恋の相手は綾波レイであり、自分の女性の好みを統合するとレイになるというほど現在でも理想の女性であると公言している。綾波レイ役の声優林原めぐみとの対談が実現した。

L'Arc〜en〜Cielのファン。

中丸雄一(なかまる ゆういち) 1983- ジャニーズ事務所の男性アイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーである。愛称は、ゆっち。
中丸雄一:優香、伊藤彩華

中村剛也(なかむら たけや) 1983- 埼玉西武ライオンズ所属のプロ野球選手(内野手)。
愛称は「おかわり君」。
妻は元タレントの村上麻里恵。






二宮和也 1983-

二宮和也:後藤真希、椎名法子、黒木メイサ、長澤まさみ、

2011年、「日刊スポーツ」でジャニーズ事務所の嵐・二宮和也とトップコート所属の佐々木希の真剣交際が報じられた。
HIROKI 1983-

オレンジレンジ ヴォーカルの一人 2010年に一般女性と入籍したことを発表。
藤澤ノリマサ 1983- 歌手。所属事務所はスマイルカンパニー。レコード会社はドリーミュージック。

藤森慎吾 1983-

お笑いコンビ・オリエンタルラジオ(吉本興業所属)のツッコミ。キャッチコピーは「関東一の媚売り眼鏡」
上野樹里と交際報道。

TBS・田中みな実アナに二股疑惑!『サンデージャポン』のADだけでなく藤森慎吾とも熱愛か 2012年

オリラジ藤森慎吾、新恋人のモデル・永井麻央とハワイ旅行 2012年
松本潤 1983-

ジャニーズ事務所 「嵐」松本潤

仲間由紀恵、堀北真希と交際
鈴木えみ、石川梨華、蛯原友里、北川景子、相武紗季、榮倉奈々

山田孝之 1983-
俳優。スターダストプロモーション所属。
『ウォーターボーイズ』『FIREBOYS め組の大吾』『世界の中心で、愛をさけぶ』『H2〜君といた日々〜』などのテレビドラマにおける主演から一躍有名となってのち、テレビドラマのみならず『ドラゴンヘッド』や『電車男』など映画における活動からもその名を広く知られてきた。

2006年、スポニチ(2月15日)の報道にて、女優でモデルのChihoとの間に生後4か月の子どもがいることが発覚した。その後、山田本人が公式サイトにて、「女性とは2年前から交際していた。妊娠を知り、結婚、出産について話し合いを重ねたが自分が父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、どうしても自分自身の中で折り合いがつかなかった」とし、結婚せずに山田が子どもの養育費・生活費を支払うことで相手側家族とも合意したと発表した(日刊スポーツ 2006年2月16日・公式サイト)。

2012年1月1日、かねてより交際が報道されていた7歳年上の一般女性と約2年の交際の末、元日午前に都内区役所に婚姻届を提出したことが発表された。

山口翔悟 1983- 俳優。所属事務所はサンミュージックブレーン。

屋良朝幸 (やら ともゆき) 1983-

俳優、タレント、ダンサー、振付師である。愛称は屋良っち。
ジャニーズ事務所所属。
良知真次(らち しんじ) 1983-

俳優、タレント。東宝芸能所属。

1998年4月、15歳でジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.として活動を始め、1999年夏に大野智(現・嵐)や原知宏、町田慎吾らとMusical Academyを結成し初代メンバーとなる。
2001年にジャニーズ事務所退所後、2004年に劇団四季に移籍し、舞台などで活躍。2007年頃に東宝芸能へ移籍する。

2011年3月PaniCrewの植木豪と新ユニット『AUTRIBE』結成。




IVAN(アイヴァン)
本名、Liera Manuel Ivan(リエラ マヌエル アイヴァン)
1984- 日本のファッションモデル、ミュージシャン。
奈良県出身。
1998年に沖縄アクターズスクール東京地区第1期生に選ばれ約1年間、歌やダンスのレッスンを受ける。
その後渡米しカリフォルニア州の高校に進学。卒業後帰国し、モデル活動を始める。2004年にはパリコレのモデルに選ばれ世界のトップモデルとしても活躍。2007年からPENICILLINのヴォーカリストであるHAKUEIの全面プロデュースによる音楽活動も始める。


国籍はメキシコ。
赤西仁 1984-


ジャニーズ事務所
KAT-TUN 

ジャニーズ事務所「KAT-TUN」赤西仁
酒井彩名、藤本美貴、上原多香子、徳永千奈美、Rina、加藤ローサ、香椎由宇

ジャニーズ事務所「KAT-TUN」赤西仁
酒井彩名、藤本美貴、上原多香子、徳永千奈美、
2005年、上原多香子(26)
2006年、RINA(29)
2007年、加藤ローサ(24)  城田優
2007年、香椎由宇(22)  オダギリ・ジョー
2008年、西山茉希(23)
2008年、金髪美女と食事デート、
2008年3月には城田優を交えて美女二人とレストランへ
クリスタルケイ、安良城紅
2010年、韓国人歌手のBoA
在日
生田斗真 1984-

ジャニーズJR 堀北真希と交際 
創価学会
池田一真(いけだ かずま) 1984- お笑いコンビしずるのツッコミである(相方は村上純)。立ち位置は、向かって左。
吉本興業所属。東京NSC9期生で、9期生内での愛称は池ちゃん。


伊崎央登(いざき ひさと)
1984-
第13回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞。
FLAME(フレイム)は、日本の男性アイドルで、4人組のダンスボーカルユニット。ヴィジョンファクトリー所属。レコード会社ポニーキャニオン所属。
伊崎右典と伊崎央登とは双子の兄弟。
伊崎右典(いざき ゆうすけ) 1984- 第13回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。
FLAME(フレイム)は、日本の男性アイドルで、4人組のダンスボーカルユニット。ヴィジョンファクトリー所属。レコード会社ポニーキャニオン所属。
伊崎右典と伊崎央登とは双子の兄弟。
鎌苅健太
(かまかり けんた)

1984 俳優、声優、歌手、タレント。Top Flight所属。本名、同じ。愛称はケンケン、エロ一休、金髪猿。ココア男。のメンバーとして活動していた(2012年3月末解散)。
菊地友弘(きくち ともひろ) 北海道テレビ放送(HTB)のアナウンサー。2009年入社。
小出恵介
1984-
琴奨菊 和弘(ことしょうぎく かずひろ 1984 佐渡ヶ嶽部屋所属の現役大相撲力士。
身長180cm、体重177kg。
得意手は左四つ、がぶり寄り。
最高位は西大関(2012年1月場所)。
愛称はキク。

小山慶一郎

1984- NEWS
サエコ、長谷部優
TAKAHIRO
1984-

EXILE 長谷川京子と交際報道
千葉涼平 1984-

w-inds. 
平愛梨と交際報道
鄭大世(チョン・テセ) 1984- 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表のサッカー選手。ポジションはフォワード (FW) 。ブンデスリーガ・1.FCケルン所属。韓国籍、愛知県名古屋市生まれの在日コリアン(3世)。
椿姫彩菜(つばき あやな) 1984 ファッションモデル、タレント。
性同一性障害を抱え、子供の頃から心の性と体の性の間に違和感を抱いていた。2004年(平成16年)、20歳の時に性同一性障害特例法の施行を知り、大学を休学して実家を飛び出した。そして性別適合手術の費用を貯めるために新宿区歌舞伎町のニューハーフクラブに勤務した。現在の芸名はその当時の源氏名であり、名字の「椿姫」は自身の好きなオペラ『椿姫』から、名前の「彩菜」はニューハーフクラブのママが画数を考慮して提案した候補から、それぞれ採ったという。2006年に単身タイに渡り性別適合手術を受ける。帰国後は戸籍を女性に変更し、名前を「有里」に改名しており、2007年に復学。2008年からはファッションモデルとしてだけでなく、タレント、音楽家、商品開発プロデューサーなど「女性の幸せをプロデュースする」活動を始める。

書籍
わたし、男子校出身です。(2008年6月10日、ポプラ社)
椿姫彩菜フォトブック C'est ma vie(2008年10月25日、ワニブックス)
椿姫以前(2009年1月9日、ポプラ社)
わたし、男子校出身です。Comic(2009年5月、ポプラ社)
3/25才 これからのワタシの「夢と現実」(2009年9月5日、扶桑社)
長島☆自演乙☆雄一郎
(ながしま じえんおつ ゆういちろう)
1984-

キックボクサー、コスプレイヤー。K-1 WORLD MAX 2010 ?-70kg Japan Tournament?王者、初代ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)スーパーウェルター級王者。
プロボクサーの長島謙吾は実弟。
長野久義 1984-

読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手)。
11歳年上のテレビ朝日アナウンサー下平さやか(ホモばかりと交際報道)と交際報道。
錦戸亮 1984-

NEWS 
SPEEDの上原多香子、藤井リナと交際

錦戸亮:石原さとみ、沢尻エリカ、相武紗季、リア・ディゾン、上原多香子
野上慎平

1984- テレビ朝日のアナウンサー。2010年、同僚の八木麻紗子アナウンサーと結婚することを公表。
長谷部誠 1984- プロサッカー選手。ブンデスリーガ・VfLヴォルフスブルク所属。ポジションはMF、DF。日本代表。
速水もこみち
1984-
半田健人(はんだ けんと) 1984- 俳優、タレント、歌手、コラムニスト。
2001年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会出場者(ファイナリスト)に選ばれたことをきっかけに芸能界入りした。
平岡祐太 1984- 2002年 - 第15回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリ受賞、エントリーNo.5。
2004年 - 映画『スウィングガールズ』で第28回「日本アカデミー賞」新人俳優賞受賞。
好きな女性のタイプは柴咲コウ(2009年3月7日放送の『メレンゲの気持ち』より)。

松尾光次
1984-
水嶋ヒロ

1984- 絢香と結婚
宮尾俊太郎

1984- バレエダンサー、タレント。熊川哲也 K-BALLET COMPANYに所属している。
北川景子と交際。
森山未來(みらい) 1984- 俳優。OFFICE作(松田優作事務所)所属。

2010年:一般女性と入籍したと発表。同年10月に第一子の誕生を発表。性別・出産日は非公表。
安田章大 1984-

関ジャニ∞のメンバー 
国仲涼子、伊藤彩華


山本山龍太(やまもとやま りゅうた) 1984- 尾上部屋所属の元大相撲力士。愛称はリュウ。身長191cm、体重277kg。重さを生かしたがぶり寄りを得意とするが、スピードと巧さを持ち、投げ技も多い。新入幕記者会見では自ら「ドンブリ王子」と名乗る。
最高位は西前頭9枚目(2009年5月場所)、2011年2月の身体測定で現役力士最重量記録を更新し、巨大なあんこ型力士として人気を博したが、2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分が下り、引退した。現在はアメリカ・ロサンゼルスの相撲協会に籍を置き、タレントとして主に海外で活躍している。

吉村裕基 1984- 村田修一と吉村裕基
リョーマ (ファッションモデル) 1984- ファッションモデル。大阪府出身。ピープロ所属。
「MEN'S KNUCKLE」、「Men's SPIDER」などのストリートファッション誌でモデルとして活動する一方、2008年、アクセサリーブランド『EXTASER(エクスターシャ)』を立ち上げデザイナーとしても活動している。
2001年、18歳の終わりころ、大阪のミナミでホストになる。
ホストになったきっかけは当時大阪ミナミで有名だったホスト「壱世」に出会ったこと』。
2003年、ミリオン出版の倉科典仁のスカウトを受け、モデルとしてデビューする。活動を開始した当初からアクセサリー作りに関心を持ち、1点ものの作品を手がけては親しい友人などに送っていた。
2007年9月、東京都渋谷のファッションビル『109-2 (商業施設)』を中心に全国のマルキュー店舗にて、リョーマを中央に、Men's eggモデルや109系のカリスマショップ店員などが集合した巨大ポスターが出現した。
ニューヨークで1人のアーティストと出会い、メッセージや感性の全てを作品に表現していることに感銘し、2008年、秋、アクセサリーブランド『EXTASER(エクスターシャ)』を立ち上げる。
現役のホストでもあり、大阪ミナミのホストクラブ『CLUB CLOVER』に、塞上リョーマ(さえがみりょおま)という源氏名で勤務している。






榎並大二郎(えなみ だいじろう) 1985-
ウエンツ瑛士 1985-

小池徹平とのデュオWaTのメンバー ユダヤ系ドイツ人とのハーフ

大倉忠義 1985- 関ジャニ
太田雄貴 1985-

日本代表コーチのウクライナ人、オレグ・マツェイチェク


緒方龍一
1985-
w-inds.
小口 太(おぐち こうた) 1985- ゲイビデオ男優、プロボクサー。宮田ジム所属。
ゲイであることを公言しており、「ゲイボクサー」とスポーツ紙などに記されることが多い。2007年東日本新人王決定戦ではスーパーライト級準決勝に進出するも、判定負けを喫した。
過去に、「ゲームス」のゲイビデオに実名で出演したこともある。
片岡信和(しんわ)
1985- 俳優。プロマージュ所属。

カレン・ロバート 1985- サッカー選手。ポジションはフォワード。エールディヴィジ・VVVフェンロー所属。

小口幸太 1985-

プロボクサー。宮田ジム所属。ゲイであることを公言しており、「ゲイボクサー」とスポーツ紙などに記されることが多い。2007年東日本新人王決定戦ではスーパーライト級準決勝に進出するも、判定負けを喫した。
過去に、「ゲームス」のゲイビデオに実名で出演したこともある。また、新宿二丁目で体育会系専門の出張ホストをしていたことが日刊スポーツに記されたことがある。
五関晃一 (ごせき こういち) 1985-

ジャニーズJr.内ユニットA.B.C-Zのメンバー

JOY (ファッションモデル) 1985- 父親がイギリス人で、母親が群馬県出身の日本人である。
姉のSophiaもモデル。タレントとしても活動を開始した。
男性ファッションモデル、タレント、歌手である。ベンヌ所属。ケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブと業務提携している。
城田優 1985-

北川景子、安田美沙子と交際

杉山ハリー

1985- 佐々木希と交際
田口淳之介
1985- ジャニーズ事務所の男性アイドルグループ「KAT-TUN」のメンバーである。

相武紗季、古賀美智子、井上和香、小嶺麗奈

http://www.cyzowoman.com/2008/10/post_91.html
「田口淳之介の熱愛報道のウラにある、もっとアブないウワサ」
「総合格闘家のエンセン井上が大麻所持で逮捕されたという事件。」
「実はこのエンセン井上、小嶺と田口の共通の友人である山本KIDの義理の兄。しかも山本KID自身も、今年の7月に「週刊現代」で窪塚洋介などが参加する"大麻パーティ"疑惑について報じられたばかりで、記事には、パーティ参加者の証言とともに、「1月に大麻取締法違反容疑で警視庁原宿署が山本が所持するマンションへ家宅捜索に入ったが、大麻などは発見されなかった」などと具体的な内容が報じられている。その後、イベントがらみの会見で「噂だけのこと。身に覚えがない」と潔白を主張した山本だが......。 」


==ドラッグ人脈説===

一色紗英-いしだ壱成-ドラゴン-ふかわりょう

金子賢-モンスター-オカザー
|
広末涼子

卍ライン-山本"KID"徳郁-美憂-エンセン井上

コーネリアス-LSDディーラーのY


==
橘慶太 1985-

w-inds.
田中聖

1985- KAT-TUN 
藤井リナと交際
2012年、剛力彩芽に熱愛報道!お相手はKAT-TUN・田中聖

田中聖:木下優樹菜、沢尻エリカ、あびる優、玉置成実、黒木メイサ、木口亜矢
中村中(なかむら あたる) 1985-

性同一性障害であることをオフィシャルサイトにて公表。第58回NHK紅白歌合戦に紅組で初出場。戸籍に記載された性別が男性であるソロシンガーが紅組で出場するのは紅白歌合戦史上中村が初めてである。

Hiroki
中土居宏宜

1985- 4人組ダンスユニット「Lead」 ヴィジョンファクトリー所属。
町田慎吾

1985- Musical Academy
松田翔太 1985-

俳優松田優作と女優松田美由紀との間に次男として生まれる。
兄の松田龍平も俳優であり、伯母は女優の熊谷真実 。
堀北真希と交際


松山ケンイチ 1985-
2009年、8歳年上の小雪(32)との交際報道。創価 
安田善紀 1985-
「りあるキッズ」 吉本興業大阪本部所属のお笑いコンビ。
2008年5月17日放送(関東地区)のやりすぎコージーにてバイセクシュアルをカミングアウトした。好みの男性はV6の岡田准一、ティーアップの長谷川、NON STYLEの石田明、陣内智則。割合的には8:2で男性の方が好き。
2008年11月15日放送のマヨブラ流のB面芸グランプリで天津木村のエロ詩吟に対し、ゲイ詩吟を披露し優勝した。
オールザッツ漫才2008で番組に出ていないティーアップ長谷川に公共の電波を通じて、「宏、いやダーリン、一緒にカナダに行こう!!」とプロポーズした(カナダは同性婚が認められている)。
在日。

山下智久 1985-

ジャニーズ事務所 「NEWS」山下智久
佐々木希、後藤真希、鈴木えみ、北川景子、堀北真希、あびる優

李忠成(り ただなり 1985 プロサッカー選手。プレミアリーグ・サウサンプトンFC所属。ポジションはフォワード。




かつては韓国籍であったが、2007年に日本国籍を取得して帰化した。
五十嵐隼士

1986- 2006年4月、特撮ドラマ『ウルトラマンメビウス』の主役、ヒビノ・ミライ役に起用される。
内博貴 1986- ジャニーズ事務所所属。
2005年に当時未成年であったにもかかわらず飲酒。芸能活動を中断。
2011年、内博貴 with Question?の名古屋公演にて、以前起こした不祥事について謝罪するとともに、NEWSや関ジャニ∞には戻らずに「内博貴 with Question?で頑張る」との決意を表明した。

内博貴に熱愛発覚!お相手は、舞台を中心に活躍する女優・笹本玲奈
2012年
内山怜也(うちやま れいや)
1986- タレント、アイドル及び俳優。性同一性障害を持っている。2010年現在は芸能活動を休止している。

中学1年生の時には性の問題で父親と激しく衝突。医師は「男性でも女性でもない。両性である」と診断したが、無理やり病院に連れて行かれたショックで家にこもりがちになっていった。さらに、引っ越してきたばかりで友人もいなかったことから学校にも通わなくなってしまった。しかし、こうした態度は逆に父親の怒りを買い、長かった髪はばっさり切り落とされてしまった。自分の居場所はどこにもないと感じ、ついに家を出ることとなった。家出中は、公園やデパートの屋上、図書館で朝は寝て、ファミレスやコンビニで夜を明かし、食べる物はデパ地下の試食という凄まじい生活を送っていた。

芸能界へ [編集]
しかし、同年中には父親との関係に転機が訪れた。2001年、女性と間違われ、芸能事務所にスカウトされたのである。父子の複雑な事情を汲み取った事務所の社長は、体力作りのため親子でジョギングすることを勧めた。久しく顔を合わせていなかったため、当初は父親とは会話せず、父親が近くにいるだけで怯えていたという。
雑誌やテレビで特集が組まれるなど仕事も増え、2002年にはイメージビデオ収録のため、サイパンで初の海外ロケを行った。また、性同一性障害を題材に内山怜也自身にスポットを当てたセミ・ドキュメンタリー映画『Rei-ya(レイヤ)』で映画初主演を果たす。

2003年2月、所属事務所であったレジェンドエンタープライズとの契約終了。その後も、『B♭(ビー・フラット)』や『Breath Less』といった映画に出演するも以降は芸能活動を休止している状態である。
勝地涼 1986- 年上の加藤あい、高岡早紀、池脇千鶴との交際報道。


金田哲(かなだ さとし) 1986- お笑いコンビはんにゃのボケ(一部のネタではツッコミ)担当。
吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。東京NSC10期生。

2010年8月26日『女性セブン』により女優の森カンナとの熱愛が報道されたことがある。
在日説 創価?
亀梨和也


1986- ジャニーズ事務所 「KAT-TUN」 

後藤真希、酒井彩名、石川梨華、小泉今日子
20も年上の小泉今日子(ホモ説あるのとばかり次々と交際や結婚離婚)と交際して破局

在日
稀勢の里寛
(きせのさと ゆたか
1986 鳴戸部屋所属の現役大相撲力士。本名は萩原寛(はぎわら ゆたか)、愛称はハギ。
身長188cm、体重176kg。
得意手は左四つ、寄り、突き。最高位は東大関(2012年7月場所、2013年1月場所)。

小池徹平 1986-

第14回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ受賞。ウエンツ瑛士とのデュオWaTのメンバー
2006年、写真週刊誌「フライデー」が小池徹平と、フジテレビ系ドラマ「鬼嫁日記」で共演した4歳年上の女優、滝沢沙織との交際を報道。
島田紳助、加藤雅也、小池徹平、山田優、こずえ鈴、イジリー岡田(山口組極心連合会)

大東俊介

1986- 所属事務所はトップコート。「FINEBOYS」の専属モデル。
高橋大輔 1986-

フィギュアスケート選手(男子シングル)
安藤美姫、浅田舞と交際。


ダルビッシュ有(ダルビッシュ ゆう)
Yu Darvish
1986 テキサス・レンジャーズに所属するプロ野球選手(投手)。大阪府羽曳野市出身。 マネジメント契約はエイベックス。代理人はアーン・テレムと団野村。愛称は「ダル」。フルネームはダルビッシュ・セファット・ファリード・有(英語: Sefat Farid Yu DarvishまたはSefat Farid Yu Darvishsefad)。

父親はイラン人の元サッカー選手で、母国イランの「イラン野球連盟」顧問に就任している他、事業を手広く扱っている。現在は日本国籍である。父親が共同経営するジャイレックス(大阪市住之江区)が「ダルビッシュ」の名称の商標を出願(商願2003-103566号)し登録された(登録番号:第4796097号)。母親は日本人。元妻はタレントの紗栄子。弟が2人おり、末弟は俳優のKENTA。
長友佑都(ながとも ゆうと) 1986- スポーツ一家に生まれ、母方の祖父は第1回小倉競輪出走者である元競輪選手の吉田達雄。達雄の弟で同じく元競輪選手の吉田実は大叔父にあたる。父方の祖父も明治大学出身の元ラガーマン。

プロサッカー選手。セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)。日本代表。

中村昌也 1986- 俳優。所属事務所はワタナベエンターテインメント。D-BOYSの元メンバー。
妻は歌手、タレントの矢口真里。

西島隆弘

1986-
「AAA」
橋爪遼(はしづめ りょう) 1986 俳優。オフィスジュニア所属。
父親は同じく俳優として活動している橋爪功。祖父・橋爪徳松は大阪電気商会の重役だった。
「ハッテン場でパクられた」説
北条隆博(ほうじょう たかひろ) 1986- 俳優。所属事務所はフォスター。愛称は「ジョー」。
『仮面ライダー剣』
細貝萌(ほそがい はじめ) 1986- プロサッカー選手。ブンデスリーガ・FCアウクスブルク所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)。日本代表。妻はファッションモデルの中村明花。

本田圭佑(ほんだ けいすけ) 1986- プロサッカー選手。ロシア・プレミアリーグ・CSKAモスクワ所属。ポジションはミッドフィールダー(OH、CH、SH)、フォワード。日本代表。

2008年7月に元保育園勤務の保育士の女性と結婚後[34]、オランダ時代には日本から連れてきた柴犬のテツと共に生活していた。
増田貴久(ますだ たかひさ) 1986- ジャニーズ事務所の男性アイドルグループ「NEWS」および「テゴマス」のメンバーである。愛称はまっすー。

宮田大 1986- チェロ奏者。桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース修了。
妙義龍泰成(みょうぎりゅう やすなり) 1986 境川部屋所属の現役大相撲力士。最高位は東前頭筆頭(2012年3月場所)。

涌井秀章(わくい ひでき) 1986- 埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。

ユウキ (EE JUMP) 1986-


元ハロー!プロジェクトの後藤真希は実姉。
「EE JUMP」 事務所をクビ。
能界を引退してからは、鳶、実家の居酒屋と職を転々としていた。現在は結婚し、2児の父でもある。
2007年10月20日、銅線の窃盗容疑で逮捕された。また、同年12月4日には窃盗の目撃者を殴ったとして、強盗傷害容疑で再逮捕された。2008年5月26日、東京地裁にて下された懲役5年6月の実刑判決(判決は同年5月21日)が確定し、現在服役中。首に魚の刺青を入れたコワモテの写真が出回った。

在日。 実家が創価学会関係。
石田卓也 (俳優) 1987- 俳優。フロムファーストプロダクション所属。
2002年の第15回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」において読者投票の1位を獲得し続け、フォトジェニック賞を受賞したことを機に芸能界入り。

2005年、TBS系列テレビドラマ『青春の門・筑豊編』でデビュー。同年公開された映画『蝉しぐれ』での演技が認められ、キネマ旬報新人賞を獲得した。2006年以降はテレビドラマ『ガチバカ!』、映画『ラフ ROUGH』、『夜のピクニック』などに出演。映画『グミ・チョコレート・パイン』では、10kg近く体重を増やして役作りをしている。また、劇場版アニメ『時をかける少女』では声優もこなすなど、映画出演を中心に幅広く活動している。
市原隼人
1987- 市原隼人に熱愛発覚!同級生と破局し、モデルの向山志穂と交際中 2012年 在日
織田信成 1987-


フィギュアスケート選手(男子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック7位。


加藤成亮

1987- NEWS
Kyohei Kaneko
金子恭平
1987-

元「FLAME」のメンバー。脱退してソロで活動。
高良健吾(こうら けんご) 1987- 公開中の映画「苦役列車」(山下敦弘監督)などで人気急上昇の俳優、高良健吾(24)に恋人がいることが26日、分かった。人気モデルの野崎萌香(22)で、27日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じた。
柴田嶺 1987-

フィギュアスケート選手(男子シングル)
Shinya
谷内伸也
1987-




4人組ダンスユニット「Lead」 ヴィジョンファクトリー所属。
手越祐也 1987- ジャニーズ事務所 「NEWS」
サエコ、川副眞美、新垣結衣、紺野あさ美
栃ノ心剛
とちのしん つよし
1987 グルジア・ムツヘタ出身で春日野部屋所属の現役大相撲力士。
本名はレヴァニ・ゴルガゼ、愛称はレヴァニ。
身長192cm、体重158kg。
得意技は右四つ、寄り切り、上手投げ。
最高位は、西小結(2010年7月場所)。

古川雄大 1987-
Akira
鍵本輝

1988- 4人組ダンスユニット「Lead」 ヴィジョンファクトリー所属。

與真司郎 (あたえ しんじろう) 1988- 日本の音楽グループAAAのメンバー
内田篤人 1988- プロサッカー選手。ブンデスリーガ・シャルケ04所属。ポジションはDF(右サイドバック)。日本代表。

内田篤人x川島永嗣
江里口 匡史(えりぐち まさし) 1988- 陸上競技選手で、専門は短距離。熊本県菊池市出身。熊本県立鹿本高等学校、早稲田大学スポーツ科学部卒業。大阪ガス所属。世界陸上競技選手権大会ベルリン大会男子短距離日本代表。

木村了 1988- 2002年、第15回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界入りする。
南沢奈央、北川景子と交際
草野 博紀(くさの ひろのり 1988 タレント、モデル。法政大学キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科に在学中。ジャニーズ事務所の男性アイドルグループ・NEWSの元メンバー。
2006年、未成年飲酒疑惑(経緯等はノートを参照)を起こし、芸能活動を自粛。同年12月30日、ジャニーズ事務所が草野のNEWS脱退と、研修生(研修生期間は無給)として出直しする主旨を発表。
2007年7月、少年隊主演舞台『PLAYZONE'07 Change2Chance』で内博貴と共に出演し、ジャニーズJr.に復帰。
2008年4月、ダンス・歌・語学を学ぶ事を理由にニューヨークに留学。その後、時期は不明だがジャニーズ事務所を退所。
2010年4月9日に発足したブランド「Cailly☆Coo」の専属モデルを務める。
Keita
古屋敬多
1988- 4人組ダンスユニット「Lead」 ヴィジョンファクトリー所属。
小柳友



1988- 父はブラザートム。兄は小柳心。
SPEEDの上原多香子と交際
斎藤佑樹 1988-

早稲田大学野球部に所属するアマチュア野球選手。群馬県出身。早稲田大学教育学部社会科社会科学専修に在学中。2006年、早稲田実業学校高等部3年生の時に夏の高校野球甲子園大会(第88回大会)で優勝投手となった。

試合中にマウンド上で折り畳んだハンカチで汗を拭う仕草から、マスコミ各社が「ハンカチ王子」と呼ぶようになる。また「佑ちゃん」という愛称でも親しまれている。

深田恭子(ホモ説あるのばかりと交際)と交際。

好きな芸能人が速水もこみち。
佐藤かよ(さとう かよ) 1988 ファッションモデル、タレント。 女性として芸能活動をしているが、出生時は男性で、戸籍上は2012年現在も男性である。エイジアプロモーションに所属し、ケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブと業務提携している。
清水良太郎 1988-

父親はものまねタレントの清水アキラ。深田恭子(ホモ説あるのとばかり次々と交際。レズ説あり)と交際報道。

中尾明慶
(なかお あきよし
1988 俳優である。ホリプロ所属。特技はプロ野球選手の形態模写。
TBSドラマ『GOOD LUCK!!』で木村拓哉演ずる主人公・新海元の弟・新海誠役を演じて以来注目され、数々のテレビドラマ・バラエティ番組に出演している。

仲里依紗&中尾明慶
松坂桃李 1988-
宮田俊哉 1988- 所属芸能事務所はジャニーズ事務所。男性アイドルグループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」のメンバーである。所属レコード会社はavex trax。

森本貴幸 1988- プロサッカー選手。セリエA・ノヴァーラ・カルチョ所属。ポジションはFW。
在日 創価学会
柳下大

1988-
役者集団D-BOYSのメンバー
吉田 麻也(よしだ まや) 1988-

サッカー選手。オランダ1部リーグ(エールディヴィジ)・VVVフェンロー所属、ポジションはディフェンダー。

シャルケ04の内田篤人とあまりにも仲が良すぎるため、弄られている。

内田篤人は彼氏がいたよ。川島永嗣や吉田麻也ともやってるみたいだし。

内田篤人x川島永嗣


石黒英雄(いしぐろ ひでお) 1989- 俳優。プロダクション尾木所属。
2004年、第17回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、芸能界デビュー。
2005年にはテレビドラマ『ごくせん』(第2シリーズ)で俳優デビューした。
『エリートヤンキー三郎』
『彼岸島』
大江裕
1989-  演歌歌手 北島音楽事務所
岡田将生



1989- 溝端淳平と岡田将生
小野健斗
1989-
賀来賢人(かく けんと) 1989- 俳優。アミューズ所属。
女優の賀来千香子は叔母。
唐川 侑己(からかわ ゆうき 1989 千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。
熊代聖人(くましろ まさと 1989 埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(外野手)。

小塚崇彦 1989-

フィギュアスケート選手(男子シングル)。2006年世界ジュニア選手権優勝。2008年グランプリファイナル2位。2010年バンクーバーオリンピック8位。

佐藤健

1989-
アミューズ所属。
2007年、『仮面ライダー電王』の主人公・野上良太郎 / 仮面ライダー電王(声)役でテレビドラマ初主演を務める。
2010年大河ドラマ「龍馬伝」で岡田以蔵役。
佐野和真
1989-
清水翔太 1989-
千葉雄大 1989- 2010年に、「スーパー戦隊シリーズ」第34作『天装戦隊ゴセイジャー』で俳優デビュー。
永山絢斗 1989- 俳優。パパドゥ所属。

松本光平(まつもと こうへい) 1989- 過去にジャニーズ事務所に所属していた元ジャニーズJr.である。

三浦皇成(みうら こうせい)  1989- 騎手 
タレント、ほしのあき(32)との“13歳差”交際報道を受け、三浦の師匠である河野通文調教師は自身のブログでほしの側に苦言を呈した。
在日
溝端淳平 1989-

2006年、「第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリおよびボルテージ賞を受賞。

溝端淳平と岡田将生
伊野尾慧(いのお けい) 1990- ジャニーズ事務所の男性アイドルグループの「Hey! Say! JUMP」のメンバーである。

入江陵介

1990- 競泳の選手
三浦春馬(みうら はるま)
1990-
八乙女光(やおとめ ひかる) 1990-

Hey! Say! JUMP

八乙女光:夏焼雅、北乃きい
柳楽優弥

1990- ベッキーとの交際報道
薮宏太 1990-



Hey! Say! JUMP
石川遼 1991- プロゴルファー 若くして驚異的な結果を残し、数々の最年少記録を更新している。日本を代表するプロゴルファーである。
菊池雄星 1991- 埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。
冨浦智嗣 1991-
中村蒼(なかむら あおい) 1991-

2005年11月に行われた、第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会においてグランプリを受賞し芸能界入り。同コンテストへの応募は父親の薦めによるものであり、読者人気投票では第10位。中学生のグランプリ受賞はコンテスト史上初であった(受賞時中学3年生、14歳)。


浜尾京介
1991- 俳優である。 タニプロモーション(フォーチュンエンターテイメント)所属。
愛称は『マオ』。

村上一志

1991- 2007年、第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで近江兄弟社賞を受賞したことをきっかけに芸能界デビュー。エイベックス・エンタテインメント所属。
神木隆之介 1993- 俳優、声優。アミューズ所属。

神木隆之介、志田未来
白濱亜嵐(しらはま あらん 1993 俳優、ダンサー。GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー。
LDH所属。

AKB峯岸とイケメンダンサーのお泊り疑惑が急浮上
AKB峯岸とお泊り報道の白濱亜嵐 所属事務所「仲の良い友人」
【処分】研究生に降格 丸刈り頭で謝罪
父親は北海道出身の日本人。母親はスペイン系フィリピン人。3人姉弟で、姉はモデルのラブリ。

知念侑李(ちねん ゆうり) 1993- ジャニーズ事務所の男性アイドル・グループの「Hey! Say! JUMP」及び「NYC」、「NYCboys」のメンバーである。

父はバルセロナオリンピック男子体操銅メダリストの知念孝。

2009年、NYCboysとして『紅白歌合戦』初出場。
中島裕翔(なかじま ゆうと) 1993- ジャニーズ事務所所属。男性アイドルグループHey! Say! JUMPのメンバーである。
石井美和


山田涼介 1993- ジャニーズ事務所、男性アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」及びNYC、NYCboysのメンバーである。

志田未来
中島健人(なかじま けんと) 1994- ジャニーズ事務所所属Sexy Zoneの一員。愛称は「なかじー」など。

佐藤勝利(さとう しょうり) 1996- ジャニーズ事務所所属Sexy Zoneの一員。
木村遼


1998-
矢部昌暉(まさ) 1998- 俳優、タレント、モデルであり、グループEBiDANのメンバー。スターダストプロモーション芸能5部所属。
NHK教育『天才てれびくんMAX』・『大!天才てれびくん』2010年度 - 2011年度てれび戦士として知られる。
2008年、芸能界デビュー。2009年度『小学六年生』読者モデル特別賞を受賞。2010年、NHK教育『天才てれびくんMAX』てれび戦士になる。


牛田智大(うしだ ともはる) 1999 ピアニスト。
コンクールにおいては2008年から2012年にかけてショパン国際ピアノコンクール in Asiaで史上初の5年連続1位となる。2012年度の浜松国際ピアノアカデミーコンクールにおいて、史上最年少で1位入賞を果たす。
さらに日本人クラシックピアニストとしては、最年少でのCDリリースを果たす。


加藤清史郎 2001- 子役タレント。劇団ひまわり所属。同じく劇団ひまわりに所属している加藤憲史郎は実弟。

染谷彰吾 『女性自身』1974.11.21 シリーズ人間 高級ゲイボーイを作りあげる男千人斬りの男 あの三笠宮寛仁殿下もお通いになる美少年たちの仕立て屋・染谷彰吾さんの「男20年」「女15年」
吉野寿男 『ボンヌール』
文芸春秋』1994.11「日本のおかま第1号 戦後初の本格的ゲイバー従業員たちの半世紀」 ※日本初のゲイバー『やなぎ』、島田正雄、青江忠一、吉野寿男
『新潮45』2005.09「三島由紀夫に長嶋茂雄… 名物ゲイバー吉野のママが語る 隠花植物的「人性」」
斉藤勝利 『週刊新潮』1995.10.26「CLUB 癌病棟から生還した六本木『ママひげ』のママ」
『週刊新潮』2002.12.12「Funny Girl 殿下も訪れた「ママひげ」30周年」 ※銀座のゲイバーの30周年記念パーティと、以前訪れた高円宮憲仁殿下
日景忠男
黒野利照 -2002 「クロノス」
2000.05「本 ホスピタブルな光景 5回 キャンピィ感覚 2丁目のクロちゃん ※新宿2丁目のバー「クロノス」のマスター」
『週刊新潮』2002.05.23「人間国宝も通った新宿ゲイバー「ママ」死 ※「クロノス」の黒野利照さん」
『ロマンス』     2006年第3回全日本ホストグランプリ準グランプリ
全日本ホストグランプリ:全日本ホストグランプリ2008開催中止のお知らせ

森沢拓也 ホストクラブ『ロマンス』社長
渚カヲル 『イヴ』代表
相沢一樹 cool代表
松本剛 オウム真理教信者
ガブリエル・ウィルソン マラソンのオリンピック選手有森裕子の夫
アラン・リード 松田聖子のバックダンサーで松田聖子をセクハラで訴えた
EMMA DJ
洞俊郎 居酒屋「うめだの洞」社長
田部俊行 脚本家
内條雲嵐(ないじょう うらん) シャンソン歌手
奥村友真 おくむら ゆうま
毛利稔
北海道振興
佐々木尚(ささき ひさし)

漫画雑誌編集者。男性。少年誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)の編集を行う。『週刊少年ジャンプ』編集部第9代編集長。エイ・エフ・エス広報委員会メンバー[1]。
杉原晃史(すぎはら あきふみ) AMGエンタテインメント社長兼アミューズメントメディア総合学院副理事長

冷たい熱帯魚(2010)
監督: 園子温
製作: 杉原晃史
脚本: 園子温 高橋ヨシキ
撮影: 木村信也
編集: 伊藤潤一
音楽: 原田智英
出演: 吹越満

伊藤潤一(いとう じゅんいち)

編集技師。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。有限会社ジェイ・フィルムに所属。

冷たい熱帯魚(2010)
監督: 園子温
製作: 杉原晃史
脚本: 園子温 高橋ヨシキ
撮影: 木村信也
編集: 伊藤潤一
音楽: 原田智英
出演: 吹越満
森田隼人 シャボン玉石けん代表取締役社長
水上晴司(みなかみ・せいじ) 大崎洋(おおさき ひろし、1953年7月28日 - )は吉本興業株式会社社長、プロデューサー。
吉本興業の子会社「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」の社長は水上晴司


板尾創路の脱獄王 (2009) エグゼクティブプロデューサー ?
南の島のフリムン (2009) エグゼクティブプロデューサー ?
ニセ札 (2009) 製作 ?
ドロップ (2008) 製作 ?
ララピポ (2008) 製作 ?
ホームレス中学生 (2008) 製作
横田崇(よこた たかし)

日本テレビ放送網編成局編成部所属。以前は営業局、情報エンターテインメント局プロデューサーを担当していた。2012年6月1日より現職。
合田隆信(ごうだたかのぶ)
TBSチーフプロデューサー編成制作局バラエティ制作センター(旧制作3部)所属(一般バラエティー・音楽番組担当)
(「がっちりマンデー!!」、「タイノッチ」、「笑撃!ワンフレーズ」、「時短生活ガイドSHOW」他)
安岡喜郎(やすおか よしろう)
日本テレビ制作局バラエティーセンター所属のチーフプロデューサー。
矢作康介(やはぎ こうすけ)

漫画雑誌編集者。少年誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)の副編集長。
菅井英憲 日本のオペラ歌手、二期会会員、バリトン、ボイストレーナー、ミュージカルの声楽・歌唱指導者、合唱指揮者、ハロー!プロジェクトのボーカルアドバイザー。
林秀明
東京都立神経病院 元院長
野々川純一 1959年、メナード化粧品設立、代表取締役社長 小沢一郎の愛人
DOGGY BAG
D-51
綾小路翔 「氣志團」のヴォーカル兼リーダーの綾小路翔。DJ OZMA。矢島美容室のナオミ・キャメリア・矢島。
中村創
渋谷ATOM・六本木Vanilla クラブプロデューサー、斉藤重人、通称:ゴリ重が、渋谷ATOMについでアパレルブランドデビューを果たした。

「全てゴブリン中村創が金出していて、陰のオーナーでホモパトロン」説あり。
株式会社ニュースタイルホールディングス 中村創
子会社
株式会社ニュースタイルヴィジョン  高實 基寛
株式会社ニュースタイルラボ     鈴木真二
株式会社ニュースタイルプロジェクト 栗田裕一(前任者 齊藤重人 解任の後釜))
株式会社ニュースタイルダイニング  伊藤由顕

親友が上山信二(a-life社長)。
芸能人との交友が、金子賢、いしだ壱成、岡沢高宏(広末の元旦那)、堀江貴文(吉川ひなのと交際報道)、高岡蒼甫(宮崎あおいの旦那)、ロンブー淳。
SHINOBU
ロックミュージシャン、ギタリスト、アレンジャー、マニピュレーター。
Kight(ex.Shulla)から声が掛かったことでReo(現Brother)、Kazutake(ex.MASK、現Seven)、Takumi(ex.MASKのローディー)をそろえ「ガイズファミリー」を結成。
ガイスファミリー解散後は元DEAD ENDのボーカリストMORRIEのソロ・プロジェクト、Creature Creatureにサポートギタリストとして参加(2009年6月〜)。
またナイトメアのドラマー、RUKAのソロ・プロジェクトThe LEGENDARY SIX NINEにもサポートギタリストとして参加している。
真鍋昌平
漫画家、代表作『闇金ウシジマくん』
伊藤正臣
漫画家
古館春一
漫画家。『四ツ谷先輩の怪談』 集英社。
渡辺亨
音楽評論家
上山英介
キンチョー社長。
1981 、上山勘太郎、会長に就任 上山英介、社長に就任。
1984 上山勘太郎会長逝去(享年84歳) 上山英介社長、日本殺虫剤工業会会長に就任。



上澤孝二
北海道文化放送代表取締役社長。北海道放送は、北海道新聞社(道新)の関連会社で、歴代社長は道新OB。幹部も道新から多く受け入れている。またその関係から、北海道新聞のテレビ欄もNHK総合・教育の次にUHBの番組欄が掲載されている。フジサンケイグループの一員でもある。 北海道文化放送代表取締役社長。北海道文化放送の株主は、2007年5月1日時点で北海道新聞社 48.1%、フジテレビジョン 19.5%。
平田修
「家庭教師のトライ」 統一協会系。
郷ひろみと親友だったとか。郷ひろみの妻だった二谷友里恵と結婚し、彼女を名義上の社長にした。
荻野政男
イチイ産業
フィッシュマンズ
木村雅昭 資源エネルギー庁次長 インサイダー取引で逮捕
奥村達哉(D:COMPLEX).
==
フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』<BR>
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)<BR>
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)<BR>
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)<BR>
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)<BR>
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)<BR>
(共にD:COMPLEX) <BR>
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)<BR>
===
西雅史 ==<BR>
<BR>フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』<BR>
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)<BR>
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)<BR>
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)<BR>
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)<BR>
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)<BR>
(共にD:COMPLEX) <BR>
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)<BR>
===
大川泰 ==<BR>
<BR>フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』<BR>
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)<BR>
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)<BR>
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)<BR>
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)<BR>
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)<BR>
(共にD:COMPLEX) <BR>
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)<BR>
===
小沢英治 ==<BR>
<BR>フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンU』<BR>
演出 奥村達哉(D:COMPLEX) (ホモ説)<BR>
監修 道蔦岳史(スーパーバイザー) (ホモ説)<BR>
プロデューサー 神原孝(演出兼任、フジテレビ)(ホモ説)<BR>
三浦淳(フジテレビ)(ホモ説)<BR>
西雅史(ホモ説)・大川泰(ホモ説)・小沢英治(ホモ説)<BR>
(共にD:COMPLEX) <BR>
ナレーションの牧原俊幸(ホモ説)<BR>
===
西山雅庸
株式会社ディ・コンプレックス(英社文名:D:COMPLEX CO., LTD)は、テレビ番組の制作プロダクション会社である。1993年設立。

高橋尚樹 ビートたけしのTVタックル
山本隆司 (テレビプロデューサー) ビートたけしのTVタックル
細野義朗
スターダストプロモーション代表取締役・スターダストグループの総帥・芸能プロモーター。
クリス松村
佐久間達哉 検察官。法務総合研究所国連研修協力部部長。
法務省人権擁護局調査救済課課長、法務省刑事局公安課課長、法務省刑事局刑事課課長、東京地方検察庁総務部部長、東京地検特捜部長、大津地方検察庁検事正などを歴任した。

早大投資サークルOBメンバー3人証券取引法違反(相場操縦)事件、
西松建設事件・陸山会事件、
鳩山首相資金管理団体偽装献金事件
創価学会説
田中ロウマ
木村朝輝 『メンズ・ノンノ』モデル
國枝孝弘 フランス語
瓶子吉久 (へいし よしひさ)は漫画雑誌編集者。男性。週刊少年ジャンプ編集部の10代目編集長。
福島伸一(ふくしま しんいち) 京都大学卒業後、1971年に松下電器産業に入社。労政課課長、人事部部長、取締役を歴任し、副社長にまで上り詰める。2009年6月24日に関西国際空港代表取締役社長に就任。

太田宏 (株)読売新聞大阪本社 代表取締役社長
早川準一 中央公論新社は2日の役員会で、中村仁社長(61)が会長に、早川準一読売新聞東京本社編集局長(58)が社長に就任する人事を内定した。17日に開く株主総会と取締役会で正式に決める。  中央公論社が読売新聞社の傘下に入り、新社として発足した1999年2月、中村氏は読売新聞調査研究本部長から新社社長に就任。5年間社長を務めた。会長就任後は、読売新聞東京本社常務広告局長も兼務する。  
早川準一氏(はやかわ・じゅんいち)早稲田大卒。読売新聞東京本社経済部長、編集局次長などを経て編集局長。東京都出身。
2004/06/02 06:42 【共同通信】

.
高木章雄 株式会社日テレ7(にってれせぶん)は、電子商店街のポータルサイトの運営による通信販売を主たる事業とする株式会社。

日本テレビ放送網、セブン&アイ・ホールディングス、電通、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、セブンアンドワイ(現・セブンネットショッピング)の共同出資で、2007年12月3日に設立。資本金は4億8,000万円。筆頭株主は、株式の51%を保有する日本テレビである。
2008年4月7日に営業を開始し、「テレビ番組とインターネットと小売が融合した全く新しい次世代型のビジネスモデル」を目指す。
なお、URLにntv7と出ているが、マレーシアのテレビ局のNTV7とは関係ない。

社長
初代:山根義紘(日テレ・グループ・ホールディングス副社長)(2007年12月3日〜2008年8月2日)
2代:三浦姫(日本テレビ取締役執行役員/元:コンテンツ事業局長)(2008年8月21日〜2009年11月30日)
3代:白岩裕之(日本テレビ 元:メディア戦略局IT推進センター長→エコ事務局)(2009年12月1日〜2011年6月30日)
4代:高木章雄(日本テレビ 元:コンテンツ事業局CCP)(2011年7月1日〜)
石橋武夫 京都西川 代表取締役会長
大河内徹心  京都西川 代表取締役社長
縣良二 株式会社 日本工業新聞社社長の
米山好映 富国生命保険相互会社社長
氏家勇祐 アライドコーポレーション二代目社長
http://www.passion-ceo.net/contents/hp0091/index.php?No=733&CNo=91
武内英昭 雄鶏社社長 自己破産
坂内孝三 サンポット社長
栢森清志 フィフティ社長
梅木勉 ニチロ畜産社長
内藤益利 オレンジフードコート社長
小嶋弘義 ビッグエー社長
山下忠彦 OPA社長
大桑啓嗣(おおくわ けいじ) 和歌山県和歌山市に本社を置き、南近畿(大阪府・奈良県・三重県)を中心にスーパーマーケットチェーンを展開しているオークワ創業者である大桑勇の三男である。大学卒業後、同社に入社。1980年に取締役就任。1992年、副社長就任。1998年には、現職である代表取締役社長に就任し、積極的な店舗出展や多様な店舗業態を開発し、同社を着実に拡大させてきた。

2008年3月、同年5月15日を持って、取締役副会長に就任することが発表された。なお新しい代表取締役社長には、福西拓也常務が就任した。これはオークワにおいて創業家以外の人物で初の社長就任となる。

福西拓也 オークワ代表取締役社長
平野能章 ミスターマックス社長
http://read2ch.com/r/entrance2/1300685959/
390までチェック
植松晃士(うえまつ こうじ ファッションプロデューサー。株式会社ヘルメット、株式会社アンソニーレッド代表取締役。
1989年アタッシェ・ドゥ・プレスとしての活動をスタート。 1996年、株式会社ヘルメット設立。アタッシェ・ドゥ・プレスに限らず数々のブランドプロデュースを手がけ、それらのブランドイメージを確立、世の中に認知させる。また、時代を先駆けた独自の審美眼でファッションプロデューサーとしても活躍。常にトレンドとエレガンスの融合を提案し、一般女性のボトムアップにも力を入れることで、マーケティングを兼ねたブランディングを行う。TV、ラジオ、雑誌など各メディアにて、コメンテーターとしても登場し、TPOをわきまえた「女性のおしゃれ」についての分かりやすい解説に人気が高い。
熊田プウ助(くまだ ぷうすけ) 漫画家、イラストレーター。同志社大学卒業。『SAMSON』編集部を経て、ゲイ雑誌各誌に連載を持つに至る。卓抜したギャグセンスと独特のユーモアをもったギャグ漫画で、ゲイの間で圧倒的な人気を得た。一般誌にも活動の場を広げ、現在はコアマガジン社の『マッドマックス』誌、ぶんか社の『本当にあった笑える話』ほかで連載中。
小日向’こひなた) (漫画家) 漫画家。主にゲイ雑誌に漫画を掲載している。
『Badi』『G-men』『SAMSON』に短編作品や短期連載を持ち、雑誌によって体型や内容を巧みに変えながらも、線の細いタッチでキャラクターを描いている。作品は濃厚なセックスを絡ませつつ、時にはギャグを、時には男臭い話をストーリーに盛り込んでいる。
主に一話完結の読み切りを掲載しているが、2006年11月から『Badi』にて不定期で『アグリっ娘』を連載している。
砂川秀樹(すながわ ひでき) 文化人類学者、LGBT人権活動家。
都留文科大学を卒業後に塾の講師をしながらHIVやAIDSに関する社会活動を始める。その後、東京大学大学院で博士号を取得。2000年には実行委員長として「東京レズビアン&ゲイパレードパレード2000」に参加。2005年から東京プライドパレードに関与する様になり、2008年には代表に就任した。近年はNHK教育テレビの「ハートをつなごう」に出演した他、東京大学や筑波大学でも非常勤講師を務めている。NPOのオルタナティブ大学であるシューレ大学のアドバイザーを務めている。
ヴィヴィアン佐藤 非建築家、アーティスト、イラストレーター、パーティイスト、ドラァグ・クイーン、文筆家、映画評論家。
金本 J.ノリツグ(かねもと J のりつぐ) 在日韓国人の料理研究家・ライフスタイルプロデューサー・作家。 2011年1月から「J.ノリツグ」として活動することが多い。
樹根(じゅね SBSラジオに出演する歌手・タレント。特にいわゆる「おかまタレント」としての芸能活動が知られている。
岩渕徹 徳間書店
渡邉直行 ガイア社長 パチンコ
伊勢田雅也 江〜姫たちの戦国 (2011)<TV> 演出 ?
顔 (2009)<TVM> 演出 ?
Q.E.D. 証明終了 (2009)<TV> 演出 ?
ちりとてちん (2007)<TV> 演出 ?
新 腕におぼえあり よろずや平四郎活人剣 (1998〜1999)<TV> 演出 ?
八代将軍 吉宗 (1995)<TV>
原玲二(はぎわら れいじ)

漫画家。1986年、『少年サンデー別冊』に掲載された「KIDS ARE ALL RIGHT」(掲載時は麗憂魅名義)でデビュー。代表作に『ALIEN秘宝伝』など。
長坂智樹(ながさか ともき) 編集技師。有限会社ジェイ・フィルムに所属。
岡野治雄 EUROX(ユーロックス)は、日本のロックバンド。
2009年、「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話?主題歌集」発売。
松尾康治 アニメ『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』のエンディングテーマの
「花の鎖」の歌詞の一部を作詞
田幸政雄 NTT出版
池知宏志 NTT出版
ランドマークタワーの三菱の加藤譲、相澤透、山ア隆造、佐藤文彦、河野雅明、湯浅哲生、 千葉太、大輝庸夫はゲイ
ソニーマーケティング株式会社の鈴木功二、中鉢良治、河内聡一がゲイで
平井一夫、石橋直人長坂武見、西和田健二、石井元久、吉藤英次
成松義文 ファンケル社長
寺井禎浩 ジェイピィールーム株式会社 (J.P ROOM Inc) は東京都港区に本社を置くアップフロントグループの芸能事務所。
もともとはつんくのマネジメント及び彼の手がける音楽、舞台等の制作を主に行う事務所であったが、2006年10月につんくがTNXを設立、その後移籍したため、現在は主にハロー!プロジェクトの一部および卒業生のタレント等のマネジメントを行う事務所となっている。
アップフロントグループは日本音楽制作者連盟(音制連)に加盟している(ただし2012年3月現在、音制連の正会員一覧には明記されていない)が、当事務所は音制連ではなく日本音楽事業者協会(音事協)に加盟している[2]。2012年6月以降は、当事務所の所属タレントについて、アップフロントグループ内に設立された株式会社ジャストプロとの間でマネジメント業務の提携を実施している。
島田洋一 札幌テレビ放送株式会社
相木孝仁(あいきたかひと) 楽天の子会社のフュージョン・コミュニケーションズ株式会社の代表取締役社長
キリヤマ太一(きりやまたいち) 原画家、キャラクターデザイナー、ディレクター。
ストーンヘッズ(アダルトゲームメーカー)に所属し、キャラクターデザイン、原画、企画、ディレクションを担当している。中でも同社のゲームブランド「CODEPINK」では全ての作品の原画を担当している。近年は同人活動も行っている。
笹岡洋光 エフアンドシー株式会社の代表者
津嶋徳一 札幌テレビ
小幹雄 財団法人 競艇振興センター(BOAT RACE 振興会)
小池保夫 (財)日本モーターボート競走会 理事長
武田徹 テレビ朝日映像株式会社(テレビあさひえいぞう、TV Asahi Productions Co.,Ltd. 通称ViViA=ヴィヴィア)は、テレビ朝日の関連会社で、主にテレビ朝日系列で放送されるドキュメント、報道番組などの制作を手がけている。

代表取締役社長 武田 徹
八木橋孝男 三菱地所レジデンス株式会社(みつびしじしょレジデンス)は、東京都千代田区に本社を置く不動産会社。三菱地所の連結子会社(100%子会社)である。
分譲マンションの開発・販売を主たる事業とし、ブランド名は「ザ・パークハウス(The Parkhouse)」。2011年の全国マンション供給戸数ランキングでは第1位(5,331戸)。
代表取締役社長 八木橋孝男
谷真 株式会社すかいらーく(SKYLARK CO., LTD.)は、「ガスト」や「バーミヤン」などのファミリーレストランチェーンで知られる外食産業系企業である。現在は米国の投資ファンド・ベインキャピタルの資本下にある(厳密には同社系列である株式会社BCJホールディングス6の傘下)。

かつては社名でもある「すかいらーく」を店名のメインとしていたが、2009年に全て消滅している(後述)。

荻谷忠男 北海道テレビ放送株式会社
長井幸夫 オエノンホールディングス株式会社(英文名称:Oenon Holdings, Inc.)は、焼酎などの製造で知られる合同酒精株式会社(ごうどうしゅせい)を母体とする持株会社。東京証券取引所第1部上場。

近年は旧森永製菓系列だった福徳長酒類や、旧独立系だったが森永醸造(福徳長酒類の前身)と資本提携した後に同じく買収された秋田県の酒類メーカー・秋田県醗酵工業、旧旭化成系列だった富久娘酒造など、多くの酒類メーカーを買収し拡大路線を歩んでいる。また最近の焼酎ブームにおいても紫蘇焼酎「鍛高譚」(たんたかたん)が全国的にヒットしている。

倉田冬樹
(くらた ふゆき)
ギタリスト、アレンジャー。

1991年 - 第1回BADオーディションを合格。
1992年 - 川島だりあの2作目のシングル「Don't Look Back」の編曲(西田昌史(EARTHSHAKER)と共同)・ギターに参加。
1993年 - 川島とFEEL SO BADを結成。ほとんどの作曲・編曲を手がける
2001年 - アルバム「4・3・2・0・0」でソロデビュー。

『バリバリ最強No.1』(バリバリさいきょうナンバーワン)は、FEEL SO BADの7作目のシングル。
テレビ朝日系アニメ『地獄先生ぬ?べ?』オープニングテーマに起用された。
サビの部分はベートーベンの交響曲第9番「歓喜の歌」をモチーフにしている。
FEEL SO BAD最大のヒットシングルである。
久保田光俊 有限会社シャフト(英語表記:SHAFT INC.)は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本の企業。杉並アニメ振興協議会会員。

張江肇 株式会社ブロードウェイ (英:Broadway Co.ltd)とは、日本の映画・オリジナルビデオ製作会社である。

古市克典 ベリサイン(Verisign, Inc.)は、アメリカのカリフォルニア州マウンテンビューにあるインターネットインフラに特化した企業である。
具体的にはインターネット上に13個あるルートネームサーバのうちの2個 (A・J)、gTLDの.comと.net、北米におけるNo.7共通線信号方式による公衆交換電話網、EPCglobalにおけるRFIDディレクトリを管理している。
また、ベリサインはセキュリティに関する技術を多数有しており、その技術をもって公開鍵証明書から、料金支払いプロセス、果ては携帯電話のローミング、無料通話データベースのキュー用のファイアウォールの管理まで行っている。
ベリサインはこれらの事業を“インテリジェント・インフラストラクチャー (intelligent infrastructure)”サービスと称している。

日本法人である日本ベリサイン株式会社は1996年に設立され、東京都中央区八重洲に本社がある。本社のほかに神奈川県川崎市に事業所がある。

池脇重成 創造ホールディングス株式会社
室井健一 創造ホールディングス株式会社
中込潤一 共立食品
赤津裕次郎 アクアクララ株式会社(英文:Aqua Clara Co.,Ltd.)は、東京都港区高輪に本社を置く、ボトルウォーターの製造ならびにその宅配事業を営む企業である。
企業名は、水を意味するアクアと、透明感(クリア)を意味するクララからとられた。

鳥居秀光 三幸学園
荒井敏行 音楽専科
山中つとむ 鈴木その子の甥
渡邊洋 サン宝石
冨田英揮
ディップ株式会社(代表取締役兼CEO)
大友常世 ディップ株式会社(代表取締役社長兼COO)
小川修武 三井ホーム
木村達央 セシルマクビー(CECIL McBEE)は、アパレルメーカーの株式会社ジャパンイマジネーションが展開するファッションブランドのひとつ。セシルの愛称で知られる。 2010年8月に本社と支社が合併移転した。




同性愛人脈の企業



同性愛人脈説の法律事務所ホームワン
(東ちづる、2011年CM)(桜井一枝、MBSラジオのみで放送)(小堀勝啓、ラジオCM)<BR>


同性愛人脈説の法律事務所MIRAIO(ミライオ)
(三枝こころ CM)
任天堂

歴代社長
初代社長:山内房治郎
第2代社長:山内積良
第3代社長:山内溥(現相談役)

現社長:岩田聡
代表取締役一覧 [編集]代表取締役社長 - 岩田聡
代表取締役専務 - 森仁洋(経営統括本部・本部長)
代表取締役専務 - 波多野信治(営業本部・本部長)
代表取締役専務 - 竹田玄洋(総合開発本部・本部長)
代表取締役専務 - 宮本茂(情報開発本部・本部長)







日本における「リトル・ペブルの共同体」



 → 同性愛人脈分析 資料  一覧 扉






noranekonote@gmail.com